3323209 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

めざせ!Asian Beauty  megのよくばりブログ

2005年11月NYCその1

NYCひとり旅1日目―ブルックリンのB&B

無事ブルックリンのB&Bに到着して、部屋でくつろいでます。
AAには、初めて乗りましたが、質実剛健のサービスでした。ベジタリアンミールも1種類しかなくて、ミルクなしなのでほんとにあっさり。
それほど混んでなかったのと、チェックインの時に相談したおかげで、隣2席が空席で、3席使えたので、フルフラットで寝られました。
出国も空いて簡単で、5:30に到着して、6:00にはタクシーに乗ってました。ドライバーがイスラムの方みたいで、運転中もずっと電話で話してるし、道は間違えるしで、38$ぐらいで着くところ44.10$、「道間違えたから、全部でこれだけ」45$しか渡しませんでした。room
これから1週間泊めていただく、Woof Brookliyn.N.Yは8軒ほど入っているアパートメントの1室。7日間で350$とこんなに安くてええんかいなと思います。
私の部屋は地下のワンルーム、ベッドとソファ、テレビと6人がけのテーブルなどがあり、広々としています。持ってきたPCもあっという間にセッティングできて、ネットのスピードも快調。暖房入れなくても暖かいしよかった。
1階にオーナーのAyaさんとご主人、プードルの一郎君とアビシニアンのマギーが暮らしてはります。Ayaさんは日本人の女性で、5年前に国際結婚しはったんやて。私と同じぐらいのお歳かなあ。気さくな方で、さっきは一緒にスーパーにお買い物に行ってきました。地下鉄Rの95STの駅から歩いてすぐの便利なところです。物価もマンハッタンより安そう。
お買い物は「Foodtown」でBRWN COWのブルーベリーヨーグルトとRONNYの牛乳と、マンゴーヨーグルトドリンク、500mlの水。全部で6.36$。
夕食はPANEANTICOというイタリアンレストランで、カッテージチーズの茄子包みラザニア風のハーフ5・06$とモッツアレラとドライトマトのサラダ6.5$で11.56$をテイクアウト。遠くから食べ来る人もいるそうで、とってもおいしかったよ。
これから明日からの計画をたてて、お風呂に入って早く寝ます。だんな様にB&B到着のメールが遅れたら、心配して死にそうだったって、ごめんね。
この日記はNY時間で書いていきますね。夜は外出しないことが原則なので、PCに向かえそうです。

NYCひとり旅2日目―B&Bの一郎とマギー

マンハッタンのB&B、Woof Brookliyn.N.Yのかわいいお坊ちゃまとおばあちゃまを紹介します。
maggyまずは、レディファーストでMaggie Mayから。
アビシニアンのブリーダーとして活躍してきたそうやけど、もう13歳やそうでもらい手がないのを、オーナーのAyaさんが引き取りはったそうです。頭が小さく、大食いやそうですがシャープな体つき、つややかな毛並みで見惚れてしまうほどです。とても高齢のおばあちゃまには見えへんねえ。私もこんなおばあちゃまになりたいなあ。
続いては、トイプードルの一郎君。
まるでぬいぐるみみたいやなあ。これ以上大きくはならへんのやて。いつもチョコチョコ走り回って人懐っこい。お手もお座りも上手やよ。ichiro
生後3か月でAyaさんのところに来て、今はセラピードッグの訓練をしてるんやて。お年寄りやエイズ患者さんのところでなでてもらったりするんやけど、車いすが動いたり、大きな音がしても騒いだりしないように訓練するそうです。一郎君はすぐ飛びつくから、もうちょっと訓練が必要みたいやて。
Ayaさんが書いてはるビューティーコラム、minime_jpさんことミニーさんがみつけてきてくれました。
AYA LAMONTのNEW YORKひとり言
Ayaさん、すごい人なんやね。コスメのこととか教えてもらお。
今日は、グランドセントラル駅からハドソンラインの電車に乗って、Dia:Beaconに行ってきます。
今は11月21日の朝6時ごろです。朝ごはんもAyaさんが作ってくれはります。楽しみ!

NYCひとり旅2日目―グランド・セントラル・ターミナルとDia:Beacon

ブルックリンのB&B、Woof Brookliyn.N.Yからグランドセントラル駅まで地下鉄で移動。まずは95Stの駅で7-DAY XBUS PASSを41$で購入。これで地下鉄とバス、XBUS(Express Bus)に何度でも乗れます。地下鉄とバスはどれだけ乗っても2$、XBUSは5$ですからずいぶんお得です。チケット
教えてもらったとおり2回乗り換えて45分でグランド・セントラル・ターミナルに着きました。
チケット売り場でDia:BeaconのOne-Day Getaways packageを27$を購入。通常電車賃が23$、入場料が10$ですからとってもお得です。星
出発の10:51まで時間があったので、コンコースの天井を見ているとお星様がレーザーで浮かびあがっていました。スタバでコーヒー(一番小さいtallで税込み1.79$)を買って、電車に乗り込みます。
NYCは税率が8.625%もします。それのうえチップに15%とか払うので、特に外食すると表示価格の125%ぐらい払わなくちゃならへんから大変です。
これから75分間の小旅行。快速?でこの時間乗ってる訳やから、相当距離があります。ハドソン・リバーに沿ってずっと北上していくと、どんどん景色が変わってきます。NYCは青森と緯度が同じやそうです。
幅が広いところは3km以上ありそうな河のそのすぐそばを電車は走っていきます。大雨でも氾濫せえへんのかな。紅葉ももう名残で、初秋の自然がいっぱいあっていいなあ。電車
やっと着いたビーコンは、なにもなさそうなとこでした。5分ぐらい歩くとDiaがありました。ここにあったナビスコの工場を改装しはったそうです。空間も広いし、作品もスケールが大きいもんばっかり。
2004年5月にできて、300,000square foot(約27,870 平方メートル)近くあるんやって。東京ドームの6割の広さかな? アーティストがこの場所にあわせて作ってはるのか、作品に場所をあわせたんか、とにかくすごい。作品を自然光で見られるようになってるし。Dia

六本木ヒルズにもある、Louise Bourgeoisの蜘蛛のもっと小さくておどろおどろしいの
地中美術館でも観たWalter De Mariaの作品
John Chamberlainの鉄細工
Dan Flavinの蛍光灯
Michael Heizerのどこまで続いているのかわからないぐらい深い穴
Fred Sandbackの毛糸もみたいな糸を使った作品
Andy Warholの観たことないのが山ほど
特別展として“Dia’s Andy: Through the Lens of Patronage”をやってたので、これでもかっていうぐらいAndy Warholがありました。ここがパトロンやってたんやねえ。
そして、一番すごかったのが、Richard Serraの鉄鋼の作品。鉄壁の中に入ると全身がなんともいわれへん怖さで震えてきそうやった。

すご過ぎて、長い間いるのが怖くなって、1時間ちょっとで帰りの電車に乗りました。
写真撮影厳禁なので、リンクで観てください。
マンハッタンに戻って、国連本部に行ったけど、今日は日本語ツアーしてへんて。当日の朝電話してって言われたけど、それじゃあ予定が立たへんやんね。
バスに乗ってノイエギャラリーに行ってエゴン・シーレをたくさん観てから、Café Sabarskyでウィンナーコーヒーを飲んでXBUSで帰ってきました。帰るころから雨になってきました。

NYCひとり旅3日目―B&Bの朝ごはん

ブルックリンのB&B、Woof Brookliyn.N.Yの昨日の朝ごはんをご紹介しましょう。朝食
ホテルも顔負けのアメリカンブレックファーストやったよ。
つぶつぶオレンジジュースに淹れたてのコーヒー。カリカリベーコンにスクランブルエッグ、このサラダは前の晩イタリアンデリで買った残り。焼き立てクロワッサン。それに昨晩買ったマンゴーヨーグルトドリンクも飲みました。
普段朝からこんなごちそうを食べることはないので、お昼何も食べなくてだいじょうぶやった。
食器はAyaさんのコラムでも紹介されてた、Fishseddy の212SKYLINEカップ&ソーサー。
ぼってりしてて、ニューヨークの摩天楼やブルックリン・ブリッジなど名所がかわいくデザインされてます。
買って帰ろうかな。重たなるなあ、どうしよう。
今日はメトロポリタン美術館とクロイスターズ美術館に行く予定です。前回のNYC旅行で行ってなかったので初体験。日本語ツアーに参加してみるつもりです。その後時間があったら、グッゲンハイム、クーパー、フリックにも行けるかなあ。お昼はお店で食べよう。まだちゃんとした外食してへんもんなあ。
こっちは、まだ11月22日(火)朝の7時半すぎです。
天気予報ではにわか雨、最高温度8度、最低温度-1度やて。まだ暖かいなあ。明日から最高温度が4度ぐらいで寒くなるそうです。
昨日はXBUS降りて、ちょっと迷たけど今日はもうだいじょうぶ。XBUSは観光バスみたいで乗り心地もええよ。クリスマスのライティングはカルチェだけ見られました。NYCはアジアの国ほど外国って感じがせえけん。都会やからかなあ。
12月の韓国のお宿も全部決まりました。3Gの携帯電話、メールはできるんやけど、声が聞こえへん。だんな様相当心配してはるみたいやから、韓国ひとり旅はあかんっていいはるかもなあ。

NYCひとり旅3日目―メトロポリタン美術館とフリック・コレクション

ブルックリンのB&B、Woof Brookliyn.N.Yの今日の朝ごはんは、フレンチトーストとソーセージ、サラダ、オレンジジュース、コーヒー。フレンチトーストがすごくおいしかった。マディソンスクエアガーデン
10時のX37バスでブルックリンを出発。ブルックリンの住宅街でお客さんを次々に乗せ、ブルックリン・バッテリー・トンネルを抜けてマンハッタンへ。ワールド・トレード・センター跡地からChurch St.、6 Ave.を北上、23St.を右折してマディソンAve.へ。 写真はバスの窓から見た雨のマディソン・スクエアー・パークです。
57St.で左折したところが終点です。11:20に到着やから1時間20分、時間はかかるけど、NYCの景色を眺めながら、ちょっとした観光ができて満足やった。そこからM4のバスで79St.まで。
NYCのバスは網目のように走ってて、南北は一方通行の道がほとんどやし、2、3ブロックごとに停留所があるから、とってもわかりやすくって、便利。今日は雨が降ってすごく寒かったんやけど、バスに乗ると暖かでうれしかった。
11:50ごろメトロポリタン美術館に着きました。平日で雨やのにすごい人!簡単なセキュリティチェックの後、並んで15$払って、見学開始。
日本語ツアーはもう終わっていたので自分で回りました。そのほうが好きに観られてよかったみたい。美術館のお兄さんが何を観たいの?って聞きはるから、コンテンプラリーアートって答えたら、英語と片言の日本語で道順を教えてくれはりました。ここの美術館では、一部の作品を除いてフラッシュを使わなければ、写真撮影OKです。white flag猫
近代美術のコーナーに行くと、ピカソ、マティス、オキーフもええけど、ちょっと刺激が少ないなあ。 写真はアルベルト・ジャコメッティの猫と、ジャスパー・ジョンズのWhite Flag。
ジャクソン・ポロックとかもあって優等生的な1900年以降の近代美術やった。昨日Diaを観た後やから迫力はあまり感じへんかったけど。
中央アジア、韓国、中国のほうがおもしろかったな。
12世紀初めのインドの踊る天女とか。
日本美術のコーナーに行ったら、1時でクローズしたって。尾形光琳の八ツ橋図屏風とか観たかったのにな。
ゴッホの自画像の裏には別の絵が描いてあった。 駆け足で2時間ほどいましたが、ほんまに観応えがありますね。何回かに分けて来うへんと、とてもまわりきれへん。
こんなにようけ、すごい作品どうやって集めはったんやろ。天女
日本美術のコーナーのスケジュールを受付で聞いたら、当日にならへんとセキュリティの関係でわからへんのやて。午前中か土日やと観られる確率高いそうやけど。なんぎなこっちゃ。
メトロポリタン美術館
お昼は3Ave.75St.のCANDLE CAFEでNavy Bean Soupとガーリックフォカッチャ、チップを加えて10$ちょうど。
PAPYRUSでお買い物して、M72バスでフリッツ・コレクションへ。予定してたクロイスターの周辺は危ないとこみたいやので、お天気の悪い今日は行くのやめました。
ここも、すごかった。アメリカの鉄鋼王ヘンリー・フリック氏が実際に住んではった邸宅でそのコレクションが観られるんですが、家具、調度品すべてが絵と調和してて、ためいきがでました。美術はこうやって楽しむ方法もあるんかと。フェルメールの作品、気がつかなくて残念やったなあ。
フリック・コレクション

NYCひとり旅3日目―夜の5番街と韓国料理の晩ごはん

今日の晩ごはんは、B&BオーナーのAyaさんと待ち合わせて韓国料理を食べました。トランプ
ティファニーフリック・コレクションからマディソンAve.を南下。ブランドのお店ばっかりです。クリスマスに向けての飾り付けをしてはるところもいくつか。
アルマーニの前の木は赤くきらめいていました。クレイと&バレルのところで右折して5番街へ。
ティファニーのリースは赤、隣のトランプタワーのリースは白いライトやった。
ヘンリ・ベンデルのは、白と茶のストライプで作ったリースをいくつもつなげて、大きなリースになってました。カルティエは建物自体を大きな赤いライトでラッピング。ロックフェラーセンターのツリーは、30日の点灯式を前にまだ足場を組んで飾りつけの最中かな?
待ち合わせの場所は41St.を入ったところの、ZAIYAというカフェ。日本食のデリが食べられるカフェで、ビアードパパのシュークリームを売っていました。値段も手ごろやった。隣にはブックオフもあり、反対側の隣のスーパーでは納豆からおたくわん、昆布、カップラーメンまで、日本のものを何でも売ってました。値段は日本の2倍ぐらいかな。このあたりのお店は、日本人駐在員の奥様御用達やそうです。
NYCは外国って言う感じがあまりせえへん。東京と変わらへんのやもん。
バスでエンパイア・ステートメント・ビルのところまで移動。ここのイルミネーションは赤と緑のホリディ・シーズン用のパターンになってました。
右折してコリアンタウンへ。ソウル・ガーデンの豆腐チゲ、ナチュラル・トーフが今日の晩ごはんです。
骨付きカルビとのセットで14$ぐらい。最初に卵焼き、もやしのナムル、ズッキーニのナムル、キムチなどの前菜が並び、豆腐チゲが登場。スパイシーっていう真ん中の辛さを頼んだんやけどおいしいけど、辛かった!久しぶりのアメリカンビーフとチャプチェもおいしくいただきました。チップを入れてひとり分26$。食べ切れなかったチャプチェとカルビは持ち帰りにしてもらいました。
XバスでB&Bに戻ります。SOHOを通って50分ほどで到着。
近くのイタリアンデリ、PANEANTICOでチーズケーキ2.25$を買うて帰りました。
今日は、日本の女子大生が2人泊まりにくるんやって。宿を予約せずに、NYCに来て、Ayaさんの紹介で安いドミトリーに泊まってたんやけど、感謝祭のためか、今日明日はどこの宿(たぶん安いところ)もいっぱいで、Ayaさんの仕事部屋で寝はるんやって。以前地下鉄の構内で寝てる日本人の女の子を見つけて、うちに連れてきたこともあるっていってはった。危ないことするんやねえ。
今日はブルックリン美術館に行って、ブルックリン・ブリッジを渡ります。

NYCひとり旅4日目―ブルックリン美術館と植物園

B&Bの朝ごはんはベーグルと卵サラダとトマト、オレンジジュースとコーヒー。おおきくておいしいベーグルやった。
10時過ぎに今日から3泊しはる女子大生2人が到着。とってもチャーミングで礼儀正しい女の子やった。今回お宿が見つからけんで、オーナーのAyaさんが仕事部屋に泊めてあげることにしはったんやけど、これで懲りてちゃんと予約せなあかんと思いはったそうです。
今日は寒いとの予報だったので、何枚も着込んで10:30過ぎにでかけました。オキーフ
地下鉄の95St.からAtlantic Ave.で2番に乗り換えてブルックリン・ミュージアム駅へ30分ほどで到着。ブルックリンは黒人が多く住んではる街みたいやった。 この美術館も大きい。エジプト、アフリカのアートやロダンの彫刻、イランのコレクションまでいろいろありました。日本のコーナーには有名な浮世絵は展示されてへんかったへど、源氏物語の屏風や焼き物、アイヌの工芸品などがありました。黒人の人がアイヌの作品を座り込んでじっくり観てはったのが、印象的やった。
私が気に入ったのは、ジョージア・オキーフの「ブルックリン・ブリッジ」、こんな作品もあるんやなあ。
ブルックリン美術館
1時間ちょっと観てから、隣にあるブルックリン植物園へ。公園 
広大な敷地に世界中から1万種類以上の植物を集めて植えてはるそうです。スタインハート温室には砂漠・熱帯・温帯・盆栽などのパビリオンがあって、世界中を探検してるような気分になれました。ほとんど人がいない貸切のようなお庭で気持ちよかった。
ブルックリン植物園
この後、ブルックリン・ブリッジを歩いて渡ろうと思ってたんやけど、昨日携帯の充電を忘れてて、電池が少ないことに気がついて、いったんB&Bに戻ることにしました。近くで買ったイタリアンデリでお昼ごはん。
そしたら、Ayaさんとトイプードルの一郎くんも一緒にブルックリン・ブリッジに行くことになりました。
次に続きます。

NYCひとり旅4日目―ブルックリン・ブリッジとサックスでのお買い物

B&BのオーナーAyaさんとトイプードルの一郎君の三人で3時ごろ出発。一郎地下鉄のRでCourt St.へ。地下鉄では一郎君はバックの中でおとなしくしてます。今日は赤と白の大きな千鳥格子のAyaさんお手製コートを着用。かわいらしくって、道を歩いてるとみんながCute!って声をかけてきはります。 ブルックリン・ブリッジを渡る道が見つかって、いよいよ歩き始めます。ブルックリンブリッジ
最初はコンクリートの道やったのが途中から木の板の道に変わりました。左手には自由の女神も小さく見え、ロウアー・マンハッタンの摩天楼も。右手には小さくエンパイア・ステートビル、マンハッタン・ブリッジもきれい。30分のお散歩は、耳がちぎれそうなぐらい寒かったけど、楽しかった。Ayaさんも一郎君も初体験やったそうです。
Ayaさんがサックス・フィフス・アベニューに一緒に行ってくれはることになって、地下鉄でロックフェラーセンター駅へ。
ロックフェラーのクリスマスツリーはちょうど足場の柵がはずされるところで、全貌が見えました。てっぺんには、大きなスワロフスキーのお星様が輝いてます。
サックス・フィフス・アベニューのクリスマスのイルミネーションは雪の結晶が壁にライトアップされ、saks
星それが4:50から音楽にあわせてエレクトリック・ショウ。きれいやった。一時間に一回ぐらいみられるんやろうか。
サックス・フィフス・アベニューでのお買い物は、これだけ。 LAMERのファンデーション2番65$。これはNYとLAでしか扱ってへんねんて。
フレデリック・フェッカイのProtein Rx Reparartive Treatment Mask300g52$、Glossing Cream 200g25$、Moisturizing with Shea Butterのシャンプー250g30$とコンディショナー250g30$。
おまけのサンプルが、LAMERのモイスチャライジングクリーム3.5ml2個、ファンデーションの1番と3番3.5ml、コンセントレート1ml2個。フェッカイのカラーケアーシャンプー9ml4個。
Ayaさんの顔見知りのスタッフやったおかげで、こんなにいっぱいサンプルがもらえました。そのスタッフのおば様、化粧品売り場ナンバー1の売り上げやそうです。化粧品
Amy‘sBreadでパンとクッキーを買って、地下鉄でB&Bに戻ったのが7:30ごろ。今日もよく歩いた一日やった。
さっそくフェッカイのトリートメントを使うてみた。しっとりして髪がまとまりやすくなる。香りもミルクみたい。大豆と牛乳のプロテインが入ってるんやって。
今日は、感謝祭のパレードを見て、リバーサイドチャーチにゴスペルを聞きに行くつもりです。




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.