3323590 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

めざせ!Asian Beauty  megのよくばりブログ

総集編3(チムジルバン・乗物)

韓国の旅・総集編―チムジルバン(サウナ)
お風呂には5か所行きました。
韓国でお風呂に行こうと思ったらタオルで隠してはあきません。そんなことしてる韓国の人は一人もいません。アカスリの時も、紙のパンツをはいたのは、高級な「永東汗蒸幕」だけ。真っ裸でビニールベッドの上でやってもらいます。もちろん、ほぼオープンスペース。シロアムサウナアカスリをしてくれるおばちゃんも黒いブラ&パンツ。これはお決まりみたいで、どこでもそうでした。パンツだけの人もいたよ。
これでも全然OKの人にはとっても素晴らしいパラダイスです。
また、気に入った順に紹介します。

No.1 シロアム汗蒸幕サウナ ソウル駅そばにあって、韓国の人たちの憩いの場みたい。若いカップルもいっぱいきてました。入場料は汗蒸幕付きで7000W、それにアカスリが15000W。1階から5階まであるんやけど、5階は睡眠室、二段ベッドがぎっしり並んでたよ。ここに泊まることもできます。 
ゲームや食堂、サウナもいろんなシロアムサウナロッカー種類があります。シロアムサウナ 2階休憩室地下のお風呂と5階の睡眠室以外は、男女一緒やから、カップルで行っても楽しめる。地下の大浴場には、塩サウナ、黄土サウナ、 ひすいのスチームサウナなど。お風呂も5種類ぐらいあったよ。
1週間前にアカスリしてもらったばっかりやのに、またいっぱい出たのはなんでやろ。シロアムサウナ キウイジュースていねいにやってくれて、気持ちよかった。
4階の汗蒸幕も玉石サウナ、砂利のサウナ、ひとりずつのドーム型黄土サウナ、塩のサウナなどいろいろ。サウナで汗をかいて、酸素室(通常の2倍の酸素やそうです)で寝っころがって、3時間ぐらい過ごしてました。2階でキウイジュースも飲みました。
シロアムサウナはきれいで、おもしろいかった。 英語と日本語の表記もあるからわかりやすい。また行きたいな。

No.2 永東汗蒸幕
永東汗蒸幕地下鉄「江南駅」から電話をすると(日本語でだいじょうぶ)スタッフがお迎えに来てくれます。
一緒に温泉マークのホテル街を2、3分歩くと、外に薪が積んであり、煙突がある建物がありました。「永東汗蒸幕」は松の薪で焚いてるんです。建物は改装されたばかりのようできれい。サイン色紙をみると、日本のかわいいモデル系の人がようけ来てるみたい。ここは女性専用です。
おばさんが、手をとってお風呂に入れてくれたり、シャワーを掛けてくれたり、タオルで拭いてくれたり、もう至れり尽くせりで、お姫様か赤ちゃんになった気分やった。
ガウンに着替えて、まずは汗蒸幕。塩ぶくろの上に座っていると汗が吹き出てきます。3、4分ぐらいで出て、今度は汗蒸幕の中で約5時間温めた粗塩の入った塩ぶくろを背中に2つ、おなかに1つのせて寝てる間に、頭のマッサージと髪のパック。
もう一度汗蒸幕に入って汗だくになったら、今度はお風呂です。
シャワーで汗を流してもろて、まずは、ミントのハーブ風呂へ。殺菌効果があって肌を消毒してくれんねんて。布袋に生のミントがいっぱい入ったのがお風呂に浮いててさっぱりする。
そして名物の高麗人参のお風呂。高麗人参9Kgを10時間蒸したエキスが入ってて、白い泡がおもしろいように出てる。こっちは、神経痛、老化防止、肌の保湿にええみたい。
両方のお風呂に浸かったら、またシャワーで流してくれて、次はあかすりマッサージです。ビニールを敷いたベッドの上で言われるがままに上向いたり、横向いたり、うつぶせになったり、前身をていねいにマッサージしてくれて気持ちええ。手のひらや甲までこすってくれはる。
さっぱり垢を落としてひと皮むけたところで、もういちど高麗人参風呂へ。エキスがより浸透したかな。次はオイルと豆乳の全身マッサージ。全身がツルツルになりました。顔には海草パック。前身を石けんで洗って、シャンプーもしてくれます。タオルで体を拭いてくれて、コットンワンピースのようなものも着せてくれます。ここまでが基本セットで70000W。
クーポンを利用すると、これに「塩袋12,000ウォン+頭マッサージ10,000ウォン+ピンデットッ(韓国風お好み焼き)10,000+石鍋焼肉7,000ウォン+ミヨックッ(ワカメスープ)6,000ウォン+パッビンス(小豆かき氷)5,000ウォン+甘酒1,000ウォン+五味子茶2,000ウォン+卵1個+アカスリタオル1」がついてくる。
それに、追加でお願いした足マッサージ(35,000W)カップン(15,000W)。
足マッサージは50分ぐらいかけて、指と押棒で凝りをほぐしていってくれます。最後に足のパラフィンパック。
最後がカップン。肩から背中腰にかけて、ガラスカップで吸引します。15分くらいで様子をみてさらに15分。血行が悪い部分ほど赤い痣が濃く残ります。私は肩がすごかった。この痣は3、4日で消えるそうです。ここまでで3時間半。着替えて食堂でお食事です。食事
10品にデザートもついてました。
シッケ(冷たいお米のジュース)、ししとうとおじゃこの炒めたん、チャプチエ、チンゲン菜のゴマ煮、ぜんまいのナムル、マナガツオの煮物、チヂミ、わかめのスープ、牛肉と玉ねぎの煮物、それにごはん。
宮廷料理みたいなんもええけど、私はこういう家庭的なんのほうがええなあ。
最後にフルーツかき氷がでました。氷の上にアズキと練乳、イチゴ、バナナ、キウイ、りんご、みかんが乗ってます。果物が特においしかった。
おみやげに、汗蒸幕で蒸した卵とあかすりタオルもくれました。
これで120000W、極楽やった。
でも、基本コース7万Wが、地元の人が行くとこやと2、3万Wやからな。初めての人やたまに行くにはええと思います。

No.3 釜山のロッテホテルで教えてもろたチムジルバン
ホテルから歩いて5分ほどのきれいなビルの3階と4階。名前はハングルなので読めません。
入場料7000W、アカスリ20000W。アカスリがていねいやった。ざくろジュース
まずきゅうりをその場ですりおろして顔にパック。 パックしたままで、全身くまなくアカスリ。石けんで洗ったあとオイルをつけて簡単なマッサージ、シャンプーまでしてくれたよ。アカスリってリンパに沿ってこするみたいで、終わると体が軽くなります。ここはトップレスでしてくれました。っていうか、それまで裸で、アカスリの時にパンツをはいてました。
女性にいいというざくろのジュース・大3000Wを飲みながら、チムジルバンに入ることに。3時間ぐらい堪能して、韓国最後の夜を過ごしました。ジュースバーのきれいなお姉さんは日本語ができて、通訳してくれはりました。日本語も英語もなし、全部韓国語です。

No.4 黄金サウナ黄金サウナ外観
ここには、だんな様と二人で行きましたが、だんな様も満足してはりました。
地下鉄「江南」駅から10分ほどで、ちょっとわかりにくい。ビルの3、4、5階でこんなところにあるのっていう感じですが、地元に人でいっぱい。入場料1人7000Wを払って、だんな様にはアカスリ15000Wと足のマッサージ50000W、肩と背中のマッサージ70000Wを奮発しました。
ここはほんとに韓国語しか通じないし、表示もハングルのみなので、なかなか大変ですが、勝手がわかっているので、なんとかなりました。黄金サウナ1黄金サウナ2
女性のお風呂は5階、男性は3階です。ここでも4種類のお風呂とサウナが揃っています。
4階に黄金のチムジルバンがありました。金から発するイオン熱が、新陳代謝を高めてくれるんやて。しばらく入っていると、汗が噴き出してきます。
だんな様がアカスリ(20分ほど)やマッサージ(1時間半ぐらいじっくり)をやってもらっている間、私はチムジルバン入っていられるのでよかった。お米でできたジュース、シッケ1500Wをおいしかった。ここのマッサージはドイツ製のクリームを使って、すべて手でやってくれるので、よく効いたそうです。3時間ぐらいいました。

No.5 北村の銭湯北村銭湯
北村ゲストハウスの目の前にある銭湯で、3500W。男女別になっている入り口のところにおばちゃんがいてお金を払います。靴を持って入って、ロッカーに靴も入れます。中には、洗い場と3種類の湯船、サウナ、アカスリのベッドがありました。日本のお風呂と違うのは洗い場が広いことかな。ゲストハウスはシャワーだけやので、湯船に浸かれるとリラックスできるし、あったまります。ドライヤーは3分ぐらい使って100Wやった。地元の人は、お風呂上りの井戸端会議が楽しみみたいやったなあ。

韓国の旅・総集編―乗り物

今回16日間に、地下鉄に24回、バスに7回、リムジンバスに1回、タクシーに7回、そして鉄道のセマウル号、KTXに1回ずつ乗りました(たぶん)。
ソウルではT-moneyというチャージ式プリペイドカードが便利やった。パークハイアットソウルのブランチはクリスマスバージョンで一人65000Wやった。カード自体の値段が2500W、それに1000W単位でチャージができる。このカードがあると、いちいち切符を買わなくてもすむだけやなく、現金で切符を買うより100W安くなるんです。バスと電車を乗り継いだ時も、合計の距離数で金額が決まるそうです。
これは、順位はないのでひとつずつご紹介します。

地下鉄
基本料金900W(T-money使用時は800W)
1号線から8号線まで色分けされそれぞれの駅に番号がついてる。駅名や乗り換えの案内はハングルと同時に英語、漢字でも書かれてるので、わかりやすい。
車内にテレビが付いてる電車もありました。車内で物を売るおじさんやおばさんもいるし、駅の通路ではいろんなもの売ってるし、おもしろいよ。金浦空港から1時間1000Wぐらいで行けるのも便利。

バス200番バス停
基本料金900W(T-money使用時は800W)200番バス
いろんな種類があるみたいやけど、私が乗ったんはゲストハウス・イエイニネで教えてもろた7022番と、水原とヘイリ芸術村に行く時。
バスの路線図を探したけど、どこにもない。今は出してなくて、みんなネットで検索するみたいです。ルートがわかってれば、楽な方法。バスに乗るときに運転手さんに降りたい場所をハングルで書いたのを見せておけば、降りる場所で教えてくれた。運転手さんに女性をよくみかけたのは、NYみたいやった。そやけど、観光客はまず乗ってないし、ちょっとスリリングやなあ。

リムジンバス
金浦空港からCOEXまでの直通リムジン、料金は6000W。広々として快適やけど、市内に入ると渋滞で、結構時間がかかりました。

タクシー
黒い車体の模範タクシーは、最初の3kmまで4500W、その後164mごとに200W。シルバーグレイの一般タクシーは、最初の2kmまで1900W、その後144mごとに100W。一般のタクシーでは韓国語しか通じませんから、お宿の人に行き先を伝えてもらうか、紙に書いて伝えるか、かな。一番ええのは、行く先の電話番号を伝えること。相手に携帯で電話して場所を聞いてくれます。
模範タクシーもそんなに日本語や英語が通じるわけでもないので、できれば一般タクシーのほうがええなあ。呼び出すと来てくれます。その時はプラス1000W払います。

セマウル号セマウル号
水原からソウルまで6700W。33分、2駅の距離。地下鉄で行けば1時間、1300Wやけど、一度乗ってみたかったんです。乗ってはるのは、お金のありそうな人たちやったなあ。車内アナウンスは韓国語、英語、日本語でありました。
セマウル号の切符と座席。ソウル駅で写真を撮ろうとしてると、運転手さんがライトを点けてくれはりました。その後ろに見えてるのが、KTXです。

セマウル号切符セマウル号座席
  
KTXソウル駅
2004年4月から運行、フランスの高速鉄道TGVの技術をそのまま輸入したんやて。
ソウルから釜山までファーストクラスで62700W。
ソウル駅は2004年1月に新しくなったばかりです。切符
ファーストクラスは、3列(1席と2席)です。車両の幅が狭いのでこれで、ゆったりと座れます。KTX座席図
特席イヤホンで音楽が聴けるし、車内サービスではペットボトルのお水とバターサブレをもらいました。
車内1座席
セカンドクラスは座席が4列で、ちょっと窮屈そうやね。
ブォーンという音が少し気になりましたが、2時間40分で釜山に到着です。ほとんど寝てしまいました。
イヤホン車内サービスセカンドクラス

海外でその国の乗り物に乗るんが好きで、バスと電車には必ず乗りたいな。


blobranking
人気blogランキングへ ええかなと思わはったら、クリックよろしゅうに!



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.