4227148 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

めざせ!Asian Beauty  megのよくばりブログ

2006年1月ラスベガス-準備とホテル

ラスベガスへの旅-準備編

2006年1月、ラスベガスに行きました。
アメリカン航空でサンノゼ経由、ホテルはザ オーリンズっていうストリップから少しはずれたところにある地元の人がよく利用するとこやて。
H.I.S.のツアーとはいうものの、自分で事前に飛行機の座席指定もできるし、食事も行きだけベジタリアンにしてもろた。成田で航空券をもろたら、ラスベガスで荷物受け取るまで自由行動やねんて。みんなでぞろぞろ行かなあかんのかと思てた。ツアーっていっても飛行機とホテルの宿泊、空港からホテルまでの移動しかついてへんのんやもんな。
よう考えたら、航空券だけ買うて、ホテルは自分で手配した方が安かったかもな。ザ オーリンズって1泊60$で泊まれるみたいやし。でも、こんなんでもなきゃ、ラスベガスに行くことなんてなかったやろうし、ホテル選ぶのもめんどうやから、まっええか。
11月にNYに行った時もアメリカン航空やった。サービスは愛想ないけど、まあこんなもんかな。
2-5-2の座席配置の時、端の2席のとこをリクエストしがちやけど、5席の両端のほうがゆったりできる可能性が高い。まん中のまん中なんてだれも座りたくないから、通路側か窓側から埋まっていく。そうすると、満席でなければ、隣の席や、隣の隣の席まで空いてることが多いです。
ベジタリアンミールは味がなくておいしくはないけど、シンプルなもんが多いし胃にもたれへん。今度はお醤油持っていこう。でも朝食のサンドイッチはおいしかったな。
実は、私飛行機が苦手なんです。気圧の変動ですぐ鼓膜や耳が痛くなってしまう。そやから、飛行機用耳栓・気圧の変動による耳の不快感に!イヤーウイスパー・サイレンシア・フライト 1組入サイレンシアフライトっていう耳栓が必需品。これをつけてると、ずいぶん楽です。
旅のベテランの旅ペンギンさんことペギー、minime_jpさん ことミニーのアドバイスを受けて現地での予定を組んでみました。
初日はホテルのバッフェイ(BUFFET)で“Monday Night Seafood”$16.95 を食べて、ストリップ通りをうろうろしてみようかな。
部屋にはお湯がないみたいやから、Walgreensかんたん湯沸し器  ミニクッキングヒーター 日本/アメリカ 仕様トラベル用湯沸しとコップも買いたいけど、売ってるかな。
2日目は朝早く起きて、グランドキャニオン サウスリム日帰り飛行機ツアーに行ってきます。
ホテルではカジノをする人の夜食なのか、朝の6時まで1.95$でTwo Eggs with Bacon or Sausage (With hash brown potatoes, toast and jelly)やTwo Buttermilk Biscuits with Country Gravy( Two buttermilk pancakes with ham and fried egg)なんかが食べられるみたい。シアトルベストコーヒーもあるって。
6時前にホテルを出発して、北ラスベガス空港からセスナでグランドキャニオン空港へ。専用大型バスに乗り換えてブライトエンジェルやマーサーポイントで2、3時間見学して、バッフェイのランチの後3時か4時ごろホテルまで戻ってくる予定。これで225$。
ダウンタウンまで行って、6時からのフリーモントストリートエクスペリエンスを見て、2階建てバス DEUCEで夜景を見ながらのんびり帰ってこようかな。どこかのホテルのレストランでディナーかバッフェイもいいな。
3日目は昼のストリップをぶらぶら。お昼はホテルのランチバッフェイか、ハンバーガーもいいな。べラッジオホテルの噴水ショーを見て、夜7:30からナイトショー、Cirque du Soleil の "O (オウ)"。前から3列目端から4席目の“Limited View”席しかとれへんかったけど、“Wet Seat” で水しぶきがかかるのもおもしろいかも。ショーなんて見るの初めてやから楽しみ、おめかしして行かな。
ラスベガス最後の夜は、夜更かししようかな。翌日の朝の飛行機で日本へ、到着は27日の夕方です。正味2日半しかないから、あっという間やなあ。
母から「カジノは危ないから、近寄ったらあかんよ」っていう携帯メールが来ました。いくつになっても心配してくれてありがたいなあ。行ってみて様子見ながら考えます。でも、性格的にのめりこみそうやな、始めたら勝つまで離れへんかも・・・。

ラスベガスへの旅-ラスベガス空港に到着

成田は大変な人ごみやった。雪の影響で欠航した便のお客さんもいはるので、年末やGW並み。アメリカン航空が特に混んでて、17:50発の便やのに、チェックインできたのが17時過ぎ。dinner出国は17:40とギリギリ。結局18:30の出発になってしもた。
満席で窮屈やったな。オーダーしといたベジタリアンミールは、前のNY行きのとほとんど同じ内容やった。ターメリックライスに豆腐のカレーあんとなすのトマトソースをかけたんと野菜サラダ、白いパンとデザートは煮りんご。普通の食事はミートかポークかって聞いてはったな。
図書館で借りてきた櫻井よしこさんの「何があっても大丈夫」を読もうと思うてたんやけど、うつらうつらして、あんまり進まんかった。food
朝ごはんはベーグルとマフィンとフルーツ。ベーグルに何にもはさんでへんから、味気なかった。
フルーツもキウィと缶詰のみかんとパイナップル。サンノゼ(サンホゼ)空港に到着したんが、予定より30分遅れ。
ここで入国手続き。おじさんは日本語で私は英語で会話しててなんか変なの。お互いに上手やねってほめ合いました。手荷物のチェックが済むと出発ロビーへ。スタバにシナボン、バーガーキング。大柄で太ってる人がいっぱいで、アメリカにきたなって実感する。韓国もええけど、アメリカもフレンドリーでええなあ。
サンノゼ空港で1時間ぐらい時間潰して、ラスベガスのマッカラン空港へ。窓側の席にしたんで、景色がきれいやった。マッカラン空港にはバゲッジクレームにスロットマシンがあるよ。さすがカジノの地やなあ。
この空港は無線LANが無料で使えるので、日記の更新ができました。

ラスベガスひとり旅-H.I.S.ツアーとホテル「オーリンズ」

ツアーっていうもんは、時間がかかって大変やなあ。
まず、預けた荷物のピックアップ。今日の参加者は20名ちょっとやったんやけど、全員のが揃うまで40分ぐらいかかった。私は手荷物だけやから、その間に空港内のワイアレス無料ネットで日記の更新をしたり、ショーのチケットを受け取ったりしてました。
やっと全員分が揃ったので、今度はぞろぞろ専用バスへ移動。バスの中で説明会をするということで、よかったと思ったんやけど、45分もかかってしまいました。ホテルのチェックインの方法は必要やけど、オプショナルツアーの説明が長かったな。それで儲けてはんのやろうから、しょうがないんやろうけど。その間、本読んでました。
やっとバスが出発。今度は、宿泊ホテルごとにお客さんを降ろしていくから、私のホテルに着くまで、1時間ぐらいかかった。インペリアルパレス→べラッジオ→ルクソール→オーリンズの順番。参加者は若いカップルや、女性同士のグループ、年配の方とあまり旅慣れてへん人たちが多くて、それぞれ質問しはったりするから、1か所で5分から10分はかかる。
でも、車高の高いバスの一番前に座れたんで、無料市内ツアーをしてると思えばええかもな。いろんなホテルも見られたし、ストリップの全体像がつかめました。夜景オーリンズ部屋
結局、空港に着いてから2時間半後の5時にチェックイン。
このホテル、ストリップから離れてるから場所的には不便やけど、なかなかええよ。地元の人であふれてて、日本人観光客なんてほとんどおらへん。活気があって、フレンドリーで、値段も手ごろで、このホテルから一歩も出ないでも十分楽しめそうやな。 
お部屋は19階の禁煙ツインルーム。クイーンサイズのベッドが2つに、ソファ、デスクまで揃ってて、ひとりでは広すぎるぐらい。seafood buffetコーヒーメーカ、ドライヤー、大きなアイロン台まである。 部屋の窓からはストリップは見えへんけど、お風呂の窓からちょっとだけのぞいてる。
部屋で高速インターネットもできるよ。24時間で10.99$。
晩ごはんは、ホテルのなかのフレンチ・マーケット・バッフェイにしました。月曜日は、シーフードバッフェイを16.95$でやってます。6時ごろ行ったら、もう行列ができてる。このバッフェイはシーフードがお手ごろ価格で食べられるんで、地元の人に人気みたいです。
飲み物は、アイスティーとレモネードを合わせたアーノルド・パーマーを注文。seafood
まずは、ザリガニ、エビ、カニなどのシーフードとローストビーフ、お寿司、タコス、中華の炒飯や酢豚、焼きそばをお皿に。
ザリガニはピリッと辛く茹でてある。あんまり食べるとこないなあ。カニはしょっと塩辛いかな。このカニばっかり山盛り食べてる人が何人もおった。私は苦手やから食べへんかったけど、生牡蠣や生のはまぐりも人気があった。デザート  soup 
次はクラムチャウダーとクラブケーキ、イタリアンの野菜、フィッシュアンドチップスなど。これは、もひとつやったな。
最後にデザート。ノンシュガーのケーキって書いたあった、ブルーベリーのパイとメロン。このパイも甘さはおさえてあるんやけど、微妙なお味。コーヒーをもろておなかいっぱいになった。
こっちの人は想像を超えた太りかたや。NYはスリムな人が多いし、ハワイも太った人が多いけどもっと健康的に感じる。みんなバッフェイで山ほど食べて、カジノばっかりしてるからやろうか。
翌日の朝からのグランドキャニオンツアーにそなえて、早々に寝ました。 

blobranking
人気blogランキングへ ええかなと思わはったら、クリックよろしゅうに!



© Rakuten Group, Inc.