4188059 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

めざせ!Asian Beauty  megのよくばりブログ

2006年3月トルコ-準備とフライト

H.I.S.の初夢フェアで申し込んだツアーの第3弾です。
飛行機は、なんとアエロフロート・ロシア航空、モスクワ経由やそうです。こんな飛行機に乗ることができるなんて、思ってもみませんでした。おもしろそう。
トルコと日本の時差は7時間。日本の朝10時が、トルコでは同日の朝3時になります。
今回のスケジュールは、

1日目
13:00成田発、ひたすら移動。
イスタンブールに着くのは翌日の00:20。モスクワで乗り換えの時間が5時間もある。それに14時間半も飛行機の中や。
この日のホテルは、イスタンブールのグランドジェワヒール、一応5星のホテルみたいやなあ。

2日目
午前:イスタンブール市内観光
ブルーモスク、アヤソフィアを観て、バスでアンカラへ移動(約6.5時間)。
ホテルは、アンカラのラディソンサス、Free Broadbandやて。

3日目
大塩湖トゥズ湖とキャラバン・サライ(隊商宿・アーズカラハン?)に立ち寄りながら、バスでカッパドキアへ。
地下8階もある地下都市カイマクル、巨大な一枚岩の城跡ウチヒサール(下車のみ)を観光。
途中、トルコ石店に立ち寄るそうです。
ホテルでの夕食後、洞窟レストランにて妖艶で美しいベリーダンスをアルコールを含むドリンクを飲みながら楽しむ。
ホテルは、ユルギュップの4つ星ディンラー

4日目
奇岩の建ち並ぶギョレメ野外博物館、ゼルベの谷(下車のみ)、ギョレメの谷(下車のみ)、ローズバレー(下車のみ)、鳩の谷(下車のみ)などを観光。
カッパドキアからバスでアンカラへ移動(約4.5時間)。
途中、トルコ名産の絨毯工場の見学。
22:30 アンカラ寝台特急列車(個室)でイスタンブールへ(車中泊)。

5日目
食堂車で朝食、8:04 イスタンブール着。
ボスポラスクルーズで船の上からイスタンブールの街並みを眺めて、トプカプ宮殿、グランドバザールなどを観光。
途中、革製品店に立ち寄る。
午後は自由行動。
ホテルは、イスタンブールの5つ星ザ・マルマラ

6日目
14:20イスタンブール発(モスクワ乗継ぎ)空路、帰国の途へ。

7日目
10:55成田着。

こうやってみると、ほとんどが移動の時間やなあ。観光してんのは、正味16時間ぐらいしかあらへん。
添乗員さんと一緒のツアーって始めてやから、楽しみ。さらに現地の日本語スルーガイドさんもつくんやて。参加者35人もいるそうです。
出発の3日前から前日までに、添乗員さんから「ご挨拶コール」もかかってくるやて。
5日目の昼夜を除いて、食事がついて、
89,800円+一人参加20,000円+航空保険・燃料サーチャージ、出入国税等11,740円+成田空港施設使用料2,040円。
今、ヨーロッパもトルコも寒そうやな。防寒対策もせな。モスクワの空港って寒いんかなあ。
5日目の自由行動の日、どこまわるか計画立てるのが楽しい。食事もおいしそうやし、きれいなもんもいっぱいあるし、おもしろそう。スーパーマーケットにも行きたいな。
PC持っていくんは、ちょっと無理かなあ。

トルコに行くにあたって、目を通したガイドブックです。全部図書館で借りたんやけど。
イスタンブール・トルコワールドガイド イスタンブール・トルコ
出版社:JTBパブリッシング 発行年月:2005年08月
これが一番役に立った。各地の説明も詳細。

トラベルストーリー イスタンブール・トルコ
出版社:昭文社 発行年月:2005年1月
イスタンブールの説明がメインやけど、カッパドキアとかも載ってる。観光名所の写真が豊富。薄くて持ち歩くのに便利。

るるぶトルコるるぶトルコ
出版社:JTBパブリッシング 発行年月:2005年4月
ムック本で大きすぎる。写真やイラストが豊富で歴史的な記載は少ない。若者向け。

地球の歩き方(E 03(2006~2007年)地球の歩き方(E 03(2006~2007年)イスタンブールとトルコの大地
出版社:ダイヤモンド・ビッグ社 /ダイヤモンド社 発行年月:2006年2月
トルコ全土が掲載されているので、個々の記述は薄い。イスタンブール市内地図は一番詳細なものが載っていた。全体のページ割が使いにくく、何がどこに書いてあるのかわかりにくく、最後まで使いにくかった。

トルコトルコ語 ここ以外のどこかへ!;旅の指さし会話帳 18(第2版)
著者:磯部加代子 出版社:情報センター出版局 発行年月:2006年1月
トルコでも役に立った。内容を見てるだけでもトルコのことがなんとなくわかって楽しい。

とんぼの本 イスタンブール歴史散歩
著者:渋沢幸子 /池澤夏樹 出版社:新潮社 発行年月:1994年5月
読み物としておもしろく、写真もきれい。これを読んで、イスタンブールへの関心が高まった。

魅惑の温泉めぐりトルコ魅惑の温泉めぐりトルコ
著者:葛西暢人 出版社:新樹社 発行年月:2005年5月
今度、個人で旅行をするときにはこの本が役に立ちそう。このサイトを本にまとめたみたいです。

トルコロンリープラネットの自由旅行ガイド トルコ
出版社:メディアファクトリー 発行年月:2004年1月
これは読んでません。でも読んでみたかったな。図書館にあるみたいやから借りてこよ。

サイトでは、
私営アナトリア通信(「魅惑の温泉めぐりトルコ」の葛西暢人さんのサイト)

いのうえの旅行情報 トルコの旅行情報(こんなことしてる人がおるんやなあ)

トゥライのトルコ料理

KI-NOKO’S HOME PAGE!(リンクが充実)



© Rakuten Group, Inc.