4294866 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

めざせ!Asian Beauty  megのよくばりブログ

2008年01月27日
XML
カテゴリ:日本の旅

西伊豆、岩地にある料理民宿かいとく丸の晩ごはん。
お宿の名前は、前に漁の網本さんをやってはった時の船の名前、皆徳丸から来てるみたいや。一日3組しか予約を取りはらへん。
まずは、檜のお風呂へ。岩地温泉の掛け流しでよう温まって気持ちええ。
晩ごはんは、5時半からっていうんがここのルール。
何度来ても、ほとんど献立の構成が変わらんお宿。
1泊2食で、10000円のでお願いした。伊勢海老がつくと13000円、伊勢海老と鮑つきやと15000円。かいとく丸
お酒は、ビールと熱燗にした。白ワインも合いそうなお料理。
お酢漬けの鰯に黒胡麻をまぶしたのとチーズがまず出てきた。
このチーズは、長野の清水牧場チーズ工房のを取り寄せてはるそうや。
プティ・ニュアージュっていう牛乳を使うたフレッシュチーズで、お豆腐を凝縮したような食感でおいしかった。 
清水牧場チーズ工房
タコのカルパッチョは、タコもプリプリしてるし、ソースもニンニクやオリーブの香りがきいてる。
サザエはエスカルゴ風に焼いてある。もちろんソースまで全部飲んだ。
いつもは、ここでヒラメの昆布〆が出るんやけど、今回はもみじおろしを入れたポン酢でいただくお刺身やった。
今の時期のヒラメはおいしいから、昆布〆にするんはもったいないからやそうや。
他の2組の人たちは伊勢海老のを頼んではって、ここで伊勢海老のお刺身が出てる。
次は海老のアメリケーヌソース。これも、伊勢海老の人は伊勢海老のアメリケーヌ。アメリケーヌソースは、伊勢海老から作ってはるやろうから、私たちも伊勢海老のご相伴に預かれた。
丸大根と春菊の煮物も薄味で上手に炊いてはる。
鯛の塩焼きが登場。焼き立てで、なんとも言えずおいしい。
私は魚好きやから、猫またぎ状態にしてしまう。
身と皮を残しておいて、ご飯にのせてお湯をかけ鯛茶漬けも楽しんだ。
お味噌汁は、ヒラメのアラ入り。お漬物と、食後にはイチゴが出た。
少し休んでから、またお風呂に入って早めに休んだ。

今日のラッキーくじは、両方ハズレやった。

blobranking
人気blogランキングへ ええかなと思わはったら、クリックよろしゅうに!







最終更新日  2008年01月28日 01時49分18秒
コメント(6) | コメントを書く
[日本の旅] カテゴリの最新記事


PR

X

プロフィール


megumegu001

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

バックナンバー

2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年09月
2021年08月

フリーページ

カレンダー


© Rakuten Group, Inc.