2850070 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

めざせ!Asian Beauty  megのよくばりブログ

2008年02月24日
XML
カテゴリ:おいしい

今日、汐留にあるコンラッド東京でランチを食べてきた。
車で行ったんやけど、ここもバレーパーキングで便利。レストランで1万円以上支払えば4時間まで駐車料金はサービスになるし、バレーの料金もかからへん。
車寄せからエントランスに入っても、ほとんどお客さんがいはらへん。
コンラッドはヒルトングループのホテルの最高級ブランド。
コンラッド東京
奥のエレベーターで28階に昇ると、にぎわってた。
ホテルのフロントもレストランもこのフロアにある。
天井が8mもあるそうで、すごく開放感がある。
バー&ラウンジ「トゥエンティエイト」、日本料理「風花」、ブラッセリー「セリーズ by ゴードン・ラムゼイ」を通って、一番奥が目的の中国料理「チャイナブルー」。
予約してあったので、窓側の景色のええ席に案内してくれはった。
手前の緑は浜離宮、東京湾の向こうにはお台場、レインボーブリッジも見える。
青を効かせたインテリアがモダン。 チャイナブルー 茉莉花 
奥には3000本のストックがあるワインセラーまであった。
ここは、ジャスミンティが無料でサービスされるのがうれしい。
別に900円でポットの黄金桂茶も頼んだけど、ポットを開けたらお茶の葉がお茶パックのなかに入っててちょっびっくりした。
最初に3種類の醤、海鮮XO醤と、豆板醤、スイートチリソースがでてきた。
続いてつきだしのお豆腐にわけぎとピータンのソースをかけたの。
だんな様は3800円(税、サービス料込み)の茉莉花コース。
北京ダックチャイナブルースタイル
 鴨は皮も肉も一緒に、パイナップルと湯葉、壬生菜を春餅で巻いて。
上海蟹肉と卵入り鱈のスープ
 蟹と鱈の旨味が濃縮されてる。
蟹肉とオリーブ入りチャーハン
 ちょっと甘めの味付けでくせになりそう。
口直しに、パッションフルーツのジュースが出てお口の中がさっぱり、フルーティーに。
デザートは、アロエ果肉入り愛玉ゼリー
 レモンの風味でアロエの食感も楽しい。
ワンタンの皮の揚げてはちみつをかけてゴマと青海苔をまぶしたものもおもしろかった。お茶受けにぴったり。自分でも作れるかなあ。
私のは春節限定の「大吉大利」コース、8888円(税、サービス料込み)。チャイナブルー 大吉大利
シェフのおすすめ前菜四種盛り
 奥から豚の煮込み入り餃子、牛すね肉の煮込み、あわび、桃の赤ワイン煮。
上海蟹入りふかひれスープ
ふかひれの煮込みかと思うほどたっぷりはて、ちょっと酸味の効いたお味。
銀だらの照り焼き入り 笹の葉ちまき御飯
麩饅頭のような笹の包みを開けると、ちまきが現れる。中には照り焼きの銀ダラ。
生姜の酢漬けもついてた。
高麗豚フィレ肉の中国風ステーキ
 付け合せは、マンゴーをピリ辛甘く煮たのと、ゴボウ。
なまこのスープ仕立て
 こんな大きなナマコは初めて。胡椒の効いたスープで袋茸と一緒に。
焼きそばも食べたかったので、広東焼きそば1300円も追加注文。
高麗豚と干し椎茸、ニラ、キャベツをシンガポールから取り寄せた太いおうどんのような麺とオイスターソースで炒めてある。
ここのシェフ、アルバート・ツェ(謝偉城)さんは、フォーシーズンズ・シンガポール「江南春」などの料理長を務め、コンラッド東京のオープンとともに東京にやってきはった。たそうや。
広東料理をベースに、シンガポールの香りと日本の素材をうまく活かしてはる。
口直しに、パッションフルーツのジュースの後、マンゴプディング。
濃厚な味わい。
食事の後で、個室を見せてもろた。
3つあって、一番眺めのいい部屋は、室料だけで25000円もするねんて。
お会計のときに、バレーパーキングのチケットを渡すと、帰りころには車を車寄せに動かしてくれてはった。二人で14888円。
チャイナブルーではサタデーブランチをやってて、9800円(税・サービス料込み)で
8800円分のお料理に、ルイ・ロデレール・シャンパンと甕出し紹興酒が飲み放題になる。
お酒が強い人には、とってもお徳やと思う。
チャイナブルー サタデー シャンパンブランチ

コンラッド東京

今日のラッキーくじは、両方ハズレやった。

blobranking
人気blogランキングへ ええかなと思わはったら、クリックよろしゅうに!


チャイナブルー (中華料理 / 汐留)
★★★★ 3.5






最終更新日  2008年05月12日 00時27分38秒
コメント(8) | コメントを書く
[おいしい] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


megumegu001

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

バックナンバー

フリーページ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.