3318805 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

めざせ!Asian Beauty  megのよくばりブログ

全8件 (8件中 1-8件目)

1

Norwayノルウェー

2007年04月24日
XML
カテゴリ:Norwayノルウェー

トロムソのスーパーでのお買い物その2。
スーパーでのお買い物 1はこちら買い物
インスタントラーメン チキン味 8.5NKR(約170円)、
インスタントラーメン チリ味 7.9NKR(約158円)。
このパッケージのイラストは、おすもうさんに見える。
でもパッケージにはMr.Leeって書いてあって、裏に見たことのあるマークが。「辛ラーメン」で有名な韓国の農心が作ってた。
右側のKyllingsmakチキン味を食べてみた。
韓国のラーメンらしく麺が太めでスープと一緒に煮込むタイプ。スープの色は黄色いけど、全然スパイシーやなくて濃いチキン味のインスタントラーメンやった。
じゃがいものクレープLomperは250gで7、8枚入って11.5NRK(約230円)。
これがすごくおいしかった。軽くオーブントースターで焼くと香ばしくなって、鯖の燻製やチーズを巻いて食べた。じゃがいものねっとりホクホク感が残ってる。
ナッツとドライフルーツのミックスは11NRK(約220円)。
ピーナッツとカシューナッツ、ドライフルーツのパイナップル、ブルーベリー、クランベリーが入ってる。甘いのとナッツって不思議な味わい。
スライスされてるブラウンチーズは17.9NRK(約358円)。
イエットオースト(Gjetost)っていう牛乳と山羊乳のブレンドで作ってあって、甘くてカラメルのような味がする。 ...
鯖の燻製は重さによって違うけど、だいたい半身で15NRK(約300円)。
HUSFLIDEN TROMSOっていうアートクラフトのお店で、フェルトの小さな花を一つ買った。これが12NRK(約240円)。
このお店のものは、どれも暖かい感じがしてかわいかった。
食料品にも14%の税金(食料品以外は25%)がかかるし、日本円が安いから物価が高く感じる。
でも、すごく暮らしやそうな街に思えた。
ノルウェーのなかでも特にトロムソがええのかどうかはわからへんけど、お気に入りの街になった。
オーロラがたっぷり観られたのもうれしかったけど、それ以上にトロムソの人たちと触れ合えたことが楽しかった。また、夏に来てみたいな。
ノルウェーのことは、これでおしまい。
4月28日土曜日からはハワイに行ってきます。まだ全然準備ができてへん。

今日のラッキーくじは、両方ハズレやった。
blobranking
人気blogランキングへ ええかなと思わはったら、クリックよろしゅうに!







最終更新日  2007年04月25日 01時31分57秒
コメント(16) | コメントを書く
2007年04月23日
カテゴリ:Norwayノルウェー

トロムソの街では、こんなそりに乗ってる人もいはった。トロムソとオスロ写真撮らせてって言うたら、快くポーズをとってくれはった。
カフェの前には、お留守番のワンちゃん。じっとしてるのは寒そうやった。
2007年2月10日にトロムソとお別れ。
たった4日間しかいなかったのに、ずいぶんいろんな体験ができた旅やった。
7時にホテルからバスが出発するので、ホテルの朝ごはんは食べる時間がないかと思うてた。
でも6時ごろからレストランが開いてたんで、最後の食事。ここのレストラン、雰囲気がいいしおいしかった。
バスは15分ほどで空港に到着。参加した人たちは皆、トロムソが好きになったみたいやった。
ロビーには7-11があった。ここのドリンクはどれも1杯20NKR(約400円)。
雪のせいか8:35出発予定のSK4409便が、8:50発になった。
前の日には雪で飛行機が飛んでへんかったみたいや。
1時間でオスロに到着。
時間があったので、残ったノルウェークローネを使って免税店でお買い物。
ノルウェーのチョコとキャンディの詰め合わせFreia Twist39NKR(約780円)、べルギーの板チョコ22NKR(約440円)、トナカイのジャーキー21NKR(約420円)。
税金がかからへんので、スーパーで買うより安いかもしれん。
ノルウェーに伝わる森の妖精トロールもいた。耳と鼻が大きくて髪がもじゃもじゃでかわいくはないけど、憎めへん顔つきやな。
12:10発のSK457便は1時間でコペンハーゲンに到着。
コペンハーゲンで、再度チェックインして出国手続きもした。
15:40発のSK983便に乗って、翌11日の10:15成田に着いた。
明日トロムソでのお買い物のことを書いて、おしまい。

今日は、カリフォルニアワインウエハース(モカ&チョコレート)っていうのを食べてみた。
ワインが入ってるのかと思うたら、赤ワインと一緒に食べるウエハースやそうや。
フカフカしたウエハースの間に、モカチョコ味のお砂糖がはさまってる。
間のはゴーフルに入ってるようなクリームやなくて、ボソボソしてる。
パッケージには、こう書いてある。
1. お気に入りの赤ワインをグラスに注ぐ
2. カリフォルニアワインウエハースの大きなかけらを口へ
3. ワインをほんの一口、一緒に飲み込む
牛スジの赤ワイン煮に使うた、安いイタリアのサンジョベーゼワインと一緒に食べてみた。
合わんこともないけど、もっとおいしいもんがいっぱいあるやろうになあ。
白ワイン用には、レモンとバニラとアーモンドの合わさったフレーバーがある。
California Wine Wafer

今日のラッキーくじは、両方ハズレやった。

blobranking
人気blogランキングへ ええかなと思わはったら、クリックよろしゅうに!








最終更新日  2007年04月23日 21時18分38秒
コメント(16) | コメントを書く
2007年04月22日
カテゴリ:Norwayノルウェー

北ノルウェー美術館のお姉さんに教えてもろたレストランVertshuset Skarvenに行ってみると、トロムソのパン屋さん残念ながら夕方4時からの営業やった。
Vertshuset Skarven
トロムソは、坂が多い。急な坂に雪が積もってて、滑りそうになりなる。
坂の上のほうにある、赤いかわいい木造の建物がパン屋さん。
ここもお姉さんに教えてもろた。
なかに入るといい匂い。左奥に窯があって白樺の薪でパンを焼いてはる。
北欧はデニッシュが有名なんかと思うたけど、もっと素朴なカンパーニュみたいなパン。
一番のおすすめはそのシンプルなパンやってんけど、直径20cmぐらいある。
一人では食べきれへんので、菓子パンのなかからカスタードのパンを選んだ。
1個18NKR(約360円)。
バレンタインデーの前やったからか、ハート型のパンもあった。
Steike godt
ホテルに帰って、さっそくコーヒーと一緒に食べてみた。
カスタードが濃厚やけどしつこくなくて、パン生地は素朴で味わいがあっておいしかった。
この後、新雪を踏みしめ北極教会へ行った。
ノルウェーのことは、あと1、2回で終わるかな。

私はかなづちやねんけど、最近泳ぎたくて温水プールを探してた。
近所の中学校の温水プールを、住民にも開放してると知って、何年ぶりかで日本のプールに行ってきた。
1時間200円。5月までは400円で何時間いてもええ。
25mの立派なプールで、ライフガードの人が4人もいた。
ビート板を使って、バタ足で50m、浮きをつけて背泳ぎで50m。それだけでも、相当の運動量になった。でも、気持ちええなあ。
下手な私が泳いでると、ライフガードの人がプールサイドに沿って一緒に歩いて見張っててくれはった。
リゾートっぽい水着しか持ってへんかったので、御殿場のアウトレットに行ったときに水着も買うてきた。
アディダスの水着やけど、ガールズ150cmのタンキニ。4900円のが1900円(税別)やった。レディスのより、シンプルでかっこよかった。
小さめやから、ちょっとおへそが見える。
だんな様のも、5900円のが1900円(税別)
これから定期的に泳ごうかな。恥ずかしいから、早く浮きが取れるようになりたいなあ。下半身が沈んでいくのと、息継ぎがちゃんとでけへん。
サークルもいくつかあるみたいやから、様子をみて入ってみようかな。

今日のラッキーくじは、ラッキーサーチが5ポイントアタリやった。

blobranking
人気blogランキングへ ええかなと思わはったら、クリックよろしゅうに!







最終更新日  2007年04月22日 22時24分58秒
コメント(18) | コメントを書く
2007年04月21日
カテゴリ:Norwayノルウェー

北ノルウェー美術館ポーラリアの次は、ポーラリア(PORARIA)へ。
体験型水族館みたいなところ。12時からの開館やったけど、寒いやろうからって11時半に入れてくれた。それに入館料90NKR(約1800円)を払うと、すぐにパノラマヴィジョン「スヴァルバール」を上映してくれた。
スヴァルバール諸島は、ノルウェー本土と北極点の中間に位置する島々で60%が氷河に覆われてる。
珍しい海鳥やトナカイ、ホッキョクギツネ、ホッキョクグマ、アザラシ、マッコウクジラやスナメリ、高山植物などを一羽のヒメウミスズメの視点で20分間たっぷりと見せてくれる。
吹雪やツンドラ、オーロラを体験できるコーナーもあったけど、調整中で残念。
水槽の中には、シーラカンスに似ためずらしい魚もいた。
水中トンネルからのアザラシ(動画)
12時半から、人気のアゴヒゲアザラシの餌付け。
オスのディーゼルと、メスのオーロラ、ベラ、マイサンの4頭が訓練するのを見られる。マイサンはダンサーっていう日本語からつけられた名前やそうやから、舞さんかな。
ポーラリア

Tromso Kunstforeningっていう現代アートギャラリーにも行ってみた。
木造の古いお屋敷を改築したような建物。
入館料30NKR(約600円)やったけど、ビデオインスタレーションの調子が悪かったからか、半分の15NKR(約300円)を帰りに返してくれはった。
Tromso Kunstforening
それほど大きい街でもないのに、美術館が充実してるなあ。

今日のラッキーくじは、両方ハズレやった。

blobranking
人気blogランキングへ ええかなと思わはったら、クリックよろしゅうに!







最終更新日  2007年04月21日 20時55分59秒
コメント(14) | コメントを書く
2007年04月18日
カテゴリ:Norwayノルウェー

北ノルウェー美術館犬ぞりに乗せてくれたビルマルクセンターでは、コリーのテテが見送ってくれた。
ノルウェーのトロムソに着いてからハードスケジュールやった。
ホテルに着いたんが、2月7日の夜中の2時ごろ。
同じ日に沿岸急行船HURTIGRUTEN(フッティルーテン)でオーロラを堪能して、翌日は犬ぞりツアーやもんな。
ツアーの送迎車で2時ごろホテルまで送ってもろて、それからずっと寝てた。
夜10時ごろ目が覚めたんで、ホテルのサウナとジャグジーに行った。
だれもおらへんかったんで、のんびりと雪が舞う北極圏の港の景色を楽しんだ。
翌日はもっと雪がひどかった。
10時の開館を待って、北ノルウェー美術館へ。
入館料は30NKR(約600円)。
ムンクのWorkers returning Home(家路につく労働者?)や現代アート、織物を使うたもんまで幅広いジャンルの作品が揃うてる。
2001年にオープンしたそうやからまだ新しくて、ゆったりとした空間で気持ちよう観られる。
Kjell Erik Killi Olsenっていうノルウェーのアーティストの企画展もおもしろかった。
ノルウェーではトイレも美しい。ハンディのある人でも使いやすいように、広い空間をとってあって、で手すりがついてる。
日本でも同じ機能は備わってるんやろうけど、北欧はやっぱりデザインがええからかな。
受付のお姉さんと作品について話した。お互いに母国語やない英語やからたどたどしい。でもあの人の作品が好きやっていうたら、素材についてなど画集を見せながら説明してくれはった。
こんな風に、地元の人とアートについて話たんは初めてで、楽しかった。
魚料理とデニッシュのおいしいお店も教えてもろた。
北ノルウェー美術館

今日のラッキーくじは、両方ハズレやった。

blobranking
人気blogランキングへ ええかなと思わはったら、クリックよろしゅうに!







最終更新日  2007年04月23日 09時43分29秒
コメント(14) | コメントを書く
2007年04月17日
カテゴリ:Norwayノルウェー

2月に行ったノルウェー トロムソ オーロラツアーまだ半分しか書いてへんかった。
この前の犬ぞりのことや動画はこちら
犬ぞり体験を終えて、サーメ人のテント「コタ」の中に入った。 トナカイのシチュー
細く長い丸太を何本も使って円錐形に組んだものに、布がかぶせてある。本来は稼動式の住居なんやろうけど、ここのはドアまでついてた。
床は土の上に小石が敷かれてて、真ん中に焚き火がある。石組の焚き火台に白樺のような薪がくべてある。
コタのてっぺんは、木を組み合わせた真ん中に穴が開いてて、そこから雪がチラチラと舞い降りてくる。
座るのは、丸太で作った低い椅子。トナカイの毛皮が敷かれててあったかい。テーブルも丸太。
センターのキッチンで調理したお鍋が焚き火の上にのってる。トナカイのシチューや。
まずは、コップにスープだけ入れてくれる。冷え切った体が、みるみる暖まっていく。
その後、具をお皿に盛ってくれた。トナカイの肉はそれほど臭みもなくあっさりしてて食べやすい。にんじんとじゃがいも、さつまいものような、かぼちゃのようなのも入ってて、トマトの味付け。
素朴でおいしかった。
ご自慢のチョコレートケーキとコーヒーをいただきながら、スタッフの人からいろいろ教えてもろた。
このトナカイのシチューは、サーメ人の結婚式のディナーで食べられるもんやねんて。結婚式には3000人ぐらい集まってきて、お祝いに持ってきたトナカイも料理に使うみたい。
私の英語のヒヤリングは頼りないんで、違ってるかもしれんけど。
犬たちがレースの間に食べる餌は、生の肉とドライフードとお湯を混ぜたもの。生の肉っていうても、カチンカチンに凍ってる。
リーダー犬は、メスが多いそうや。目、鼻、耳を総動員して情報を集め、判断する能力を持った犬が選ばれて訓練される。オスの犬は筋力があるから、力仕事担当。
焚き火を見つめながら、こんなに素晴らしいショウがあるのに、どうしてテレビのほうがいいのかしらっていうてはったのが印象的やった。

今日のラッキーくじは、Infoseekが1ポイントアタリやった。

blobranking
人気blogランキングへ ええかなと思わはったら、クリックよろしゅうに!







最終更新日  2007年04月23日 09時41分34秒
コメント(14) | コメントを書く
2007年03月08日
テーマ:海外生活(7184)
カテゴリ:Norwayノルウェー

犬ぞりに乗る準備を済ませて、外へ出ると、100匹近い犬たちの小屋が並んでた。犬ぞり体験
一匹ずつ小屋が分かれてて、それぞれに名前を書いたプレートがついてた。
どの犬も、そりを曳きたくてたまらないみたいで、自己アピールして吠えてる。10頭が選ばれて、そりにつながれた。
そりは二人乗りで、後ろにマッシャーが立って操作する。席にはトナカイの毛皮が敷いてあって、毛布を掛けるようになってた。
リードドッグは、NOAH(BOY)とMINITUTTI(GIRL)。
準備が整い出発するときに、またお留守番の犬たちがいっせいに吠えてお見送りしてくれた。
犬ぞりスタート(動画)
最初は、そろそろと進んでたけど、そのうちスルスル滑り出した。新雪がサラサラしてて気持ちいい。
でも氷点下のなか、カバーされてない口と鼻のあたりが、すごく冷たい。体も冷えてきた。
犬たちはハーハーと舌を出しながら、がんばって引っ張ってくれてる。
「ジー」は右へ曲がれ
「ハー」は左へ曲がれ
「ヘッド」はまっすぐに進め
「ウォー」は止まれ
雪が小降りになって、太陽が現れた。
太陽に向かって元気に走る犬たち(動画)
30分ぐらい行ったところで、「ジー」とUターンして来た道を戻っていった。
センターに戻ってくると、またお留守番の犬たちの歓迎の吠える声。
そりから降りて、全部の犬を「Good Job」って言いながらなぜてあげた。
Toreさんがマッシャーやったんかなあ。世界レベルのマッシャーのそりに乗れたなんてうれしい。
犬種はアラスカン・ハスキー。
ここでは、犬はペットとか家族っていうより、頼りになる相棒、仲間みたい。それに狼に近いんかもしれん。
犬たちは、そりを曳いて走るんが楽しくてたまらないっていうことが伝わってきた。
サーメ人のテント「コタ」の中に入って、冷えた体を温めた。次はお昼ごはんや。

今日のラッキーくじは、両方ハズレやった。

blobranking
人気blogランキングへ ええかなと思わはったら、クリックよろしゅうに!







最終更新日  2007年04月23日 09時45分03秒
コメント(12) | コメントを書く
2007年03月07日
カテゴリ:Norwayノルウェー

ノルウェーの旅のこと、まだ3分の1しか書いてへんかった。
沿岸急行船でオーロラを堪能した翌日(2007年2月8日)、ホテルで朝ごはんを済ませて犬ぞりツアーに参加した。
トロムソのビルマルクセンターに、ネットから申し込んで予約しておいた。 
朝から雪が降りしきってる。
集合場所のSASホテルのロビーで待ってると、9時45分に迎えの車が来た。
こんな天気でも雪ぞりだいじょうぶって聞いたら、very good!やて。ビルマルクセンター
ノルディックホテルでもう一人日本人の参加者を乗せて、30分ほどでビルマルクセンターに到着。
トロムソ ビルマルクセンター
まずわんちゃんのお出迎え。この子はそりを引かんみたい、番犬かな。
このセンターは、ToreさんToveさん夫婦がやってはる。
二人は何度も犬ぞりレースに出てて、昨年は世界最難最長のアイディタロッドにも出場しはった。
アンカレッジをスタートし、西北に約1800km離れた町ノームがゴール。東京から沖縄ぐらいの距離を約2週間で走る。昨年トップの人はタイムが9日半やったそうやから、犬たちは1日に200km近くも走ることになる。
1台のそりに7頭から20頭の犬が1チームで、犬ぞりの乗り手はマッシャーっていう。
83人のマッシャーが出場したなかで、ToreさんとToveさんは28位と29位やってんて。
犬たちと一緒にアラスカまで飛行機で旅してからのレースやから、大変やったやろうにな。
犬の体調管理についてもルールがあって、チェックポイントに獣医がいて弱った犬はリタイアさせられるし、リタイアできる犬の数にも制限があるらしい。
ヨーロッパ最長の犬ぞりレース、フィンマルク・スロペットっていうのもあって、こっちには毎年のように出場してはって、今年は3月10日にスタート。
女性のマッシャーも少なくないみたい。アイディタロッドでは女性が優勝した年もあるし、50代の女性マッシャーも上位に入ってはる。
日本女性のマッシャーもいるみたいやなあ。
マッシャーには、スタミナと犬との信頼感と細かいケアができることが大切みたいや。
アイディタロッド
フィンマルク・スロペット
ツアーの料金は、1200NOK(約24,000円)。防寒着のレンタルと昼食、送迎がついてる。
これだけの体験ができたんやから、そんなに高くはないかもしれん。それにそのお金が犬たちのために使われると思うと、ちょっとうれしい。
貸してくれた防寒着は、つなぎのウェアーと靴、手袋、ゴーグル、マフラー。
全部着こんで、スタッフのお姉さんと記念撮影。
このときは、寒さを甘くみてた。自分のダウンとか手袋の上にこの防寒着を着て、使い捨てカイロも持っておけばよかった。
1時間も外を走って寒かったなあ。
犬ぞりに乗った様子は、次に続きます。

今日のラッキーくじは、両方ハズレやった。

blobranking
人気blogランキングへ ええかなと思わはったら、クリックよろしゅうに!







最終更新日  2007年04月23日 09時47分09秒
コメント(14) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR

プロフィール


megumegu001

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

バックナンバー

フリーページ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.