4254355 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

めざせ!Asian Beauty  megのよくばりブログ

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Parisパリ2011

2011年09月23日
XML
カテゴリ:Parisパリ2011

パリでは、第一日曜日に公立美術館・博物館の常設展がほとんど無料開放される。
対象になるのは、
 ポンピドゥーセンター/国立近代美術館 Mus?e national d'art moderne - Centre Pompidou
 パリ施療院・貧民救済博物館 Mus?e de l'Assistance Publique - H?pitaux de Paris
 ギメ美術館/東洋美術館 Mus?e national des Arts asiatiques Guimet
 狩猟自然博物館 Mus?e de la Chasse et de la Nature
 ドラクロワ記念館  Mus?e national Eug?ne Delacroix
 ギュスタヴ・モロー美術館 Mus?e Gustave Moreau
 エベール美術館 Mus?e national Ernest Hebert (改装工事のため閉館中)
 ジャン=ジャック・エネ美術館 Mus?e national Jean-Jacques Henner
 ルーヴル美術館 Mus?e du Louvre
 クリュニー中世美術館  Mus?e national du Moyen ?ge - Thermes de Cluny
 オランジュリー美術館 Mus?e national de l'Orangerie
 オルセー美術館 Mus?e d'Orsay
 ピカソ美術館 Mus?e national Picasso (改装工事のため閉館中)
 建築遺産博物館 Cit? de l'Architecture et du Patrimoine
 国立移民歴史館 Cit? nationale de l'histoire de l'immigration
 ケ・ブランリー美術館 Mus?e du Quai Branly
 ロダン美術館 Mus?e Rodin
Free admission and good deals in museums and monuments

6月のパリ行きではちょうどこの日が含まれてたので、どの日にどの美術館に行くかをいろいろ考えた。20110923
フランス全土で秋の恒例イベント「文化遺産の日」も開催されるそうや。
2011年は9月18日~19日。
今から27年前に始まったそうで、毎年9月の週末を使って、文化遺産の修復や保護に関わる人々の仕事をより多くの人に知ってもらいたいという目的で、いろんなプログラムが実施される。
2010年はフランス全土で1万6000か所の文化遺産が一般に無料で開放され、講演会や特別展示、ガイドツアー、音楽コンサート、子供向けのワークショップなど全22000のイベントが用意されたんやて。
通常、一般には非公開の行政施設、上院(SENAT)、大統領官邸(PALAIS ELYSEES)、国会議事堂(ASSEMBLEE NATIONALE)、首相官邸(HOTEL DE MATIGNON)、フランス外務省などにも入れたりするみたいや。
今度フランスに行くときは、この時期にしようかな。
文化遺産の日公式サイト
パリの旅、続く。
(旅行時の為替、1ユーロ119.5円で計算)

原種ハイビスカスのロバツスの開花 1輪(合計501輪)
紅ちどりの開花 0輪(合計278輪)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2011年10月05日 22時30分46秒
コメント(2) | コメントを書く


2011年09月18日
カテゴリ:Parisパリ2011

オペラ座ガルニエ宮 シャガールの天井画のことまで書いたパリ2日目の6月4日土曜日の続き。
パリの日暮れは遅い。20110918
バレエ「レイン」を堪能してオペラ座ガルニエ宮を出たのが、夜の9時15分ごろ。
パリの空はまだ明るくて、やっと夕暮れ色になってきたばかり。
メトロ9号線のショセ・ダンタン=ラ・ファイエット(Chaussee d'Antin La Fayette)から回数券のカルネ(Carnet)を使うて、ホテルがある最寄のポルト ド モントルイユ(Porte de Montreuil)まで。
10時少し前に着いた。
改札に上がろうとすると、子どもがすごい勢いで駆け下りてきた。
どうしたのかと思うたら、階段の上で検札をやってた。
日本とは違うてこの検札は厳しくて、乗り越し精算などはできないし、高額の罰金を取られるらしい。
ちゃんとカルネを持っててよかった。
駅を出たところには、モントルイユの蚤の市の名残で、路上で日用品やガラクタを売ってる移民のような人がまだいはった。
10時過ぎに、お宿のイビス ポルト ド モントルイユに到着。
長くて充実した一日やったなあ。
部屋で食べたジェラール・ミュロ(G?rard Mulot)のアプリコのタルトと桃のタルトが、すごくおいしかった。
パリの旅、続く。
(旅行時の為替、1ユーロ119.5円で計算)

原種ハイビスカスのロバツスの開花 7輪(合計461輪)
紅ちどりの開花 0輪(合計273輪)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2011年10月03日 22時54分33秒
コメント(6) | コメントを書く
2011年09月17日
カテゴリ:Parisパリ2011

パリ・オペラ座バレエ団のレインREINを観たとこまで書いたパリ2日目の6月4日土曜日の続き。
バレエもよかったけど、ガルニエ宮のホールといえば、豪華なシャンデリアとシャガールの天井画(Plafond de l'Op?ra)も見もの。
シャンデリアは設計者のガルニエ自身がデザインしたもので、重さは8トンもあるそうや。
ガルニエ宮ができた当時の天井画は、ジュール・ウジェーヌ・ルヌヴ(Jules Eug?ne Lenepveu)が描いたもの。
それが傷んできたからか、1964年に当時の文化大臣アンドレ・マルローから委嘱されて、シャガールが新しい天井画を描き、元の絵の上に貼り付けてある。
パリの人は、この天井画をあまり気に入ってないのかもしれん。
ガルニエ宮の荘厳で華やかな雰囲気に合ってるかというと、微妙なところはあるかもなあ。

シャガールは、オペラやバレエなどの有名な音楽の14場面を描いてる。
内側の小さい円には、のなかにはグルックの「オルフェオとエウリディーチェ」、ベートーヴェンの「フィデリオ」、ヴェルディの「椿姫(La traviata)」、ビゼーの「カルメン」が。
外側の大きな円には、ベルリオーズ「ロミオとジュリエット」、ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」、モーツァルト「魔笛」、ムソルグスキー「ボリス・ゴドゥノフ」、 アダン「ジゼル」、チャイコフスキー「白鳥の湖」、 ストラヴィンスキー「火の鳥」、ラヴェル「ダフニスとクロエ」、ドビュッシー「ペレアスとメリサンド」、ラモー(作品不詳)。
ガルニエへのオマージュとしてオペラ座ガルニエ宮とカルポーの彫刻「ダンス」やアンドレ・マルローの肖像、エッフェル塔、凱旋門なども描かれてる。

パリの旅、続く。
(旅行時の為替、1ユーロ119.5円で計算)

原種ハイビスカスのロバツスの開花 3輪(合計454輪)
紅ちどりの開花 3輪(合計273輪)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2011年10月03日 20時58分03秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年09月16日
カテゴリ:Parisパリ2011

フランス式1階のロージュ・ドゥ・コテにある20番ボックス席6番の席に坐ったとこまで書いたパリ2日目の6月4日土曜日の続き。
ベルギーのアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル(Anne Teresa De Keersmaeker)振り付けのコンテンポラリー・ダンス「レイン」が始まった。
2001年にブリュッセルで初演作品を、パリ・オペラ座バレエ団のダンサーが初めて踊る公演やった。
舞台には、半円状に金色のロープのカーテンが下がってる。
スティーヴ・ライヒの「18人の音楽家のための音楽」に合わせて、10人のダンサーが次々に舞台に現れる。
マリンバが同じリズムを刻んでる。
素足にベージュやグレー系の淡い色のシャツやスカート、パンツの衣装がシンプルでエレガントで素敵。
時々着替えてはって、ピンクや赤の色も加わる。
衣装は、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)。
ダンサーは、
Ludmila Pagliero
Muriel Zusperreguy
Vincent Chaillet
Aur?lia Bellet
Valentine Colasante
Miteki Kudo
Nicolas Paul
Daniel Stokes
Am?lie Lamoureux
L?onore Baulac

雨だれが流れになって、さざ波が立ったり、風でそよいだりしてるみたいやった。
ボックス席の3列目はやっぱり見えにくい。
後半は、ほとんど立って観てた。
心地よさに身を任せてるうちに、1時間10分が終わった。
ダンサーにもちろん拍手。
Miteki Kudoさんが特に印象的やった。
それと同じかそれ以上に、演奏してたIctus Ensemble(アンサンブル・イクトゥス)にも拍手が起こってた。
同じようなリズムをひたすら繰り返して、大変やったやろうなあ。
スティーヴ・ライヒ  18人の音楽家のための音楽


パリの旅、続く。
(旅行時の為替、1ユーロ119.5円で計算)

原種ハイビスカスのロバツスの開花 8輪(合計451輪)
紅ちどりの開花 12輪(合計270輪)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2011年09月28日 22時30分07秒
コメント(6) | コメントを書く
2011年09月04日
カテゴリ:Parisパリ2011

絢爛豪華なオペラ座(Op?ra Garnier)のグラン・ホワイエ(Grand Foyer)に圧倒され、最上階の秘密の小部屋?へ行ったとこまで書いたパリ2日目の6月4日土曜日の続き。
前の日に買うことのできた安いチケットは、カテゴリー5の席で12ユーロ(約1430円)。
席はフランス式1階のロージュ・ドゥ・コテ(Loge de c?t?)にある20番のボックス席の6番。
ロージュ・ドゥ・コテは、1階から4階までの左右にあるボックス席(桟敷席)。
各階の正面ボックス席は、 ロージュ・ドゥ・ファス(Loge de face)という、もっとええ席になる。
そのなかでも中央のボックスが、39番。
そこから上手側(舞台に向かって右)は、38、36、34、32、30と偶数で番号が若くなる。
下手側は、37、35、33、31、29。
20番の部屋は、サイドの中央よりにあった。
細い扉には、鍵穴はあるけどドアノブはない。
客席案内係にチケットを見せると、その部屋の鍵を開けてくれる。
薄暗い部屋は、左手にコート掛けのフックが6つ並んでる。
右手には鏡があってその下には背もたれのないソファがある。
壁もソファも深紅のベルベット。
その奥に椅子が2つずつ、3列に並んでる。
一番前が1と2、2列目が3と4、3列目が5と6。
私の席は6やから、3列目の舞台よりやった。
貴重品だけ手元に置いて、荷物はソファーのところに置いておいた。
この部屋に私だけならええなあと思うてたんやけど、そんなはずはなく。
まもなく1列目のお客さんが入ってきはった。
2列目のお客さんは、中国から来た女性二人。
3列目の横の席は、アジアの女性やった。
そろそろ、開演の時間や。
 
パリの旅、続く。
(旅行時の為替、1ユーロ119.5円で計算)

原種ハイビスカスのロバツスの開花 7輪(合計327輪)
紅ちどりの開花 1輪(合計104輪)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2011年09月11日 21時29分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年09月02日
カテゴリ:Parisパリ2011

オペラ座(Op?ra Garnier)の大理石でできた大階段を上って行ったとこまで書いたパリ2日目の6月4日土曜日の続き。
開演まで時間があったので、探検した。
まずは、1階(日本式2階)のグラン・ホワイエ(Grand Foyer)。
ロビーというにはあまりにも絢爛豪華。宮殿の大広間のよう。
シャルル・ガルニエは、オペラ座の建設を決めたナポレオン3世の好みを取り入れて設計したそうや。
2004年に改装されたので、ピカピカしてる。
外側に窓、通路側に鏡を配置してあるので、実際より広く感じられる。天井には、音楽史をテーマにしたポール・ボードリー(Paul Baudry)の天井画があでやか。
外の門のところにもあった竪琴のモチーフが、ところどころにあしらわれてる。
ロビーの中央には、彫刻家カルポー作のシャルル・ガルニエの胸像が置いてあった。
窓から外をのぞくと、オペラ大通りが見えた。
大階段に面したところには、アヴァン・ホワイエ(Avant Foyer) 。
こちらの天井はモザイクで覆われてて、シックな雰囲気。
西側の棟「皇帝のロトンダ」の中に図書館や博物館もあるみたいやけど、そこが開いてるのは昼間の見学の時間帯だけのようやった。
階段をどんどん上がっていって、一番の上のフロアに着いた。
ひとつだけ扉が開いてる部屋があった。
そっとのぞいてみると、椅子などはなくて暗い小部屋になってる。
恐る恐る入ってみると、天井桟敷より上にあってガラス窓から客席が遠くに見えてた。
怪人に連れ去られてしまいそうやので、写真だけ撮ってすぐに出てきた。
オペラ座の怪人に出てくるLoge des Aveuglesやったんかなあ。
Galerie Sup?rieureと同じものかな。
舞台は見えないけど、音楽愛好家や音楽院の学生、作曲家などが音を楽しむために、無料や安い料金で入れる部屋やろか。
今も使われてるのかなあ。
そろそろ自分の席に行ってみよう。

パリの旅、続く。
(旅行時の為替、1ユーロ119.5円で計算)

原種ハイビスカスのロバツスの開花 3輪(合計315輪)
紅ちどりの開花 5輪(合計100輪)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2011年09月09日 13時54分31秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年09月01日
カテゴリ:Parisパリ2011

公演プログラムを売る歌うような声を聞いたとこまで書いたパリ2日目の6月4日土曜日の続き。
7時に表の鉄の門が開き、7時15分ご、大階段のところで入場が始まった。
オペラ座ガルニエ宮(Op?ra Garnier)は、
ガルニエ宮は、1669年にルイ14世がオペラ座の前身となる組織「音楽アカデミー(Acad?mie de musique)」を設立して以来、パリで13番目となる歌劇場。
オスマンのパリ大改造計画の一環として、ナポレオン3世によってガルニエ宮の建設が決められた。
1860年公募された設計プランのなかから、当時無名35歳の建築家シャルル・ガニエルの作品が選ばれた。
1870年普仏戦争の敗戦とナポレオン3世の亡命、1871年のパリ・コミューンなどの数々の不測の事態によって工事は中断され、完成したのは15年後の1875年。日本は明治8年やから、そんなに古いことでもない。
1989年にフランス革命200年を記念して、革命勃発の地であるバスティーユ広場にオペラ・バスティーユ(L’Op?ra de la Bastille)
が完成したので、大規模なオペラはバスティーユで開催されるようになり、ガルニエ宮では小規模なオペラやバレエ公演が上演されてる。
大階段の広間には、大理石で作られた豪華で華麗な階段がある。階段の一番下の左右には、女性が大燭台を掲げ持つブロンズ像が立てる。
階段の手前でチケットを確認し、薄い配役表をくれる。
階段を上っていくと、禁断の館に足を踏み入れたようで、なんだか夢のよう。
天井には、4面の天井画も見える。
階段の正面には、Orchestre(オーケストル)席への入口がある。
両側には、2人の女性の像が並び、その間のプレートには「Amphith??tre Baignoire Orchestre」と書かれてる。
Amphith??tre(アンフィテアトル)は天井桟敷で、4階(日本式5階)正面のエリア、Baignoire(ベニョワール)は浴槽って言う意味で、地階(日本式1階)左右にあるボックス席、Orchestra(オーケストル)は、舞台正面の平土間の席のこと。
そこから左右に階段が延びてて、グランホワイエや1階(日本式2階)客席へと続いてる。
パリの旅、続く。
(旅行時の為替、1ユーロ119.5円で計算)

原種ハイビスカスのロバツスの開花 3輪(合計312輪)
紅ちどりの開花 5輪(合計95輪)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2011年09月05日 15時19分57秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年08月29日
カテゴリ:Parisパリ2011

メトロのコンコルド(Concorde)駅でフランス人権宣言を見つけたとこまで書いたパリ2日目の6月4日土曜日の続き。
マドレーヌ(Madeleine)駅で8号線に乗り換えて、オペラ(Op?ra)駅へ。
いよいよ、オペラ座へ向かう。
パリに着いた日にオペラ座のチケット売り場で、安い席を買うことができてた
開演は8時。開場が何時かわからんかったので、1時間ちょっと前にオペラ座ガルニエ宮(Op?ra Garnier)に行った。
夕方7時ごろのパリの空は、昼のように明るい。
公演が終わる10時ごろでも、まだ明るい。
パリは日本に比べるとかなり緯度の高いところにあるから、夏に昼が長く、冬に夜が長くなる。
それに、このときは1年で一番昼が長い夏至が近い時期やし、サマータイムで1時間進んでるっていうこともある。
オペラ座の鉄の門にも、竪琴のようなデザインが施されてた。
7時にその扉が開いた。
フロントロビーは、厳かな雰囲気。
クロークが開いて、荷物を預ける人が多かった。
私は早く帰りたかったので、預けへんかった。
たぶん無料で預かってくれると思う。
来てはる人の服装は、特に着飾った人は見かけなかったけど、さりげなくおしゃれしてる人も多かったようや。
programme du spectacle en vente(公演プログラム 販売)って書かれた机のところで、有料のプログラムを売ってた。
10ユーロぐらいやったかな。
プログラムの売り子さんの声が、歌うよう。


プログラムはいかがですか ヌヴォンドレプログラ(Nous vendons ce programme)って言うてはんのかな。
7時15分ごろ、大階段のところで入場が始まった。
パリの旅、続く。
(旅行時の為替、1ユーロ119.5円で計算)

原種ハイビスカスのロバツスの開花 8輪(合計309輪)
紅ちどりの開花 2輪(合計90輪)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金






最終更新日  2011年09月01日 16時34分18秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年08月23日
カテゴリ:Parisパリ2011

奇跡のメダイ教会(Chapelle Notre Dame de la Medaille Miraculeuse)に行ったとこまで書いたパリ2日目の6月4日土曜日の続き。
今回の旅で楽しみにしてたことの1つ、オペラ座へ向かう。
メトロ12号線のセーヴル=バビロン (S?vres - Babylone)駅のホームには、白いタイルの壁に紺と緑でモザイクの駅名が書かれてる。古い駅長室も残ってた。
途中のコンコルド(Concorde)駅の壁面を車内から撮った。
ずらっとアルファベットが書かれたタイルが並べられてる。
これは、フランス人権宣言(D?claration des Droits de l'Homme et du Citoyen)の文面なんやそうや。
この駅の上には、コンコルド広場があって、そこでフランス革命の時ルイ16世やマリー・アントワネットが処刑されてる。
写真の左側には第14条、右側には第16条が、繰り返し書かれてる。
第16条は、「権利の保障が確保されず、権力の分立が規定されないすべての社会は、憲法をもつものでない」
Toute Soci?t? dans laquelle la garantie des Droits n'est pas assur?e, ni la s?paration des Pouvoirs d?termin?e, n'a point de Constitution.
第14条は、「すべての市民は、みずから、またはその代表者によって、公の租税の必要性を確認し、それを自由に承認し、その使途を追跡し、かつその数額、基礎、取立て、および期間を決定する権利をもつ」
Tous les Citoyens ont le droit de constater, par eux-m?mes ou par leurs Repr?sentants, la n?cessit? de la contribution publique, de la consentir librement, d'en suivre l'emploi et d'en d?terminer la quotit?, l'assiette, le recouvrement et la dur?e.
パリには、駅周辺の文化や歴史をデザインしたメトロの駅ホームがいくつかある。
それを見て回るのもおもしろそうや。
マドレーヌ(Madeleine)駅で8号線に乗り換えて、オペラ(Op?ra)駅に着いた。
パリの旅、続く。
(旅行時の為替、1ユーロ119.5円で計算)

原種ハイビスカスのロバツスの開花 17輪(合計263輪)
紅ちどりの開花 2輪(合計80輪)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2011年08月28日 16時09分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月20日
カテゴリ:Parisパリ2011

サン=シュルピス教会でドラクロワの大作や子午線のオベリスクを観たとこまで書いたパリ2日目、6月4日土曜日の続き。
世界最初の百貨店といわれてるボンマルシェ(Le Bon March?)。
Le Bon March?
食品館のグランデピスリ(La Grande ?picerie de Paris)が楽しい。
広くて、品揃えも豊富。
お惣菜コーナーやイートインもある。
La Grande ?picerie de Paris
その隣にひっそりとたたずむのが、奇跡のメダイ教会(Chapelle Notre Dame de la Medaille Miraculeuse)。
1830年、修道女だった聖カタリナの夢に聖母マリアが現れ、「私の姿をもとにメダイを作り、人々に恩恵を授けなさい」と告げる。
おメダイが広がるにつれ、さまざまな奇跡が起こり、このメダイは「奇跡のメダイ」「不思議のメダイ」と呼ばれるようになった。
礼拝堂は、白とブルーでマリア様の雰囲気そのもの。
礼拝の最中やったので、後ろからそっとのぞかせてもろただけやったけど、祭壇のところに聖カタリナのご遺体が安置されてるそうや。腐敗せず、亡くなられたときのお姿のままで。
礼拝堂の横に売店があって、おメダイなどを販売してる。
カードサイズのケースに入ったおメダイが、1枚0.5ユーロ(約60円)。ブルーのおメダイが2つで1.5ユーロ(約180円)、銀色のおメダイは1枚0.5ユーロ(約60円)ぐらいやったかな。説明のリーフレットが0.1ユーロ(約12円)と0.3ユーロ(約36円)。
おメダイの表側には、悪意を意味する蛇を踏みつけ地球の上に立つマリア様のお姿とマリア様の手から広がる光の筋、“O Marie concue sans peche , priez pour nous qui avons recours a vous(原罪なくして宿り給いし聖マリア、御身により頼みたてまつる我等のために祈り給え)”のお祈りの言葉と1830というマリア様が現れた年号。
裏側には、十字架とマリア様の頭文字「M」の文字。横向きの「I」は“Immaculata(無原罪)”の頭文字。
右下のハートは、苦しみの剣で指しぬかれたマリア様の心。左下のハートは、茨の冠で取り巻かれたイエズス様の聖心。12の星は教会のシンボルを表してる。
通路にはマリア様と聖カタリナの像とお話が刻まれたプレートもあった。
Chapelle Notre Dame de la Medaille Miraculeuse
不思議のメダイ
楽天でも販売してはるけど、ええお値段やなあ。



パリの旅、続く。
(旅行時の為替、1ユーロ119.5円で計算)

原種ハイビスカスのロバツスの開花 0輪(合計240輪)
紅ちどりの開花 9輪(合計68輪)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2011年08月23日 00時15分12秒
コメント(6) | コメントを書く

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.