4230389 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

めざせ!Asian Beauty  megのよくばりブログ

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

Korea韓国&沖縄2012

2013年03月04日
XML
テーマ:韓国!(14689)
カテゴリ:Korea韓国&沖縄2012

三清洞のチャマシヌントゥルでお茶を楽しんだところまで書いた 年末のソウル12月30日の続き。
警備が厳重な大統領官邸の青瓦台(チョンワデ)の前を通って、青瓦台サランチェへ。
無料で楽しめる青瓦台の広報館。
1階の「大韓民国館」では、韓国の紙幣に使われてる歴史上の人物の紹介や、韓国の世界遺産についての展示など。
「ソウル広報館」には、ソウルの観光名所や歴史、韓流スターに関する展示。
2階のほうがおもしろい。
「大統領館」には、韓国歴代大統領の関連資料が展示されてる
「大統領体験館」では、大統領執務室を再現したコーナーがあり、椅子に座って写真を撮ることができる。
当時はまだ李明博(イ・ミョンバク)大統領やったので、大統領夫妻と一緒の合成の記念写真を作り、メールで送ってもらえるスペースもあった。
今はどうなってるんかなあ。
大統領のSPが訓練してる映像も見ることができて、迫力があった。
ほかに「グリーン成長館」、「グローバルリーダーシップ館」も。
2010年11月に韓国で開催された、G20首脳会議のテーブルを再現した場所で休憩することもできる。
韓国大統領選挙は12月19日で、行ったのはその後。
朴槿恵(パク・クネ)氏の横断幕には、何て書いてあったのかな。
ソウル最後の晩ごはんは、お宿の近くの白松(ペクソン)へ。
韓牛(ハンウ)を使うたスープが食べられる。
だんな様は、いつものソルロンタン 10000W(約800円)。
牛骨、肉、内臓などいろんな部位とお素麺が入ってる。
私は奮発して、トガニタン 25000W(約2000円)。
牛の膝頭、腱、ナツメなどが入ってて、味噌と酢醤油、唐辛子、玉ねぎと一緒に食べる。
ボリュームはあったかけど、次は普通のソルロンタンでいいかも。
白松
通仁市場の手前のお餅屋さんで、トックとよもぎ餅を買うた。
よもぎ餅おいしかった。トックは日本へ持ち帰り。
レトルトのとは全然味が違う。そのまま焼いて食べるのも好き。
翌日昼ごろのJALで関西空港へ飛び立った。
ソウルのこと、やっとおしまい。 
(旅行時の為替 1000ウォン(W)=80円で換算)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2013年04月07日 13時00分46秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年03月01日
テーマ:韓国!(14689)
カテゴリ:Korea韓国&沖縄2012

年末のソウル、12月30日の続き。北村のモッシドンナでトッポキを食べて三清洞サルチプの緑茶ホットクを食べようと行ったら、お休みでがっかり。
昔ながらの素朴な雰囲気のこのお店のファン。
三清洞サルチプ
感古堂通り(カムゴダンギル)に戻り、徳成女子中学と女子高校の間を通る。
この通りの雰囲気も好き。雪の日もええなあ。
豊文)女子高等学校の手前の細い道を左へ入ったところに、前回行ったフェアトレードショップのg:ru(グル)がある。
でも、ここもちょうど昼食休みで閉めてた。
近くに納豆チゲのチョングッチャンがおいしいというビョルグン食堂もある。ここの行ってみたいな。
ビョルグン食堂
寒いので、安洞教会のなかで待つことに。
メモに書いてあった1時半にg:ru(グル)に行っても、まだ店員さんは戻ってきてない。1時50分にやっとお店が開いた。
韓国らしい。でも、このときは欲しいものはなかった。
正読図書館に沿った細い道を入り、坂道を上がっていくとチャマシヌントゥル(차마시는 뜰)があった。
高い位置にあるので、三清洞の瓦屋根がきれいに見える。
「チャマシヌントゥル」は、「お茶を飲む庭 」という意味やそうや。
古い韓屋を使った、伝統茶店。
お茶うけに、ひまわりの種を炒ったのが出てきた。
だんな様は、お汁粉(밭죽) 8000W(約640円)。
私は、柚子茶 7000W(約560円)とタンホバクシルトッ(단호박시루떡) 8000W(約640円)。
タンホバクシルトッは、かぼちゃ入り米粉の蒸し菓子。もちっとした蒸しパンみたい。
電熱器にのせて蒸して作ってはった。
ソウルでは、小皿がいろいろついた定食が7000Wぐらいから食べられるから、伝統茶はすごく高く感じる。場所代なんやろうけど。
チャマシヌントゥル
城北洞にある壽硯山房(スヨンサンバン)のほうが、ほっこりできて好みや。
壽硯山房 

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2013年04月04日 00時22分15秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年02月01日
テーマ:韓国!(14689)
カテゴリ:Korea韓国&沖縄2012

韓国のウォンがどんどん高くなって、最近では1000ウォンが88円ぐらいになってきた。年末は83円ぐらいやったのになあ。
年末にソウルに行ってたとき、12月29日のこと
広蔵市場は、1905年にできた韓国で最初の公設市場。
野菜、果物、精肉、鮮魚、お惣菜などの食料品から、韓服、布地、カーテン、寝具、手芸用品、衣類、冠婚葬祭用品、厨房用品まで、それに食堂や屋台も揃ってて、ありとあらゆる品物を売ってる。
ポンテギという蚕のさなぎを甘辛く煮たものも売ってた。
興味はあるけど、まだ食べたことはない。
魚を売ってる店では、漢字で「生」っていう字を使うてた。
生スルメイカ 6匹 10000ウォン(約830円)
生サバ 2尾 5000ウォン(約415円)
生タラ 1尾 10000ウォン(約830円)
生灰貝 ムール貝 1かご 2000ウォン(約166円)
唐辛子だけを売ってる店もある。
2012年産 韓国産 500g 22000ウォン(約1826円)
キムチ用(中荒挽き)や料理用の粉唐辛子など挽き方もいろいろ。
頼めば、形のままのをその場で挽いてくれるのかもしれん。 
中国産は500g 8000ウォン(約664円)を、値段が大違い。
農薬の心配もあるし味も違うようで、韓国でも中国産ではなく韓国産の方が人気で値段も高い。
晩ごはんを食べに、またバスで移動。
163番のバスに乗って、ソウルデザイン学校前で降りて麻浦区にある水冷麺の店、乙密台(ウルミルデ)へ。
乙密台は、北朝鮮 平壌(ピョンヤン)の牡丹峰(モランボン)にある景勝地で平壌八景の一つ。
先代が、故郷の名物を出して始めたお店。
薄切り大根のお漬物と白菜キムチとハサミ、それにダシスープがそば湯みたいにして出る。
白菜が長いままで出てくるので、自分でハサミで切る。
緑豆のチヂミ ノクトゥジョン1枚8000ウォン(約664円)も注文。
小さめやけど、豚肉の細切れや青唐辛子がたっぷり入ってて、外はカリッとしてて、中はもっちり。
今まで食べた、ピンデトック(緑豆チヂミ)のなかで一番おいしかった。
ムルネンミョン(水冷麺)とはピビンネンミョン(辛い混ぜ冷麺)は9000ウォン(約747円)。
そば粉とサツマイモ粉で作られた麺は、ゴムみたいに硬くはなく、スープによくなじむ。
具はきゅうり、ゆで卵半分、ゆで肉、大根、梨。
凍らしてシャリシャりしたスープは、あっさりしてるのにコクがあっておいしい。
だんな様のピビンネンミョンは、スープがなくて辛いソースを絡めて食べる。
最初はそれほど辛さを感じないけど、最後はハアハア言いながら食べてはった。
私は、水冷麺のほうが好き。
ここのトイレはおもしろい。
いったん外に出たところから入るようになってて、レジの人に言うとボタンを押して鍵を開けてくれる。
冬限定で、牛汁ごはんのクッパもあるみたいや。
これも食べてみたいな。
雪が降り出してたなか、7016番のバスに乗ってお宿まで戻った。
バスやと乗換えもなく、外の景色も見られるから好き。
(旅行時の為替 1000ウォン(W)=83円で換算)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2013年03月03日 22時53分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年01月30日
カテゴリ:Korea韓国&沖縄2012

年末にソウルに行ってたとき、12月27日のこと
4年5か月にわたる工事の末に完成した新しいソウル市庁舎は、斬新なデザイン。
日本統治時代の1926年、京城府庁舎として建築された旧ソウル市庁舎は、改修してソウル図書館になってるそうや。
二村にある国立中央博物館へ。
2007年に、来たときとは、少し変わってるようやった。
1階のレストラン「ナム」では、エリック・カイザーのスイーツも出してるようや。
日本ではメゾン・カイザーの名前で、パンだけやってはるけど。
1階の先史・古代館では、新羅室の新羅金冠や騎馬人物形土器、百済室の冠飾など。
中世・近世館では、北漢山新羅真興王巡狩碑や大宝積経
2階の書画館では、金弘道(キム・ホンド)の絵など。
寄贈館では、井内功寄贈文化財というのもあった。
「井内功(1911-1992)先生は、幼いころ叔父から統一新羅時代の龍文瓦を譲り受けたのを機に、韓国の瓦に興味を持ちはじめた。1964年には伊藤庄兵衛先生所蔵の瓦塼を購入し、収集・研究に本格的に没頭しはじめた。
井内先生は、1987年、韓日両国の親善を目的に、瓦塼1082点を国立中央博物館に寄贈された。寄贈文化財は楽浪から三国、統一新羅、高麗、朝鮮時代の瓦塼を網羅しており、種類や形式、文様なども多彩で、出土地の明確なものが多く、韓国瓦塼史の研究にとって貴重な資料である。」
こんな人すごい人がいはってんなあ。
3階にはアジア館がある。
日本室には、旧・李王家美術館所蔵の近代日本美術コレクションとして、三木翠山の「月」や山村耕花の「燕子花」があった。
2003年に購入したという、土佐光起の「源氏物語画帖 第14帖「澪標」(みおつくし)」にはびっくり。
ほんまに光起が描いたもんなんかなあ。
2002年に購入の歌川広重「東海道五拾三次 金谷」も。四隅を何で留めてるんやろう。
一番の見所は、彫刻・工芸館。
国宝 83号の金銅半跏思惟像を展示してる部屋へ。
2007年に来た時は撮影禁止やったけど、今回は大丈夫やった。
国立中央博物館の日本語サイトでは、次のように説明されてる。
「半跏思惟像は片足を他の片足のももの上に組んで座り、指を頬に当てて物思いにふけている姿が表現されたものをいう。これは人間の生老病死について悩み、瞑想にふける出家前の悉達多(シッダルタ)の姿に因るものである。中国では5~6世紀に主に制作され、わが国では三国時代の6~7世紀に大流行した。
国宝第83号の半跏思惟像は大きさが93.5cmで、三国時代の金銅半跏思惟像の中で最大である。頭上に三山冠、または蓮花冠と呼ばれる低い冠をかぶっており、上半身は裸でシンプルな首飾りだけを着用している。単純に表現されているがバランスの取れた体、顔に湛えたかすかな微笑みは、宗教的な崇高さに満ちた美しさが引き立つ。
この像は新羅系の僧侶が創建したといわれる広隆寺のアカマツの弥勒菩薩半跏思惟像と類似しており、わが国の仏像が古代日本に伝来したことを示す史料として注目されている。」
国宝78の半跏思惟像と、交互に展示してはるそうや。
前回お会いしたのも、国宝83号やった。
国立中央博物館
4号線二村(イチョン)駅からの連結地下歩道「博物館お出かけ道」がこの日12月27日にオープンやった。
来る時はまだ通行止めやったけど、帰りはちょうど開通式が終わったばっかりで通ることができた。


1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2013年03月02日 01時13分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年01月29日
カテゴリ:Korea韓国&沖縄2012

年末にソウルに行ってたとき、12月26日のこと
サムスン美術館Leeumに行ったら、ちょうど企画展「Anish Kapoor」アニッシュ・カプーア展を開催してた。
常設展と企画展を両方観ることができるDay Passが 14,000ウォン(約円)  
ロビーでは、村上隆のJellyfish Eyes - Max & Shimon Jellyfish Eyes - Saki がお出迎え。
Anish Kapoor


1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2013年02月28日 22時56分13秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年12月31日
カテゴリ:Korea韓国&沖縄2012

ソウル6日目。お宿イエィニネの朝ごはんは、キムパプとワカメのスープ。
この日の最高気温はマイナス5度、最低気温はマイナス14度。
前の日の雪は、ずいぶん消えてる。
だんな様が、お気に入りのココホドのホドカジャ(くるみ饅頭)を1人で買いに行きはった。
胡桃の形の人形焼のようなのに、こし餡と胡桃が入ってる。
20個で5000W(約400円)と値段もお手頃でおいしい。
8時に開店と聞いてたんやけど、8時半に行ったらまだ準備中でいったん帰ってきはった。
9時過ぎに再度行って、焼き立てを買うてきた。
10時過ぎにチェックアウト。
お宿のイエィニネ ペクソンの前には、松の木がある。
「通義洞の白松」といって、韓国の天然記念物にもなってた立派な松があったそうやけど、20年ほど前の台風で枯れてしまったそうや。
大きな切り株が今も残ってて、2世の松が4、5本大きく育ってきてる。
このあたりの雰囲気もすごく好き。
金浦空港までの、タクシーを呼んでもろた。
メーターに関係なく、24000W(約1920円)。
ドライバーさんは独学で日本語を勉強してはって、日本の女性は優しいから、今度結婚するなら絶対に日本女性やというてはった。
30分ほどで、到着。
事後免税制度(タックスリファンド)のコーナーで、手続きを済ませてからチェックイン。
2店での合計236360W(約18909円)分で、14000W(約1120円)をクレジットカードに払い込んでくれるはず。
韓国の消費税にあたる付加価値税は10%。
返還の手数料が差し引かれて、段階別にリファンド額が決まってくる。
3万Wから5万W未満で1500W、5万W以上7.5万W未満で3500W、7.5万W以上10万W未満5000W、10万W以上12.5万W未満6000W、12.5万W以上15万W未満7500W、15万W以上17.5万W未満9000W、17.5万W以上20万W未満1万W、20万W以上22.5万未満で1.2万W。
50万Wで3.5万W、100万Wで7.4万W、1000万Wで81.8万円、10000万Wで818万Wなど。
Global Blue Tax refund calculator
金浦空港には、映画館やショッピングモール、レストランやフードコート、ファーストフード、カフェなど、地元の人が利用する商業施設も併設されてる。
だんな様は、お宿のテレビCMでよく見てた韓国ロッテリアの新製品Lotz Burger 4000W(約320円)が食べたかったそうや。
プレミアムバーガーで、ボリュームのあるビーフパテにピクルス入りの白いサワーソースが添えてあるみたいや。
そんなボリュームのあるものは却下して、プライオリティパスで入れる4階のスカイラウンジの奥のほうにある AIR LOUNGE 休 HUE へ。
トマトソーススパゲティやシュウマイ、サラダ、炒飯、ケーキ、カップ麺、ビールなどが食べられ、マッサージチェアなどもある。
空いてて、のんびり過すことができた。
出国ゲートの横に、等身大のK-POPアイドルのパネルがあった。
BEAST(ビースト)、G.NA (ジーナ)、4minuteみたいや。
免税店で正官庄をみたら、高かった。
emartで39900W(約3192円)やったのが、58US$(約4800円)もしてる。
免税店って、相当高く売ってるなあ。
JL972便では飛行時間は1時間45分ほどやのに、機内食が配られた。
大阪産の犬鳴豚を使うた「川上さん家の犬鳴豚メンチカツサンド」とイチゴムースのケーキ。
だんな様によると、割とおいしかったそうや。
私はパス。
大阪の気温は5度で晴れ。
楽天プレミアムカードのトラベルコースの特典で手荷物宅配サービスを年2回まで使える。
それで、ソウルで買うたものなどは全部自宅に送った。
1回あたり1990円分が無料になるから、うれしい。

関西国際空港から、夫の実家のある京都までは予約してあったMKスカイゲートシャトルで。
相乗りやけど1人3300円で家の前まで行ってくれるので、楽や。
楽しかった沖縄とソウルの旅が終わって、ちょっと寂しいなあ。
(旅行時の為替 1000ウォン(W)=80円で換算)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2013年01月02日 00時59分38秒
コメント(4) | コメントを書く
2012年12月30日
テーマ:韓国!(14689)
カテゴリ:Korea韓国&沖縄2012

ソウル5日目。
お宿イエィニネの朝ごはんは、オムレツサンドとヤクルト。
この日の最高気温はマイナス7度、最低気温はマイナス10度。
前の日の夕方から降り出した雪が、5cmほど積もってる。
パウダースノーをむぎゅむぎゅと踏みしめて歩くのも気持ちええ。
1020のバスで、東十字閣(トンシップチャカク)のところまで1停留所分乗った。
景福宮東ゲートのところに、焼き栗売りの屋台があった。日本語で「おいしい」とか大きく書いてあるので観光客向けやとパスしようと思うたんやけど、だんな様が買いはった。
最初5000Wというのでいらんと言うたら3000W(約240円)になったのも、怪しい。
ちょっと生焼けで真ん中はまだ冷たくておいしくなかった。
法蓮寺(ポンリョンサ)バス停から鍾路11番マウルバスに乗り継いだ。
ソウルのバスは、バスとバス、バスと地下鉄の乗り継ぎを距離計算してくれるからありがたい。
三清洞通りをマウルバスは走り、 韓国金融研修院(KBI)で降りる。
ソウルソ トゥルチェロ チャラヌンチッ(ソウル2番目においしい店)で、 おしるこ(タンパッチュッ)を食べたかったんやけど、開店時間が12時で30分近く待たなあかんかったのであきらめた。
三清公園の入口のとこから北村(プクチョン)へ入って行った。
このあたりを歩いてる人はほとんどいない。
急な坂が多くて、滑りそうで慎重に歩いていく。
やっと北村七景の「嘉会洞31番地」に出てきた。
雪の日に来ることができてよかった。
とっても雰囲気がある。
北村六景「嘉会洞路地(上り坂)」のあたりでは、観光客がいっぱい。
中国語がよく聞こえてた。
トンミ薬局のところまで降りてきて、 アート・ソンジェセンターの前から感古堂通り(カムゴダンギル)へ入る。
徳成女子中学校と徳成女子高等学校の間の道。
途中で左の路地に入ると、モッシドンナがある。
前来た時は、左側にあった店が2009年に向かい側に移転したそうや。
明洞、新村、鷺梁津、狎鴎亭に支店もできてるようで、大繁盛やな。
タイミングよく待たずに入れたけど、すぐ行列ができてた。
チーズトッポッキ4000W(約320円)とヘムル(海鮮)トッポッキ4000W(約320円)を1人前ずつとラーメン1000W(約80円)を注文。
それと最後の焼き飯ポックンパッ2000W(約160円)。
伝票には韓国語と日本語が書かれてるので、自分で欲しいもんに数量を書いて注文するのでわかりやすい。
タクワンを食べながら待ってると、熱々の鍋が登場。
具はムール貝、イカ、オデン(練り物)、玉ねぎ、葱そしてトッ(お餅)。
スープは甘味が強く、それほど辛くはない。
インスタントラーメンにチーズと赤いスープがからんでおいしい。
お餅もふわふわして病みつきになりそう。
最後にお鍋をキッチンに持っていって、韓国海苔とコーンを混ぜて焼き飯を作って持って来てくれる。
コーンがアクセントになって、香ばしい。
二人で11000W(約880円)とお値段もうれしい。
この続きは、また別の日の日記で。
(旅行時の為替 1000ウォン(W)=80円で換算)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2013年01月01日 14時01分17秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年12月29日
テーマ:韓国!(14689)
カテゴリ:Korea韓国&沖縄2012

ソウル5日目。
お宿イエィニネの朝ごはんは、キムパプとオデン(薄いさつま揚げ)のスープ。
この日の最高気温は3度、最低気温はマイナス2度と少し寒さが和らいだ。
11時ごろお宿を出て、7212番のバスで鍾路5街で降りて、広蔵市場へ。
バスが便利で地下鉄にあまり乗らんくなってしもた。
ここは、おいしいものがいっぱいある市場。
まず、肉膾と書いてあるユッケ チャメチッへ。
日本では食べることができんくなった、ユッケやレバ刺しの店。
店内では大きな腿肉のかたまりから筋を取ったものを、アジュマたちが数人が包丁で薄切りにしさらにせん切りにしてる。
作っても作っても売れていくんやろうなあ。
生レバー(カン)半分 6000W(約480円)、ユッケ丼(ユッケトッパッ) 6000W、生肉はちょっとというだんな様はいか丼(ハンチトッパッ)6000Wを注文。
大根の入った唐辛子入りの牛スープがまず出てくる。
レバー刺しはコリッとしてて濃厚で甘い。
胡麻油と塩をつけたり、味噌(テンジャン)、生のにんにくと青とうがらしをカットしたものと一緒に食べる。
テンジャンが案外よう合う。
ほんまは、生レバーとセンマイの盛り合わせで12000Wなんやけど、レバーだけで半分にしてもろた。
イカのお刺身はまだ凍ってるようなの。キュウリ、エゴマの葉の刻んだのと酢とコチュジャンをまぜたソースがかかっているので、よく混ぜて食べる。
コチュジャンで混ぜたら、どれも同じような味になると思うなあ。
ユッケ丼もキュウリ、エゴマの葉とソース。
ユッケは味付けされてるんやけど、肉の赤身の旨みが十分にあって、すごくおいしい。
ユッケ丼やなくて、ユッケ12000W(約960円)にしたらよかったと後悔した。
地元のおじさんはユッケをつまみにお酒を飲んでる。
おばさんは、ユッケ丼を食べてる人が多かった。
トイレは一応店内にあるんやけど、だんな様によれば、洋式トイレやのに小のみで、大は市場の中のトイレを使うてくれと書かれてたそうや。
屋台がずらっと並んでる市場の中央へ行って、「チャンチュンナグォントクチプ」でススプクミ(あずき餡入りのトウキビ餅)2000W(約160円)を食後のおやつに。
ちょっと塩味のとうきび生地を油で焼いて、甘味の少ない餡をはさんである。
モチモチした生地が素朴な味のおやつ。
もう一軒、麻薬キンパッへ。
細巻きのコマキンパッ2500W(約200円)といなり寿司のユブチョバッ2500W(約200円)を頼んだ。
薄揚げを細かく刻んだのが入ってるおでんスープとからし醤油、薄く切ったタクワンがまず出てくる。
いなり寿司のユブチョバッには、細かく刻んで炒めたニンジンが入ってるだけ。酢飯ではなく、塩と胡麻油で薄く味付けしてるごはんで、お揚げも薄い塩味だけ。あっさりしてておいしい。
細巻きのコマキンパッの具もタクアンと炒めたせん切りニンジンだけやのに、止まらんおいしさ。
だんな様の今回の食事の一番は、この麻薬コマキンパッやった。
麻の専門店で、サンベ(麻布)の布と、モシ(からむし)布を購入。
雪が降ってきそうやので、早めに晩ごはんを食べにまたバスで移動。
163番のバスに乗って、ソウルデザイン学校前で降りて水冷麺の店、乙密台へ。
そのことは、また別の日の日記で。
(旅行時の為替 1000ウォン(W)=80円で換算)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2012年12月31日 00時03分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年12月28日
テーマ:韓国!(14689)
カテゴリ:Korea韓国&沖縄2012

ソウル4日目。
お宿イエィニネの朝ごはんは、オムレツサンドイッチ。キムパプとオムレツサンドが交互に出る。
今回のソウルは、何の予定も立てず適当に過してる。
この日の最高気温は3度、最低気温はマイナス3度とちょっと暖かい。
午前中は部屋でのんびりして、2時過ぎにお出かけ。
光化門まで歩いて、601のバスで金浦空港へ。
だんな様が夕方の便で羽田からやってくるので、お迎えに。
その前に、お買い物。
まず、2011年12月にオープンしたロッテモール金浦空港へ。
すごく立派な大型複合モール。
ロッテシティホテルとロッテデパート、ロッテシネマ、ショッピングモール、ロッテマート、トイザらスが入ってる。
新しいから人気のお店もいろいろ入ってて、きれいだし地元の人がいっぱい来てた。
でも、ここでは買いたいものがなかったなあ。
歩いて7、8分のところにあるemart 空港店のほうが好き。
龍山のemartより、ここのほうが品揃えも豊富な気がする。
頼まれものの正官庄、6年根高麗人蔘(紅蔘)100%タブレット90g180錠が5%引きで39900W(約3192円)。

HuBDICが作ってる黄土パック(チムジルパック)。
冬は電子レンジで温めて、夏は冷蔵庫で冷やして活用してるので、予備用に。
7800W(約608円)と安いのもうれしい。

だんな様と6時半ごろ無事に会え、601のバスに乗ってお宿のイエィニネへ。
この日から、一室貸しきりやのでほんまにソウルに暮らしてるみたいや。
晩ごはんは、近くの通義洞にある古来(コレ)へ。
古い韓屋を使うた懐かしい雰囲気の食堂。
ミッパンチャンは、豆もやしのナムル、ほうれん草のナムル、せん切り大根の甘酢、白菜のキムチ。
どれもおいしいけど、ほうれん草が特に抜群。
私は、ウゴジカルビタン 7000W(約640円)。
ウゴジは大根の葉や白菜の外葉を干したもののことで、味噌仕立てのカルビ入りのスープ。
カルビもいいけど、白菜の葉っぱがおいしい。
だんな様は、ソルロンタン 7000W(約640円)。
お素麺が入ってる、牛肉スープ。
これは、近くの白松のほうが好みやった。
ここで使うてる真鍮の器、鍮器(ユギ)がすごい。
ずっしりと重くて、とっても存在感がある。
夜空に満月がきれいやった。
景福宮駅のそばに、ドラム缶焼き芋(グンコグマ)のアジュマがいはった。
(旅行時の為替 1000ウォン(W)=80円で換算)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2012年12月30日 00時49分40秒
コメント(4) | コメントを書く
2012年12月27日
カテゴリ:Korea韓国&沖縄2012

ソウル3日目。
お宿イエィニネの朝ごはんは、キムパプと大根のお味噌汁。
ご飯といろんな具がぎゅーっと詰まってる。
この日の気温は、最高がマイナス1度、最低がマイナス11度。
お昼は、鍾路09番マウルバスに乗って光化門へ。
運賃は850W(約68円)と安い。
内江 (ネガン (내강)に行きたかったんやけど閉まってたので、隣の 「武橋洞 プゴグッチッ」へ。
ちょうど昼時やったので、近くのサラリーマンなどで行列ができてた。
でも回転が早いから、5分ほどで入ることができた。
メニューは干し鱈のスープ(ブゴヘジャンクッ)6500W(約520円)だけ。
白菜キムチ、生のニラの和え物、キュウリの和え物を自分でお皿にとって待ってると、すぐにご飯とスープが来た。
アミを入れて、味を調節する。
アミと葱を胡麻油で和えたものも出てきて、これをのせて食べると、ご飯がいくらでも食べられそう。
スープの具は干し鱈の切り身と玉子、豆腐、葱。
私は、ニラを入れて食べた。
あっさりしてて、しみじみする味。
地下鉄で、国立中央博物館へ。
3時間ほど過ごしたので、くたくたになった。
この博物館のことは、また別の日の日記で。
龍山のスーパーemartに寄って、お買い物。
私はロッテマートより、新世界グループのemartのほうが好き。
お気に入りのゴム手袋や呂のシャンプー、キシリトールガムなどいろいろ買い物した。
重い荷物を下げて、お宿へ戻り、晩ごはんの買い物をしに近くの通仁市場(トンインシジャン) へ。
地元の人の台所のような市場。
元祖ハルモニトッポッキ(ウォンジョハルモニトッポッキ) でジョンを包んでもろた。
魚や肉の詰め物をした万願寺唐辛子やエゴマの葉で包んだものに卵をつけて焼いてある。
これで4000W(約320円)。
お部屋に戻って、晩ごはん。
メインは、前の日ロッテデパートで買うたカンジャンケジャン。
ワタリガニを醤油やコチュジャンのタレに漬けたもの。
量り売りで、小さめの1匹が17920W(約1578円)。
外で食べると、2人前からしか注文できないことがほとんど。
デパートなどで買うてくるのがええ。
身はねっとりとして甘い。
最後に、甲羅にご飯を入れて、卵とカニ味噌、醤油ダレをよく混ぜて食べる。
おいしかった。
もっと大きなカニを選べばよかったな。
それと、すぐ食べない時は食べる時に自分でハサミで切って食べたほうがええかも。

(旅行時の為替 1000ウォン(W)=80円で換算)

1日1回のクリックで、募金ができます♪
クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金







最終更新日  2012年12月29日 10時37分23秒
コメント(2) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.