302933 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Persian & Basque

PR

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Recent Posts

Freepage List

Comments

主婦が携帯スマホで月収100万を稼ぐ方法@ 主婦が携帯スマホで月収100万を稼ぐ方法 主婦が携帯スマホで月収100万を稼ぐ方法 …
主婦在宅ワーク@ 主婦在宅ワーク 主婦在宅ワーク 主婦在宅ワークの本気の…
副業高収入バイト@ 副業高収入バイト 副業高収入バイト 副業高収入バイトで月1…
主婦向け在宅ワーク@ 主婦向け在宅ワーク 主婦向け在宅ワーク 主婦向け在宅ワーク…
おいしい稼げる在宅ワーク@ おいしい稼げる在宅ワーク おいしい稼げる在宅ワーク 主婦口コミ高…
自宅で月200万の高収入副業@ 自宅で月200万の高収入副業 自宅で月200万の高収入副業 自宅で出来る…
主婦が一攫千金で気楽に稼ぐ額アルバイトで高収入@ 主婦が一攫千金で気楽に稼ぐ 主婦が一攫千金で気楽に稼ぐ 主婦が一攫…
手っ取り早く稼げる携帯副業で目指せ高収入@ 手っ取り早く稼げる携帯副業で目指せ高収入 手っ取り早く稼げる携帯副業で目指せ高収…
メールカウンセリングで主婦が大金を稼ぐ@ メールカウンセリングで主婦が大金を稼ぐ メールカウンセリングで主婦が大金を稼ぐ …
携帯副業でお金の悩みを解決@ 携帯副業でお金の悩みを解決 携帯副業でお金の悩みを解決 携帯副業で…

Archives

2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09
2016.08

Keyword Search

▼キーワード検索

2007.06.19
XML
カテゴリ:イラン代表
222.jpg
アジアカップの30人のメンバーから漏れたアラシュ・ボルハニがポルトガルリーガのヴィトーリア・セトゥバルへとの契約間近だとメディアが報じた。(一部メディアでは彼の地元のチームであるメス・ケルマンと契約に合意とも報道されている)ニュースの真偽は、このメディアは以前にW杯後ミルザプールのポルトガルリーガのCD nacional入りを報じたものの実現しなかった為、定かではないが事実とすればボルハニにとっても素晴らしい移籍になりそうだ。
SET.jpg
ヴィトーリア・セトゥバルは今季16チーム中14位でギリギリで降格を免れたチームで、チームには韓国MFのKim Byung-sukなども所属しているようだ。すでにセトゥバルのファンフォーラムでもボルハニが有力な獲得候補であることが話題に上っている。なお現在その存在自体が危機状態にあるパスとの契約期間は終了しており移籍金は発生しない模様。ちなみにセトゥバルといえばチェルシー監督ジョゼ・モウリーニョの出身地としても知られている。もちろん今でも彼はこのチームのファンだそうだ。

ボルハ二はU-23代表で10番をつけてプレーし多くのゴールを記録するも、その身勝手なプレースタイルで著しく評価を落としていた。

関連過去ログ

だが、C・ロナウド、クアレスマ、ナニといったタレントを生み出す土壌のあるポルトガルリーガにうってつけのタレントであることは間違いない。ネクナムがスペインで成功したように、彼がポルトガルで素晴らしいドリブルを披露すればガレノイも無視はできないだろう。

※メス・ケルマン公式サイトでもボルハニ獲得を発表
残念ながらメス・ケルマンで決定のようです。

5_8602200066_L600.jpg
一方、彼が召集されなかったアジアカップへ向けて国内では代表キャンプが始動。このキャンプにはヨルダンで行われているWAFFに参加しているメンバーとハズフィ杯決勝を戦ったセパハンとサバの両チームのメンバーが参加していない。ハズフィ杯はセパハンが優勝し連覇を達成。まさに国内最強の誉れを欲しいままにした。

ちなみにセパハンを率いるボナシッチには代表の監督にとの声もあがるほど評価が高い。そのセパハンはACLで日本の川崎フロンターレと対戦する。

基本フォーメーションは

[Formation]

---------------Savari
-----Bayat----Aghily---Bengahr
--Bahadorani---Abolhail------Lavinian
---------Nouri----------Akbari
-------Emad Reza----Salehi

[Left Footed player]

Akbari
Mohammadpour
Azizadeh
Lovinian?

[Position]
【GK】
1 Armenak Petrosyan
22 Mohammad Savari
24 Masoud Homami
【DF】
2 Hamid Azizadeh(CB)
5 Hadi Aghily(CB)
8 Mohsen Bengar(CB)
15 Mojtaba Saedi(?)
19 Mahmoud Mansouri(WB)
【MF】
3 Seyed Mohammadpour(Left SB)
4 Moharram Navidkia(Offensive MF)
6 Jalal Akbari(Left SB&MF)
7 Farshad Bahadorani(Defensive MF)
9 Hadi Jafari(DMF)
12 Abdul Wahab Abu Al Hail(DMF)
14 Mohammad Nouri(Offensive MF)
16 Javad Maheri(CMF)
17 Meysam Soleimani(Right SMF)
21 Saeid Bayat(Right SMF)
25 Ebrahim Lovinian(Left SMF)
27 Ghader Afkari (?)
28 Ehsan Hajysafi (MF)
29 Mohammadreza Zare(?)
【FW】
10 Hamid Shafiei(striker)
13 Mahmoud Karimi(striker)
18 Hamed Rasouli(striker)
20 Emad Mohammed(striker)
23 Seyed Mohamad Salehi(striker)
26 Jalalaldin Ali Mohamadi(?)
30 Hossein Papi (striker)

本来のGKであるペトロシャンは監督を批判して以降、スタメンを外れ若手のサヴァリがゴールマウスを守ることが多い。(ペトロシャンはゾブ・アハンへ移籍)また最近怪我からナヴィドキアが復帰し、カップ戦連覇にも貢献しているが、彼の不在の間に成長を遂げたモハンマド・ヌーリが実質的なチームの司令塔である。テクニカルなドリブルから繰り出す多様なパスでチームの攻撃を牽引するばかりでなく、得点にも絡む。

またセパハンの台頭を可能にしたのが守備力の強化だ。スイーパーに入るハディ・アギリはフィード能力こそ欠如するものの強靭なフィジカルと深いスライディングを武器とするイラン現代表。その彼とコンビを組むモフセン・ベンガルもターミネーターのような容姿そのままのソリッドな守備を得意とする大型DF。もちろん元代表である。さらに現在は戦列を離れているハミド・アジザデのゾブアハンからの加入もセパハンの堅守に貢献した。彼は元U-23代表でブランコ時代にはフル代表にも選出されている。そして彼も190センチを越す大型DFである。まさにこの3人が揃ったときの3バックは高さでは難攻不落の壁となるのだ。

そして、その強固な壁の前に入るのはバハドラ二と元イラク代表のアボル・アル・ハイルの堅実なDMFデュオ。特にアボル・アル・ハイルはエステグラル・アフヴァズから移籍するや30試合中29試合(うち途中出場2試合、フル出場27試合)に出場しておりベテランボランチでまさに中盤の鍵となる。そして中盤にはナヴィドキア不在時のキャプテンを務めるジャラル・アクバリがU-23代表で務める左サイドバックやウイングだけではなくセンターのMFとしてもプレー。ドーハアジア大会で見せた左足のFKやクロスの精度で攻撃を活性化する。またボランチの新戦力として去年の国内リーグ覇者エステグラルから、アジアカップメンバーからは漏れたがフル代表のホセイン・カゼミも加入している。この褐色のドレッドヘアーのボランチはスタミナ豊富で攻守のバランサーとしても機能し、さらには強烈なミドルレンジのシュートや正確なフィードも備えている。

そしてFWのセェイエード・サレヒは国内リーグでこそわずか1ゴールと不発に終わったがACLでは5ゴールと爆発、イランB代表にも選出された長身FWでスピードがあり、元レバークーゼンにも所属したアリ・ムサヴィのようなタイプ。さらにその彼とコンビを組むエマド・レザ(エマド・モハメド・レザ)はイラク代表のエースストライカーで国内では9ゴール、ACLでもすでに3ゴールを挙げている。彼はもともとモバリがUAEへと移籍するのと同時にフーラドへと移籍したきたストライカーで、14試合で8得点を挙げた後、今季セパハン入りしたばかりでチームに馴染んだ。

ちなみにセパハンは今季国内リーグ5位で30試合で許した失点はわずか28。もちろん国内最小失点だ。ACLとの絡みからスタメンは固定ではなくターンオーバー制を用いており、スタメン以外にも多くの選手がプレー時間を得ている。さらにフォーメーションも3-5-2だけではなく、戦況によっては4-4-2にも移行する。

川崎の攻撃的なサッカーとセパハンの堅守がぶつかり合う好ゲームが予想されそうだ。中村をアボルハニが徹底マークするとすれば、川崎もモハンマド・ヌーリを潰す必要があるだろう。そして我那覇でもアギリやベンガルのモンスターデュオを相手にまともにエアバトルを演じるのは至難の業だ。川崎得意のパスワークで崩すほうが得策だ。しかしセパハンのDFもでかいだけではなく残忍なタックルを兼備していることも忘れてはならない。またエマド・レザとサレヒはナヴィドキアやヌーリのスルーパスに実に抜け目なくDFの裏をかいくぐるだろう。特にエマド・レザの爆発力には注意が必要だ。彼らの控えには昨年のカップ戦獲得に貢献した10番を背負う元フル代表のハミド・シャッフィーがいるが、負傷上がりで出場は微妙。

つまりセパハンとは強烈な堅守と2人のイラク人、そしてモハンマド・ヌーリとゆうマジシャンが融合した、イラン代表以上との評価を得るチームである。

個人的にはもちろんセパハンを応援したいが、純粋にゲームとして楽しみな対戦である。

参考としてアザディで行われたセパハン対ピルーズィのハズフィ杯準決勝の模様。 






Last updated  2007.09.19 12:08:49
コメント(0) | コメントを書く
[イラン代表] カテゴリの最新記事

Favorite Blog

SELECCAO-PORTUGUESA SLBさん
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.