491791 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

good times gonna come...

PR

全242件 (242件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >

カテゴリ未分類

2017.09.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
また裏切られちゃった。

私は出来得る限りのことをしてきた。
本当に、やれるだけのことはやった。

それでも裏切られたのだから、もう、私に出来ることはないのだ。

人はみな弱い。
けれど、その弱さを他人にぶつけるのは、間違っている。
そこだけは、自分で解決すべきこと。

頑張れ、と気安く言ってはいけない風潮だが、私はあえて言う。
あなたは頑張りなさい。

ただ、この言葉も裏切られるのだろうけど。

私がしてきたことはいったいなんだったのか。

負けてなんかいられないと思うけど、やっぱり、涙が止まらないままだ。






Last updated  2017.09.22 19:06:52
コメント(0) | コメントを書く


2017.06.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
祖父96歳、6月8日、自分の誕生日になくなりました。
最後まで認知症にもならず、立派な大往生でした。

意識レベルが低下する前日、婚約者と会いに行ったときはかなり喋っていたんだけど。
兄には、お前のことを見届けたんだなと言われました。

ばあさんが逝って5年。
さびしくてしゃあねえやと言って笑っていたじいさん、やっとばあさんのところに行けました。
よかったねえ。






Last updated  2017.06.12 17:38:33
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
JEWが来るっていうのを知ったのがついさっき。
Damien Riceもだっけ?

今朝のテレビで、Coldplayが東京ドーム公演やっていたのをはじめて知った。

本当に疎くなってしまったなあ。

最近買ったのって、エレカシのベスト。こればっかり聞いてる。

10年前が懐かしいな。

ライヴに行きたい気持ちはあるけれど、なかなかもう今の私には難しい。
ライヴに行ったりCDを買いに行ったり、ネットで新しいバンドと出会ったり、そういうことよりももっと重きを置きたいことができてしまったということかな。

まるで料理ダメだった自分が、やる気になってるし一応ちゃんとやってる。
数年前の自分が見たら、笑っちゃうかもしれない。

人は、変われば変わるものだ。






Last updated  2017.04.20 12:56:42
コメント(2) | コメントを書く
2017.03.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
誰も信用しないというのは変わらない。
ただ、信用が0%となったところから、今は30%くらいにはなったのかもしれない。

けれど、まだまだこれから。
ようやく再出発地点に立ったところなんだもの。

私はこれから、冷静に、けれどあたたかい目を持って、見守っていこうと思う。






Last updated  2017.03.13 15:48:54
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.03
カテゴリ:カテゴリ未分類
崖下の海を眺めているような気分だった前回からは、多少崖下が見えなくなるくらいの位置まで退避できたような気がする。

けれど、あれ以降も上がったり下がったり突き落とされたり、文字通り身を削るような思いをしてきた。
先日、体重計に乗ってみて5キロ減っていることに驚いたくらいだ。

月も変わり、私も気持ちを新たにしていきたいとは思っている。
私を叩きのめした出来事は少し鳴りを潜めたけれど、でもまだ完全に収まったわけじゃない。

私はいま、両親とピー以外誰も信じることができない。
誰がやってきても、疑ってかかるところから始まるのだ。
みんな何を考えているかわからない。
嘘なんて簡単に付けるものだ。






Last updated  2017.03.03 20:11:44
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
これまで、なかなか鬱から抜け出すことができなかった。
でもやっと抜け出して、寛解にまでこぎつけた。

だけど、また叩き落された。
私はいつ元に戻れるんだろうか。
こんなにまで何度も裏切られて、信じて、裏切られて、それでもがんばってきたはずだった。
それでも、私の力は及ばなかった。
私は何をしてあげられたんだろうか。
後悔しかない。

何を食べても味がしない。
何を見ても心が動かない。
ずっと眠っていたいと言ったら、それは死にたいと同じことじゃないと言われたけど、
そうじゃないんだ。
ただ、眠っていたいだけで、目が覚めたら全部もとに戻っていたらいいのになんて、虫のいいことを考えている。
ただ、毎日、泣いて、眠って、泣いて、眠っての繰り返し。
一分一秒がここまで辛いと感じたことはなかった。






Last updated  2017.02.12 20:26:08
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
Suedeのアルバムが出ましたよ。「Night Thoughts」です。夜の瞑想っていう邦題はあまりカッコよくないので無視します。
Dog Man Star的なとかいう話も聞きますね。うん、暗いから?
ライナーとか歌詞とか読まず、ただひたすら聞き流していただけなのですが、嫌いじゃないです。でもBloodsportsのノリの方が好きでした。

ただね、SuedeつったらDog Man Starがね…とか言い出す大してファンでもないような人は嫌いですよ。そういうのやめてほしいです。死ぬほど聞いて歌詞全部覚えてるくらいのファンが言うなら理解しますが。

ま、それはおいといて。

最近はもっぱら歴女と化しています。というかそうならざるを得なくて。

スリーキングダムス

中国史オタクだったころの思い出を生かしてライターしてます。

ひすとりびあ

小学生の頃歴女だったことを生かしてライターしてます。

もし読んでおもしろかったら「いいね!」してくださると嬉しいです。

ま、その他、旅系ブログとか世界遺産系のサイトでちょこちょこと書いております。
がんばります。






Last updated  2016.02.21 21:47:41
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.31
カテゴリ:カテゴリ未分類
せっかくブログを復活しかけたのに、また中断しています。

たまにCDは買ったりしているのですが、昔のものを引っ張りだしてきて聴く方が、なんだか合うのですね。

それでも、最近のお気に入りは、Royal Bloodです。



今年は、体調面でかなり大きく改善され、私の生活もだいぶ元に戻りました。
大きな波もなく、穏やかに過ごせたように思います。
言い換えればそれは、何の刺激もない一年だったということになりますが、まあ、仕方ないことです。

仕事に必要な知識を少しでも深めようと、ようやく自己学習に取り掛かりました。
現在の職場に来て3年、やっとやっと「やる気」めいたものが出てきたのかもしれません。
しかし、まだまだ先は長い話。日々頑張らなくてはいけないと思っています。

2015年は、何か変わるでしょうか。
わからないけど、少しくらい期待を持ってもいいかな。







Last updated  2014.12.31 20:42:47
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
Facebookで、Apple Crumble Recordがレビューサイトに移行することを知る。
いったいどれほどの影響を受けたか、はかりしれない。
CDやレコードを買うことができなくなるのは残念だけれど、松本さんの新しい道を応援したい。

そんなことを考えて、ふと、思い返したのだった。
Apple Crumbleに通い始めたころ。自分もまた音楽に毎日触れる生活だったせいもあって、感覚は鋭敏だったと思う。夜中までインディアーティストの音源をネットで漁り続けたものだった。それが苦ではなかった。今にして思えば、あれが情熱というものだろうか。

好きなインディレーベルがあった。
リリースするアーティストへの情熱、どんどんインディから発掘していこうという姿勢、いろんな面が、大好きだった。
いつからだろうか、そこのリリース作品からもめっきり遠ざかっていった。
今もそのレーベルは健在だけれど、もう、私の耳を惹くものは感じない。
それは私が鈍ったからだろうか。彼らもまた、変わったからだろうか。

来日情報サイトに日々アップされていく情報。でもただそれを眺めるだけ。
もはや、ライヴに行きたいなあという思いさえ抱かなくなっている。

私が、片田舎でのあくせくとした日常に埋没してしまったからだろうか。
私はこのまま自分の感覚を鈍麻させ、日々を過ごしてゆくだけなのだろうか。

せめて、コンポに積もった埃だけは拭っておこう。






Last updated  2013.05.20 21:39:36
コメント(4) | コメントを書く
2012.07.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
  • 20120707090443.jpg


あっという間に6月が過ぎました。もう7月。
何が自分でも驚きかと言うと、6月にはCD1枚しか買っていません。Hivesの新譜。でもあんまり聴いてない。
鬱だと騒いでたころよりもさらに音楽から遠ざかってしまいました。何事でしょう。

6月は、友人がサンフランシスコから来ていたので、彼とつるんでばかりいました。

音楽的なことといえばひとつ。
人生初の平沢進@ゆうぽうと。
これは彼の大ファンである友人が、行きたいなーなんてぼそっと言ったことで実現しました。奇跡的に残っていたチケットを私がゲットし、連れて行ったわけです。
平沢進のライヴって、お客さんは絶対立たないのです。立つつもりでいたので、かなり驚きました。みんな食い入るようにステージを見つめている、そんな感じでした。友人はといえば、すごいオーバーリアクションで見てましたが…でも、半泣きで喜んでいたので、良かったです。
エレクトリックだけど壮大なクラシックを聴いているような、不思議な感覚でした。

本当に、あっという間の6月でした。願わくばもう一度戻って同じ体験をしたい。

そんなわけで、毎年恒例だった上半期ベストが不可能になりました。
年末にはベストを選べるくらいになればいいな。

いま、HMVで何を頼むか思案中です。






Last updated  2012.07.07 21:19:19
コメント(2) | コメントを書く

全242件 (242件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.