604014 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

鹿児島県高校野球

2019.07.28
XML
テーマ:高校野球(2916)
神村が2年ぶり夏・甲子園へ
                   

 第101回全国高校野球選手権鹿児島大会最終日は7月28日、鹿児島市の平和リース球場で決勝があり、神村学園が2年ぶり5回目となる夏の甲子園への切符を手にした。
 初回に鹿屋中央に先制された神村学園だったが、中盤の4、5回に畳みかけて逆転。8回に1点差に詰め寄られたが、その裏ダメ押し点を挙げた。エース田中瞬太朗(2年)が準決勝に続く2試合連続完投勝利で貢献した。
 優勝した神村学園は全国大会(8月6日―・甲子園)に出場する。


◇決勝
鹿屋中央 100 000 020=3
神村学園 000 310 01×=5
(鹿)福地―新有留
(神)田中瞬―松尾将
・本塁打 田中天、田中瞬(神)
・二塁打 山本2、新有留(鹿)
・暴投 鹿1 ・試合時間 2時間5分
・球審 下大薗 ・塁審 ①吉田②中野③西村





観戦レポートはこの文字をクリック!
神村―鹿屋中央戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!


(PR)
 


磨いた感性、勝負所で発揮 神村学園


 神村ナインの朝は各自の散歩から始まる。思いのままに歩きながら五感を研ぎ澄まし、勝負所をものにする「感性」を磨く。磨き上げた感性が勝負所で随所に発揮され、神村学園が2年ぶりに夏を制した。


 1点を追いかける四回裏、一死一塁で5番・田中大陸=写真=が打席に立つ。チャンスを広げるのが仕事だったが、けん制悪送球で一走・桑原が一気に三塁を陥れた。「追いつくチャンスはここしかない!」とスイッチが入る。



 ただし、力まないよう打席を外し、スタンドの応援や地元で応援してくれる人がいることを思って肩の力を抜いた。フルカウントから外角のボールを左方向に流す理想の打撃で、同点適時打を放った。7番・田中天が2ランを放ち、勝ち越しに成功。五回は「野球人生で初めて」という9番・田中瞬太朗のソロ本塁打=写真=。「田中トリオ」の集中打で一気に主導権を握った。
 八回は1点差に詰め寄られた直後、二死から3番・古川が出塁し暴投で二塁に進んだ直後に4番・桑原が左前適時打でダメ押し。相手が見せたスキを逃さず畳みかけた。
 田中瞬は5月のNHK旗ではエース番号を外された。能力は申し分ないが体力に不安があり「連投できる体力をつけなければエースはない」と小田大介監督から厳しいノルマを課せされた。「期待の裏返し」と粋に感じた田中瞬は、アップの時に冬の防寒ジャンバーを着て動くなど、暑さに慣れる訓練をした。
 準決勝、決勝とも先制され、何度もピンチを背負いながらのマウンドだったが「10安打完投が理想」と打たれてからむしろ集中力が増し、2試合完投で期待に応えた。自ら本塁打を打って気分も乗っており「きつさは感じなかった」と言う。
 プロ2人を出した前チームに比べると個の能力が低く「史上最弱のチーム」と小田監督から言われた世代だが、守備からリズムを作る野球を徹底し、一戦勝ち上がるごとに成長をみせた。準々決勝・大島戦では3点ビハインドを九回裏のワンチャンスで跳ね返し逆転サヨナラ勝ち。「最弱」から「最強」へと進化する片鱗をのぞかせた。
 ただ九回二死から勝ちを意識してエラーが出るなど、まだまだ「最強」には程遠い。田中大も八回、更に畳みかける場面で三振したことを反省する。「あそこで力むのが悪い癖」と田中大。甲子園はもっと緊張する舞台だが、リラックスして打てるようになることが、田中大がこれから取り組む課題になる。

「相手が強かった」
伊地知克哉二塁手(鹿屋中央・喜界中卒・熱球譜・奄美新聞掲載)






 「相手が強かった」
 開口一番の率直な感想だ。こちらのミスを逃さずそつなく畳みかけた神村学園の底力が身に染みた。
 無論、自身も、チームも勝つために全力で挑んだ。打撃では1、2打席連続三振と出鼻をくじかれたが「きょうは打てなくても、守備や走塁で仕事をする日」と気持ちを切り替えた。六回は3者連続二ゴロだったがきっちり処理。全守備機会を無失策で守り切った。


 3点差を追いかける八回表は、先頭の9番・福地が中前打で出塁。送りバントをしっかり決め=写真=「つなぎの仕事」をやってのけた。チームの誇る福永、新有留の中軸が期待通りの適時打を放ち、1点差に詰め寄った。
 喜界から鹿屋中央に進学する選手は珍しいが「声を掛けてもらったのがうれしくて」進学を決めた。
 3年間は「苦しいことが多かった」。人生で3回しかチャンスがない夏の甲子園。昨年と今年、2度決勝に進んだ。昨年は大差で鹿児島実に敗れたが、今年は相手の強さは見せつけられたものの、こちらも勝てる手応えがあっただけに「3年間で一番悔しい思い出」になった。
 この日の勝負に全力をかけていたので「先のことは何も考えられない」。この日の決勝戦が人生でどんな意味を持ち、今後、何につながっていくか。落ち着いたらじっくり考えたい。
(文写真 ​政純一郎​氏)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がっつり!甲子園2019 (にちぶんMOOK)
価格:479円(税込、送料無料) (2019/7/28時点)

楽天で購入











Last updated  2019.08.07 11:47:19
コメント(0) | コメントを書く
[深紅の大優勝旗を目指して(選手権関連)] カテゴリの最新記事

PR

Free Space



甲子園 優勝に向けて気張れ高校球児


■■■by MobakagoKagoshima Baseball Club

Recent Posts

Profile


鹿児島ベースボール倶楽部

Headline News

Category

Freepage List

Rakuten Card

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.