649359 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

鹿児島県高校野球

2020.01.25
XML
テーマ:高校野球(2955)
カテゴリ:選抜 高校野球
(文写真 ​政純一郎​氏)
鹿城西、初の甲子園へ!
「チーム一丸、全国制覇目指す」




 第92回選抜高校野球大会(センバツ)の選考委員会が1月24日、大阪市内であり、出場32校の顔ぶれが決まった。鹿児島からは鹿児島城西が創部以来春夏通じて初となる甲子園出場を勝ち取った。鹿児島からのセンバツ出場は16年の鹿児島実以来4年ぶり。


PR











ドットコムのレポートはこの文字をクリック!








 鹿城西は昨秋の県大会準優勝で九州大会に出場。佐賀学園、城北(熊本)にコールド勝ちし、4強入りした。野球部は1954年の創部。近年はシード校入りして優勝候補の一角に挙げられるも、あと一歩で涙をのみ続けた。18年1月から元プロ野球選手の佐々木誠監督が就任して2年、創部以来の悲願が叶った。
 ナインは日置市伊集院町のグラウンドで練習をしながら「吉報」を待った。秋武達朗校長からセンバツ出場の報告が入ると、1、2年生部員42人全員で帽子を飛ばして歓喜。佐々木監督は胴上げされて宙を舞い「甲子園から招かれた。ありがとう。鹿城西旋風を巻き起こし、一戦一戦成長する姿を楽しみにしている」と選手に感謝を述べた。古市龍輝主将は「目標は日本一。チーム一丸となって、僕たちが目指す相手を圧倒する野球を甲子園でやる」と決意を述べた。




 野球部へのサプライズもあり、3年生マネジャーの飛松姫世さんは「96」の背番号を刺しゅうした熊のぬいぐるみをプレゼント。苦労することの大切さを身に染みている佐々木監督が一番大切にしている番号だという。野球部OBのケーキ職人・神野真一さんからは祝いのケーキが贈られた。




 組み合わせ抽選会は3月13日にあり、大会は19日から阪神甲子園球場である。佐々木監督は「初出場で緊張すると思うが、緊張するのももったいない。特別な準備はないので、普段通りの野球をやって楽しんで欲しい」と選手に期待していた。







Last updated  2020.01.25 15:30:40
コメント(0) | コメントを書く


PR

Free Space



甲子園 優勝に向けて気張れ高校球児


■■■by MobakagoKagoshima Baseball Club

Recent Posts

Profile


鹿児島ベースボール倶楽部

Headline News

Category

Freepage List

Rakuten Card

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.