2093236 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ミニマリスト主婦、自分を捨てました。

2019.05.26
XML
カテゴリ:ミニマリスト
今日は題して

「突撃!隣の実家訪問。」

ミニマリストよりミニマルな実家なんです。



父は70歳、母は65歳。

35年住んだ一戸建てをあっさり手放し、私と同じマンションのなんと隣の部屋を現金一括で購入した両親。


私のマンションのパンフレットを「いいなー、いいなー」

と、母がずっと見ているので
「隣、空いてるよっ」

って冗談で言ったら、次の日本当に買うと決めてしまった!(笑)


両親もそこからトントン拍子で話が進んで、私と一緒にお引越し。


両親の部屋は42平米・1LDK。

実はミニマリストを名乗る私よりも、ミニマリスト!

最近話題の実家の片付けとは、はっきり言って無縁。

余計な物一切無し!

突撃訪問でもこのがらーん具合。

冷蔵庫なんて・・・




クローゼットは1つなのにがらーん。

2人分の服と布団でこんなにスカスカ。


食器棚、これだけ。



私が買いまくった北欧食器ももらってくれている・・・。(汗)

キッチン↓


お菓子の買い置きも一切無し。

母も食にこだわり、食事を気を付けて脱・寝たきり、ピンピンコロリを目指している。


食事を気を付けるようになり、両親共にどんどん痩せて元気になっていて、本当に嬉しい。


母が言うには、加齢とともに出ていた腰や膝の痛みも食べ過ぎが原因だったそう。

そんな母は、数キロ先まで軽ーく歩いて買い物に行っています。


私の両親は、子供に迷惑をかけないようにという気持ちが大きいのだと感じます。

だから、荷物は最低限。

食事も気を付け、どうしたら寝たきりにならずに最後まで元気でいられるのかを、固定観念にとらわれずに何でも取り入れています。


歳を取ると、今までの習慣をやめるとか、信じていたものを変えるって中々出来なくなってくる。


世間で話題の免許の返納だって、肉体はどんどん老化していくのに、中身は若い頃のままで成長していないから、他人の意見を聞き入れることが出来なくなってしまうのかなって思う。


母はよく言っています。

「老いたら、従え」

両親は、必要なら今までの自分を捨てて生きている。

これは簡単に出来ることではない。


誰だって今までの人生にプライドを持ちたいし、間違ってなかったと思いたいものですから。


私はこれからもどんどん自分を捨て続けて、そんな親になりたいと思うのです。


母が読書中の本↓


勝間式食事ハック [ 勝間和代 ]



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






最終更新日  2019.05.26 17:17:01
[ミニマリスト] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.