2431294 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ミニマリスト主婦、自分を捨てました。

2019.06.07
XML
カテゴリ:子育て(発達障害)
バイオリニストを目指している次男の為に買ったものがあります。




なんじゃこりゃ!?




バランスボールチェアです。



ジェリーフィッシュ チェア DVD付き 【ブラック レッド】 (jellyfish chair STANDARD ジェリーフィッシュチェアー バランスボールチェア 椅子 体幹 トレーニング ダンス エクササイズ フィットネス ダイエット スパイス 母の日 父の日 プレゼント) (送料無料)



ジェリーフィッシュ チェア DVD付き (jellyfish chair STANDARD ジェリーフィッシュチェアー バランスボールチェア 椅子 スツール 体幹 トレーニング ダンス エクササイズ フィットネス ダイエット ヨガ スパイス 母の日 父の日 プレゼント ギフト) (送料無料)



バイオリンは体幹で音を出すとバイオリニストの千住真理子さんが言っていて。

(先日テレビで"せっかちバイオリニスト"って、体幹マシーンの上で目隠ししてガーッと猛烈に練習していて。←星飛雄馬に例えられていた!)

ちなみに、千住真理子さんのお兄様2人は有名な日本画家と作曲家。

お父様は慶応の教授!

そんな千住家の子育ては常識に囚われずに、素晴らしく。

だから子供の才能が開花したのだろうと納得。

とても参考になります。



ヴァイオリニスト 20の哲学 [ 千住 真理子 ]



千住家、母娘の往復書簡 母のがん、心臓病を乗り越えて (文春文庫) [ 千住 真理子 ]



体幹て、

運動しないとダメかな?

でも、家で次男はバイオリン以外はずーっと本を読んでいて動かない。


小さい頃から、公園でもほとんど動かなくてアリの巣をほじってる。(笑)


体幹と言えば、運動させるのが一番だとは思いますが。


ミニマリスト、物に頼ってみることにしました。


子供たちはとても気に入って、テレビを見る時や、本を読む時はこれでボヨンボヨン弾んでいる。

さすがに食事の時に弾まないで欲しいけれど。

最初は落っこちたりしないかな?と思いましたが、今のところ大丈夫。

私も試してみたら、次の日足とお腹が筋肉痛に。←ちょっとやり過ぎて

これで子供も本当に気がついたら体幹付いてるって事になったらいいなぁ。




次男はかなり本気でバイオリニストになる道を進んでいます。

7歳ですが、楽譜を読む能力はかなり高くて。こんな↓



・・・あのう、私には暗号にしか見えないのですが。


親が全く出来なくても子供はこんなんですから、つくづく子供は親と全く別の人間なんだなと痛感しています。


親には無い能力がある時もあるし、逆に親が出来るからと言って、子供も同じとは限らないし。


以前は天才キッズとかのテレビで凄い能力の子供を見て羨ましいと思っていて、
「こんな凄い子育てるの楽しいだろうなぁ」と思ったりもしましたが。


確かに次男は、音楽に関しては割と凄いのですが。


実は生活能力は相当に低いのです。


服のボタンを留めたり、裏返しを直したりするのが出来るようになったのは、やっと年長の頃。

着替えも本当に遅くて。


トイレトレーニングなんて本当に大変で、幼稚園の尿検査なんて恐怖でした。

当日は1時間トイレにこもっていたりして、それでもおしっこを出せず。

「いい加減にしてっ」と、思わず叩いてしまい、「うわーん」と泣き出したらおしっこが全部出て、結局取れなかった。。。
←まるでコントのようでした。


小学生になってからも、おねしょしたのに、平気でパンツを変えずにパジャマのズボンだけ履き替えて登校しようとしたり!←おねしょが恥ずかしいとも感じていない。

学校から「おねしょしちゃった」と帰ってきたことも。←おもらしです。

はっきり言ってこの人、ど変態!!


学校生活では、同じ学年の子と比べて、全体的に発達が遅いと感じることが多いです。

彼に音楽が無かったら、かなり親としては心配していただろう・・・

おそらく普通の大学に入り、会社員になるのは不可能。

なので、学校について行けるかどうかとかは全く以ってどうでもいい。


例えば、「ピアノの貴公子」と呼ばれる清塚信也さん。


清塚信也/For Tomorrow 【CD】

ドラマのコウノドリのメインテーマは有名ですが。


清塚信也・木村秀彬(音楽) / TBS系 金曜ドラマ コウノドリ オリジナル・サウンドトラック [CD]


彼のお母様のスパルタ振りは有名。

「人はいつかずっと寝る。だから今は起きなさい」と、朝5時起き練習。

「今笑うな!人生の後半で笑え!」

1日12時間練習とかしていたようです。

練習が足りないと学校も早退。掛け算九九も怪しいらしく。

でも清塚さんは学校は捨てても今、こうして売れて自分でメシを食える大人になっている。


お母様の子育てがどんなに非難されようとも、メシ食える大人に育てている以上これは成功だと私は思う。


能力身に付けて、自分でメシを食って行く人間に育てることが、子育てかなと思います。


他人から見たら、時には普通の育て方じゃないにしても。


自分と子供が何十年後かに笑っていられたら、成功です。


何十年後かに笑うのは、私だ。

私は今、それを目指しています。


ちなみに清塚さんのお母様の哲学は、

・全てのものに対する憧れを持つ子供に育てる。
・あたたかいご飯と味噌汁。

とくに食事は、激しく同感!!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村












最終更新日  2019.06.07 08:14:53

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.