2042105 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ミニマリスト主婦、自分を捨てました。

2019.08.17
XML
カテゴリ:ミニマリスト
先日買ったセオリーリュクスのセットアップ。



これを着て、自分のなりたいスタイルがパッと明確にイメージ出来た。


というか
そうだ元々、天海祐希さんみたいなかっこいい女性になりたいと思っていたのに。

(昨日もドラマの再放送で、天海さんをチェック。
「私ウジウジしてる人は大嫌いなのよね」
なんてセリフ、本当かっこいい!)


そんなこんなで
ちょっと方向がずれていたことに気がついた。


そして、ちょいワルオヤジの干場義雅さんの本を引っ張り出し。


そうそう
最低限の装飾で、内側から
輝く感じになりたい!と。


やっぱり、全然スカートとかヒラヒラしてない。

と、方向性を再確認。


油断すると、すぐに
"ダサい自分"がひょっこり顔を出す。


「自分のダサいセンスで、服を選んではいけない」


例えば天海祐希さんが刑事役で、ヒラヒラの可愛い系の服を着ていたら気持ち悪い。

女優さんって、黙ってドラマの役のイメージの服を着ているから、更に素敵なんだろうなぁと思ったり。


そう、私のイメージは、天海さんが
刑事役で着ているような、シンプルで素材の良い、かっこいい服。


女子っぽい装飾品は一切いらない。


シンプルだから、着る人のオーラが試されるような服。


いや、いち主婦にはイメージが壮大すぎるけれども。


頭の中で妄想するだけならタダだし、他人に迷惑かけてないし。(笑)


なのでこれから
より服の装飾を削ぎ落とした、素材とシルエットにこだわった服を探そうと思って。


ちなみに今回買ったセットアップはノースリーブだけど、二の腕出すってめちゃくちゃ緊張感ある!
(涼しくなったら、ジャケットやカーディガン羽織るけれど)

でも、ある程度の緊張感があった方が、気のたるみ・体型のたるみを予防できるかも?


これからも自分のセンスを捨て、
"天海さんのような、かっこいい女性だったら、何を着るだろうか?"
という目線になって服を買おう。


そもそも、素敵になるのに女子力なんて関係ないんだと思った。

特に私が勘違いしていたのは、女性らしさ=服のデザイン、ではない事。


素敵になりたいのに、女子力に邪魔されていたと言ってもいい。


別に"女の子"になりたい訳ではないし。


特に日本では、可愛いくて若い事が良いことみたいな空気感があるけれど。


そんな小娘ではなく、
"素敵なマダム"になりたい。

若さや可愛らしさなんて要らない。

シミやシワを必要以上に怖がり、若さにすがりつくのも滑稽だし。


オードリー・ヘプパーンだって晩年、皺だらけになったって、ポロシャツでユニセフの活動してたって、そんな姿も素敵。


AUDREY HEPBURN オードリー・ヘプバーン[本/雑誌] / 高山裕美子/編著



私は
洗練された"オトナ"になりたい。

なので
捨てるべきは、"女子力"だった!
(それと、自分のセンス・・・。)




初めてセオリーリュクスで買ったけれど、どれもシンプルで質の良い生地だった。
そして型が綺麗。

これから時々覗きに行こうかな。


こんな感じの、究極にシンプルな服がたくさん。


セオリー スーツ・ジャケット Edition 2 Custom Gabe Blazer Black


これから服を買うなら飾りなど余計な装飾を、捨てる。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村







最終更新日  2019.08.17 05:54:48
[ミニマリスト] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.