2974670 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ミニマリスト主婦、自分を捨てました。

2019.10.18
XML
カテゴリ:食の事
あらゆる不調をなくす毒消し食。



あらゆる不調をなくす毒消し食 [ 小垣佑一郎 ]

少し前に母が買った本。


また読み返し、食生活の改善点を考えている。


昔に比べたら十分過ぎるくらいやっているけれど。

でも、まだ何がやれる事が、あるのではないかと思い。


そこまでするのは、何故か。

私は、自由でいたい。

心もお金も人間関係も・・・色々な事において。

だから、
1番大切なのは、身体の自由が効く事。

目指すのは、疲れ知らずで活力に溢れた毎日が過ごせる身体。

例えば、いつでもどこでも行ける、一日中出掛けても、疲れ知らずになること。

歳を取ればどんどん動けなくなるのは、思い込みでしか無いなと、最近食生活を気を付けている両親を見ていると強く感じる。


どんなにお金持ちでも健康を害していては、"自由"ではない。

家族の誰かが健康を害しても"自由"ではいられなくなってしまうし。


家族みんなが、"自由"であって欲しいというのが、いち主婦の、願い。


この本の著者の方は、奥様が長年、原因不明の病に苦しんだそう。


沢山の病院を渡り歩き、何千錠の薬を飲み、それでも治らなかった症状が、小麦を食べるのをやめたら嘘みたいに治ったという。

奥様は長年、「小麦グルテン」に苦しめられていたのだ。



本の内容はタンパク質と鉄分をしっかり取り入れ、必要ならサプリも飲んで、限りなく糖質を減らした食生活となっている。


人間の身体は、みんな違う。

同じ物を食べても、栄養素を取り入れる量だって違う。

本に書いてある事を全て鵜呑みには出来ないとも思う。


でも
少なくとも本を書いている人は、私なんかの数十倍は色々と調べ、経験している事は確か。


だから沢山参考にさせてもらって、自分の身体で試す他、無い。


ジョコビッチが言っていた様に、
「身体の声に耳を傾ける」


良いと聞いた食べ物を、ただ取り入れて、なんだか健康になったつもりになったりもするけれど。


今まで、私は風邪をひきやすいと思いこんでいた。


しょっちゅう襲ってくる
喉の痛みや身体の怠さや鼻水、腰痛、肩凝り・・・食生活を変えたら、全て無くなって。

つまりアレルギー症状だったのだ。


腰痛や肩凝りってアレルギーなの?と思うかもしれないけれど、合わない食べ物を摂ったら体内に炎症が起きる。

身体をぶつければ痛みを感じるのと同じで、体内でそういう事が起こっているから、腰痛などになっていた。

歳をとったり、立ち仕事だから腰痛になるのだと思っていたけれど、違った。


だから風邪予防にと、闇雲に除菌すれば良い、薬を飲めばいい、という世の中の風潮にも疑問を感じる。


世の中は、壊れた食生活を棚に上げて、全て菌のせい、年齢のせいにしている。


今出ている身体の症状全てが、少し前に食べた物の結果。


私は、医者でもないただの主婦だけど。

特にこの1年間、食べ物と自分の身体の関係を注意深く観察して。


思っていた以上に、食べた物が身体に影響しているんだと分かった。



「YOU ARE WHAT YOU EAT」

あなたは食べた物で出来ている。

よく聞く言葉だけど、本当に本当にその通り。



本の終わりに、
「人生の品質」という言葉があった。

人生にも品質がある、というのだ。

品質の内容は、人それぞれだけど。

どこで満足なのかも、人それぞれ。


私はもっと食を追求して、自分の人生と家族の人生の"品質"をより高めていきたい。



著者の方は歯医者さん。

口の中を見れば、足りない栄養素も分かるという。

出来ればこちらの歯医者さんに、行ってみたい!


あらゆる不調をなくす毒消し食 [ 小垣佑一郎 ]




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村







最終更新日  2019.10.18 07:53:22

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.