4119446 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ミニマリスト主婦、自分を捨てました。

2019.12.08
XML
カテゴリ:ミニマリスト
今年の冬の、コーディネートは。


無印の黒タートルを2着、交互に。

デニムをズボッと履く。

終了。



やっぱりタートル好きだし。

もう余計な装飾は要らないし。



一応、なりたいイメージは、この切り抜き↓




朝は
タートル+デニムでお弁当・朝食作り、洗濯・掃除。


近所のお買い物、銀行、郵便局などの用事も、大体午前中にそのままの格好にコートを羽織り、済ませて。



午後、子供の習い事の付き添いには、デニム→ウール系のパンツに履き替え。



アクセサリーは、何にも無いから、付けない。


腕時計は、私は必須!

私は、秒針有りじゃないと、動いてるか不安になる。(笑)

グランドセイコーは、シンプルさと文字盤見やすさ重視で・・・。

1つだけ持つならば、ちゃんとした物を、と。



【今だけ!店内ポイント最大54倍!7日23時59分まで】グランドセイコー レディース クオーツ セイコー 腕時計 GRAND SEIKO 時計 STGF265【正規品】【60回無金利】




先日の茶道のお稽古の、先生のお言葉。


「ネックレスとか指輪とかは、無くしたり盗まれたりしたらそれでおしまい。

でも、お茶とかピアノとかバイオリンとかの能力は、無くしたり盗まれたりしない、一生もの。

目に見えない物って大切ですよね。」


「子供さんがそういうのを身に付けるって大切だと思いますよ。」



・・・本当、そうだなぁと。


先生が、襖をスーッと開け、スーッとお辞儀をする姿。


もちろん何にも装飾品を付けていない。

いつも、黒っぽい灰色のお着物。


男性なのに、ハッとするほど見入ってしまう!


所作が美しいだけで、こんなに人を惹きつけることが出来るのか、と。


ダイヤの輝きがなんだって言うんだってくらい、すごいのだ。




茶道を始めるきっかけになった、
樹木希林さん出演の映画、
「日日是好日」


日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫) [ 森下典子 ]



日日是好日 【DVD】



"武田のおばさん"のお辞儀が、
「タダモノじゃない」って言われていた。




"武田のおばさん"は、本ではこう表現されている。


「武田のおばさんは何となく、身ぎれいな雰囲気を持っていた。

すごい美人というわけでもないし、アクセサリー1つ付けたところを見たこともないが、何となくきれいだった。」



「武田のおばさんには、いつも、ゆとりと豊かさが感じられた。

だけど、それは、いわゆるお金持ちの奥さんとはちょっと違う雰囲気だった。」


その他の"武田のおばさん"の特徴は・・・


そこら辺の中年女性のように、甲高い声で話すこともなく。

ベタベタ連なって行動するのも嫌いで、群からさっさと離れる。


権威や力を前にすると態度や声色が変わる大人がいっぱいいるが、誰の前でも変わらない。


周囲と異なる意見を持ち、はっきりとそれを言う。





・・・私は自分を捨てて、セレブのような方々の真似してみよう!なんて思っているけれど。


ほんと、見るからに"カネモチ"に見られたいのでは無い。



私がなりたい女性像は、武田のおばさんに近いと思う。


いつになるか分からないけれど、私もそうなりたいなぁ。



何にも装飾品付けなくても、美しい所作で、人を惹き付け、心が自立した女性に・・・。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村









最終更新日  2019.12.08 08:39:55



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.