6811018 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ミニマリストを捨てました。

2020.08.28
XML
コロナになって自粛になって。

ミニマリストという肩書きを、捨てた。


そして

もっと自由に身軽に生きたいと
思うようになった。



家の中や持ち物は、

もう十分身軽だと思う。


だけど

まだ何かが・・・

いまいち私は

何かが、重石になっていると感じていた。



もっと自由に

何かに囚われずに

身軽になりたい


でも何だか、何かが邪魔をしている感じがする。





最近、その何かが

「ブログだった!」

と、気がついた。



でも流石に2年も、

ほぼ毎日書いているとけっこう習慣化しているもので。


書くのもけっこう楽しいと思っていたし。


順位・閲覧数・フォロワー数・収入・・・



そんな今までの積み重ねを手放そうなんて

最初は考えもしなかった。



これからどういう心構えでブログを書いていこうか?


順位・閲覧数・フォロワー数・収入・・・


それらに囚われずに、
本当に自由にブログを書く方法は??



答えはなかなか見つからない。



そんな時、本屋さんで見つけた本。









ぜんぶ、すてれば【電子書籍】[ 中野善壽 ]




パラリとめくると


「やめることを躊躇しない。」

「思い出も捨てる。役立たないから。」

「美しい思い出ほど、それにしがみついちゃあいけない。」

「前例は未来を縛るもの。」



他にも

「慣れを捨てる。」

「執着を捨てる。」



これらの言葉が、突き刺さる。


ブログやめちゃえよ!って

お尻を蹴っとばされたような気分になった。



というか、
もう私の中では答えは出ていたのだろう。







気になっていた哲学者・エピクテトスの本も
読んでみたら。




奴隷の哲学者エピクテトス 人生の授業 この生きづらい世の中で「よく生きる」ために [ 荻野 弘之 ]




「過剰な承認欲求が、我々を奴隷に仕立てあげる」



愛されたい、

好かれたい、

気に入られたい、

という承認欲求。

(ブログ村のポチりとか?)



「何としてでも気に入られたいと願う瞬間、
人は奴隷になる。

いつの間にか自分の行動原理を他者に握られてしまう。」




ああ〜〜、私がブログがめんどいと感じるようになった原因は、

これだと思う。




他人の評価を気にせず自分の思うままに書こうと思ってはいるものの。


順位・閲覧数・フォロワー数・収入などは
どうしても目に入るし、頭をよぎる。



目に入ってしまえば、
全く気にしないなんて不可能。



「他人にそう見てもらいたいという欲望に身を委ねないことが大切である。」




「年収や財産を自慢するなんて、勘違いも甚だしい。」



ミニマリストになってからは、

散々ブログに、

私はこんなに捨てました!

私はこんなに持っていないんです!

と、「持ってないアピール」をしてきた。



年収や財産自慢とは違うけれど。


持ってないアピールも、
結局は自慢なだけだったのだ。


「こんなに持ってない自分を、すごいと思って欲しい」

という欲望や、承認欲求だったということ。




物を買う時も、

手放す時も、

食べる時も、

ブログにどう書くかと考える生活って

まるでブログの奴隷だった。


知らず知らずのうちに

いつも誰かに見張られているような感じになっていった。




ブログをやっている限り、

本当の自由は、手に入らないってことだ。

(私の場合は)




なので今日限りで、

ブログ捨てます。





もちろんこれからも

身の回りの持ち物は、ミニマルに。

そして思考も、ミニマルに。



持ち物も、思考も

囚われているものを、

もっともっと

減らして減らして

どこまでも自由に、

身軽に生きていこう。




・・・

今まで読んでくださって

本当にありがとうございました。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村






最終更新日  2020.08.28 19:16:09
[ミニマリストをやめた後] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.