2019.05.23

オーダーって思っていたより気軽でお手頃価格。

カテゴリ:買い物
オーダースーツって、お金持ちのやる物だというイメージがずっとありました。

自分には、まず関係ないと。


でも母がお手頃価格のお店を見つけてきて。


中々サイズとデザインがイメージ通りの物が無いので、思い切って作りました。


採寸して、生地・裏地・ボタン・ステッチ・形などを選んで、1カ月。


ついに完成。



身体にピッタリ沿うのに、腕や肩がキツくないのに感激しました!




裏地はペイズリー柄。しかも、キュプラなので袖の滑りが凄く滑らか。

よく、高級スーツに使われるキュプラ。

光沢があり滑らかで静電気が起きにくいですし、吸湿性・防湿性に優れているので、着心地抜群。


たかが裏地。されど裏地!

こんな素敵な素材がチラリと見えるだけでも、素敵。

さらに上着を自信持って脱げる!←脱ぐと裏地って目立つから。


分かりにくいけれど、さりげなく自分のこだわりが反映されてて、気分が上がります。


ボタンも悩んだ末に、艶のある物にしました。


ちなみに、参考にしたのがこちら。



千場義雅さんの本に出てくる「キートンの紺ブレ・38万イェン」

私のオーダースーツ、3万6千円。

・・・10分の1以下です。

(まあキートンのジャケットは、38万円なりのこだわりが詰まっていて、すんばらしいとは思いますが、こればっかりは、無理)


38万円のジャケットは、着ている人にしか価値が分からないと思います。

(いつか、袖だけでも通してみたいな)


まあ、手の届かない物についてうだうだ言っても仕方ない。

今自分の手の届く範囲で、出来る限り素敵に、なりたい。

逆に言うなら、自分が素敵になれない物には1円も使いたくない。


失敗を繰り返し、やっとそういう風にキッパリと思えるようになって。


今までどれだけ中途半端な物で妥協してきてしまったことか!


自分にピッタリのサイズの、自分に手が届く出来るだけ質の良い服。


こういう服をしっかりと探すべきだったと痛感しています。


もう、ユニクロ・GU・無印は子供服以外買いに行くことは無い。
(これ"で"いっかになってしまうから)

自分が心からときめく服を、買う。

私はシンプルだけど、素材やディテールにこだわった物が、好き。


自分が最大限に良く見える、ときめく服を着て、自信を持って出かける。


そしたら、高級ブランドバッグの力なんて要らない。←特にブランドのでっかいロゴマーク!要らない。



ここの"で"いいじゃなくて、ここの"が"いい!


【5/27迄★ケアセット+Wプレゼント付】 PELLE MORBIDA ペッレモルビダ バッグVela ヴェーラ 型押しレザーミニボストンバッグ PMO-VE014レディース LC モルビダ ペレモルビダ 日本製 ギフト かわいい おしゃれ プレゼント 祝令和!


これも素敵。


【5/27迄★ケアセット+Wプレゼント付】 [2019年4月11日販売開始! 新作 ] PELLE MORBIDA ペッレモルビダ バッグVela ヴェーラ 型押しレザーワンショルダーバッグ PMO-VE030レディース LC モルビダ ペレモルビダ 日本製 祝令和!



自分の理想のイメージを持って服を選ぶと、どんどん失敗も減ってます。

これが理想↓




自分は無理と決めつけずに、1ミリずつでも近づいていきたいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

今回のオーダースーツ、SADAというメーカーで作りました。




プロ野球やバスケやアメフトなど、スポーツ選手がチームで着るスーツなどを作っているそう。







TWITTER

最終更新日  2019.05.23 08:37:56