2020.04.07

自分がロボットになってはいけない。

カテゴリ:コロナ
コロナでこんな事態になってからというもの、
毎日毎日、

「本当に必要なものって何??」
と、考えさせられる。




中学受験塾をやめ。

バイオリンとピアノのレッスンも無く。

なーんにもない、毎日。

子供に練習を無理にさせることも、やめた。

弾きたかったら弾けばいいよと。



何にも言わなくなっても、朝晩の練習という、
今までのルーティンは、頑ななまでに守る子供たち。
(それくらい彼らはルーティンが崩れるのが苦手)



「いつものこと」以外の対応、
「臨機応変」が苦手な人。

世の中には、かなりの数いるはず・・・


みんな、目まぐるしく変わる世の中に合わせて生きるって大変だと思う。




学校もG.W明けまでお休み。

でも
あり得ないのは、教科書配りたいだけの為に、
1日だけ登校しろということ。

(未だに、ずっと休校する事に不安な保護者も多いようだし、そのせいかな?)

速攻休みの連絡をしたら、欠席扱いにならずに休んでも良いと言ってもらえた。


なーんだ。

悩んでないで、やっぱり思うままに行動してみるって大事。




さて。

塾をやめて学校も無いので、暇を持て余している子供には、進研ゼミのタブレットを与えてみた。


今までは、子供にタブレットを与えることに、抵抗があったが・・・

やってみたら、いい!!

長男、どハマり!


家庭内、平和♡

これで勉強が済むのなら、

学校の存在意義が・・・

だんだん分からなくなってくる。





もし今、学校再開に悩んでいるなら。


「学校に来い」と、言われたから行く、
それで本当に子供の為になるのか・・・。


学校に来いと言われたから行く。

判断は学校がする、それでいいのか??

それで感染でもしたら、学校のせいにするつもり?


休むと言ったところで、死にはしないが。

登校してコロナかかったら・・・?





心の中で、
本当は行かせたくないと思っている人がいたなら、今こそ自分の意見を言い、行動する時なのでは?



何にも囚われること無く、生きていきたいけれど、それはなかなか難しい。



思い込み、社会に刷り込まれた常識、
そこから抜け出すって、大変。

思い込みを1つ捨てたぞと喜んでいても、
まだまだ思い込みを持っていたと、

毎日毎日、愕然とする。




でも、
他人に判断を任せて、自分はロボットの様に従うだけ。


それで良いのだろうか?


そんなことでは、ロボットやAIの方が、むしろ自分の頭で考えているんじゃ!?
(チャレンジタッチのロボットの会話が凄すぎて!)





コロナが教えてくれたこと。

自分の頭で考え、行動すること。

常識や思い込みを捨てること。

行動の責任は、自分で取ること。




いちばん、子供に教えたいし、

自分も、肝に銘じたい。







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村










TWITTER

最終更新日  2020.05.03 13:28:57