000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メオタイ イン プーケット

PR

X

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

カテゴリ未分類

2010.08.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
気が付いたら今年に入ってなんと1度しかブログを更新していないことに気付いた・・・・

何度かまた頑張ってみようと思ってもなかなか気が進まないので、思い切って引っ越ししてみることにしました。
私としては、ここで生活しているとときどき「おおっ??」と思うような珍事件が起きたりしてたまにどうしても皆さまにお知らせしたい病が発症するため、できればブログは続けていきたい・・・・
でもな~~んか飽きちゃった、という葛藤続きなのでここは思い切って全てを一新してみたいと思います。

楽天で知り合ったお友達もいて、実際に今交友関係にある方たちもいるので今までここでブログを続けてこられて本当によかったと思います。
こちらはこのままにしておこうとおもいますので、皆様のもとには、いつものメオタイの名前で遊びに行かせていただきたいと思っています。

新しいブログのタイトルは現在考案中。
仮の名は メオタイ イン プーケット2 (新しいのが決まるまでとりあえずこのタイトルで笑)

皆さま長い間ご愛読ありがとうございました。
出来れば新ブログでまたお会いしましょう。






Last updated  2010.08.27 15:54:16
コメント(7) | コメントを書く


2009.09.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
しばしば家事を放棄するわたくし、2児の母、夫あり。
でも今回は理由があるのよーーー。ちゃんと。
何を隠そう、少々具合が悪いのであります。威張ってる??えらそうよね、少々具合が悪いぐらいで。

4日ぐらい前からはじまった咳がこれまたもう絶好調で、咳をしすぎておええーーってなって涙ぐむぐらい。
当然咳って夜になればなるほどひどくなっていうので、夜もほとんど寝られないぐらい。
少しうとうとしたかとおもうと、げほげほげほーーってなって娘があまりにすごさに目を覚ましそうになってそれでまた自分も目を覚ましてっていう繰り返し。

娘のね、眠りは赤ん坊のころからとっても浅かったのだけど近頃は寝ながらも人の方にべたべたくっついてきて寝てる時もうっとうしくてかなわん。
はっと気づくとキングサイズのベッドの3分1ぐらいに2人でみっちり寝てることになったり。
ああーーっ。私を一人で寝かせてーー。
一人寝がしたいの。誰かのぬくもりなんかいらない、誰にも邪魔されることなく一人でベッドで寝たいーー。

というわけですっかり寝不足の上、なんだか頭も痛いのでうちにいる時はすっかりごろごろなこの2,3日。
抗生物質も飲んでるけど効いてる感じがしないなあ。
そんな今日はオヤジ飯。

IMG_1935.JPG

カイチアオにプラートートと揚げ物祭り。
あんまりにも茶色の配色に嫌気がさし、家事放棄の母がスナップえんどうだけゆでた。笑
そんな、超手抜きな夕飯だけど、子供たちが喜んで食べてるのでそれもまたよし。







Last updated  2009.09.24 23:28:54
コメント(10) | コメントを書く
2009.09.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
きょうは3っついいことがあった。

まずひとつ目。
明日でどうやらカマラ村のラマダーンは明けるという情報が入ったため、最後ぐらいは私もたまにはイスラムの嫁らしいことでもするかと思いたった1日だけど断食することにした。

ちなみにちゃんとした人は1ヶ月間やりとおす人もいるので、私のたったの一日と言うのは、お恥ずかしくておおきな声でいえるようなことでは勿論ない。

息子は今年からイスラム学校に行き始めたため、学友の何人かもちゃんと断食をしているこもいるとみえ、その影響か2日ほど既にやり遂げた。
食いしん坊の息子としてはなかなかつらいことだったようだが、どうやら立派にやり遂げたようでオヤジもその強面の顔を少しほころばして喜んでいた。

最後だということでじゃあ娘を除いた3人、オヤジ、私、息子の3人で一緒にやろうではないかということになった。
息子は土曜日は午前中イスラム学校、午後から補習校という少々ハードスケジュールなのだがそんな中飲まず食わずでよく頑張ったと思う。

夕方の断食明け用の食事を6時過ぎにオヤジは娘と息子と3人でいそいそと買いに行き、ついに18時35分、断食の終わる時間となった。
前の日の夜から飲まず食わずという状態は、人の思考回路を鈍くさせるようでそのあたりでは私は眠いようなぼーっとした状態。
お腹がすいたというよりは、少々風邪気味でのどにたんが絡んだ状態のうえ喉がカラカラなので水を一気にがぶがぶ飲みたいというただそれのみ。

なんとか、親子3人、私にいたってはたったの一日だけどやり遂げることができた。
明日は明けなので息子とオヤジは早朝から礼拝。
イスラム暦の10月1日にあたるこのハリラヤの日はイスラムの家庭にとってはかなりめでたい日にあたり、今年も無事それを迎えられそうだということが今日のいいことのひとつ目。

ふたつ目。
断食後の食事をとってしばらくしたら、猛烈なつかれに襲われ少々ぐったり。
シャワーでも浴びて横になってだらだらするかなと思いきや、今日の朝でネコ餌が切れてしまったため軽い断食状態だったココがにゃあにゃあと騒ぎ出した。

そうかー。ココもお腹すいちゃたよなあ、じゃあカルフールにいって猫餌を買ってくるけど菜々はどうする??ときいたら、いつもなら絶対に「菜々も行く――」
と言ってついてくる娘がココのご飯かうだけーー??と聞くので、うん。買ったらすぐ帰ってくるよーというと、なんとテレビを見て待っているという。
やったーーと思ってオヤジと息子に娘をたくし、夜のカルフールにいざ出陣。

いや。まてよ。
夜に一人でお出かけできるチャンスはめったにないぞ。
ということで、文庫本をすばやく鞄に押し込めいざ出発。

もちろん一人のお出かけ大好きなダメ母がこの機会を逃すはずはなく、そのまままっすぐワインコネクションに直行した。
道行く人を眺めながら、文庫本を読み、ナイスモーヒーをすする。(ナイスなアイスコーヒーという意味ね)

ああ、もうこれ最高。
一人よ、一人。
うるさいガキがいないのよーー。しかも夜に。
出かけてしまえばこっちのものと、小一時間ほどまったりしたのちに買い物というコースとなった。
これが2つ目のいいこと。

そして3つめ。
にゃんこのご飯は買ったし、ああそうだそうだ、水を買わねばと水売り場にいく。
最近はミネラルいりではないものの、カルフールマークの飲料水用のペットボトルを購入している。

これカルフールってばどこよりも安くて1.5リットル入り6本パック35Bなり。
これを3パック購入しようとむんずと水をつかんでカートに入れようとしたところ、ナイスな男子店員がささーーっとやってくれた。
なんて親切。
1パック9キロの水は少々私にとっても重いけど、なんせ太腕ですからね。
あんまりいつもだれも手伝ってくれないのよ。

店員さんに感謝しつつ、レジに並ぼうとすいているレジを探したら、前回やはり水を買った時に「大丈夫ですよ、お入れします」といって会計の後にカートに入れてくれたナイスゲイな店員さんのレジを発見。(ナイスなゲイという意味ね。あ。説明しなくてもわかる??)
すかさず「今日ももしかしたら手伝ってくれるのかしら」
というあわーい期待を込め待つ。

そうしたらですね。
さすがナイスゲイ。今日もにこやかにささーーっとカートに重い水を3パック入れてくれました。
お会計の後にはにこやかにワイ。(合掌)
いいぞ。ナイスゲイ!!

というわけでこれが3っつめのいいこと。
心地よい疲労感とともに夜も更けていこうとしています。
明日もいいことなんかあるかな。








Last updated  2009.09.20 01:10:17
コメント(12) | コメントを書く
2007.06.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
先週の木曜日からバンコクの友人が遊びに来ていて、土日はなんとナッツをベビーシッターに託し、シェラトンのゴルフヴィラに泊まってきた。

バンコクのおばちゃんと私が呼んでいるその友人は、女の面をかぶったおじさんばりにバンコクでばりばりと仕事をこなす営業部長である。
彼女がバンコクのおばちゃん、そして私がプーケットのおばちゃん。
私たちの強烈ぶりを毒毒コンビと呼んだ人もいた。笑

バンコクのおばちゃんは仕事柄男の人と知り合うことが多い。
今回このゴルフヴィラをシェアーするのは、いずれも30歳、32歳の若き男性。
本当はもう一人男性が一緒に来る予定だったそうだが、仕事のため急きょキャンセルになったらしい。
そこで、4ベッドルームあるヴィラなので私もそれにジョイントさせていただけることとなったのである。

この2人の若き男性、私はほぼ初対面であったが非常に感じもよくハンサム。
プーケットではなかなかお目にかかれないタイプの二人で、すっかり私のテンションも上がりっぱなしの状態であった。

さて、この二人。
今回ただ遊びに来ただけではなく、本来の目的はプーケットマラソンのフルマラソンに出場することであった。

もともと2人のうちのS氏はホノルルマラソンも2度完走したこともある元陸上部のバリバリのアスリート。
仕事が休みの日はフィットネスセンターで一日中汗を流しているスポーツおたく。
もちろん毎日仕事帰りもフィットネスセンター通いはかかさないばかりか、早朝に汗を流してから仕事に行く日もあるらしい。

かたやSぽん。(○○ぽんと呼ばれている)
1年前までは現在の体重プラス13キロだったSぽんは、半年ほど前に4,5ヶ月で驚異的に体重を減らすという快挙を成し遂げた男であるが、今現在も酒たばこが結局止められなかった状態での出場。
フィットネスやヨガを1年ほど前から始めたらしいが、今回の言いだしっぺはこの男であった。

なんでもSぽん、チェンマイに遊びに行く飛行機の隣にたまたまエコランナーの某氏が座ったらしい。エコランナーというのはなんでもマラソンを通して、世界の平和を訴えるといった私にとっては全く未知の世界。
ただ走るだけではなく、ゴミ拾いをしながら走ったりもするらしい。
その世界ではこの某氏は非常に有名な方なのだそうだ。

この方がSぽんに語ったのだそうだ。

「走り切った時に世界が変わって見えますよ」

と。

その後この方とメールでやり取りするうちにこのプーケットマラソンに某氏が招待選手で来ることを知り、
「出場したらどうですか?」
とお誘いを受けているうちになんとSぽん
「はい。出ます。」
とか言っちゃったらしい。

そこでこのSぽん、一人で出るには心細かったらしくS氏を誘ったというわけである。
今回バンコクのおばちゃんは、このかわいい弟分たちの応援で駆けつけたというわけ。
前の日はヴィラに私が材料と機械を持ち込み、たこやき及びパスタで激励。
(なんでも前の日にパスタを食べるとマラソンにはよいのだそうだ)

たこ焼きとたこ焼き機に感動して明日の本番へのプレッシャーを軽減させたSぽん。
何度かの経験を持つ冷静沈着なS氏。
果たしてSぽんは42.195キロを無事完走することができ、世界が変わってみられるのであろうか。
S氏は自己ベストを切ることができるのであろうか。
早朝5時のスタートを目前に夜は更けていくのであった。

つづく







Last updated  2007.06.19 14:08:36
コメント(8) | コメントを書く
2007.05.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
うふふ。。。
なんで私がこんなに頻繁にブログをアップさせてるかって?
それはね。

それはあんなに不調だった我が家のADSLが会社を変えただけで急にサクサク動くようになったから。
以前使っていた会社のものは、調子がいい日で半日ぐらい、調子が悪くなると1日のうち10分ぐらいしか接続できないという最悪の状態だった。
1年近く使い続けたけど、昨日でさようなら。
ちなみに新しい会社の接続はなかなか調子よく、本日は一度も接続できなかったことはなし。
っていうかそれが普通か。

さて。
一昨日日本に一時里帰りしていた友人がこちらに戻ってきた。
良きお笑い番組大好き仲間のこの彼女。(私はお笑いが大好き)
今回の滞在でなんと50枚分のDVDにテレビ番組を録画してきたらしい。
ものすごい情熱だ。
その中には私が大好きな「探偵ナイトスクープ」も毎週入っているというのでこれまた楽しみ。

で。
かなり昔に私が探偵ナイトスクープを見た時に、
「関西の人はすごく暇な時に、うちかえってへえこいて寝よというらしいですが本当ですか?」
という内容の投稿があった。
確か小枝が関西のどこかの町に行って
「暇なときなんといいますか?」
と聞きまくり、ほとんどの人が
「へえこいて寝よ?」
と答えたため最終的に
「本当です」
ということになったはず。

だがこの「へえこいて寝よ」
のほかに何かくっついていたような気がしてならない。
っていうか関西人でないわたしたちにとっては
「へえこいて寝る」
という言葉だけでもかなりセンセーショナル。っていうかおもしろすぎる。
関東の人きっと
「屁」
とか言わないし。

そうしたら今日に関西人のニランさんからこんなメールが来た。



屁こいて寝ろは・・・・

1: 子供ははよ、しょんべんして屁こいて寝ろ
2: お前は家帰って屁こいて寝ろ


なんか他に言うてたって言うてましたよね?
このうちのどっちかですか?

たぶん・・・この2つのどっちか。っていうかどっちも聞き覚えあるし。


とのこと。
うーんしょんべんしてへえこいて寝よだったかなあ。。。
っていうかこんなことにこだわり続けている私も相当な暇人である。

とういうことで、私もそろそろ屁えこいて寝るとするかなあ。






Last updated  2007.05.09 23:04:42
コメント(16) | コメントを書く
2007.04.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
先月遊びに来た友人はチェンマイでかわいい雑貨等をたんまり買い込んでいたので、私も時間があったら是非いろいろ買いたいと思ったが全くそんな余裕はなかった。
やっぱり1週間ぐらい滞在して歩き回らないと良いものには巡り合えないのかも。
http://luukchup.cool.ne.jp/ 

その分バンコクでは1日自由時間があったので、友人とご飯を食べたり一人でうろうろできました。
朝食も食べずにホテルを出発してまず大好きなセントラルチッロムへ。
一回りしたけど、欲しいと思ったものは値段が合わず。
その後徒歩でセントラルワールド(旧ワールドトレード)へ。

何気に歩いていると、何とモスバーガーを発見!
5人ぐらい並んでいたけど、食べなくてはならないという使命にかられ列に並ぶ。
メニューを見ながらどれにしようかかなり考えたけど、一番日本らしいものにしようと思いかき揚げライスバーガーを頼んだ。
日本でも1度しか食べたことのないメニューだけど、小柱とか入ってて日本と同じ味に感じました。

食べている最中にも人の列はどんどん長くなって、ついに30人位の行列に。
3分の一ぐらいは日本人でしたが、タイ人もしっかり並んでいました。
印象的だったのは、スタッフの中に一人日本人のスーパーバイザーがいて店中を走り回っていたこと。
タイ人をハンドルして日本のスタンダードを守るのは相当大変な事でしょうね。
本当にご苦労様です。

その後伊勢丹をうろついて、スーパーを覗いた後に紀伊国屋書店でひよこクラブを購入。
300B近くしたけど、育児雑誌なんてななっちを生んでから一度も見ていないためかねてから見たいと思っていた。
そこからスカイウオークでサヤームパラゴンへ。
途中あの都会の真ん中で木にリスが数匹いるのを発見してなんだか癒される。

サヤームパラゴンで飲茶を友人と食べ、某高級ホテルのカフェでお茶。
その際にオーダーを取りに来た好青年が、日本人的な顔立ちだったため
「日本人みたいね」
と話していたら
「日本人です」
と返ってきてびっくり。
なんでも研修でここに派遣されてきたらしい。

その後友人と別れ、マーブンクローンへ。
オヤジに頼まれていた携帯を見に行ったが、あまりの店の多さに嫌気がさし即撤退。
エンポリウムまでBTSで移動。
友人と夕飯の約束があったため一通り見た後にサラデーンまで戻って大戸屋で食事。
バンコクに行くたびに行きたかった所だが、やっと念願がかなう。
かなりおいしかったです。

今回の旅行でななっちの洋服は6枚買ったが、自分のは1枚しか買えず。
まあ太っちゃって何きても似合わないっていう理由はあるのだけれども。
息子は現在恒例の日本なのでお土産はなし。
オヤジにももちろんなし。

久々に都会の風に吹かれて大満足のバンコクライフだったけど、帰ってから地獄が待っていようとはこの時は露ほどにも思わなかった。
どんな地獄っぷりかは次回時間のあるときにまた。






Last updated  2007.04.15 16:36:42
コメント(10) | コメントを書く
2007.04.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
ななっちの子育てを1週間お休みして、メオタイ母さんチェンマイに来ています。
何をしに来ているかというと、ちょっと有人兼お客様の秘書として同行しております。

いやー。
暑いです。チェンマイ。
暑いよ、と聞いてはいましたがこれほどとは。
おまけにエアコンのない所を歩き回ったりするので、頭がくらくらして夕方になると毎日頭痛に襲われています。

チェンマイっ子達も暑さに耐えかね、水掛け祭りを先駆けて皆お堀に飛び込んだり、泳いだりしてるのには驚き。
だってお堀の水は茶色く濁ってて、ちょっとでも口に入ったらかなりやばそうな雰囲気なんだけど大丈夫なのであろうか。。。。

今年のチェンマイは煙害でお客が少ないため、市長が客寄せもかねてなんと
「4月1日から水掛してもよーし」
という条例を出したとか。
その為街のあちこちでは既に水掛が始まっています。

母さんご一行、濡れる前に本日バンコクに移動して、あさってプーケットに帰ります。
バンコクで何か買ってきてほしいものがある人は電話くださいね。






Last updated  2007.04.10 20:04:34
コメント(11) | コメントを書く
2006.05.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
東京での久々の夫なし子供なし5日間独身生活は、本当に楽しかった。
妊娠発覚とほぼ同時から2か月間苦しんだつわりが、東京生活3日目にしてほぼおさまたというのがここまで楽しめた1番の理由ではあった。
が、1日のうち半分以上をベッドの上で過ごしていたのに、東京での私は昼ごろから出かけて毎日11時ごろ帰るという弾けぶり。

友達とご飯を食べたり、買い物をしたり、今回念願のパチンコも何度か行ってしまった。(子連れでは行けない為、日本に帰ってもなかなか行く機会はなかった)
ちなみに4のつく日に(5月4日)に冬のソナタというパチンコ台で打ったら、結構な儲けであった。
ほかの人もじゃんじゃん出していたので、どうやらその日はヨンさまデーだったらしい。

東京の生活は名残惜しかったが、何しろ息子が岐阜の実家で待っているのでいつまでも一人で楽しんでいるわけにも行かない。
日本上陸5日目にして息子のもとに向かった。

1ヶ月ぶりの息子との再会は、
「久しぶり!!会いたかったよ!」
というより先に息子のあまりの太りぶりに驚愕!
もともと私とオヤジのデブのDNAをたっぷりと受け継いでいるだけに、ほかの子よりもかなり太りやすいかわいそうな体質の息子。
そのくせ好き嫌いもなく食べることが大好きなので、プーケットえ
ではいつもいかに太らせないようにするか悩みの種で食事にはかなり気を使っている私。
その今までの苦労が水の泡ともいえるほどのデブになった息子の姿に唖然としてしまった。

息子は日本の給食がおいしかったらしく、毎日残さないどころかおかわりをしていたらしい。
その上、好き嫌いのない息子は友達の嫌いで残したものさえもいただいていたというのだ。
おまけに、うちの母親は息子がどれだけでも食べるのがうれしいようでかなりの量のおやつや夕飯もあたえていたらしい。
そりゃあ、3食全力で食べてりゃ太るよな。

その後しばらくするとだんだん
「まあ、仕方がない。こいつはデブの遺伝子を持つ私の息子。プーケットに帰ってからダイエットさせよう。」
と自分をなだめる気持ちが出てきた。

そんな私をよそに息子は私に会えるというので、自分のうれしい気持ちを手紙にして私にくれた。
その手紙には
「ママきてうれしです。 ゆうきより」
と書いてあった。
ごめんよ。息子~。
1ヶ月ママやパパがいない新しい環境で頑張ったのに、それよりも太ったことばかり母は気にしてしまって。

と、まあ1ヶ月ぶりの母と息子の再会はこんな様子であった。








Last updated  2006.05.20 12:41:28
コメント(10) | コメントを書く
2006.04.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて、元気に日本に旅立っていった我が息子であるが、4月8日から地元の小学校に毎日通っているようである。
未だつわりに苦しむ私は、息子が日本で元気に楽しくやっていることだけが今のところ唯一の楽しみなのであるが、その意図に反していつも電話をかけるのは私のほうだ。

うちのオヤジも心配なようで、毎日私に
「今日は電話はかかってきたか?」
と毎日聞くがなかなか電話はかかってこない。
さみしさのあまり、またしても私のほうから電話する始末。
そして、息子と話したいオヤジにかわるのだが、
「キットゥン パパ マイ?」(パパが恋しいかい?)
と尋ねるオヤジに 「ニックノーイ」(ちょっとだけ)と答える冷たい息子。

今日も淋しさに耐えかねて、息子に電話をしてみた。
母曰く、どうやら今日は家庭訪問があったようでたった今担任の先生が帰られた所だという。
そして実は今日息子がクラスの子ととっくみあいの喧嘩になり、そのはずみで前歯(乳歯)が折れたため近くの歯医者にいくという事件があったらしい。

歯茎の中にある永久歯が折れていたりしては大変という事で、一応レントゲンを取ったらしいが何とも無かったようだ。
日本に行く少し前にもう1本の前歯も丁度抜けたので、きっと前歯2本の無い相当におまぬけなご面相になっているものと思われる。

何故そんな喧嘩になったのかしつこく息子に聞いてみたが、息子曰くその子と近づく度にいつも喧嘩になって先生におこられているらしく、その原因はちょっとしたことで覚えていないとのことだった。
心配なのは今回の事で学校が嫌になって、明日からもう行かないと言い出したらどうしようという問題で、息子に
「今日はお友達と喧嘩しちゃったけど、明日からもまた元気で学校に行けるよね」
と聞いた所
「行くよ。だって学校スッゴイ楽しいもん」
というお答え。
よかったよかった。








Last updated  2006.04.28 19:36:03
コメント(10) | コメントを書く
2006.01.03
カテゴリ:カテゴリ未分類
毛が生えた足多少の痛みはあるが、ようやく2本の足で歩ける喜びに浸っている私。
従業員にお小遣いを渡して、家の掃除をついでにやってもらうという主婦大失格なことを続けてきたが、彼女が腱鞘炎になってしまい医者通いを余儀なくされてしまった為、
「お小遣いは要りませんので、もうできません」
と言われ、掃除をしてくれる人を失ってしまった。
ああ。ミゼラブル。

が、しかし。
今は自分の足で立っていることさえうれしいので、毎日張り切って掃除をしている。
子供達が入れ替わり立ち代わり進入してくるのを
「私は今掃除中なんだから、〇〇君の家に行って遊んできなさい」
と言って、掃除する人イコール家の中の主導権を握る人のようになって威張って追い出し、今日も朝から床を水拭きしまくった。
しかし、私はどうにも掃除が苦手なのでいつまで続くかわからないので、えらそうな事は言えない。

ところで。
先日びっくりした事がある。
足の甲に毛が生えたのである。

しかも黒々とした剛毛である。それもかなりたくさん。
もともと、体毛は薄い方ではないが足の甲に毛なんてなかった。
いや、無いことはないが見えるほどではない。
それが証拠に、左足には生えてないしね。

どう考えても、骨折後に生えてきたとしか思えない。
人間大切な所には毛が生えるというが、何という神秘。
骨を折った近くはさらに毛がぼうぼうと生えているし、足の甲も骨折した箇所からすぐ近く。
恐らくそこを守ろうという人間の体の自然の摂理なのか?
確かに、妊娠中のでかくなった腹には毛が渦をまいて生えた経験もある。

ということで、あんまりおもしろいので剃るにはもったいなく未だぼうぼうとはやしっぱなしにしている。
足だけ見ると、男みたい。
いや、ぺティキュアなんて塗ってるからもっと怪しいか。











Last updated  2006.01.03 16:45:10
コメント(15) | コメントを書く

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.