000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メオタイ イン プーケット

PR

X

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

食べ物の話

2009.05.10
XML
カテゴリ:食べ物の話
先日、二ランさんがあんかけスパゲティーのことについて書いていたが、どうやら食べ物というのは私にとって強烈な郷愁の念を呼び起こすようで、さきほどもある食べ物のことを考えていたら日本に帰りたくなって涙が止まらなくなってしまった。

ここ3年ほど日本には帰っていないが、実は通常はあまり日本に帰りたいと思ったことはない。
年を重ねるごとに日本への愛国心は強くなるばかりであるが、じゃあ今すぐ日本に住めと言われてもどうしたらよいのかもわからないし、帰るところも無いに等しい。
なぜ帰るところがないかというと、以前の日記に書いているのでそこを参考にして下さい。

さて私に強烈な郷愁を呼び起こした食べ物とは、一体。
じゃじゃーん。それは相生のかき氷。
名古屋の人ならもしかしたら知っている人もかなりいるのででは?と思われるこの相生のかき氷。

かつて私が初々しい?セーラー服の胸に百合の校章を付けていた高校生だった頃。
名古屋駅の地下街に相生という行列のできるかき氷屋さんがあった。

えー。かき氷で行列―?といったことのない方はそう思われるかもしれないが、ここのあの口に入れるとふわっとなってすーっと溶けるあのわた雪のような氷と苦味の利いたちょっと粉っぽい抹茶、そして甘くないコンデンスミルクを使ったミルクのコンビ、そう抹茶ミルクは本当にならんでも食べるにふさわしいおいしさであった。
たしか甘さの調節もできたように思う。

当時の値段はちょっと忘れてしまったが、それでも500円以上はしたと思う。
私は平日は寮で暮らしていて、週末になると岐阜にある実家に帰っていたがその通過地点でつい寄って並んでまで食べなければならないこの相生のかき氷は高校生の私たちにとっては少々高いデザートであった。
しかし、ここのかき氷屋の前に行くと、うちの学校の生徒がびっしりと列をなしていたものだ。

ああ。食べたい。
まさかHPなんてないよと思って検索してみたらなんと。
あの懐かしいかき氷のメニューまでがHPの写真に載っていた。
その瞬間、高校生の時の自分の記憶がわわーっとよみがえり、懐かしさが込みあげてきて思わず涙があふれてしまった。

私が高校生だった当時は名駅にあったが、どうやら移転して東区に移ったようだ。
東区といえば私の高校のあったところじゃないか。なるほど。
当時タオルを頭に巻いて黙々と氷をかいていたあのお兄さんは今はどうしているのだろうか。
当時オーナーと思われたあの品の良いご婦人は今もお元気なのだろうか。
今もあの店にはあのセーラー服を着た生徒たちが並んでいるのだろうか。
あの学校は親子ともども同じ学校に通っている人も多かったから、もしかしたら親子2代で並んでいる人もいたりして。
是非とも知りたいものである。

来年こそ里帰りしよう。
ダイエットをよそにそう心に誓う私であった。








Last updated  2009.05.10 18:20:45
コメント(14) | コメントを書く


2009.03.10
カテゴリ:食べ物の話

もともと私は麺食いなので、パンはどちらかというと苦手。
パンはいくら食べてもお腹が膨らまない割には、おいしいなあと思うパンにかぎって
バターたっぷりだったりする。
とにかくその日のランチがパンだったりしたら食べた気がしなくて、そのあとすぐにまたクイッティアとかに直行してしまいそう。。。

きっと心の赴くままにパンを食い続けたりしたら、それでなくても重い私の体重があっという間に100キロとか超えちゃう気がするのでパン食いでなくてよかったなあって思う。

がしかし。
普段朝ごはんなんか面倒くさいので食べたりしない私にも、子供1年で一番長い学校のお休みがやってきてしまったから大変。
私は食べなくても育ち盛りの息子に朝何も食べさせないわけにはいかない。
朝からご飯を炊くのは大変、かといっていろいろ作るのも大変。
そんな時にはやっぱりパンが便利。

私は日本に帰ると無性に食べたくなるもののひとつに食パンがある。
こっちの食パンはなんだか妙に甘いし、しっとりしてないし、ぺらぺらにスライスしてあって大嫌い。
これこそまさに、食った気がしないものの代表選手みたいな存在である。
あまりにぺらぺらなので焼くとかりかりになってしまってスナック菓子みたい。
なので我が家に食パンが常備されていることはない。

ところが先日カルフールで食パンコーナーを見ていたら、ぺらぺらでない食パンを発見。
日本でいう6つ切りぐらいの厚さ。
触ってみるとふっかふかでいかにも日本で売られている食パンのよう。
試しに買ってみることにした。

トースターで焼いて日本の方からお土産でいただいたはちみつバターをつけてぱくり。
うんま~い。
あのタイの食パンのパン事態の妙な甘さもなく、素朴な味でしかもパンはしっとりふかふか。
あまりにうまさに立て続けに3枚も食べてしまった。

IMG_1740.JPG


あんまりうまいので、食いしん坊在住日本人に用事のついでに持っていこうと連絡したらさすが食いしん坊。そんなことはとっくに知っていて驚いた。
カルフールの6つ切り食パン17B。
日本の食パンの味がします。在住の方ぜひお試しを。









Last updated  2009.03.10 16:53:26
コメント(18) | コメントを書く
2008.09.12
カテゴリ:食べ物の話
長かったお天気の不調はどこへやら。
今日は朝から見事な青空のプーケット。
この2週間一度も外で洗濯物を干せなかったのがうそみたいに、本日洗濯物2回転プラス掛け布団まで干せて本当にうれしい!

雨のせいもあって節約生活は順調にはかどって、お財布を見たら今週まだ1,300Bしか使っていないことに気づきにんまり。
ただ、どうしても買わなければいけないものがあるためカルフールに行ったのがいけなかった。

そこで衝動買いしてしまったのがこれ↓

IMG_1519.JPG

ラム肉。
いつもカルフールで売られているこのラム肉。
ただし、こういう感じで切られてはいなくて、ブロックの塊のまま売っているため一人前いったいいくらぐらいになるのか想像すらつかなかった。
やっぱり高いのね~。
ただし、余分な脂身はしっかり削いであってちゃんとお仕事がしてある。
見るからにうまそう。
相当な子羊ちゃんなのか1っこがすっごくちいさい。
一口で食べれてしまいそう。

うちに帰って早速調理。
冷蔵庫にあったものをちょっと添えて、バルサミコソースを作ってかけてみた。

IMG_1520.JPG

いくら食べたいからって昼からこんなもの作って食べるってやっぱ私って狂ってる?
言い訳としては、
1 節約生活でたいしたもの食べてなくって肉!って感じのものが食べたかった。
2 節約を頑張っているご褒美。レストランに食べに行ったらこの3倍はかかるから。
というこの2点。

がしかし。
肉を焼くにおいにつられておやじが来てしまった。
しかも1本だけ上げようと思ったのに結局2本とられてしまった。
くそう。食べる?って誘うと食べないくせにあまのじゃくめー!!






Last updated  2008.09.12 19:18:58
コメント(20) | コメントを書く
2008.07.08
カテゴリ:食べ物の話
先日何となく下の弟のことを考えていたら、(私には二人弟がいてそれが双子)カスタードクリームのことを思い出した。
下の弟は先日なんだか会社の検診で目の異常が引っ掛かってしまって、それの再検査があるということだったのでちょっとそのことを考えていたのだが、最終的には
「そういえばあいつはカスタードクリームが好きだったなあ」
という結局食べ物のことに考えがいたってしまうところが私らしい。

今月はその双子の弟たちがなぜか一緒にこっちにやってくるらしいので、その時にカスタードクリームを食わせてやろうと思い作ってみようと思ったが、前回作ってからずいぶん時がたつのでレシピをすっかり忘れてしまった。

レシピをネットで検索してみたら今時はどうやら皆簡単に電子レンジで作っているようだ。
全て家にある材料でできるので、思い立ってそのレシピで夜中に作ってみたらとてもまずかった。

くやしくて、分量をいろいろ変えてつくってみたら今度はものすごーくおいしいカスタードクリームができあがった。
しかも簡単。

カルフールにパイ生地で中に何にも入っていないものを先日発見したので、あれにカスタードと生クリームとイチゴをのせたらミルフィーユだなあ。。。なんて考えていてその話を友人にMにはなしたら
「食べたい!」
とめずらしく食べる話にのってきた。

Mはすんごい小食で小鳥ぐらいしか食べないのでとーっても細くてスタイル抜群。
美容にもとーっても気を使っていて先日6000Bの美容液を1か月で使い切る話を聞いて、彼女のブルジョワジーぶりを再確認した次第。
しかし今月は金がないらしく、ちょっと安い美容液を使ったらぶつぶつができてかゆいというので
「前にセキセイ使ってたけどよかったよ」
って言ったらコーセーで5000B以上の買い物をした挙句、その3日後にまたしてもコーセーで5000Bの買い物をしていたという豪快な女。

他人にも結構豪快なので
「じゃあこれで」
と言って、トップスでいちごとブルーベリーとアメリカンチェリーを買ってくれた。
うしし。

そうして出来上がったのがこれ。
IMG_1306.JPG

すんごいおいしかった。自分で言うのもなんだけど。
生クリームは先日オープンした友達がやってる店で買った小さな泡だて器で作ってみた。
これ洗うのが簡単なので少量だと気軽にできてとっても便利。

ちなみにそのお店は以前ダイソーをプーケットタウンでやっていたのをカトゥーのゴーカードの向かい側に移して再オープンしたもの。(上にはホットヨガでおなじみのビクラムヨガが入っている)
オープン記念で10個買ったら1個ただなのでこの機会に是非~。

Mの子供たちとみんなで一緒に食べたがあっという間になくなっちゃった。
子供たちは
「もっと~」
とかいってたけど。
おいしいものっていいな。






Last updated  2008.07.08 14:34:52
コメント(19) | コメントを書く
2008.05.30
カテゴリ:食べ物の話
金はあっても暇ななしとか貧乏暇なしとか言うが、ちょっと前までは貧乏暇ありだったのでその暇にまかせて結構いろいろなものをちょくちょく作っていた。
(しかし、にいにが帰ってきてからというもの汚し屋が2人になったおかげで貧乏暇なしという最悪の事態を迎えている)

そのおかげで、運動はしているのに全くやせない。
痩せないどころか最近寝る前に何かを食べないと気が済まないようになってしまって逆に太ってしまった。
最悪である。

さて。
そんな私ではあるが、今はまっているのが杏仁豆腐。
自宅で簡単に作れてしかもうまい、安い。
物価高のプーケットだがこれは今も昔も25B。値上がりしていないと思う。
これに書かれているレシピで作るとおいしくないので私は900CCの牛乳、もしくは750CCの牛乳+200CCの生クリームで作る。これだとすんごいなめらかなとろける杏仁豆腐になる。

IMG_1232.JPG

安いしおいしいのでお土産にもよし。

そして、またしてもはまったのが天むす。
炊き立てご飯に、揚げたてエビ天を入れたおにぎりがおいしくないわけがない。
しかもこっちは新鮮なエビが安く手に入る。
コツはエビ天の衣にしっかりと味をつけること。塩、コショー、マヨネーズなども天ぷら粉の中に入れちゃう。

IMG_1235.JPG

そして是非是非試してもらいたいのが、この誰にでも作れるオーブンの要らない絶対失敗しないチーズケーキ。
炊飯器(中の鍋部分がアルミでないもの。できれば厚釜タイプ)とミキサーが必要。

IMG_1254.JPG

まずは材料。

IMG_1244.JPG

クリームチーズ 250グラム (通常1箱分 今回ケチってこのメーカーのにしたのだが、フィラデルフィアのものが断然オイシイ)

生クリーム 500CC (この写真のメーカーのがおすすめ。なければフォーモストのホイッピングクリームでもよし。日本のは知らないけど、町に一歩出ればおいしいものが売られているので作ることはないでしょう笑)

小麦粉 大さじ山盛り3杯

卵 全卵 3個

砂糖 炊飯カップ? 炊飯器についてくるカップの100CCのラインぐらい

ブランデーとかラムとか香りの付く洋酒 お好みで

レモン汁もしくはマナオ汁 お好みで

このレシピのいいところは適当でいいこと。
計量ばかりとか、計量スプーンとか要らないし、ふるいにかけたりもしない。
以上の材料をミキサーにがーっとかける。
出来上がったものをぺろっとなめて、もっと甘いのが良ければ砂糖をもっと入れ、酸味が強いのが良ければもっとマナオを絞ればいい。

IMG_1246.JPG

この出来上がったものを炊飯器の窯にだーっと入れてスイッチポン。
1回の炊飯では出来上がらないので、表面が何となくぷつぷつして固まった風になるまで2,3回炊く。

IMG_1251.JPG

炊き上がったら荒熱をとるために炊飯器から出して少々放置。(1時間ぐらい)
出来上がり。
この出来立てをちょっと暖かいままで食べると、チーズスフレみたいでとてもおいしいし、冷やして普通のチーズケーキの状態で食べてもおいしい。
かなりの量ができるので、食べきれない場合は冷凍保存も可能。

あまりに簡単なので、誰にでも作れるし、結構はまるおいしさなので是非お試しいただきたい。







Last updated  2008.05.30 13:50:04
コメント(20) | コメントを書く
2008.02.28
カテゴリ:食べ物の話

昨日はどうしても買わないといけないものがあったのと、ぷけ嫁さんとお昼を食べる約束があったのでセントラルへ。
衝動的にお寿司が食べたくなるのは、やはり日本に2年帰っていないからなのか。。。

我が家の経済力では、毎年息子一人を2か月日本に行かせるのが精一杯なので結局去年も日本には帰ることができなかった。
でもいいの。
日本に帰るとしたらこっそり一人で実家ではなく東京の友達の家とかに4,5日ぱっと行ってぱっと帰りたいし。(パチンコ冬のソナタもやりたいし笑)
あんな暴れん坊ななっちと反抗期絶好調のお兄ちゃんと3人で里帰りなんて正直考えただけでもぞっとするし。

人によっては
「あなたは良くてもご両親は帰ってきてもらいたいんじゃないの」
とよく聞かれるが、我が家の両親たちは私が3週間ぐらい滞在しただけで
「いつ帰るの?」(タイに)
「結婚しているくせにこんなに実家に帰るなんてあんまり感心できない」
とか、イヤミを言い出すし挙句の果てには
「私の生活のペースが乱れるから、正直あんまり長くいてもらっては困る」
とはっきり言われてしまうほど。

そんな彼らの気持ちもよくわかるので、ご迷惑をおかけしてもなんだから当分帰らないことに決めたのだ。
おまけに日本の私の家族は半年に1回は誰かが遊びに来ているので、私が出向かなくても家族のうちの誰かには会える。

まあ、年々上がり続ける飛行機運賃に太刀打ちできない私なのではあるが。
ちなみに今年のお兄ちゃんの飛行機代は3か月オープンということプラス乗り継ぎの良い国内線エコノミーが取れず正規料金のビジネスクラスになってしまったということもあって、燃料サーチャージ、税金なにもかも含めて4万バーツを超えてしまった。ひええええ~。

おいしくお寿司を食べていたら、友人から
「食べたがっていた大福が届いたよ~。取りにおいで~」
という電話が。
彼女の日本からの友人のお土産らしいその大福は、私が以前ネットで見て熱望していたもの。
そんな私を見た友人が頼んでくれたらしい。うれしい~。

目をつぶっておいしくいただきました。
おいしいもの食べる時はつい目をつぶってしまうの。
ほろ苦い抹茶と、あんこ、そしてここがポイントなんだけど中にちょっぴり入った生クリーム。
実は私、和菓子はちょっと苦手なんだけど大福だけは好き。
ちょうど昨日遊びに来ていた友達にもおすそ分けしてみんなで
「うま~い」

IMG_1128.JPG 辻利兵衛本店 有機抹茶大福

日本ではちょっとデパートに行っただけでいろいろなおいしいものがあっさり手に入るけど、人の手を渡り歩いて飛行機に乗ってやってきた貴重な大福。
本当にありがたい。

しかし息子がきのう食べず今日に残してあった最後の1個を、先ほど母は誘惑に耐え切れず食べてしまった。
許せ息子よ。
君は来月日本で食べておくれ。











Last updated  2008.02.28 14:35:11
コメント(18) | コメントを書く
2008.02.13
カテゴリ:食べ物の話
今日の昼過ぎまでいろいろばたばたしていたが、暇になったので今日はジャンクセイロンに一人ランチをしに行った。
先週友人と歩きながら、ジャンクセイロンはレストラン関係が乏しいことを話していたのだが、その時に私的にはブラックキャニオンかS&P(いずれもタイ人に人気のお茶も出来るタイ料理と西洋料理レストラン)が入ったらいいのになんて話しをしていた。

すると、一軒新しいレストランが本日開店しているのを発見。
ネロカフェ バイ ブラックキャニオン だって。
どうやらブラックキャニオンマネージメントのイタリアンレストラン風?らしい。
ミーハーな私は思わずこの店に吸い込まれる。

店内のインテリアは結構おしゃれ。
場所柄ファランのお客さんで結構にぎわっていた。

IMG_1112.JPG

IMG_1111.JPG

メニューはイタリアンを意識した内容でどうやらパスタが売りのよう。
その他イタリアンではないが、サンドウイッチとかタイ料理とか、スープ、サラダ、ステーキ類もあった。
コーヒー類は普段ブラックキャニオンで飲めるもの。

その中でタイならではのスパゲッティー、パッキーマオとマナオパンを注文。

IMG_1116.JPG

IMG_1117.JPG

惜しい!
シーフードもいっぱい乗ってて、しかも輸入物のムール貝まで入ってて120Bとお安いし味もとってもいいのに、麺がゆでおきだった。
タイマネージメントは後一歩のところがいつも惜しい。
これで茹でたてしこしこスパゲッティーだったら言うことなしなのに。
マナオパンはすごくおいしかった。

パスタが売りなのに、パスタが期待できそうにないので今度はパンとかスープとかサラダにしておこう。
ダメもとでもう一度違うパスタに挑戦するってーのもありか!?








Last updated  2008.02.13 19:52:41
コメント(12) | コメントを書く
2008.01.29
カテゴリ:食べ物の話

今日は数ヶ月ぶりにぷけ嫁さんが日本から帰ってきたのですかさず一緒にランチ。
他愛のない話をしながらむしゃむしゃご飯を食べられる友達が帰ってきたのが本当にうれしい。

実は私、数日前から声を半分失ってる状態。
もともとは先週ひいた風邪は喉に来るタイプだったのだが、土曜日に補習校で子供たちに日本語を教えているため大声を出さねばならずそれで喉を酷使。
おまけにその夜は友人宅でBBQパーティーだったためさらにしゃべり、帰るころにはすっかり嗄れ声になってしまったわたし。

次の日からは、電話をかけてきた人が
「~さんですよね」
と確認をしなくてはならないほど。
しゃべっても相手はぜんぜん聞き取れないらしく
「は?」
「え?」
の状態に。

でも、べらべら話しながら食べる食べる。
ぷけ嫁さん忙しくて大変なのに、すっかり私のおしゃべりにお付き合いいただいた。

食べるって本当に私にとってはとっても大切。
食べに行くのも好きだけど、誰かおいしいといって食べてくれる人のために作る料理って本当に楽しい。
しかし、あまりにおいしいものを作りすぎると息子は際限なく食べてしまい、さらにでぶちんになってしまうので、わざとおいしくない質素なご飯を夕飯に作るようにすることもある。
すまんな、息子。
君をこれ以上太らすわけにはいかんのだよ。

和食、洋食、どっちもわりといけるほうだと思うけど、どっちかといったら洋食のほうが得意。何かで見たレシピどおりに作ることはまずなく、そのレシピの良いところを取り入れて自分流にアレンジするのがすき。

イタリアンに和食の調味料を入れちゃうこともあるし、その逆もある。
そんなことをしたらイタリアンとは言わないのかもしれないけど、いいの。プロじゃないから。
おいしければいい。
あとは、食べてくれる人がどう満足してくれるか創造しながら丁寧に愛情込めて作ること。
料理に対して妥協とかしたくないので、できれば材料もいいものを使いたい。
経済的になかなか許されないものもあるけど。

おいしいもの食べたいな。
おいしいもの食べにKLかバンコクいっちゃおっかな。
バンコクのヴィラスーパーとかエンポリにポルチーニとかも買いに行きたいしな。
ああ、そんなこといってるからちっともやせないんだ。
今年は目標10キロ減なのにな。→また言ってる~と思ってる人、勿論無視してください。
(なんかだらだら日記ですみません)

IMG_1039.JPG

ベビーブロッコリーとアサリのぺペロンチーノ風 私が作るパスタのなかでも特に自信のある一品。隠し味は少量のめんつゆ。でも出来上がりの味は和風じゃないです。

 







Last updated  2008.01.29 18:27:03
コメント(14) | コメントを書く
2007.12.11
カテゴリ:食べ物の話
IMG_1006.JPG

写真は昨晩の我が家のおかず。
そう、こんがり焼けた日本の秋の味さんま。

たっぷりの大根おろしにポン酢をかけていただくさんまって本当においしい。
ところがこのさんま驚くなかれ、今ならパトンのカルフールで何と1匹10B!

きのう同じくパトンに住む友人がたまたま教えてくれたのだけど、これがまた結構新鮮で油もしっかりのっててとってもおいしかった。
恐らくその隣の列にあったノルウエー産のさばと同じく、あっちのほうで獲れた輸入物だと思うのだけど10Bって。。。
はっきりいって市場で売ってる地元の魚より安い。
いまどき10Bで魚1匹買うのって難しいぐらい。

しかも奥さん。
これお願いすればその場ではらわたも出してくれて、しかも調理までしてくれる。
ただし焼きはダメだそうで、仕方がないのでさっと揚げてもらった。
そして家に帰ってから焦げ目をつけるためにフライパンでそのまま焼いてみた。
これまた正解。ふっくらおいしい。
あ、揚げてもらうときはそばで見張っててさっと揚げてもらわないとたいじん好みのがりがりひがひがの揚げ魚になってしまうのでね、ここ重要。

大根おろし用の大根が1本5B。
これまたカルフールで買ったのだが、カルフールは時として野菜も激安。
市場の3分の一の値段で買えるものもある。
何となく全て市場のほうが安いような錯覚に陥るが、主婦の目はごまかされず。
最近キャベツなんかも激安なのでとてもありがたい。

食いしん坊の息子も毎日これでもいって言ってくれたし、家計節約のためにも週2回位さんまでもいいか。

家族分しっかり4匹かっておいしくいただいた。






Last updated  2007.12.11 13:35:53
コメント(19) | コメントを書く
2007.07.27
カテゴリ:食べ物の話
今日はイチボというお肉の部分をつかってにぎりずしをつくってみました。
半分はそのまま、半分はさっとあぶってつかったのですがどちらも最高。
ちょっとびっくりするほどおいしかった。
うう~。また食べたい~!!

IMG_0657.JPG






Last updated  2007.07.27 18:11:12
コメント(8) | コメントを書く

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.