648070 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

山、スキー、ときどき犬・・・(ゴルフもテニスもキャンプもコンサドーレもね♪)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


めるちんさん

Favorite Blog

まだ登録されていません

Category

Calendar

Archives

Recent Posts

Comments

めるちんさん@ Re[1]:スキーグラフィックなぁぁ(-_-)(10/11) サボさんさんへ お久しぶりですm(__)m そ…
サボさん@ Re:スキーグラフィックなぁぁ(-_-)(10/11) まぁ、読み物なのでメインの購買層にあわ…
めるちんさん@ Re:現在のスキー道具の検証・・・2019(05/18) ご無沙汰でした(^^;) ピンクは奥様が興味…
サボさん@ Re:現在のスキー道具の検証・・・2019(05/18) ご無沙汰してます。 ピンクですか? ラン…

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

Rakuten Ranking

Freepage List

Shopping List

全5件 (5件中 1-5件目)

1

バックカントリー

February 16, 2019
XML
カテゴリ:バックカントリー
​​​​どうも、めるちんさんです(^o^)


山仲間のお誘いに飛びついて、久しぶりのバックカントリー音符
男3人女2人のユルユル登山ですなうっしっし
まあ、ダントツでゆるいのは我々夫婦ですが・・・泣き笑い

なので
まあ、斜面探すというよりは、山スキーかな?

登る山は札幌近郊の春香山ウィンク
某大学で管理している銀嶺荘目指して、その後それなりの斜面のあるピークを目指します上向き矢印上向き矢印上向き矢印



8:35スタートダッシュ


カラカラちゃんは、昔の普通のアルペンブーツに、板はTSTにツアービン
かなり歩きずらいよね雫

自分は思い切って初めての、テレマーク山スキーぽっ


みんな元気だ!
テンション上がる上向き矢印上向き矢印上向き矢印


なんか可愛いいたずらが(笑)


頂上見えた~
斜面も良さそうだ音符


最後はちょっとだけ急うっしっし


12:45 頂上着大笑い
4時間10分かかってるほえー
コースタイムは3時間・・・
我々夫婦の、シールウォーク慣れが無いのが問題でした雫
スマン<m(__)m>

そんで、お楽しみの深雪滑走大笑い

テレマークターン良い感じ!!


調子こいて、コケて埋まった泣き笑い


また埋まった泣き笑い

散々である(笑)


銀嶺荘音符
ここで昼食グッド
なかなか大きな小屋で、水もお湯もストーブ完備びっくり
トイレも完備びっくり
素敵ですきらきらきらきらきらきら


帰りは速ーいスマイル
でも、テレマークだから腿がプルプルほえー

15:25には下山ウィンク

とにかく楽しかったぁ音符
やっぱり山スキーも楽しいねぇ


最後にテレマーク雑感あっかんべー
・登りは今までの道具に比べたら、超絶楽!!
・ピッタリしてる靴の方が靴擦れしないのかな?
・ガチの深雪は、バランスとるのが大変ほえー
 滑ってるうちに、前に乗ってるのか後ろに行ってるのか、浮遊感が強すぎて訳分からんくなる
・起伏には、かなり弱い・・・経験が必要かも?
・結局、自分は縦にターンするしかできなそう下向き矢印下向き矢印下向き矢印
・意外と深雪じゃ曲がらない・・・ずらす練習がかなり必要だ・・・ほえー
・トラバースつらーいほえー
・そもそも良い斜面は、普通のファットで滑るのが楽しいか・・・ 
 普段楽しく滑れる斜度や、地形を避けて下りてくるのは、ストレスたまる雫






Last updated  February 16, 2019 10:22:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 1, 2017
カテゴリ:バックカントリー
開幕戦で負けた、コンサドーレについて、掲示板等を覗いてみると・・・やっぱり悲観的な意見が満載スマイル
もう降格の話まで出てるほえー
元々、苦しいのは判ってたはずで、今更何い言ってんの?って感じですが、何故こうも悲観的で、素人の解説者ぶった人が多いのか・・・失敗
今回も「選手の気持ちが見えない!!」ってみんなで文句言いながら降格するんだろうか?
毎回思うが、気持ちで勝てるほど甘いもんなのかねぇしょんぼり
どうも、めるちんさんですちょき


ニセコで先日、立入禁止区域の「春の滝」で、雪崩があり、外国人1名が亡くなりましたしょんぼり

バックカントリーは自分も本格的ではないにしても、多少近いことをやってますが・・・

最低限
スキー場のルールは守りましょうしょんぼり
スキー場じゃない、もしくはホントの山に入るときは、ゲートからでも、知識&技術&装備をしっかりしましょうしょんぼり

めるちんさん自身は、装備は足りていても、知識と技術が全く足りてないと感じてるので、ガイドさんに相当する人に、一緒に行ってもらわないと、かなり怖いですショック
なので、ゲレンデ中心・・・というかテイネとルスツでパウダーは十分ですわあっかんべー
よく、トレース追っかけて、突撃して帰れなくなる人いますけど、全く無謀としかいいようがないです怒ってる


ホントこの問題って難しいんですよね下向き矢印
気軽に、意見や情報を発信できない話題ですねぇわからん

救助の問題とか
費用の問題とか
保険の問題とか
先日の道警の裁判しかり
地域性もあるし
装備がありゃ良いのか?
登山届け出してりゃいいのか?
技術、体力でも遭難の定義が変わるし
そもそも、バックカントリーはどうよって話・・・
語っても語っても足りません下向き矢印

ただ
今回の場所「春の滝」は絶対ダメ!!

何考えてるんだか・・・怒ってる

ニセコエリアには、知ってる方は多いと思いますが、「ニセコルール」という物がありますグッド
そして、毎日、雪崩れ情報が発信され、その中になだれだけではなく、ゲートや気象の情報も含まれていますグッド


ニセコルールはちょっとネットで調べれば出てきますグッド
英語表記もしっかりなされているので、外国人にも意識して周知していると思いますよ。
めるちんさんは、地元の自治体なんかも参加して出来上がったルールらしく、非常に貴重な物だと思ってますオーケー

ニセコルールには色々決まりがあるのですが・・・
その中で
11ゲートがあり
ゲートが開いているときは、自己責任でどうぞ!
ってことになってます。
!!
それでも入ってはいけない、絶対立入禁止エリアがアンヌプリ山では2カ所!!
それが、「春の滝」「湯の滝」です。

自分が物心つくときから、よくニュースで毎年のように、ニセコでは雪崩で人が亡くなっていましたしょんぼり
なので、めるちんさんは今だに、ニセコでは何となくコース外にはでたことがありませんしょんぼり
今回は350mも雪崩れたそうですショック


某ブログの転載ですが・・・

スケートボードも、キャッチボールすら出来ない公園。釣りの出来ない河川や堤防、波乗りが出来ない海岸など、私たちの日常は「禁止」であふれています。「禁止」することで管理者は事故発生時の「責任」を回避するのです。

かなり中略泣き笑い

 「禁止」では事故は無くならず、死者は戻りません。自由に、安全に滑るための「ニセコルール」は単なる規制ではなく、滑走者の安全を思う“願い”のような存在だと理解していただきたいのです

だそうです。
皆さんどう思いますか?

めるちんさんは、本当にその通りだと思いますが・・・
やっと、出来た「滑走の自由」を守るためのルール
今後もみんなで大切にしていきたいもんですね



怪しいボタンじゃございませんウィンク

にほんブログ村ランキングに参加中です音符

励みになりますので、記事に興味を持たれた方「める」をクリックして下さいませ大笑い









Last updated  April 1, 2017 04:47:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 4, 2016
カテゴリ:バックカントリー

昨日まで5月1日まで3日連続でハードにキロロ滑ってからの藻琴山ですスマイル

結構体は夫婦共にボロボロ・・・(笑)

 

5月2日は午前中早めに仕事を終わらせてから、道東は藻琴山に15時30分に到着!!

本州の人はピンと来ないかもしれませんが、350キロ近くありますほえー

よく運転したわ・・・うっしっし

ちなみに手前の芝桜公園はこんな感じ音符

DSCN31291.jpg

まだ雪有りますねぇ音符

今回は藻琴山のキャンプ場から登りますちょき

メンバーは山仲間のOさんとAちゃんと我々夫婦の計4名ちょき日没前には銀嶺荘に着きたいところ。頑張って登るよぉ大笑い

と、思って登りの準備していたら、札幌の山仲間のIさんコンビが山から下りてきましたびっくり

300キロ以上離れたところで、知り合いに合うとは・・・なんか嬉しい・・・ウィンク

そんなメジャーな山じゃないんですけどねびっくり世間は狭いわ(笑)

さてさて、今度こそ登ります上向き矢印

DSCN31311.jpg

登って~上矢印

DSC_0088.JPG

登って~上矢印

FB_IMG_1462350789791.jpg

登って~上矢印

FB_IMG_1462350800728.jpg

ちょっと降りて着いたちょき1時間半くらいかな?スマイル

DSC_0096.JPG

掘り起こした銀嶺荘音符

FB_IMG_1462350734839.jpg

銀嶺水、掘って汲んで音符

FB_IMG_1462350720159.jpg

友人が担ぎ上げたビール音符

我々は500mm1本と梅酒とウイスキーを持参音符

FB_IMG_1462350744944.jpg

行者にんにく入りジンギスカンびっくり

飲んで~飲んで~食って~食って~目がハート

気が付いたら23時過ぎてた・・・(笑)

24時ごろ消灯?ショック

 

5月2日の朝はダラダラ・・・(笑)

でも、ちゃんと掃除して戸締りして上向き矢印

友人3名が8時位から山頂目指してくるみたい音符

なので、8時半過ぎにシュッパーツスマイル

DSCN31461.jpg

銀ちゃんまたねーぱー 

 DSCN31491.jpg

 今日は登り少な目スマイルだけどこの日は暑かったームカッ

DSCN31531.jpg

なんか君たちカッコイイねスマイル

DSCN31571.jpg

ピーク手前上向き矢印もうちょっと上向き矢印

DSCN31581.jpg

着いた音符

DSC_0099.JPG

相変わらず、易しめの山のくせに良い景色大笑い

素敵すぎる・・・屈斜路湖を望む!!

DSCN31651.jpg

あ、友人3人が来た!!ちょっとうれしい上向き矢印

DSCN31681.jpg

ここ滑って帰りまーす大笑い

はい予想通り、ストップ雪~号泣

しかもピンぼけーほえー

 

今回はこれで泊り4名は下山大笑い当日組は登り返してもう1本だそうです音符

滑る方は微妙だったけど、景色も良かったし、小屋飲みは楽しかったし、良い山行でした大笑い

駐車場で今回はかいさーんぱーみんなまたねーぱー

 

で、我々夫婦はせっかく道東来たので、ドライブして帰ることに音符しっかし暖かい・・・車の温度計21度・・・ほえー

DSCN31791.jpg

まず、昨日寄った芝桜公園によって苺ソフト目がハート

DSCN31761.jpg

すごーい

雪溶けた・・・結構咲いてる・・・びっくり

ここから帯広経由で帰ることに上向き矢印

DSCN31801.jpg

ネギ畑~目がハート

ここではちょっと細いんで採ってませんが、さすが道東・・・びっくり

DSCN31811.jpg 

 二人で食べるにはこれで十分音符

DSC_0100.JPG

 14時過ぎに足寄のウッディベルで遅い昼食目がハート

 

そっから十勝川温泉に入って、ちょっと買い物して、22時ごろ帰宅ちょき

疲れたけど楽しかったー大笑い

 

最後にご不満だったのはこのお方・・・すまん・・・

DSC_0055.JPG

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
怪しいボタンじゃございませんウィンク

にほんブログ村ランキングに参加中です音符

励みになりますので、記事に興味を持たれた方「める」をクリックして下さいませ大笑い

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村







Last updated  May 4, 2016 06:50:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 22, 2016
カテゴリ:バックカントリー
初めての動画アップ
上手くできるかなぁ(笑)

いやあ
昨日は楽しすぎた、疲れすぎた🎵

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
記事に興味を持たれた方、「める」をクリックして下さいませ大笑い

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村






Last updated  February 29, 2016 12:36:10 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 21, 2016
カテゴリ:バックカントリー
実はほぼ人生初のツアーのバックカントリー大笑い
我々夫婦と日頃の山仲間の8人パーティのツアーでした。
天候が心配されたけれど、風も弱く気温も暖かめということで、ある意味ラッキーでした。
しかし、昨日一昨日の暖気のおかげで、三段山より樹林帯の多い富良野岳に変更
若干雪が不安定みたい。

まあ、ガイドさんを信るしかない。頑張って登りますよぉ

DSCN2905.jpg
い、いきなり渡渉かよ(笑)

DSCN29061.jpg
樹林帯を登る登る

DSCN2910.jpg
は、晴れてきたー大笑い
上がるぜ上向き矢印

DSCN2916.jpg
樹林帯抜けたー音符

DSCN2920.jpg
この斜面でドローップ
面つるー上向き矢印
雪はちょい重パウダーだけど最高っすね大笑い

DSCN2947.jpg
二本目の登り返しは北尾根グッド
面つるー上向き矢印
激軽パウダー上向き矢印

もうね。
言うことなしですよ

登りに時間ちょいで、富良野岳滑れるとは思ってませんでした。
最後、足が攣りかけて焦ったけど・・・(笑)
最高でしたね。

白銀荘に皆お泊りでしたが、我々は晩御飯を白銀荘でキムチ鍋食べて、日帰りで退散しました。ちょっと残念。
でも、めるちんさん待ってるからね!!
急いで帰りましたとさあっかんべー


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
記事に興味を持たれた方、「める」をクリックして下さいませ大笑い

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村






Last updated  February 29, 2016 12:35:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.