013833 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

人妻出会い系メル友

PR

カレンダー

フリーページ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

サイド自由欄

2011.07.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
30代後半から41歳までの間、何人かの人と不倫を経験してきた。

だけど

そのいくつかの不倫の恋に満足したことはなくて

いつも不完全燃焼な感じだった。

本当に好きだったのかって聞かれたらNOだ。



ただ一人

本当に好きになった不倫相手の一人は

恋愛に関する価値観、重要度が違っていた。

まるで片思いみたいだった。



好きなのに、逢いたいのに

彼の中での私の重要度は

家庭や仕事や

彼の大切にしているものに費やす時間が余った時に

気まぐれに欲しくなる程度だったのだと思う。

そのくせ

いつまでも手離そうとしなかった。

今でも心の中にいる。

本当に嫌なやつ。





彼との不倫関係にピリオドを打った去年の夏からこの1年

一人のまま。



焦がれるような婚外恋愛をもう一度したい。

だけど既婚の私が

好きで好きで、どうしようもなく好きで



不倫でそんな恋をするのは


同時に


辛くて辛くて、どうしようもなく辛い恋になることも

分かっている。


不倫の関係だから仕方がないことだけど

相手が同じように既婚なら

嫉妬に苦しむことも分かっている。


奥さんの存在。

子供の存在。

好きな人が大切にしている全ての存在が

嫉妬の対象になってしまう。

不倫の辛さを承知の上で付き合ってるし、

「お門違い」だって、十分過ぎるくらい分かっているけれど。



楽しい恋愛ってあるのかな。

既婚の私が

恋愛のいいトコ取りしようってのが間違いなのかな。








最終更新日  2011.07.08 14:31:16
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.