411460 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

めたもるの空間(とってもすぴりちゃる)

PR

プロフィール


マオジェニー

フリーページ

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

まおさん@ Re[1]:精神の分離と融合について その5 めたもる(10/13) わせい(以前、何と名乗っていたかの記憶…
わせい(以前、何と名乗っていたかの記憶がありません)@ Re:精神の分離と融合について その5 めたもる(10/13) まおさん 以前、まおさんとお会いした事が…
maojelly@ Re[1]:精神の分離と融合について その1 めたもる(06/19) 佳-昌さんへ ちょっと事情があってブログ…
佳-昌@ Re:精神の分離と融合について その1 めたもる(06/19) 下記を行っています。 https://plaza.raku…
佳-昌@ 昨秋には一度セミナーにお邪魔しました あの時点で幾らかの段階に 自分が到達した…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

精霊召喚師 まおのすぴりちゃるらいふ
2019.10.19
XML
カテゴリ:大周天
休みますと書いておきながら連投しているので、やめるやめる詐欺みたいですが。
なぜか突然に時間が出来たんですよねえ。これは書けと言われているみたいです。

エネルギーと情報の流れ

前回の記事で、ロウセルフとミドルセルフの位置関係、情報の流れを説明しました。
ではロウセルフの発生させるマナはどのように流れるのでしょうか。

フナの扱うエネルギーはマナですが、この正体は生命力です。
仙道で言う精にあたります。

ロウセルフにマナを発生させるよう命令すると、”胃の裏側辺り”から発生するのが感じられます。ここは仙道でも気の発生場所として指摘しています。

先程、マナは精であると書きました。そして発生場所が気と同じと書いています。
なぜこの両方が同じ場所で発生するのでしょうか。
実は仙道で言う精と気に厳密な区別はありません。精を集めると熱を発生し、気に変わるとあります。
つまり精と気はシームレスな関係であり、同じエネルギーを指している可能性が高いのです。
これは私も盲点でした。もっとはっきりと区別できるものだとばかり思っていましたから。

意識で気を集め、収縮させると強烈な熱を帯びてきます。
この段階で放置すると、あっという間にエネルギーを失い消滅します。
なので呼吸法によって発生する熱エネルギー以上の気を送り込まなくてはいけません。

フナでは、ロウセルフにマナの発生を命じると同時にそれを集中させ溜め込むようにさせられます。
仙道で意識的に行わなくてはならなかったことをまさしく無意識に行わせる事ができます。

結果は同じなので、どっちが楽なのかは言うまでもありません。

前回に書いた瞑想法を行うと、ロウセルフから流れてくるエネルギーも脳下垂体や視床下部で感じ取れます。つまりマナの流れが情報と共に脳へと上がってくるのです。
マナの発生部位から脳までを直接に繋ぐものはそんなに多くありません。脊髄や、ある種の神経だけです。
脊髄は途中で神経の接続が途切れ、途中でシナプス接続に乗り換えています。ということは残るものは迷走神経と呼ばれる脳神経の一種だけとなります。
これは内臓に広く広がっていて、求心系の信号を脳へと伝達しています。(末端から中枢への神経伝達)
つまりもともと情報を脳へと送る仕組みがあるという事ですね。

瞑想を行う前に精神を落ち着けたり、呼吸を整えるようにするのは、実は潜在意識を落ち着かせるためなのですが、おなかに意識を軽くかけてみると、意識が少し下がるのが感じられます。
おなかの中が充実する感覚というか、心が落ち着く感じがするはずです。
これはロウセルフ(潜在意識)が落ち着くことで、迷走神経を通じて脳へと送られていたロウセルフの雑念が軽減するためです。
なので瞑想を行える状態なのかどうかは、この精神の落ち着きが得られたかどうかで判断できると言うわけですね。

私が自分で感じた結果として、どうも迷走神経を通じてマナも一緒に送られてきているように感じるのです。
では今までの小周天ルートは何だったのかと思われるでしょう。でもそもそも小周天のルートには決まったものはありませんし、任脈、督脈を使うのは仙道の中でもごりゅう派だけです。
迷走神経のルートは衝脈と呼ばれる経絡にちかく、昔から最難関であると言われてきました。
その理由は明白です。潜在意識をコントロールできなければ通せないのですから。
逆に言うと潜在意識に命令さえできれば、ロウセルフは自然とこのルートを利用しようとすると言うことです。

これは顕在意識主導で修行を行うか、潜在意識主導で行うかの違いでもあります。
また仙道は途中から潜在意識への乗り換えを行いますが、わざわざそんなことをしなくても、最初から行えば行はもっとシンプルで簡単にできるはずです。
それができていないと言うのは、潜在意識のコントロール方法を知らないからであり、先に進んでも修行を継続できない可能性が高いとも言えます。

さて。
ロウセルフから送られてくるエネルギーはマナだと書きました。
それを得たミドルセルフはどうしたら良いのでしょうか。
それを明確にするため、基本に戻ってみましょう。

ミドルセルフの役割

フナではミドルセルフの働きを次のように説明しています。

1:顕在意識、いわゆる自分と呼ばれるもの。論理的な思考や先の事を見通す力がある
2:精神力によってロウセルフの制御を行う

少し解説します。
ミドルセルフが自分自身だと言う事は今さらなので省きます。先を見通す力とは時間の概念を理解していると言うことです。
動物には時間の概念がほとんどありません。過去から未来を予測したり、予定行動を考えたりすることはほぼ皆無です。(一部の霊長類や鳥類には時間の概念を理解するものもいるそうですが、ここでは割愛します)
ロウセルフは動物の意識ですから、未来を見通して物事を考えたりすることは出来ません。だからミドルセルフからの命令が未来を考えてのものだったとしても、自分にとって不都合であれば抵抗しようとします。
(遊園地などで、早く帰らないと電車に乗り遅れてしまうと分かっている親、もっと遊びたいとぐずる子供を考えればすぐに分かるでしょう)

ミドルセルフはその優れた論理力、洞察力によってロウセルフを導こうとしますが、その時に使うのが意思の力です。これはマナマナと言うエネルギーをベースにして産み出されます。

強い精神力はロウセルフを制御できますが、感情が爆発している時は不可能です。
肉体が健全で論理思考の優れた人は、その考え方が極めて合理的であり、感情をうまくコントロールしているのは分かると思います。
このような人物は感情の抑制が強すぎるあまり、ロウセルフに多大なストレスをかけてしまいがちです。
結果として病気を発祥したり、精神的な問題を引き起こしたりしやすいとも言えます。

大事なのはロウセルフに納得してもらいながら制御を行うことなのですが、これはほぼすべての人が行えていません。
フナでは、きちんとロウセルフとの対話を行って修行を進めるようになっています。
次回は瞑想におけるロウセルフの制御についてお話します6






最終更新日  2019.10.19 16:26:18
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.