2008年10月31日

心に残る言葉、ゲーテ

(8)
テーマ:心の病(7132)
カテゴリ:カテゴリ未分類
          
00180.jpg

こんばんは。

今日は、色んなところの友達、元生徒、そして私自身に向けて、

心に残っているゲーテの言葉を書き記しておきたいと思います。


随分前から読んでくれてる人は、読んだことのある格言もあると

思いますが、あえて今書きたいものを書いておきますね。

これで、少しでも感じるところがあればうれしいです。


               02668.gif



・批判に対して自分を防衛することはできない。

 これを物ともせずに行動すべきである。
  
 そうすれば、次第に批判も気にならなくなる。



・私はこう勧めたい。何も無理じいせぬことだ。

 何もできない日や時には、後になって楽しめないようなものを

 作ろうとするより、ぶらぶらして過ごしたり、寝て過ごす方が

 いい、と。



・われわれには理解できないことが少なくない。
 
 生き続けて行け。
  
 きっとわかって来るだろう。



・目標に近づくほど、困難は増大する。



・人が実際の値打以上に思い上がること、実際の値打以下に自分を

 評価すること、共に、大きな誤りである。



・自負し過ぎない者は、自分で思っている以上の人間である。



・内面のものを熱望するものは、

 すでに偉大で富んでいる。



・完全は天ののっとるところ、完全なものを望むのは、人の

 のっとるところ。



・思索なんかする奴は、枯野原で悪霊にぐるぐる引きまわされて

 いる動物みたいなものです。

 そのまわりには美しい緑の牧場があるのに。








TWITTER

最終更新日  2008年10月31日 23時37分29秒
コメント(8) | コメントを書く