616937 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きちょくれ よっちょくれ 国東半島

PR

全217件 (217件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >

2018.01.01
XML
カテゴリ:昭和の町(大分県)
​​​​​​​​​​​​​​新年明けまして おめでとう ございます。
今年初めてアップするのは、「昭和の町」の 皮まで食べられる 甘~い 美味しいおイモのご紹介。

「お芋」と言って まず連想されるのは 時期的な事もあり "焼きイモ"ではないかと思います。
 焼き芋と言えば 普通は石焼きが定番。 寒い季節の あったかいお芋は 美味しいですよね。

今回ご紹介するのは、定番の石焼きではない "つぼ焼き"という 珍しい製法で
焼きイモを提供されている 昭和の町のおイモ屋さん 「ふくいも」さんです。
お正月に 御紹介するのにぴったり!! 福きたる おイモの情報です。​​​


お店のオープンは2016年9月、
関西から 豊後高田市 昭和の町へ移住されて来られた ご夫婦が経営されているお店です。

「つぼ焼き」とは、どんな焼き方なのでしょうか?
 簡単に言うと 写真の通り 大きなツボに おイモを 1個ずつ吊るして焼く 焼き方です。
 昭和を一部生きてきた私でも知らない製法でしたが、昭和の前期にはよく見らたそうです。
 現在は、この製法でおイモを焼かれるお店は 数える位しかないそうですが
 「ふくいも」さんは、あえてこの製法にこだわり 昭和の町で頑張られております。
   一見 アナログ的なこの製法が、おイモの味をスイーツレベルに変化させるのです。
 おイモの良さを最大限に引き出してくれる「つぼ焼き」を 素人の私が ちょっと紹介します。 



「つぼ焼き」製法は、最大限 おイモの良さを引き出してくれるのですが、
 手間と時間が掛かるので
全国でも この製法を採用されている おイモ屋さんは少ない為、
 
焼かれたおイモは、はちみつでも塗っているのではないか?・・・と思う位、
 
とんでもなく甘~くスイーツのような 希少価値のある おイモとなるのです。

甘~いおイモに変化する秘密は?
使用するおイモは「紅はるか」 焼きイモによく使用される定番品種で 九州産使用。
おイモは、こんな大きな壺を使って焼くのですが、壺の底の部分に炭火を入れて 壺の中間に
おイモを吊るし 1時間~1時間半程度 じっくりと時間を掛けて焼き上げていきます。
表面の皮が焼ける事なく イモ中の水分を閉じ込めながら焼く為、美味しいおイモになるのです。
イモの種類、壺焼き製法、焼く時間・温度管理が決め手となるようです。 

個人的には、焼くという表現よりも「焼き蒸す」という感じに思えました。

この製法だと「皮まで食べられる」捨てる部位がない 焼きイモになるのです。


この焼き方で大変なのは、おイモの管理にとても手間が掛かる上に 一度に沢山作れない事。
炭火の管理や、おイモが片焼きにならないように15分程度に1回は 回しながら
イモ全体を均一に熱を通してやらなければいけないし 吊るす数量にも限りがある事。
でも 、手間を掛けて じっくりと焼かれた おイモは、炭の遠赤効果と適度な加熱にて
でんぷん質が糖へと変化、信じられない位の 甘~いおイモに変化していきます。


皮まで食べられる「ふくいも」さんのおイモは、栄養化抜群。
おイモの皮には、抗酸化作用のあるアントシアニンが含まれており、おイモ本体には食物繊維、
ポリフェノール、ビタミン系など 栄養価の高いものがいっぱい含まれています。

この甘~いおイモを提供されている『ふくいも』さん。
「昭和の町」新町通り商店街 角の魚屋さんから ちょっと奥に入った所にあります。
 隣が赤いポストが目印の「杵や」さんの右隣りです。 ※↓のところです。
  


『ふくいも』さんの店舗は 以前、昭和初期 羅紗卸売商をされていたお店であったようで
 お店の中には 立派で大きな看板が展示されています。
 羅紗とは・・・ラシャ(ラサ)と読みますが、戦前頃まで冬物服地に使用されているようで
        厚手の生地で保温性に優れていた事でマントやオーバーなどに使用されていた。
​ 立派な看板だけ見ても、繁栄していた昭和時代の背景が浮かんできそうです。​ 


 販売されているおイモのサイズと価格 : Mサイズ 300円 / Lサイズ 400円 
   その他にも おイモのチップやおイモドーナッツなどが販売されております。

  開店時間は、AM10:00~PM17:30頃まで 基本火曜日が定休日 
   ※お正月期間中は お休みです。

 アツアツ状態で食べるおイモが一番なのですが、冷めて食べても美味しいのが「ふくいも」。
 でも、再び熱々のふっくらしたおイモを食べたい時には、電子レンジを使用。
 サイズによって違いますが、
 600Wでは、1:30~2分程度ラップして加熱するだけで 美味しく頂けます。
 おイモ自体厚みがあるので、半分に折って加熱すると早く全体が温まるようです。 

「昭和の町」にお越しの際は、ぜひともご夫婦が丹精込め作られた「​ふくいも」を、
 
食べた事がない位の甘~いおイモ、トロ~ッとした食感に出会えますよ。

   ​豊後高田市の新年恒例 
  2018「ホーランエンヤ」は、1月7日(日) 12:20出船予定です。​



​​​​​​






最終更新日  2018.01.02 05:00:00
コメント(0) | コメントを書く


2017.09.19
カテゴリ:杵築市 散策
​​台風一過、夏から秋へと季節が変わると思いきや まだまだ日中は暑い日々が続くここ国東半島。
今日は、山香る町 山香町(やまがまち)へ。
ここは、国道10号線と日豊本線が 平行して走っており 周囲は山に囲まれている事から
​寒暖差が大きい季節には時折、朝霧が発生する場所でもある。​
山香へ向かう車中 朝霧が発生しているのを見つけ、早速甲尾山へ。




空には雲が多く朝日が出たり隠れたり、撮影のベストポイントが無かったのが残念。
中央左側 茶色の数階建てのビルが、地元民には いざという時に頼りになる「山香病院」

​山香病院から少し進むと、大きな門構えの「心翁寺」​さん


半田のかっちゃんさんからの情報をもとに 石塔探索へ。
「心翁寺」の住職に確認すると 隣にある金毘羅社の境内にあるとの事。
一度、探索したのだが 小雨降る日だった事からくまなく探索しておらず、再度リベンジ。
今度は金毘羅社境内の端を探していると 見つけました。

​雑草に囲まれてひっそりとたたずんでいる石塔群を見つける事が出来ました。​
 ※発見場所は、境内の左端奥 矢印部分です。



半田のかっちゃんさんの情報は正確でしたよ。情報ありがとうございました。
石塔群は、小型ながらも 宝篋印塔2基、五輪塔1基、庚申塔1基 その他も。
​お探しの石塔群は、ひっそりと・・・ではありますが 現在も健在でした。​




そろそろお彼岸も近いという事で、台風が過ぎたばかりというのに、
あちらこちらで、彼岸花が 元気に咲いている姿をよく見かけます。
誰が月日を教えたわけでもないのに お彼岸前になると必ず咲く「彼岸花」。


山へ行くと、栗の木には たくさんの栗の実をつけ
​景色は、夏から秋へと変化しつつある ここ国東半島です。​ 








最終更新日  2017.09.19 20:14:36
コメント(6) | コメントを書く
2017.09.10
カテゴリ:昭和の町(大分県)
​​​​​​​​久しぶりの更新です。
​​​​​​​最近テレビCMでも流れるようになりました 9/23(土)公開の映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟
映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は、
3人の若者が一夜を過ごすために迷い込んだ廃屋に、一通の手紙が。
その廃屋は、かつて悩みに真剣に向き合っていた「ナミヤ雑貨店」
1980年(32年前)から届いた手紙がつなぐ 時空を超えた過去と現在。
この一夜がかれらの人生を変える「奇蹟」となる。

この映画のメインロケ地となったのが 豊後高田市商店街「昭和の町」
今日も元気に、ボンネットバスが 観光客を乗せ走っていました。


「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は、東野圭吾さんのベストセラー小説を
若手人気の「Hey! Say! JUMP」山田涼介さんと名優 西田敏行の共演による実写映画化。
この映画では、随所に豊後高田市商店街で撮影された風景が使われているとの事です。
その他にも 国東半島のいろんな場所でロケ撮影されています。

 撮影セットが建てられていた現地説明看板写真から引用
​​​​​​​​

​​​​​​ナミヤ雑貨店のセットが建てられた場所は、元の駐車場に。 跡地には看板が設置されている。


​また、この近くには 映画で登場する宮前マーケットも建てられていた。​

​ 撮影セットが建てられていた現地説明看板写真から引用

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」映画予告で 夜、山田涼介さん達が走っている場所はこちら。
「この通りを山田涼介さんが走ったんだよ」などど、地元の商店街でも盛り上がっています。

「昭和の町」の事なら、写真右にのぼりがある 餅屋 杵屋さんに立ち寄って。赤いポストが目印
ここの元気なおかみさんに聞くのが一番、出来たてそば煎餅の試食が出来ます。
かぼす饅頭や、とても柔らかく美味しいピーナッツ餅もお勧め。

この通りの奥へ進む途中に、おからコロッケが美味しいお肉屋さんに立ち寄って
揚げたてコロッケを食べながら、更に奥に進みます。
映画の予告で 女優さんが手紙を読みながら歩くシーンの場所がこちら。

こちらの写真 左側の通りに 喫茶店「伯剌西爾」ブラジルコーヒー店があります。
ちょっと休憩に立ち寄ってコーヒーもよいのですが、食事のあいかけ(ハヤシ&カレー)もお勧め。
「昭和の町」でわからなければ こちらのオーナーに聞いてもOKです。気軽に話しかけて。

ここから左側へ曲がり 川沿いへ。
川に掛かる橋が 架け替えられて綺麗になった「桂橋」
またまた 予告で走っている場所がこちらの橋。

その昔、荷物を積みすぎて 三輪オートが尻餅をついた写真が 掲示されている橋がココ、(旧桂橋上)
写真手前側の角には、レンガ造りの建物、その1Fにはパン屋さんが出来たてのパンを売ってます。

​​​​​
「昭和の町」は、昭和の時代に 地元で栄えたどこにでもある街並みの商店街。
ただ、昭和の良き時代に 活気あふれ繁栄していたのは過去の栄光。
時代と共に、地元の人も足が遠のき、いつしか商店街はシャッター商店街へと変貌。
活気溢れた商店街の通りも、人の歩く姿より 猫の徘徊を目にする方が多くなるほど。

時代は、平成へと変わり「昭和の町」僅かな商店主のメンバーで始めた "町おこし"
シャッター商店街からの脱却に立ち上がった。
それが今では、商店街に観光客がやって来るとは・・・。当時は夢にも思わなかったはず。

空っ風が吹いていた商店街は、昭和の良き時代にタイムスリップしたかのような
どこか懐かしい、暖かい感じがする 魅力ある場所に変わっていった。

この商店街に 戦後から続けられているお魚さんがある。(角地にあるお魚屋さん)
このお店を営むご夫婦は、魚屋一筋。今は奥様メインで頑張って 今でも細々と経営されている。
ここも、映画の中のストーリーでは 重要な所を担っている場所となっている


取り扱っている商品は 決して多くはないが、
新鮮な地元の食材を すぐに食べられるよう事前に調理済されたものが売られている。


かわいいおばさまを見かけたら、買う買わないは二の次、気軽に声を掛けてください。
いつしか 必要最低限の言葉しか発しなくなったスーパーや ショッピングセンターの対応とは違い
コミュニケーションを大事にしながら商品を売る、商売を超え訪れてくれる人々と会話を楽しむ
​​昔ながらの井戸端会議的な場所がここには まだ残っています。
それが「昭和の町」豊後高田市商店街である。​​


​ぜひ、ロケ地となった「昭和の町」を 訪れてみてください。​

現在、予告編や 国民的歌手「セリ」を演ずる 門脇 麦さんバージョンのMVなど
下記の豊後高田市サイトからリンク先に行くことができます。 ※リンクは、写真の下にあります
門脇 麦さんのMVの背景となっているのは、豊後高田市をちょっと北上した
夕陽の綺麗な海岸として知られている「真玉海岸」です。


昭和の町:豊後高田市公式観光サイト



​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2017.09.13 20:14:14
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.18
カテゴリ:豊後高田市 散策

豊後高田市「恋叶(こいかな)ロード」のイメージソングを歌われている
「Nanaeさん」にたまたま遭遇。運良く直接、生歌を聞く事が出来ました。

中津市 イオン三光で Saturday LIVEが開催されていました。
_NANAE1.JPG

_NANAE2.JPG
【恋叶ロードとは?】
国東半島西側の海岸線を走る 国道213号沿い
「昭和の町」~「夕陽の絶景スポット・真玉海岸」~「縁結びの神様・粟嶋神社」~
「花とアートの岬・長崎鼻」このロマンチックなスポットを結ぶ、約20kmのルートを
 “恋がかなう道”「恋叶(こいかな)ロード」と名付けイメージビデオ、イメージソングが作られました。

その「恋叶(こいかな)ロード」のイメージソングを歌われているのが、オーディションで選ばれた
 北九州出身のシンガー「Nanaeさん」です。
 現在、福岡・北九州を中心に LIVEなどの音楽活動されております。


_NANAE3.JPG

本日は、豊後高田市「恋叶ロード」のPRイベントも兼ねてのライブです。
「Nanaeさん」は、一度就職にて音楽活動を休止されていたのですが、
音楽を諦めきれず 2012年から音楽活動を再開。
小さい時から歌う事が大好きだったんでしょうね。


_NANAE5.JPG

_NANAE6.JPG

恋叶イメージソング「二人の時間(とき)」試聴 ココをクリック
クリックしますと 豊後高田市HP 恋叶ロードのページに飛び
豊後高田市HP内 
試聴・ダウンロード欄にて 試聴できます。
ぜひ、一度聞いてみてください。


二人の時間(とき)ジャケット.png.jpg

潮風に誘われて、海岸沿いをドライブ。
真玉海岸の綺麗な夕陽をバックに 二人の時間がゆっくりと流れていく。
そんな感じのジャケット写真に仕上がっています。


_NANAE4.JPG

_NANAE7.JPG

「恋叶ロードイメージソング」を歌われるようになった縁から
「Nanaeさん」
の存在を知る事になりました。
 歌は当然うまいのですが 優しい歌声で心が癒されるような気がします。 
  どうしても、地元でもある福岡・北九州周辺でのライブ活動が多いようですが、
  どこかで遭遇されましたら ぜひ応援してあげて下さい。

 CDも出されていますよ。 「Shape of love」








最終更新日  2016.07.24 05:06:18
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.11
カテゴリ:豊後高田市 散策

現在、ここ国東半島も梅雨の真っ只中。
梅雨と言えば ジメジメとした 嫌なイメージですが
この梅雨時期にしか見れないのが 紫陽花とホタルですね。

家の庭先にも小ぶりですが 紫陽花が咲いています。

_DSC7034.JPG

久しぶり、実家の庭や野山を散策すると 
思った以上に いろんな花々が咲いている事に気がつきました。

あざみとフキ。 フキが以外と自生しているのにはびっくり。

_DSC7042.JPG

栗の木には 花が咲いていました。 9月頃には実をつけます。
_DSC7044.JPG

小さくても よくよく見ると綺麗な花々が咲いています。
_DSC7067.JPG

_DSC7093.JPG

_DSC7039.JPG

_DSC7040.JPG

「ホタル」の鑑賞に 夜は「荘園の里 田染(たしぶ)の荘」へ。
田染荘は、中世、八幡総本宮 宇佐神宮の荘園として栄えた場所。
 当時の風景を色濃く残すことが高く評価され、「田染荘小崎の農村景観」は、
 国の重要文化的景観に選定、ユネスコの第3回「プロジェクト未来遺産」に登録されました。
  
 (豊後国 田染荘 荘園の里 公式サイトより引用)

田染の荘 荘園の里」は、~ホタルの夕べ~ 
が開催されています。
平成28年 
6月4日(土)・5日(日)、10日(金)~12日(日)、17日(金)~19日(日) 
ホタルの見られる時期は、この梅雨時期だけ。
近くの
「ホタルの館」には、少しですが出店も出ています。

_DSC7166.JPG

昔は多くの「ホタル」が飛び交う姿を 各所で見る事が出来ましたが、
やはり環境の変化で ここ国東半島も「ホタル」を見る事が出来る場所が
限られてきました。
ここ「荘園の里 田染の荘」は、ホタルが見れる場所のひとつ。
ホタルを一目見ようと 今日も、多くの人々が 訪れておりました。

_DSC7095.JPG

_DSC7125.JPG

入り口は、この看板が目印。 道路は一時 車両侵入禁止になっています。
広くはありませんが、手前に駐車場もあります。

_DSC7103.JPG

入り口より 歩きで進むと、まもなく目の前に田園が広がる。
この田園の左側には、川が流れ あちこちでカエルの鳴き声が。

_DSC7105.JPG

日が沈み、辺りに暗闇がせまる PM8:00頃になると 
「ホタル」の放つ黄色い光が 少しずつ見えてきます

_DSC7129.JPG

少しずつ時間の経過と共に 「ホタル」の放つ光が増えてきました。
ちょっとした幻想的な雰囲気に。

_DSC7131.JPG

_DSC7144.JPG

ホタルの多く見れる時間帯は、暗くなってから1時間~1.5時間位。
以降も見る事は出来ますが、光の点滅は少なくなっていきます。
また、その日の天候や気温などで 発生量も変化します。
自然が相手ですから、たくさん見れるとは限りません。

ちょっと「ホタル」さんにご協力を得て 姿を写させて頂きました。
暗闇に光る「ホタル」の姿を見た事がない方の為に。

_DSC7182.JPG

_DSC7184.JPG

羽は黒色、頭はトンボのような感じで、放つ黄色い蛍光色の光はお尻から。

環境にすごく敏感な「ホタル」
こういう自然の神秘的な景観も、後世に残していきたいですね。


_DSC7157.JPG











最終更新日  2016.06.11 23:47:40
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.05
カテゴリ:宇佐市 散策

地元 宇佐市の市民の憩いの場として親しまれている 「響山公園」

国道10号線から県道625号線へ走り、さらに県道44号線をしばらく行くと響山が見えてきます。
四日市(宇佐市)市内から「千財農園」さんへ行く途中にある小高い山にある公園です。

こちらの公園は、春は桜、梅雨時は紫陽花の花が咲き ちょっした地元の観光スポット。
6月の現在は、紫陽花が咲き始め 赤・白・紫色と色鮮やかな紫陽花が
毎年、公園を訪れる方々を楽しませてくれます。

道の途中に 入り口を示す小さい看板があります。
入り口~響山公園まで短い距離ではありますが、道幅が狭いので 対向車には注意を。

_DSC6931.JPG

小道を進むと、鳥居が見えてきます。 鳥居を正面に右側へ回り込み駐車場へ。
そこから少し上の頂上まで徒歩で。 頂上の眼下に紫陽花公園が広がります


_DSC6911.JPG

_DSC6891.JPG

眼下には、宇佐市四日市の街並みが広がります。
_DSC6897.JPG

_DSC6899.JPG

これからが 「紫陽花」の見頃となります。
頂上には、屋根付き休憩場も設置され 途中にも休憩用椅子が設置されています。
お近くの方は お立ち寄り下さい。

_DSC6920.JPG







最終更新日  2016.06.05 12:49:28
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.15
カテゴリ:宇佐市 散策

4月の熊本大地震発生につき、勝手ながら少しばかり更新を自粛しておりました。
少しずつですが、また 国東半島関連情報を更新していきたいと思います。

5月新緑の季節、今日は宇佐市四日市から 「バラ園」オープン情報
です。
例年、4月末~5月のゴールデンウィークには大変賑わう
の花」で有名な
千財農園で このたび「バラ園」がオープン致しました。

 ※下の方には、6月のバラ園のバラを撮影して掲載しております

_DSC6762.JPG

もともと「千財茶」お茶が専門なのですが、
製茶工場横にある2400坪の藤棚が ゴールデンウィーク頃には見事な花を咲かせます。
例年GWになると、皆さん楽しみにしている人気スポットとなっています。

お茶の葉の新緑広がる 広大な敷地の一部に、 「バラ園」が作られました。
ここ一年の間に 一気に作られたそうですが、見事に 多くのバラが花を咲かせています。

バラの花を一目見ようと 今日も朝から続々と観光客が訪れていました。
お茶畑を抜けて「バラ園」に近づくと共に バラの気品ある良い香りが漂ってきます。

_DSC6765.JPG

広大な5000平方メートルの敷地に 2000本のバラが植えられています。
シーズン中は、入園料 大人(高校生以上) 300円、小・中学生100円


_DSC6779.JPG

遊歩道も整備されており、傾斜はありますが段差がありませんので
お年寄りの方まで 足元を気にせず ゆっくり観覧できようになっています。


_DSC6780.JPG

バラの種類は、60種植えられているそうで 色とりどり バラの花の競演は見事。
一部ですがバラの写真を撮影してきましたので、ご覧下さい。

_DSC6772.JPG

_DSC6783.JPG

_DSC6785.JPG

_DSC6794.JPG

_DSC6805.JPG

_DSC6815.JPG

_DSC6792.JPG

_DSC6801.JPG

あちこちでミツバチ達がミツ集めしていました。
_DSC6848.JPG

_DSC6835.JPG

_DSC6796.JPG

「バラ園」から見下ろす景色も 意外となかなかです。
バラ園の眼下には、緑の茶畑、大きなため池「小倉の池」


_DSC6814.JPG

ところどころには 一休み出来るように 長椅子が設置されており
気温が高くなる これからの季節には助かる 木陰を利用した休憩スペースもある。


_DSC6826.JPG

_DSC6847.JPG 

「バラ園」の入り口には、マネキンとはいえ かわいいお嬢さんがお出迎え。
_DSC6857.JPG

一番の見頃は、5月~6月 10月~11月頃だと思います。
「バラ園」を散策したあとは、製茶工場横の売店で 冷えた新茶を購入してクールダウン。
これから 日中は気温が高く 暑くなってきますので、熱中症には注意して頂き
綺麗に咲いたバラをご覧ください。

開園は、朝8:00~18:00
駐車場は、砂利敷ですが 約400台の駐車スペースが確保されています。

場所は、宇佐市四日市小菊町 旧宇佐別府道路 四日市出口近くです。

_DSC6866.JPG


コメント・写真を追加しました  6月】
6月に入り 九州も「梅雨入り宣言」されました
これからは、国東半島も ぐすついたはっきりしない天気が7月中旬まで続く事でしょう。
雨の日の「バラ園」は、晴れの日とは ちょっと違った姿を見せてくれます。 

暑さを気にせず観覧でき 雨に濡れたバラも 綺麗ですよ。

2016.06.05 千財農園1.JPG

2016.06.05 千財農園2.JPG

2016.06.05 千財農園3.JPG

2016.06.05 千財農園4.JPG

2016.06.05 千財農園5.JPG

2016.06.05 千財農園6.JPG

千財農園」さんでは、バラだけでなく 現在、紫陽花も綺麗に咲いています。
 6月は新茶だけでなく、バラ・紫陽花も楽しめます。
 

_DSC6934.JPG






最終更新日  2016.06.05 12:06:51
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.03
カテゴリ:
4月に入り朝・夕の寒さも緩み 日中は暖かい日が続くようになりました。
ここ国東半島にも春 桜の季節がやってきました。
ただ、残念なのは 桜満開を迎える土・日 晴天に恵まれず。
太陽の光、青い空に映える桜が 曇り空の色に同化しまい
残念な写真ばかりですいません。

桜の名所の一つ 日出町「暘谷城(ようこくじょう)」跡 目の前には、別府湾が広がる。 
現在では、城跡には日出小学校が建っている。
ここは、桜・城壁・目の前には青い海、晴天時には写真撮影にうってつけ。
_DSC6568-001.JPG

_DSC6574-001.JPG

明治7年 城内の建物はほとんど壊れされてしまい、現在では 隅櫓(鬼門櫓)が
城内近くに復元されている。 城跡周辺は 整備され散歩コースにもなっている。
_DSC6585-001.JPG

もうひとつ、国東半島の城 「杵築城」城のある所に 必ず桜はつきもの。
守江湾に囲まれた場所に 三層になる天守閣がそびえる。
こちらも城周辺は公園として整備され 桜の名所のひとつとなっている。
_DSC6591-001.JPG

_DSC6612-001.JPG

10号線赤松峠手前を曲がり 杵築方面へ。
途中、JR杵築駅までの間 線路に沿って桜並木がつながり、
桜の下は 黄色い菜の花が咲き誇る。
_DSC6628-001.JPG 

_DSC6643-001.JPG

偶然にも上下線の「ソニック」同士のすれ違いに遭遇。
_DSC6632-001.JPG

国東半島には、またまだ桜の名所が あちらこちらにある。
車を走らせれば 山々には 自生の山桜が咲き誇り 道路沿いにも桜。

道路沿いに咲く桜名所のひとつ、全国八幡宮の総本山 「宇佐神宮」
宇佐神宮前の10号線の道路沿いには、桜並木が連なる。
雲の間から太陽が少し顔を出してくれました。  
_DSC6623-001.JPG

国東半島のは、今が見頃。
既に散りかけている場所もあるが、今週前半までは 綺麗な桜が見れそうです。


_DSC6603-001.JPG






最終更新日  2016.04.03 18:24:22
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.21
カテゴリ:昭和の町(大分県)
今年も「昭和の町」にレトロカーが大集合しました。
晴天に恵まれた20日(日曜日)、吹く風は少し冷たい感じでしたが 太陽の暖かさと
いい感じで調和がとれ 爽やかな一日となりました。

今年で、早いもので12回を迎えた「昭和の町」レトロカー大集合
日本全国からレトロカーを愛好家する方々の、自慢の愛車・昭和の名車たちが
一堂に集まる「昭和の町」としても 一大イベントです。
晴天と連休という事もあり、たくさんの方々が 訪れてくれました。
_DSC6456-001.JPG

_DSC6454.JPG

_DSC6461.JPG
メインステージの前には、懐かしのボンネットバス。
特徴的な 前に飛び出したボンネット リアは丸い造形形状。
年配の方々にとっては懐かしく、また青春時代の懐かしい思い出も蘇ってきた事でしょう。
 
 昭和40年式  営業運行できるとの記載あり

 _DSC6452.JPG 

_DSC6398.JPG

_DSC6400.JPG

_DSC6402.JPG

今回、非常に珍しい昭和の名車が展示されておりました。 調べてみると・・・・、
メーカーは「MG」 生産国 : イギリス スポーツカーのブランド
MGは、「モーリスガレージ」を称したものと言われている。

今回展示された車は、モデル MG:MG-TD 1950年式 (昭和25年)
エンブレムは、「オクタゴン 八角形」


_DSC6373.JPG

_DSC6376.JPG

_DSC6306.JPG

もう一台は、「MGB-GT」1967年式(昭和42年)

_DSC6379-001.JPG

_DSC6377.JPG

_DSC6445.JPG

ダイハツ ミゼット モデル名:DKA   1957年頃~生産 初期型と思われる。
珍しいバーハンドル ドア無し ワイパー付 なかなか見る事が出来ない希少商用車

2016.03.jpg


高級外車・国産車~大衆車まで、また生産年代の幅も広く 珍しい車から懐かしの車まで
104台が勢ぞろいしたそうです。
_DSC6329.JPG

_DSC6315.JPG

_DSC6406.JPG

_DSC6408.JPG

マツダ K360 軽三輪トラック  ハンドルが 丸ハンドルである。
1959年~1969年 三角窓 ドアウインドが手による上下式にて後期モデルと思われる

_DSC6420.JPG

マツダT600 小型三輪トラック K360と姉妹車  1959年~1971年
ボディ・エンジンをスケールアップしたのが T600である。
 
_DSC6410.JPG 

ダットサン510 ブルーバードクーペSSS  1971年 昭和46年
_DSC6430.JPG

日産スカイラインGT-R 初代後期 KPGC10型  1972年 昭和47年
通称「ハコスカ」

_DSC6432.JPG

_DSC6428.JPG

トヨタ クラウンセダンSL 1973年 昭和48年式
_DSC6426.JPG

ホンダ「シティ」1981年発売 背の高いデザイン、町中を自由に走り回るコンパクトなサイズ。
写真はカブリオレタイプ、当時若者達に なかなかの人気車種であった。
耳に残るCMソングも特徴的。

_DSC6421.JPG

_DSC6424.JPG

トヨタ カローラレビン
_DSC6446.JPG

_DSC6302.JPG

ロータスヨーロッパ
_DSC6332.JPG

_DSC6325.JPG

日産スカイライン R31
_DSC6316.JPG

 


_DSC6322.JPG

トヨタ MR2 ミッドシップ
_DSC6319.JPG


時間の都合もあり少しずつ アップしていきます。







最終更新日  2016.03.27 20:46:29
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.13
カテゴリ:豊後高田市 散策

日曜日なのにあいにくの曇り空。夕刻には雨との予報も。
今年の冬は、気温の差が大きかった事もあり、植物も戸惑いぎみのよう。

ここ国東半島は、そろそろ梅の花が終焉を迎えている。
梅の花を多く見る事が出来る「梅園の里」の梅も 残りわずかのようです。
今は「豊後梅」が花盛りでした。
_DSC6103.JPG

恋人の聖地として 売り出し中・・・・『恋叶ロード』のひとつ 長崎鼻
短期移住された高畑こと美さんが アルバイトされた場所。

_DSC6274-001.JPG


周防灘に大きく突き出た半島「花とアートの岬・長崎鼻」に「恋結ぶ鐘」が完成!
本日は、鐘の序幕式が行われたセレモニーの様子を。

_DSC6117.JPG

場所的に海沿いであることもあり まだ冷たい風が吹く曇り模様、
海の傍に広い海岸が広がり デートスポットとしてのロケーションには最適。
豊後高田市 市長他、来賓の方々を迎え セレモニーが催された。
序幕式で「恋結ぶ鐘」が姿を表した瞬間、この聖地だけは 一足先に春が来たような・・・。
そんなHOTなスポットに生まれ変わりました。

_DSC6159.JPG

_DSC6247.JPG

カップルによる初めての「恋結ぶ鐘」が鳴らされ、恋人の聖地として
この地から多くのカップルが成就される事を願いました。

_DSC6187.JPG
 
この日、その他に電気自動車の貸与式も合わせて行われました。
日産自動車様より 電気自動車 e-NV200の無償貸与して頂き 鍵の授与が。
力強い走りに対し、静かな室内で カップル同士の会話も弾む事でしょう。

_DSC6219.JPG


_DSC6118.JPG
 ※豊後高田市市長ご本人に 特別に許可を頂き写真を掲載しております。 

_DSC6233.JPG

もう、すでに来る途中で 田んぼの傍らに 綺麗な菜の花がさいていましたが
ここ長崎鼻は、これから「菜の花」の季節。
約13haの広大な花畑では、四季を通じて花々を楽しむことができます。
特に菜の花や 夏に咲くひまわりは、咲き誇る景色は圧巻です。
お食事は、
カフェ&レストラン fiore(フィオーレ)」では、花々から生まれたオイルを使った
ピザやパスタなども楽しめます。 ぜひお立ち寄りください。
 営業時間 9:00~17:00 定休日は木曜日
_DSC6133.JPG


確かここのデッキスペースで 高畑淳子さんが娘さんと・・・の場所だったかな?
_DSC6241.JPG

食事の後は、すぐレストランの下は 海岸になっていますので 
広大な海を眺めながらの散策も・・・・。

_DSC6237.JPG


真玉海岸に近い 粟嶋公園・・・・縁結びの象徴モニュメント「結(ゆい)」が目印
リニューアルしてから 約1ケ月、 今日も多くの人々が訪れていました。
 カフェ&キッチン結(YUI) 閉店は夕暮れ迄

_DSC6269.JPG

こちらも春先には、いろんな花々が咲き誇り デートスボットに、または家族と共に。
今年の春は、見逃せないスポットです。
_DSC6293.JPG

「カフェ&キッチン結」で取り扱っている愛鍵」
_DSC6286.JPG

_DSC6276.JPG
 
縁結びモニュメント「縁」えにし
日本の夕陽百選にも選ばれる真玉海岸の美しい夕陽。
その夕陽を包む「円」と「縁」。 それはつぼみとなり大きく育ちます。
鍵に想いを込める事で より強い絆に育つ事でしょう。

_DSC6124.JPG

 







最終更新日  2016.03.15 03:28:41
コメント(0) | コメントを書く

全217件 (217件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >


© Rakuten Group, Inc.