000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

*Mfree&よんは's Room*

PR

Profile


Mfree

Category

Recent Posts

Comments

 malon@ Re:10年経って・・・よんはの命日(06/30) お久しぶりです。 今日も雨でしたね。 コ…
 Mfree@ Re[5]:10年経って・・・よんはの命日(06/30) malonさんへ ご無沙汰しています。 なん…
 malon@ Re:10年経って・・・よんはの命日(06/30) お久しぶりです。 今日も雨でしたね。 コ…
 Mfree@ Re:10年経って・・・よんはの命日(06/30) 途中でenter押してしまいました・・・ よ…
 Mfree@ Re[2]:10年経って・・・よんはの命日(06/30) ももれもん624さんへ コメントありがとう…

Freepage List

2005年02月11日
XML
カテゴリ:よんは日記
2月11日in Nagoya
Park Yongha 1st Japan Tour 2005



ありがとう
よんは



あなたを好きになり始めたきっかけは
その時好きだった人に、ほんの少し似ていたという安易な憧れだった
しかし本当は、つらかった
あなたを見るたび、その人ばかり思い出していた
あなたを見るたび、秘めていた気持ちが思い出されて、苦しかった
「冬ソナ」のサンヒョクが、あの人に見えて、そんな見方で泣いてた


初めてあなたを見ることができた、2004年10月22日
その時の日記は消えてしまったけれど、私の心には一生消えない記念日
あの日から私はずっと、あなたをもう、あの人と重ねなくなりました


そんなあの人の事まで、久しぶりに思い出した
名古屋FINAL


席に着くと、赤い紙があった
正直、悲しくなった
置いちゃうんだ、やっぱり
こんなに楽しみにしているFINALを、こんな気持ちにさせるんですか
私一人の気持ちなんて、どうでもいいんでしょう
netなんてごく一部の人しか見ていないだろうし、この気持ちなんて埋もれている
じゃあ挙げない勇気なんて、私にあるのだろうか 
もう、そんな事どうでもいいや
その時、考えよう、と一昨日決めたはず
”よんは”を観にきたんだ
この日を、迎えたくなかったけれど、今日が終わることが一番Happy
そう思って、ただ、ただ、FINALの幕開けを、待ち望んだ


よんはママ、今日もご鑑賞
会場は、暖かい拍手でいっぱい
あなたのお腹にやどってくれて、ありがとう
産んでくれて、ありがとう
育ってくれて、ありがとう
生まれてきてくれて、本当にありがとう



68



やばい
最初の映像から、目の前がぼやけてしまった
二度と目にするこのできないこの映像も何もかも、最後のFINAL
見届けなくてはという思いと共に、涙腺がゆるみっぱなし


3曲目「今日」を歌っていると、よんはの目が赤くなってきて
歌が歌えなくなってしまった
あほかぃ!
こんな早く、詰まってどうすんの!

って思いながらも、この時点で、気合を入れて書いた私のアイラインは
きれいに落ちてしまったように思う
よんははすぐに回復して、歌いきったけれど
この時、FINALの重みを、よんはからも感じられた


よんはの涙
その涙には、どんな思いがあったのだろう
初めてずくしのコンサートツアー
プレッシャーに押し潰されそうになった事が、あったのではないだろうか
自分の失敗に、眠れない日々があったのではないか
スタッフに迷惑をかけてしまって胸が痛む日なんかも、あったのではないか
私もFINALに思うことが、たくさんあるように
よんはも自分なりの思いを抱えて、このFINALを迎えたに違いない


だめ! 
プロなんだから、しっかりせぇぇぇ!



その思いが通じたのか?!、今日のお歌は、とっても上手でちた
私の色眼鏡のせいもあるが、大きな音はずしも気にならなかったし
こんなに上手に歌えるのに
今迄なんで、あんなに外してきちゃったの?
でもこれが、成長、だね
それからは、途切れることなく、最後の曲まできちんと歌いきった


今日は、お客様に対する”感謝の意”を
言葉だけでなく、ふるまい、目線、すべてにおいて私は感じ取れた

昨日以上に、客席を見渡していた
見渡しながら、私の大好きなえくぼスマイルで、いっぱい手を振っていた
何度も何度も、私達fanに感謝の意を述べていた
最後には、ご両親、所属事務所の方、レコード会社
コンサートスタッフにも、感謝の意を述べていた


私はというと・・・常時、涙が出っ放しだった
終わりに近づけば近づくほど、終わりを認められなかった
いつも以上のよんはの気持ちを感じてしまって、余計涙腺が緩んだ


握手会で初めて観たよんは
発足式で観た、Gパン姿
「カジマセヨ」を初めて聞いた、NHKポップジャム
ソウルまで行ってしまった、ショーケース
寒くて死にそうだった、お台場イベント
そしてコンサート14公演のすべてが、頭の中でフラッシュバックしてきた
過去のすべてのよんはが、今見ているこのよんはが、私に笑いかける
よんはの歌声が響いている今が、なんで止まらないの?
終わらないで
終わりの言葉なんて、聞きたくない



アンコールで私は、いつも以上に気合を入れたアイメイクが
完全に流れ落ちていることを、把握した
だって、私、嗚咽だった
人文字、とか考えている余裕、無かった
なんか、まわりは紙を挙げているみたいだった
このコンサートが終わってしまう悲しみで、前を向くのがやっとだった
最後の瞬間までのタイムリミットが近づく現実を、阻止したい気持ちしかなかった
そう、私、それどころじゃなかった
よんはを観ていることで、精一杯だった


アンコールが終わっても、私は拍手をやめられなかった
座れなかった
アナウンスが流れても、また出てくるような気がした
次第に会場は「カジマセヨ」の歌で、ひとつになった
私、歌った
終わったことを認めなくてはいけない、と
歌いながら私は、覚悟を決めた


結局、2アンコールは無かった

もう、しばらく放心状態で、動けなかった


終わった
14公演、無事終了したんだ
と同時に、私の「よんはと勝手に一緒旅ツアー」も終わってしまった

終わった

終わった、のだ

終わった事を、感じよう
終わった事を、喜ぼう
現実を受け入れて、前を向こう


ありがとう、よんは!



今日の日も、私、一生忘れません
私、頑張るから、後ろ見ないで頑張るから

また次の”一緒旅”まで
私、たくさんの仲間と、日本で待ってるね!



68



42Mfreeのバナー、リンクフリーです42

ばな  


40  よんは コンサート日記 40
日々、適度に、気ままに更新しています







Last updated  2005年02月12日 03時37分03秒
コメント(14) | コメントを書く
[よんは日記] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.