1215703 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

*Mfree&よんは's Room*

PR

Profile


Mfree

Category

Recent Posts

Comments

 malon@ Re:10年経って・・・よんはの命日(06/30) お久しぶりです。 今日も雨でしたね。 コ…
 Mfree@ Re[5]:10年経って・・・よんはの命日(06/30) malonさんへ ご無沙汰しています。 なん…
 malon@ Re:10年経って・・・よんはの命日(06/30) お久しぶりです。 今日も雨でしたね。 コ…
 Mfree@ Re:10年経って・・・よんはの命日(06/30) 途中でenter押してしまいました・・・ よ…
 Mfree@ Re[2]:10年経って・・・よんはの命日(06/30) ももれもん624さんへ コメントありがとう…

Freepage List

2011年03月30日
XML
カテゴリ:よんは日記


2011.03.29.03:00:225892 
「意を決して…」


2011.03.30 03:01:365892 
よんはのお墓参り【その1】



2011.03.30 16:34:325892
よんはのお墓参り【その2】


CIMG1289.JPG


ヨンハに手を合わせた時くらいから、空がだんだん晴れてきた。
小雨が降っている時はどんよりしていたからか
こんな寂しい場所にヨンハがいると思うと不憫な気もしたが
きっと晴れたら景色がよくて空気のいいところなのかな…とか思ったり。


2004年の初来日からずっと好きだった。
私が一番苦しい時に、苦しさを紛らしてくれたのは
この石の下に眠るよんはだった。
よんはの存在こそが私を支え、笑顔にしてくれた。


よんはの作品が大好きだった。
初めて聴いた時は「こもってて変なの」なんて思った声質も
だんだんと私の心を穏やかにしていった。
よんはの歌は、切ない男心を歌ったものが多く
美しい旋律が多かったのも特徴だろう。
何度も繰り返し聴いた愛しき作品が
今は遺作という言葉に代わってしまっている。


今思い出せばヨレヨレだった1stコンのダンス雫
あの胸高鳴るドキドキ感は、今でも忘れない。
よんはが踊っちゃうの?え~!?キャ~ダブルハートっていう、
身内がピアノの発表会で初めて演奏する時みたいな。


コンサートとは違うお芝居するよんはも大好きだった。
っていうか、お芝居するよんはから入っているので
コンサートとのギャップがおかしくて
ドラマのイメージ感と全然違うじゃんウィンクって突っ込んだり
こんな姿ファンしかしらないよな~とかいうマニア感も。


よんはのおかげで、出会うはずのなかった友達が出来た。
よんはの悪口をいっぱい言い合っても
結局やっぱり好きなんだよねって笑っちゃう
そんな和やかな時間をたくさんくれた。


涙で最初は立ち上がれなかったけれど
こんなにもたくさんのお花やメッセージに囲まれて
こうして日本から来るファンがいて
(それもこんな時期にほえー
そんなことをよんはが喜んでくれてるといいなって
ここに来た意味を、私は自分に刻もうと思った。


赤いポストポストは、来られた方のメッセージでパンパンだった。
私、メッセージボード持って行ったけれど
一応、ポストにも小さい紙にメッセージを入れてきた。


そして「また来るね」と心の中でヨンハに語りかけ。


帰る頃には、すっかり雨がやんでいた。


泣き過ぎて忘れていたが、旅はまだ終わっていなかったわからん
待っていてくれたタクシーのおじちゃんに
「駅に戻ってください」と言ってみたんだけれど
やっぱりおじちゃんは理解出来ないみたいで…雫


「野塔(ヤタップ)ステーション」って言ったら
おじちゃんは「ヤタップ?OKグッド、OKオーケー」と わかったような感じ。
無事に駅まで送り届けてくれて、
往復12000ウォンくらいだった。


ってことは、日本円で900円くらい。


安過ぎ…目がハート


会話はまったく成立しなかったけれど
色々お世話になったので、バックに忍ばせておいた
名古屋名物のゆかりをあげた。
おじちゃん、喜んでた。


DSC_0095.JPG


ちなみにメッセージボードや写真などは
透明のファイルとかビニールなどで覆ったほうがいいと思う。
色紙をそのまま置いてかれた方は
あいにくの雨で文字がにじんでいた。


野塔(ヤタップ)駅周辺には
キムズクラブやホームプラスなど、大型スーパーマーケットがあって
免税店やミョンドン付近で買うより断然安い!
ソウル市内から離れるので、田舎っぽい所を想像していたが
正直、宣陵駅周辺より人も多くとても栄えていた。


カフェや食事どころもいっぱいあった。
遅めのランチは、キムズクラブ内にあったロッテリアで。


CIMG1314.JPG


CIMG1317.JPG


なぜロッテリアにしたかというと
バイトのおねーちゃんたちは若者だから
注文する時にきっとヨボヨボな英語でも通じるだろうと思って。
キャピキャピした感じは日本と同じだった。


IMGP0866.JPG





次回のネタは、よんはが訪れたお店など…







Last updated  2011年04月01日 01時35分41秒
コメント(0) | コメントを書く
[よんは日記] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.