1210632 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

*Mfree&よんは's Room*

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

尾崎豊

2006年05月04日
XML
カテゴリ:尾崎豊
数日前に、決心した雫


13回忌は過ぎちゃったけれど
尾崎豊に
会いに行こう・・・



生涯、たった一度だけ出演したテレビ番組「夜のヒットスタジオ」
私は正座をして、この時を待っていた
いつもカセットテープでしか聴いた事のなかった尾崎
動いている、その歌声を発している尾崎に
私はただただ、感動して涙が止まらなかった・・・


なんでだろう
私はあんなに泣いたし、お葬式にもちゃんと行ったのに
じつは一度もお墓参りに行った事がなかった
尾崎がいなくなったことは、確かに早々信じられなかった
またすぐ復帰して、ハイテンションなステージを見せてくれそうな気がしていた
お墓参りに行って涙を流す事は、なんとなく自分の中で敬遠してしまうことだった


それに尾崎のお葬式に一緒に行った彼を思い出してしまう事も、少々苦しかった
別れてから10年以上経っているし、彼を思い出すことはほとんど無くとも
何か引きずっているような思いが沸々と蘇ってきてしまうのではないかと
変な予感や気負いもあって、なかなか足を踏み出せずにいた


西武池袋線で『池袋』から『西所沢』まで(急行だと26分)電車
『西所沢』で西武狭山線に乗り換えて、2コ目の『西武球場前』下車
『池袋駅』からは約30分ちょいの狭山湖畔霊園に、尾崎は眠っている


『西武球場前』駅改札を、目の前にある大通りを右折
いつになったら曲がるんだろう・・・ってちょっと不安になるくらい歩くと
左手にガソリンスタンド、右手にやっと~ ↓↓↓



右に曲がったはいいけれど、まだ歩くの?と思わせるくらい急な坂道・・・



ん?この道でいいの?
という???マークが羅列していた途端、表れた看板



看板の左手に、管理事務所があった
中にいたオバちゃんに「尾崎豊さんのお墓はどこですか?」と聞いたら
「坂道を上がって、左の2コ目です。すぐ分かりますよ」って優しく教えてくれた







ドキドキした
すごくいい天気だというのに、雨だったお葬式の日を思い出していた
急に尾崎が亡くなった18歳の頃の自分に、戻ってしまったようだった・・・ドレス


そして・・・





尾崎、ごめんね・・・
13年も会いに来なくて・・・
あなたにもう一度会う事が、私は怖くてたまらなかった・・・



口で説明できない、私の今の思いを置いてた・・・



尾崎は、ユリの花が好きだったそうなので
大きいユリの花を1本(1本かよ!でも1本1500円もした!)持っていった
  


尾崎のお墓は高台にあって、すごく見晴らしのいいところにあった
都心からは離れているけれど、澄んだ空気が流れているココで
あなたは、安らかに眠っているんですね



私がお水をお墓にかけていたら、10人くらいの団体さんが尾崎のお墓の前に座った
どうやらココはハイキングコースがあるらしく「休憩」とか言って座ってた
私は「なんで、尾崎のお墓の前で座るわけ?」とカチンとした
そしてその中のオバチャンが「この人ヘンな死に方したのよね~」とか言って
お墓に足を踏み入れて覗き込んだのだ!
私はめちゃくちゃムカついて言おうかと思ったけれど
尾崎のお墓の前でキレちゃいかん!と我慢した
そのかわり、めちゃくちゃ睨んでやった!
そしたら、私が全身でアピールした怒り具合が伝わったようで、罰悪そうに行ってしまった


私がどんな思いでここに来たか、あなたにわかる?
あなたにとっては観光名所でも、私にとっては人生なんだっつーの!
”ヘンな死に方”とか言うな~!
『肺水腫』っていうちゃんとした病名があるんじゃ~!


オバチャンたちがいなくなって、再び心を落ち着かせて祈った
「また来るからね」って、本気で心で呟いた雫


私が帰ろうと坂道を下ったら、お花を持って尾崎のお墓に行こうとしている人とすれ違った
この人も、13年間尾崎を思っていたんだなってなんか嬉しかった
数本お花が献花されていたし、今でも私のような思いの人っているんだな


ちなみに、ユリ情報ほかお墓情報などは↓ココで調べた
結構、見入っちゃうくらい尾崎のすべてが記されている






Last updated  2006年05月06日 00時53分33秒
コメント(6) | コメントを書く


2006年04月28日
カテゴリ:尾崎豊
4月に入って、よんはのコンサートは終わっちゃったけれど
SE7ENくんのコンサートがあったりで、前半はウキウキ元気だった
でも、毎年の事なんだけれど、25日が近付いてくると、私の心はおセンチになる


なぜって・・?!


それは
4/25が
尾崎豊の命日だから



13年前19歳だった私は、その日は短大に入学したばかりで
初めてのサークル新入生歓迎会に呼ばれた
友達の誘いを断れず合コンのような飲み会に参加している自分に
彼氏がいた私は後ろめたさを感じていた
気分がノレず苦笑いしていた自分は大人の仲間入りをしているんだ、なんて思い込んでいた
そんな居心地の悪さを我慢していた時、ふと誰かが口走った
「尾崎、死んだらしいよ」


へ?私、6月の武道館行くんだよ
嘘でしょ?
当時は携帯もポケベルもない時代
私は急いで公衆電話を探して、実家に電話をした
その時は母も知らなかったのだが、数分後もう一度電話をしてみたら
電話口で、母が
「尾崎、死んだって・・・」
私はその場所で立っている事が出来ず、座り込んでしまった
友達が「どうしたの?」って心配してくれたのに
応えられずに私は、池袋の公衆電話の前で嗚咽した・・・


口うるさくて厳しかった母が
なぜか尾崎のお葬式だけは、学校を休んでも怒らなかった
当時付き合っていた彼氏と地元の花屋で花を買って、護国寺へ向かった
その日は朝から雨がやまず、肌寒かった
護国寺の周りでは、たくさんのファンが尾崎の最後を見届けに来ていた
献花をするまで、ずっと彼氏と一緒にウオークマンで尾崎の曲を聴いていた


【J-POP/歌謡曲:お】尾崎豊 / 十七歳の地図 (CD) (Aポイント付)  【J-POP/歌謡曲:お】尾崎豊 / 壊れた扉から (CD) (Aポイント付)


私が尾崎を知ったのは、尾崎が大麻で捕まった少し前
いいな・・・って思い始めていたときに、いきなり太って留置所から出てきた尾崎にビックリした
その直後、私は好きだった同じクラスの男の子が転校してしまって
尾崎の曲しか頼るものがない、なんて信じていた14歳の春
そのあと「北の国から」で尾崎の曲が使われていて、なんか誇らしい気分になったことを覚えている
私の好きな人は、吉岡秀隆くんも好きなんだって思って嬉しかった
その後、だんだんハードロックを聴くようになった私だけれど
尾崎の曲だけは、ここぞという時に聴いたり、眠れない夜を癒してくれる存在だった


亡くなる半年前の夏、1度だけコンサートに行けた私は、前から6列目で尾崎を見れた
あの時あんなにはしゃいて、汗びっしょりになって歌っていたのに
大好きな「I LOVE YOU」を生で聴いて、めちゃくちゃ歌がうまくて感動したのに・・・
なのに、その尾崎がこの世からいなくなるなんて・・・
それも亡くなった半年後に、彼氏にフラれて・・・
さすがオンナの厄年、19歳
私にとっては人生最初の試練だったのかもしれない
あんなに落ち込んだのに、その彼を懐かしむことも今ではこの時期くらいになってしまった


【J-POP/歌謡曲:お】尾崎豊 / LAST TEENAGE APPEARA (CD) (Aポイント付)  【J-POP/歌謡曲:お】尾崎豊 / 街路樹 (CD) (Aポイント付)


私は受験があったので、確かその前の年に行った代々木のコンサートはあきらめて
(尾崎の亡くなった2ヶ月後に控えていた)6月の武道館のチケットをとったばかりだった
3月末、春日部のロビンソンに徹夜して並んでとったチケットだった
それがその1ヵ月後、突然その人が居なくなってしまうなんて信じられなかった
そうだ、アルバム発売だって控えていたんだ
そのアルバム発売の2ヵ月後、初の武道館コンサートだったんだ


亡くなった直後に発売された、尾崎豊【放熱への証】(CD)
【J-POP/歌謡曲:お】尾崎豊 / 放熱への証 (CD) (Aポイント付)


なのに、尾崎・・・
なんであなたは天国へ行ってしまったの?
神様はなぜ・・・?
尾崎を天国に連れて行ってしまったんですか?


日頃は忘れていても、毎年この時期になると胸がキューンとする
今年は、亡くなってから13回目の春
その間にいろいろな人と出会い、好きになり、状況も変わった
Happyなこともあったし、涙もいっぱい流したし
たくさんの大事な思いでも増えた


あの頃のまっすぐで無垢だった気持ちが
毎年この時期によみがえってくる
そして私は、尾崎がいなくなって13年たっても
自分の誕生日に必ず尾崎の「HappyBirthday」を聴く


【J-POP/歌謡曲:お】尾崎豊 / 誕生 (CD) (Aポイント付)

数年前、ひょんなことから母が尾崎に興味を持って
尾崎の書籍を読みたいと言い出したときは、びっくりした
母は尾崎の曲など知らないのに、書籍の言葉には深く感銘を受けたらしい
今は実家を出てしまった私だけれど
実家の私の部屋には、尾崎のポスターが13年前と変わらず貼ってある
何でもかんでも捨ててしまう母なのに、このポスターだけは残してくれている


Works 普通の愛

黄昏ゆく街で   誰かのクラクション

未成年のまんまで   失くした1/2


尾崎 豊
私はこれからも、あなたの残してくれた歌を大事に行きます

今までは勇気がなくて、足を運べなかったあなたのお墓に
来年こそは行ける勇気が持てますように


来年は、母を誘って行ってみようかな・・・雫







Last updated  2006年04月29日 02時03分38秒
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.