1210932 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

*Mfree&よんは's Room*

PR

全4件 (4件中 1-4件目)

1

アジア映画・ドラマ

2011年10月14日
XML

少しずつではあるが最近
よんはが出ていない韓国ドラマを見れるようになってきた。


CMやPR番組などが組まれ盛んに宣伝していた「レディプレジデント~大物
素敵なドラマだという噂を聞いていたのだが
私にはちょっと・・・ほえー


たまたま深夜見て、継続してみているのはコレ下矢印



【送料無料】パスタ ~恋が出来るまで~ DVD-BOX1


とくにキャストが好きとか、ストーリーが好きとかそういうんじゃないんだけれど
ヒロインの女の子のしぐさとかが、ちょっと可愛くて。
大変失礼なんだけれど、ヒロインちゃんがめっさ美人でない所もイイ。
日本のドラマはやっぱヒロインちゃん美人でキレイだもん。
このドラマのヒロインちゃんは美人じゃないんだけれど、恋している雰囲気がカワイイ。


気を紛らわせているって言ったら変だけれど
凹んでいてばかりではいられないからね。


あさっては、泰司の月命日。







Last updated  2011年10月15日 02時32分06秒
コメント(0) | コメントを書く


2007年10月06日
あ~ 泣いた、泣いた泣き笑い


今日こそネタがつきるかと思ったMfreeのblogだが
しずちゃんと一緒に泣きました
「フラガール」手書きハート



周りから評判を聞いていたけれど、観に行き逃していて
受賞もいっぱいしていたので
テレビで放送すると知ったとき「やった~!」って思って
しっかりビデオ録画して今、観終わりましたあっかんべー


ひっさしぶりに映画観て泣いたな~雫


なんてすがすがしい涙なのだ~!!


ダンサーになるための努力みたいなものが
じっくり描かれていなかったのは残念だったけれど
2時間半という短い時間の中に、人間にとって大事なものって何?ってことが
ぜーんぶ詰まっているような、ぎゅーっと凝縮された映画だった
人ってやれば出来るんだね、とか
ムリだってことを、ひっくり返すことができるんだよとか
前向きな考え方ができるような、心が明るくなるそんな感じ


これがまた実話ってところが、良いよね
実際、実現している人がいるんだもんね
映画には描かれなかったような苦労や努力がきっとたくさんあっただろうな
とか想像すると、本当は映画なんてほんの一部分なんだろうなと思う


蒼井優ちゃんが、たくさん受賞した意味がようやくわかった
彼女の方言やしぐさも可愛いのはもちろんのこと
ストーリーが進んでいくごとに、彼女も成長している気がした
最後には本物のダンサーにちゃんとなっていた
すげ~ この人きらきら
注目されるだけあるなって、本心で思った


それを支える松雪さんもよかったな~きらきら
しなやかに舞う松雪さんは、美しかった~
松雪さんって、若いころはキレイなだけかと思ってたけれど
どの表情にもドキっとするような色っぽさが必ずあったりして
松雪さんが泣いているんだけれど、それがすんごいホンモノで
もぉ~一緒にフラガールが愛おしいような気持になってしまったウィンク


お母さん役の富司純子さんのお芝居も、泣けたな~
もぉ~あんな風にお母さんの気持ちが変わってくれるなんて嬉しい~ダブルハート


そして、南海キャンディースしずちゃんきらきら
君には、めっちゃ泣けたぞ~!
あんなに良い位置で、あんなに良いお芝居すると思わなかったぞ
壁向いてウジウジしている所とか、最後の涙とか
なんなんだ~!めっちゃ切なくて胸にキューンと来たぞ~目がハート


「フラガール」最高~ハート(手書き)


  






Last updated  2007年10月07日 01時52分06秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年05月29日

今日、悪友Oちゃんが無事に男の子を出産した!
良かった~!嬉しい~!スマイル
予定日よりちょっと早かったけれど、3292gの元気な男の子だって
もォ~よんはっちの甥ッコちゃんと同じ星座じゃないの~!?
っていうか、私も同じふたご座双子座よ~!(とは、さすがに言えなかったけれど・・・)
一昨日は、よんは友のあさにこちゃんが結婚式だったし
なんかメデタイ事続きで、よかったな~って思ってた
あさにこちゃん~お幸せに~!ベル
あなたの幸せを、チョット私にわけなさい~!!!



☆Valentine's Partyでのミニライブ収録!
パク・ヨンハ/CONCERT 2006~WILL BE THERE...~(2枚組)


CONCERT2006~WILL BE THERE...~



って思っていたら、岡田真澄さんが亡くなったって・・・
すっごいびっくりした…ファンファン大佐・・・!
知ったときは会社だったので、思わず隣にいた若者くんに
「今日生まれた命もあるのに、亡くなる命もあるんだね…」ってしんみり言ったら
「当たり前じゃないですか」って普通に言われた
そうだよね、その通りだよ、若者くん・・・
永遠ってことは、絶対に無いんだよね
今の状態でずっといられるってことは絶対にないんだよね
尾崎やhideちゃん、あなたの想い出たちは色焦ることなく変わっていないけれど
私達生きている人間は、日々変化している事に自分自身ではなかなか気づく事が出来ません


「命って何だい?」って、最近よく考えるMfree…
(※菅原文太の「誠意って何かね?」と、同じ口調…)







毎夜ニタニタしながらご鑑賞中の『星を射る』は
初々しいインソンくんのお芝居が、タマリマセン~!ダブルハート
私はこの人の性格も何も最近知ったばかりで良くわかってないんだけれど
この人って、きっと1シーン1シーンをめちゃくちゃ研究して望んでるって感じがする
自分がブッサイクに映っているとか全然気にしていなくて
芝居をしている役の気持ちを、観ている人に理解して欲しい
って姿勢なんじゃないかと、勝手に推測している雫
『星を射る』ではまだまだそれが未完成で、未熟に感じるけれど
『バリでの出来事』では、それが一皮剥けたって感じだね
私、忙しさにかまけて、よんは以外のドラマを全然観ていなかったんだけれど
今はもっとたくさん観て、素晴らしき才能をどんどん見つけたい~っていう気持ち!


ちなみに今は5話を見終わったんだけれど
主人公のヒロインちゃんが4話とはガラリと変わって
前向きに、そして意欲的に進んでいくって感じ
4話までは、オトコに頼って生きている夢見る少女?!だったのに
すごく楽しみな展開になってきた
失恋は人を強くさせるな~ こういう女性を見ると奮起するね!
兄のためにここまで頑張れるって、やっぱ身内を思う気持ちはスゴイ
インソンくんの気持ちにも、早く気付いてね~§^。^§
<全国基本送料無料!>星を射る DVD-BOX  星を射る DVD







Mfree的 ”日本のドラマ・ベスト3”


泣き笑い「北の国から」
(『初恋』『巣立ち』がお気に入り!『秘密』も号泣)

ほえー「スクールウォーズ」
(ミツオfan。イソップと一緒に泣いたぜ・・・)

涙ぽろり「十年愛」
(浜ちゃんの「お前が好きだからに決まってるやろ~!」ってセリフでダ~っ!)


って、全部泣くやつばっかじゃん!
(私は結局、泣きドラマが好きみたいだ…)


もしやこれが好きなよんはファンへ…
次回お会いした時は”よんはではなく”この3大ドラマについて語りましょう・・・
北の国から’87初恋  『スクールウォーズ(DVD)』  十年愛 DVD-BOX






Last updated  2006年05月30日 03時33分23秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年05月28日
テーマ:たわごと(23498)

今日仕事をしながら、ちょっと考えた事があった


私は、ドラマのヒロインちゃんの性格に
ものすっごい”好き嫌い”がある!!ムカッ


最近観た『バリでの出来事』や、今ご鑑賞真っ最中の『星を射る』
どちらにもヒロインがいて、2人とも可愛いし結構可愛そうな役なんだけれど
どうも私的に感情移入が出来ない
『バリでの出来事』を観ている時は「ハ・ジウォンちゃんの芝居のせいだ!」って思っていたけれど
芝居が決して下手とは思えない『星を射る』のヒロインちゃんにも、まだハマれない
私の場合、どうしても弱者役や熱い芝居をするほうに目がいってしまうせいもあって
ヤキモチ?に似ているような苛立ちを感じていた


この苛立ちは何?ってずっと考えていた結果
今日、その答えがわかった


バリでの出来事 DVD-BOX  <全国基本送料無料!>星を射る DVD-BOX



私、自立心のないヒロインちゃんって
共感できない・・・ちょき


ようするに、『バリでの出来事』ハ・ジウオンちゃんも
『星を射る』のヒロインのナントカちゃんも
誰かが自分の人生をナントカしてくれる、
その誰かは自分の好きなオトコであってほしい

って思っているからだ


これが解かった時
なーんだ、そんなしょーもない理由だったんだと、アホらしくなってしまった
っていうか、私ってワカリヤス~イって思った(-_-;)


っていうかね、自分がそういう生き方は自分の手本にならないって思って
あえてそういう選択はしてこなかったし
そういう人を見て「かっこわり~」って思って32年生きてきた
他人に助けてもらう事を待っているような人種を(-_-)こんな目で見ている私だから
あのヒロインちゃんを真っ直ぐに受けとめられるはずがないんだな


っていうかね、逆の見方をすると
私は誰かに頼ったりすがったりした体験が浅いので
っていうか、そういうか弱いキャラを演じられずに生きてきたので
ヤキモチ焼いてるんだね、私ってば~(器ちっせ~!ダッシュ


そういう「誰かがきっと助けてくれる」とか思っていう姿勢は
ぶっちゃけ私にとっては「アホじゃないの?」って生き方なんだけれど
でもきっとそういう人を「助けてあげなきゃ!」って思う人がいて
その人に助けてもらえる事は、ちょっとだけうらやましい気もする
そういう人は恵まれているなって、ちょっとだけジェラシー・・・炎
(でもだからといって、そうなりたいと思わないんだけれどね)


きっと私の奥底にあったジェラシーが
「自立心のないヒロインちゃんが苦手・・・」になったのだと思う


考えてみれば、私の好きな映画にしろドラマにしろ
人に頼らず自分の力で頑張ります!みたいなのが好きだもんな・・・


『グリーンマイル』とか、『ショーシャンクの空に』とかみたいに
自分だけを信じて頑張る!みたいなのも好きだな(ヒロインというよりヒーローだけれど)
『恋する惑星』では、彼に振り向いてもらいたい一心のヒロインちゃんが好きだったし
ドラマでは『恋愛偏差値』の中谷美紀ちゃんと一緒に泣いた・・・
菅野美穂ちゃんが主演した『愛をください』ってドラマも、這い上がり方が好きだった
どん底に落ちても自分の力で立ち上がるみたいなの、好きだよね~!
究極を言えば『北の国から』の五郎さんみたいな意地っ張りも好き~!
グリーンマイル 【DVD】期限>ショーシャンクの空に 恋する惑星 デジタル・リマスター版 恋愛偏差値 DVD1 第一章「燃えつきるまで」 ECHOES/ZOO 北の国から’87初恋


「シュリ」とか、「二重スパイ」とかのヒロインちゃんも好き
強がっているのに、けっこうモロイところあんのよね~
「天使の涙」のヒロインちゃんも、強くて弱いな~
そういうヒロインちゃんは、どこか自分と重ねて観ているんだろうな、私ってば
きっとそういう強さを自分も持ちたい、っていう願望なんだろうな・・・
シュリ(期間限定) ※再プレス ◆20%OFF! 二重スパイ スタンダード版<韓国映画DVD特集> 天使の涙 デジタル・リマスター版


「冬のソナタ」のジウちゃんの役は嫌いではなかった
頼っているって感じはしなかったもの
自分の気持ちを止められなくてどうしようもなくて、って感じだった
あぁいうヒロインちゃんだと、もろ感情移入して一緒に泣いてしまう
っていうかね、ジウちゃんの涙は宝石ですよ!指輪
っていうか、芝居がウマイんですよ!
よんはを振った役なのに、憎めないなんてすごいぜ、ジウ姫~ピンクハート


って、どうでもいい事に気付いて、なんか喉につっかていたものがとれた感じ
こんな他人にとってはどうでもいいようなことでも
私の性格上忘れてしまいそうで、日記に留めておきたくなる






Last updated  2006年05月29日 02時35分16秒
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.