154777 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

THMISmamaの~お洒落の小部屋~

THMISmamaの~お洒落の小部屋~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

THMIS

THMIS

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

happy-sex-life運営事務局@ 新メディアで記事執筆しませんか?(報酬2000円/本~) はじめまして。 弊社は新メディア:happy-…
trip partnerスカウトチーム@ Re:「ふ~~ん。尾田君が…デザインを…???」翔。(05/08) はじめまして。 弊社はTrip-Partner(https…
http://buycialisky.com/@ Re:いきなりよろける和弘。横目で見てクスリと笑う女性。(06/01) buy brand cialis cheapaverage intake of…
http://cialisbuys.com/@ Re:いきなりよろける和弘。横目で見てクスリと笑う女性。(06/01) recommended dose cialiseyesight loss ci…

フリーページ

ニューストピックス

2022.06.30
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
手書きハート そして、輪湖がドアを開ける。
店の中に入るとまばらに客。

そして3人、カウンターの方に。

「来~~た~~。」
匡子、笑顔で…。

輪湖、いきなり、
「へっ…???コイチ、早っ!!!…かかか、それに海江田課長~~。」

虎一郎、後ろを振り向いて、
「ヨッ。お先~~。」

獏も後ろを振り返って、そして左手を揚げて、
「ヨッ。」

葉子、海江田に、
「お疲れ様です。」
そして、匡子に、丁寧にペコリと、
「1週間の…、御無沙汰でした。」

その声に口を尖らせての匡子、
「う~~ん、もぅ~~。心配してたんだから~~。」

「…けど…。しっかりと…、席…、空けてくれてるって言うのが…。」
輪湖。

そして3人、椅子に座って。

葉子、
「うんうんうん。感謝だよね~~。」

「もぅ~~。今や、あなたたちの、指定席に、なってるからね~~。ははは。」
上機嫌の匡子。けれども…、
「…でも、大変だよね~~、今…。獏から聞いてるけど…。」

「いやいやいや。まさかね~~。俺も、こんな事になってるなんて…。話しを聞いてビックリ。」
虎一郎。

輪湖も、
「だよね~~。でも…、どうして…、こんな事に…。全然、見当が付かない。」
そして輪湖、葉子の隣の、
「課長~~。」

いきなり名前を呼ばれて獏、
「えっ…???…あ、あ~~。ん~~。」
ビールを一口。そして腕組みをしながら…。
「ん~~。雑誌を読んでみて…。これ…、かなり前から…、水面下で…。まっ、今のところ、有力な情報と言えば…。今、人気のある、しかも…、業績のあるホテルを傘下にしたい、手中に収めたい…。そういう意向があるみたいだね~~。ホテル、キャッスルチャイナ。」

その声に匡子、
「ホテル、キャッスルチャイナ…。」
獏を見ながら、
「初めて聞いた、その名前…。」

「あぁ~~。買収の大本は、まだ、話してなかったよね。…小田島専務が、そんな噂を耳にした…らしい。…けど、その時は、まさか…。ランキルマンヘブンズホテルが…、そのターゲットに…なんて、夢に思わなかったらしいけど…。」

葉子、
「あ、あの…、課長…。その…、小田島専務が、その話、聞いた人って…。」

獏、
「ん~~。今じゃ、それが何ともネックになっている…ん、だけど…。残念ながら、その時、初めて小田島専務も会った人らしくって、たまたま、隣の椅子に座っていた客で、誰かと一緒だったそうなんだ。だから…、単に、小耳に挟んだだけって…。」

輪湖、
「わ~~お。」

佐武郎、3人にドリンクを…。

秀美、
「ありがとうございます。」

すぐさまに僅かに顔を赤らめる佐武郎。

輪湖、
「とにかく…。」

葉子、
「うん。そうだね。じゃ。」

3人揃って、
「乾杯。」

そして、それぞれがドリンクを口に。

葉子、目を真ん丸に、
「ふぅ。」

輪湖と秀美、
「うん。おいし。」

「課長…。」
葉子。

獏、
「うん…???」

「少し、知っておきたいんですけど…。」

その声に獏、
「うん。」
コクリと。

「ランキルマンヘブンズホテル…。社長が、鶴来社長。そして、副社長兼支配人が、社長の旦那様。」
「あぁ。」

「…で、鶴来社長のご子息が…。ホテルマンって…、鈴村主任から聞いたんですけど…。」

その声に秀美も輪湖も虎一郎も、
「えっ…???そうなの…???」

輪湖、
「社長と副社長しか…、知らなかった~~。」

獏、口を真一文字に、
「うん。確か、そんな風に、鳩崎部長からは、聞いてる。それが…、何か…???」

葉子、
「いえ…。鶴来夫婦、親子の…事ではないんですけど…。その…他の…。重役…、と言うか、取締役…と、言うか…。組織って…どうなっているのかな~~って、思って…。」

その話に獏、
「あ~~、うん。そっち…。」

「検索しても、表示されなかったので…。」
「社長の鶴来美琴。そして副社長の鶴来醍醐。そして…、御子息の…、今、選さんが言った…名前を大翔と言う。そして、専務に、久留巳杏樹と言う女性。そして、常務に阿刀田尚登。その下に取締役が数名。その他、諸々。全社員、総勢154名。全員がプロフェッショナルと言う話。まぁ…。ホテル設立から天春社長の肝煎りがあったという話だから…。成長するんだろうね~~。」


3人にそれぞれの料理が並ぶ。

葉子、海江田の話を聞いて、口を尖らせて、
「なるほど…。うん。」

獏、
「選さん…???」
葉子を見て獏。

葉子、そんな海江田に、
「えっ…???あ、あ~~。今、現在。買収元が中国北京のホテルキャッスル。…そして、雑誌の週刊文脈。…ただ、あの記事を書いた記者さんは…、名前は出てはいるけど…。話しを聞いてみたところで、門前払い。」

獏、葉子に、
「…だ、ろうね~~。」

葉子、
「ただ…。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

楽天ブログ






最終更新日  2022.06.30 17:04:30
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.