844434 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みーちゃんのひとり言

全7件 (7件中 1-7件目)

1

岩手県

2018.03.30
XML
テーマ:国内旅行(1097)
カテゴリ:岩手県
​​​次は 日本百景の 猊鼻渓(げいびけい)へ向かいました!​​​





主人は、舟下りをしたかったようです。

が、平泉駅から猊鼻渓までは、バスも電車も本数が少なく
​​​​​​​​
舟下りの時間や 帰りの新幹線に間に合いそうにないので、タクシーで行くことに車

猊鼻渓までタクシーで30分ほどかかりますが、

運転手さんがとても感じの良い方で

歴史好きな主人と色々と楽しくお話をして、あっという間に到着です。




龍門の滝です。


この上流に舟発着場があり、

そこから、まずは砂鉄川を上っていき、

上流にある折り返し地点三好ケ丘から、出発地まで舟下りします。




少し時間があったので、サッと昼食を食べる事にオーケー

主人は鶏そば 私は山菜そばをいただきました。
 




かなり多くの観光客が来られています!!!

1隻目は満席になり、もう1隻準備され そちらに乗って出発です。

こちらも満席になっていました!!




​今の時期は船に屋根が取り付けられています。

なので、いつもは船頭さんがひとりなのですが

ひとりは、棹1本で巧みに舟を操って舟を進め、

もうひとりが、猊鼻渓の説明をしたり、『げいび追分』を謡ってくれます。




毘沙門屈


毘沙門天が祀られています。

舟を傍まで近づけ、お賽銭を投げることができます。




古桃渓


雨が降ったあとには、水が流れ落ちて滝が現れるそうです。




吐雲峰





猊鼻渓は、石灰岩を侵食してできた渓谷が2kmあまりも続いていて、

高さ100mを超える断崖絶壁がそびえ立っています。



水深は1mほどで深くはないので、水底が見えるところもあります。





上流の折り返し地点に到着。

舟を降り、三好ケ丘の奥へ歩いて進みます。



橋を渡り、さらに進むと圧巻の大岸壁が!!


下部には、願掛けの穴があります。






龍のような形をしており、目のように見える穴に

運玉を投げ、見事に入ると幸運に恵まれるそうですグッド


10種類の運玉には

運・寿・福・縁・願・恋・愛・絆・禄・財 が刻まれており、

好きな物を100円で5個選ぶことができ、それを投げます。



距離が結構あるので、全く届きませんでした・・・泣き笑い

同じ舟に乗っていた人達も頑張って投げていましたが

ひとりだけ、見事に穴に投げ入れることができていましたグッド




またこのすぐ傍には、『猊鼻渓』の名称の由来となった

鼻のように突出した岩 獅子ヶ鼻 を観ることができます。






舟に戻り、舟下りです。

凌雲岩





藤岩
5月中旬には、キレイに咲いている藤の花を楽しむことができます。



季節ごとに、

藤紫・深緑・紅葉・雪白の猊鼻渓の舟下りを満喫できるようです。


往復90分の舟下り、とても楽しめましたスマイル










ブログランキングに参加しています。
よろしければ、クリックして応援をお願いします。


にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村



簡単料理ランキング











Last updated  2018.03.31 21:40:09
コメント(2) | コメントを書く


2018.03.29
テーマ:国内旅行(1097)
カテゴリ:岩手県
​​​​次も 世界遺産である ​毛越寺 へ行って来ました​!







山門を通り過ぎると、奥に本堂があります。




毛越寺の境内には、かつて金堂円隆寺・嘉祥寺などの堂舎が並び、

その前庭には、大泉が池を中心とした浄土庭園がありました。




南大門跡
毛越寺の正門でした



南大門跡を進むと、とても大きな 大泉が池 が広がります。


かつて、南大門から中島・円隆寺へと続く2つの橋が架けられていました。

池に沿って、ぐる〜〜っと歩いてまわります歩く人歩く人



開山堂


嘉祥寺跡                  金堂円隆寺跡
 

鐘楼跡




遣水
山水を池に取り入れるための水路で、
水底には玉石を敷きつめ、
『作庭記』に記されている技法を目の当たりにできる貴重な遺構です。



常行堂





鐘楼堂
この鐘は、昭和50年に人間国宝香取正彦氏の作のものです。





洲浜
やわらかい曲線で入江を形作って、海岸の砂州を表現しています。




池中立石
約2.5mの立石が据えられ、荒磯の風情を表現しています。







中尊寺や毛越寺など平泉をしっかりと堪能できましたグッド






レンタサイクルは3時間で借りていたので、

丁度良い時間になり、平泉駅まで戻りました自転車


駅前に、わんこそばが食べられるお店があったのですが

丁度お昼時で、混んでいます!!!


主人は、もう一ヶ所観光したい場所があったので、

わんこそばを諦め、そちらへ向かいます・・・









​​






Last updated  2018.03.31 13:39:28
コメント(2) | コメントを書く
2018.03.28
テーマ:国内旅行(1097)
カテゴリ:岩手県
​​​いよいよ 世界遺産の 中尊寺 へ向かいます​​​​​​​​​​​​!






多くの観光客が訪れていました。


月見坂 を歩きながら、道中 いくつかのお堂を参拝して進みました歩く人歩く人



月見坂の両脇には、江戸時代に植樹された杉の木が並んでいます。

杉だから? あちらこちらでクシャミの音が聞こえます・・・




​弁慶堂                  薬師堂
 

観音堂






中尊寺 本堂




本堂の中に入って参拝できます。







本堂を参拝し、さらに月見坂を進みます。


    不動堂                  峯薬師堂
 



鐘楼         弁財天堂
 





讃衡蔵

こちらで、讃衡蔵と金色堂の拝観券を購入します。

讃衡蔵には、国宝・重要文化財などが収蔵されています。

じっくりと観てまわりました目



いよいよ、国宝金色堂​​


多くの人が入っていましたが、

主人は

堂全体を金箔で覆われたご本尊の前に陣取り

係の方の説明・録音されたテープでも説明・さらに もう一度係りの方の説明を

じっくりと聞いていました耳







​​重要文化財経蔵​​







重要文化財 覆堂

元々 金色堂を覆っていましたが、新覆堂の建築にともない
こちらに移築されたそうです。






さらに進むと、白山神社があったのでそちらも参拝。




白山神社の前には、立派な能楽殿があります。

国重要文化財 野外能楽殿



白山神社



すぐ隣には、白山神社十二支一代守護神社 があったので、

それぞれ自分の干支も参拝しましたオーケー







中尊寺に、ず〜〜っと「一度は行ってみたい!!」と願っていた主人。

じっくりと観てまわることができて、

とっても感動し、大満足したようですウィンク


月見坂は、思っていたよりも距離があったので

しっかりと歩いて良い運動にもなりました!!




次は、毛越寺 へ向かいます自転車


​​​​​​​​






Last updated  2018.03.30 17:59:53
コメント(2) | コメントを書く
2018.03.27
テーマ:国内旅行(1097)
カテゴリ:岩手県

​​​​​​​2日目は 平泉 を観光しました​!





宿の送迎バスで、平泉駅まで送ってもらいましたバス




駅前にはレンタサイクルがあり、利用すると手荷物を預かってくれますオーケー

色々と観てまわりたいので、大きなスーツケースを預け自転車で巡ることにしました​自転車




まずは、​高館義経堂​ へ。





こちらは、源義経の終焉の地です。

仙台藩主第4代伊達綱村が義経を偲んで建てた義経堂の中には

義経公の木像が安置されています。



隣には

藤原秀衡・源義経・武蔵坊弁慶の供養のため

源義経主従供養塔( 宝篋印塔 が建てられています。






高台にあり、北上川に面しているので

周りを見渡すことができます目




また、

平泉文化を築き上げた奥州藤原氏の栄華や、この地に散った義経公を思って詠んだ

松尾芭蕉の名句

『夏草や 兵共が 夢の跡』

の句碑がありました。







次は、主人が楽しみにしている 中尊寺 へ向かいます自転車








​​​​​







Last updated  2018.03.29 09:32:50
コメント(2) | コメントを書く
2018.03.26
テーマ:国内旅行(1097)
カテゴリ:岩手県
​​今回の宿は 厳美渓温泉 滝の湯 いつくし園 です!​​






夫婦2人で、10畳以上もある広めのお部屋で



厳美渓のすぐそばに建っているので、部屋の窓から眺めることができます



大浴場は広々としています。

小さめですが露天風呂もあり、ゆっくりと疲れを取ることができました温泉





夕食です

​​





前菜                  お造り
 




酢の物                焼物
 




茶碗蒸し&真丈                  マリネ       
 


メインは すき焼き​ のプランにしましたおうし座





釜飯&お汁                 デザート
 


すき焼きは、お肉が柔らかく とっても美味しかったです手書きハート

他の料理も丁寧に作られていて、

量も丁度良く、大満足な夕食でしたスマイル






朝食はバイキングです。


洋食(パンなど)もありましたが、私たちはご飯にしましたごはん

ご飯とお汁は係の方が入れてくれましたが、ご飯が山盛り・・・ほえー


おかずも品数があり、とても美味しかったですグッド





食後は、コーヒーでほっこりコーヒー

前日のお昼、ずんだのお餅を主人にあげて食べられなかったので、

バイキングにあった ずんだ餅も一緒にいただきました。





お腹も満たされ、朝食も大満足音符


宿の送迎バスで、​平泉​駅まで送ってもらいますバス

主人が、どうしても一度は行ってみたい!!と願っていた 中尊寺​ など

2日目は 平泉の観光を楽しみますオーケー







​​
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、クリックして応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ






Last updated  2018.03.28 21:14:36
コメント(2) | コメントを書く
2018.03.25
テーマ:国内旅行(1097)
カテゴリ:岩手県

​​​厳美渓を散策しました!





15時すぎには宿へ到着バス

なので、すぐそばにある厳美渓へ行くことにしました歩く人歩く人





天工橋から上流を観た景色と下流を観た景色

 

下流は穏やかな水流で、キレイなエメラルドグリーンです。



反対に 上流は、岩に水しぶきを上げるほどの激しい流れがあります。
 





岩場から、対岸の店舗にロープがつながっています!

『空飛ぶだんご』と言われる厳美渓名物で、

ロープにはカゴが付いていて、カゴにお金を入れると、

カゴに入れられた団子が、店舗からロープ伝いに岩場まで飛んできますびっくり



多くの観光客が岩場に並んでいて、皆 空飛ぶだんご を堪能していました。

カゴのスピードが割りと速いので、写真を撮ろうとしてもすぐに通り過ぎ

シャッターチャンスを逃したわぁ・・・雫




下流の方には、御覧場橋 があります。



普通の橋だと思って遊歩道を通って行ってみましたが、吊り橋です!!!

高さはさほど無かったのですが、高所恐怖症の主人・・・ショック

若干揺れがある橋の真ん中を、ゆっくりと何とか渡っていましたオーケー







上流の方にも散策してみました歩く人歩く人

対岸には、宿がすぐそばにあります。




長者滝橋からの景色目

こちらも橋の上流・下流とでは、

水流や景観が異なっていて楽しめましたスマイル
 




1時間ほど 厳美渓を歩いて観てまわり

結構いい運動にもなりました。


宿に戻り、ゆっくりと温泉に浸かって

疲れを取りましょう~~スマイル








​​​​​​







Last updated  2018.03.27 22:17:31
コメント(2) | コメントを書く
2018.03.24
テーマ:国内旅行(1097)
カテゴリ:岩手県
​​​​岩手県​​へ夫婦旅行してきました!​​




先週 島根へ夫婦旅行するはずでしたが、休日出勤になってしまった主人・・・

23日(金)に茨城へ出張があり、26日(月)に代休をとったので、

転勤前の最後の夫婦旅行をしよう〜〜と、すぐに計画。

主人が一度は行ってみたい!!と切望していた 中尊寺 に行くために

今回は、岩手へ行くことに。




金曜は茨城に宿泊している主人なので、

私は土曜の朝一の新幹線に乗って、東京へ向かいます新幹線

“朝一だから、余裕で座れるよ~” と言うので、ちょっとでも安く行くために自由席。

気候も良く春休みと言うこともあり、駅にはすでに多くの人がいます

どうにか座れ一安心して、東京まで行きましたオーケー


10時に到着して主人と合流し、今度は東北新幹線で岩手へ向かいます・・・

那須塩原で停電があったようで、ダイヤが乱れていて予定より少し遅く出発新幹線

​​​

13時前に 一ノ関駅 に到着です。



14時半に、宿の送迎バスが来てもらえるので

それまでにお昼を済ませる事に。




主人は調べてくれていた、駅から徒歩で10~15分ほどの場所にある

​蔵元レストラン世嬉の一 へ向かいました歩く人歩く人






一ノ関の郷土料理に​餅料理『果報餅』​があります。

私は、その果報餅がセットになった 桑うどんもちセットを注文。

が、桑うどんが切れていて、代わりにうどんまたはそばになるそうで

そばをチョイス。






黒ゴマが入ったすり鉢を最初に持ってこられました。

お蕎麦(うどん)は、

蕎麦猪口に薬味とおつゆを入れて つけていただいたり、

黒ゴマをすったすり鉢におつゆを入れて、そちらにつけていただくそうです。

黒ゴマの風味がよく、お蕎麦ともよく合っていて

ほとんどこちらのおつゆで美味しくいただきましたグッド





こちらのお店は、蔵元ということもあり、

甘酒が付いていました。

アルコールは入ってなく、口当たりがよい 程よい甘さで

とても飲みやすい甘酒でしたスマイル




餅は一口大のサイズで、

ずんだ・ゴマ・沼えび・小豆の4種類ありました。




お蕎麦の量が結構あったので、お餅は1個主人にあげましたが

こちらも美味しかったですグッド





主人は、郷土料理の 手切りはっと膳 を予定していましたが

メニューを見て変更目

酒屋料理の 酒屋のとり粕膳 を注文です。





吟醸酒粕につけ込んだオヤマの鶏肉を陶板で焼き、

最後にお酒をふり入れて蒸し焼きにしていただきます。



1切れ分けてもらいましたが、

鶏肉がとっても柔らかく、とっても美味しかったですウィンク





こちらのレストランは、

酒のイーハトーヴ 世嬉の一 の敷地内にあります。

レストラン以外に、

Cafe 徳蔵・石蔵クラストン・いわて蔵ビール工場(要予約)

酒の民族文化博物館(有料)・酒の直売所 せきの市があります。









 蔵の建物で、見学や買い物ができるので

食後見てまわろうと思っていましたが、

送迎バスの時間にギリギリだったので、建物だけパチリカメラ




宿に向かい、そばにある厳美渓 を散策しましょう~~









ブログランキングに参加しています。​​​​
よろしければ、クリックして応援をお願いします。


にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ






Last updated  2018.03.27 18:07:47
コメント(2) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.