2999128 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

作家・内藤みかのメインブログ ~電子書籍と安いお買い物〜

2012年07月08日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
先生にいじめられる。
こんなこと、ありえないと普通は思いますよね。


私もずっとそう思ってきました。
だって先生は、私に教えてくれる立派な人間なのだから、って。


でも、先生にいじめられるということは、現実にも起きています。
実は私も、先生にいじめられていました。


あのときのみじめさ。
先生はどうして私だけをいじめるのだろうという疑問。
今でも忘れることは、できません。

でも先生だって、人間です。
仲良くなれる生徒もいれば、
ちょっと相性が悪いなと感じる生徒もいるでしょう。


そして先生の中のごく一部には、
ほんとうはしてはいけないのだけど、
生徒をいじめてしまう人が、いるのかもしれません。 


高校生のときは、私はこんなことがありました。
現代社会の先生が、生徒を順繰りに指名する人なのですが、
私をわざと飛ばすのです。
私はその教室にいないこととして扱われていました。


私を無視しないでください!
なんで私の名前を呼んでくれないんですか?
聞きたいけど、聞けない空気がそこにありました。
その先生は気に食わないことがあると生徒にビンタを食らわせるような
そんな先生でした。誰も、私も、逆らうことはしたくありませんでした。


いや、正直に言えば「先生、それ、体罰なんじゃないんですか?」と
私が指摘したせいで、先生は、私を指名しなくなったのです。
私のことを「生意気でいやな奴め」「貴様(きさま)、教室から出ていけ!」と
何度もみんなの前で言われました。


今思うと、あの時の私は、全然間違ってなんか、いないわけです。
先生のしたことは、明らかに体罰ですから。


そのころ(昭和62年頃)は、先生が「絶対」で、
反発した私は「無視」されました。
でもね、あの頃勇気をもって「体罰じゃないんですか?」と言った私を、
私はエライと思ってます。たとえその後先生からのいじめが待っていても、
あの時に先生に質問した自分は、間違ってはいなかったと思っています。


もし先生にいじめられていて、誰にも言えずに悩んでいる人がいたら、
どうか勇気を持ってもらいたい。
弱いものいじめをする先生のほうが間違っているんだと胸を張ってほしい。


でも胸を張っていてもなお、先生のいじめがエスカレートするようだったら、
どうか、迷わず誰かに相談してほしい。


といっても私も、親には相談できなかった。
心配されるのは面倒だし、なにより「お前が悪いんだろう」って言われそうで。
だから私は私なりに考えて、新聞社に先生がしたことを匿名で投書しました。
その投書は記事となり、学校からは体罰は激減しました。


あなたも、ひとりで抱え込まず、誰かに相談してほしい。
そして「あなたは間違ってはいないんだよ」としっかりと保証してもらってください。
きっと、すごくほっとして、元気が出てくると思うから。


もし先生にいじめられたら。
親でも友達でも保健室の先生でもいい、
一番話しやすい誰かに相談してみてほしいと思います。
私のように投書をしたっていい(学校名は伏せたほうがいいと思います。私も伏せました)。
あまりにひどい暴力だったら警察に相談するのもいいでしょう。


でももしかしたら、あなたが相談する人たちは、
その場にいたわけじゃないから、
「あなたが悪いんじゃないの?」
と、言ってくるかもしれない。
それは目撃したわけじゃないから、しかたがないことでもあるんです。
あなたが「自分は悪くない」と思うんなら、
どうか自分を信じてほしいのです。


それから、先生にも上下関係があります。
先生の上司に相談するというのも、いい方法です。
たとえば主任先生や、教頭先生、校長先生に、困っているのを相談すると、
あなたの代わりに、先生に怒ってくれることだってあるでしょう。


もしそういう人たちに相談しても、どうにもうまく解決しなかったら。
悩み相談ダイヤルに「先生のしていることは間違っていますか?」と聞く事もできます。どうしたらいいか一緒に考えてくれると思います。


あなたの行っている学校が公立なら教育委員会に電話をするのもいいでしょう。
あなたの行っている学校が私立なら、教育委員会の範疇外なので、いじめや人権の電話相談にダイヤルしてみるといいでしょう。


「いじめ 電話相談」「人権 電話相談」などと検索するといくつもヒットすると思うので、料金が無料のところもあるので、相談するといいでしょう。


でも忘れることができないのは、このこと。
どんなに悩み相談をしても、結局はいじめている先生が変わらなければ、
また、あなたが、いじめられる危険は充分にあるということ。


そしてあまりにもいじめが止まらない時。
あなたの気持ちの中で、


もう学校やめちゃおうかな


というのが出てくるかもしれません。
それも間違っていない判断だと思います。
私は学校を自ら去ることだって、立派な選択肢のひとつだと思っています。


「なんでこっちが出ていかなくちゃならないんだろう?
 悪いのは、先生なのに」


そういう気持ちになるのもわかります。
でも、出ていくことが必要な時だってあるんです。



たとえは悪いけれど、道で武器を振り回している人がいたら、
あなたは、逃げますよね? こわいし、痛い思いをしたくないもん。
「なんで逃げるの? 僕は何も悪いことなんてしてないのに」と
その場に残るような人は、いないと思います。


誰が悪くたって誰が悪くなくたって、そんなの関係ないことなんです。
命の危険があったら、逃げたほうがいいんです。
誰もあなたのことを弱虫だなんて言いません。
だって本当にあなたの魂がこれ以上先生といたら傷ついてしまうと思ったら、
誰もあなたを責めることはできません。


あなたは悪くない。
けれどあなたの命や、それから魂を守るためには、
逃げた方がいい時だってあることは、どうか、忘れないでほしいのです。


どうか自分の心と体を一番大切にしてください。
「逃げるが勝ち」という言葉もあります。
だから、胸を張って、逃げてほしいと思っています。


もしかしたら、あなたは、大切なものを、失うかもしれない。
毎日を過ごした教室の温かさや、
一緒に笑ったり泣いたりした、かけがえのないクラスメイトや、
あなたのことを温かく見守ってくれた他の先生がたや、
それから、楽しかった部活動も、失わなくてはならないかもしれない。


それでも、あなたは、もっと大切なものを、守ることができるはず。
それは、あなたの魂(たましい)です。
これ以上傷つけられたら立ち直れないという状態になる前に、
あなたは、あなたの魂(たましい)を守ってあげてください。


どうか、
「僕は悪くないんだから」と、
歯を食いしばって、無理しすぎないでください。


たったひとりで悩まないでください。
たったひとりで闘わないでください。


必ず、あなたの味方はいるはずです。




もし学校で先生にいじめられている人がいたら、
読んでもらいたいと思って書きました。


これは2009年11月、
私の息子が担任教師からいじめられていて、
でもそれでも息子が学校を退学したくなくて歯を食いしばって登校を続けている時に、息子に伝えたい気持ちを私が書いたブログです。(一部加筆修正しています。当時のブログはこちら。)。


私の息子は担任に嫌われて、授業時間に指名してもらえない状態でした。
教科は息子が唯一得意な「数学」。
息子は心のバランスを崩し、毎日登校することが難しくなりました。

親子2代で担任から授業中無視されるという状態でなんでこんなところが似ちゃったのかなと思いますけどね。

このブログを書いた1ヶ月後、息子は限界を感じ、退学しました……。



この時の経験を、本にまとめました。
「たたかえ!てんぱりママ」


少しでもみなさまのお役に立てるよう、
・巻末に「いじめ関係電話相談先リスト」
・各項末に「モンスターティーチャーの特徴」「いじめ対策」を設けました。



※本の目次はこちらです



早くも本の感想をいろいろいただいているのですが、
こういった本の特徴だと思うのですが、みなさんツイッターではなく、
私に直接メッセージをくださいます。
みなさん本当にありがとうございます。
そしてみなさんの心の支えにこの本が少しでもなることを、願っています。


そして早くも心ない人が、私や息子のことを、あることないこと悪くネットに書き込んでいるのも見かけました。なぜわざわざそんなことをするのか、何かよほど気に食わないようなので、元いた学校の関係者さんなのかなと思いますが、残念な人だなと思って、私たちは、気にしていません。ただ、非常に悪質なことを書き込まれたりされたりした時は、専門家に相談して、対処を考えようと思っています。


そしてこういうことをする人にひとつお伝えしたいとしたら、担任がモンスターティーチャーだったゆえに、クラスの6分の1もの生徒が退学したという事実です。

つまり、私や息子だけのせいにしたくても、他にも何人も退学しているので、問題は解決しないということなのです。


だからこそ、この本を出版したのです。

  • 51hkaz1mQHL._SL500_AA300_.jpg


「たたかえ!てんぱりママ」
amazonや楽天で二度ほど在庫切れ起こしたようですが、
随時補充しているそうです。

amazon

楽天

紀伊国屋Bookweb

丸善&ジュンク堂通販





私のケータイサイト




私のツイッター(30000フォロワー)



私のフェイスブックページ(2000フォロワー)

私のGoogle+(1200フォロワー)





                        内藤みか (twitter @micanaitoh)








最終更新日  2012年07月11日 20時43分45秒

PR

サイド自由欄

設定されていません。

プロフィール


内藤みか

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

読者サマ


もっと内藤みか☆


内藤みか伝説(笑)


内藤みか資格&検定リスト


podcast取材記録


講演実績


podcastの聴き方


287リンクthanks!


遭遇記


御協力感謝


お買い物上手サン


おトクなメルマガ(未完成)


激安アルバム


楽天買い物記録


バックナンバー


占い師さん☆


イケメンさん!


楽天イケメンズ


楽天年下男性同盟


イケメン格言集


楽天シングルマザー同盟


トップページひなんば


ひなんば2


ひなんば3


ひなんば4


2005年のトップページ


2006.4.16までのトップページ


2008.9までのトップページ


2009.1までのトップページ


あなたを、ほんとに、好きだった。


レビュー(メール)


レビュー(投稿)


応援してくださった皆様


ペイ・フォワード


内藤みか的仕事


2004年上半期記録


2004年下半期予告


2004年10大ニュース


2005年10大目標!


2005年10大ニュース。


2006年10大目標


小冊子について


0.1%倶楽部


子どものための電話相談


STOP! DV


ひとつになりたいよ


勝手に主題歌コーナー


コースターはこのお店で☆


アロマサロンherher


おすすめpodcast


アメイジンググレイス


iPodで小説を読もう!


from kaoru katsuyama


勝山かほるさん


著作宣伝


「何かを書きたいあなたへ」目次


ナイトパック冒頭部分


夢をかなえるツイッター目次


ツイッターで起きた良いことリスト


「夢をかなえるツイッター」感想リスト


ブログでいただいた書評リスト


夢をかなえるツイッター小林正親さんの感想


ツイッター便利URL集 Twitterリンク集


内藤みかプロフィール


2013年の主なおしごと


バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

『アウト×デラックス… New! 山田真哉さん

見失ってしまった本… キャシ 天野さん

※復旧済み※ 画像投… 楽天ブログスタッフさん

【ご案内】魅力化挑… 岩本 悠さん

吉川照美製作テディ… ろーずべあさん

□■□恋に効く魔法の言… heart-junctionさん
藤沢あゆみのやれる… 藤沢あゆみさん
人生のポートフォリ… ミドル英二@「ホンカコ」「ホンダソ」発行人さん
後悔しないための読書 Tulipaさん
水野浩志の日記 ヒロヒロ777さん

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.