11649420 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミカエルブレイズ

PR

Profile


たんたん4531

Calendar

Favorite Blog

Bigアジョイト(アホ… MKFY♪SHUAさん

役行者を巡る旅2 ☆こきあ☆さん

なにが見えてる? nannzanwomiruさん
ぷち・すぴ ぴ子さん
レムリアの空から casalotus☆Hitomiさん
August 17, 2014
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
☆ 残枠1枠です。たんたんのチャネリング講座@東京8月開講!
2014年の東京でのたんたんのチャネリング講座は8月23日スタートです


〈東京コース〉
レベル1・・・8月23日(土)
レベル2・・・9月20日(土)
レベル3・・・10月18日(土)

時間:午前10時30分~17時30分(予定)
受講料: 105,000円(税込)



ご予約・お問い合わせは casalotus@dream.email.ne.jp
※詳細は http://www.casalotus.net/pi/channeling.htmll をご覧ください。



☆メロディ・クリスタルヒーラー養成講座@福岡 9月開講!

2014年の福岡でのメロディ・クリスタルヒーラー養成講座は土日コース・全4日間。


 ◎Level 1-1・・・9月13日(土)
 ◎Level 1-2・・・9月14日(日)
 ◎Level 2-1・・・9月27日(土)
 ◎Level 2-2・・・9月28日(日)

受講料:150,000円(税込)(テキスト、クリスタルキット 込)
         ※最少催行人数:2名様


☆、。・★.。☆、。・★.。

本日もセッション。

千駄木は谷根千地区のまちだけあって、

お盆時期はとっても境界上に漂うような

雰囲気でした。


そんななか、ふと、受け取ったメッセージがあったので

書いてみようとおもいます。


これは、いままで繰り返し書いてきたことなんですが、

今年にはいって、とくに表面化していることなのではないかとおもいます。


それは、人間関係におけるエネルギーの奪い合いが

どんどん激しくなって、

結果、人間関係が大きく変化している…という状況です。


これはどんな人もそのパターンのどちらかに属することになるので

自分自身のこととして、感じいただければとおもいます。


いままでの人間関係は

どちらかというと、エネルギーを受け取る側とエネルギーを与える側、

という関係性が大半を占めていたともいえます。

(関係性をどこの視点でみるかによって、

別の関係性もみえてくるので一概にはいえないということ)

たとえば、夫婦関係で夫が経済的にも精神的にも妻にエネルギーを与えて、

妻はそのエネルギーを受け取るポジションにいる…

という関係。その逆もあります。


この関係性の場合、夫は妻や家族を養うもの、妻は夫に養ってもらうかわりに

自分自身のことは夫や家族のために後回しにする…、

という関係性で夫婦関係の安定性を保ってきました。

いままでの時代はそれでそれぞれの立場が社会的にも「常識的な関係」として

保証されてきたので、夫も妻もそれぞれ不満はあるものの、

不満の代償になるエネルギーが循環していたので、

それでなんとか家庭という構造は安定してきました。

しかし、21世紀に入るとその構造がさまざまな理由で崩壊過程に入ってきました。

まず、日本では雇用形態、経済成長の鈍化、企業のグローバル化、インターネットによる個人の

情報発信力の拡大などが急速にすすみ、

夫婦のようないままであたりまえだった関係性の意味自体が無効化されていきました。


すると、それまで抑圧されていた「不満」が一気に顕在しはじめます。

エネルギーを与える側とエネルギーを受け取る側の関係性が

加害者と被害者の関係性に変質してきます。

つまり夫は妻に対するエネルギー供給がもう無理になってきたのに

妻が求めてくることに怒りを感じ自分が被害者であると感じ、

妻は自己表現や主張を抑圧して、エネルギーを受け取る側にとどまってきたこと…

つまり我慢してきたことに対して自分が被害者であると感じる…。

結果、互いに相手を加害者に仕立て上げて、

自分自身の抑圧されてきたエネルギーのはけ口にしているわけです。

この現象は、なにも夫婦だけではなく

社会全体に相似形的に蔓延しています。

近隣諸国に対する過剰な敵対心、

異民族に対するレイシズム、排他主義、

行政や自分が所属する組織に対する攻撃心…などです。


このエネルギーが結果的に集合意識の渦となって、

いまさまざまなエリアを呑み込んでいます。


しかし、この現象は、もうすこし俯瞰して観察すると

個人の意識がいよいよ急激な変化をはじめている…ともいえます。

なぜなら、旧い関係性…つまり弱い立場に存在だと自ら認めている人々が

強い立場だと認識されている人々のエネルギーを奪い続ける関係性、

あるいは、圧倒的な多数派のエネルギーを

ごく一部の少数派が寄生するようなかたちで

吸い取りつづける…これも共依存の典型なのですが…

そういった他者、外部から「豊かさ」を収奪する、あるいは吸い続けないと

生きていけないという信念に囚われた…


言い換えれば、自分自身の内なる創造力が完全に欠如していると

刷り込まれている奴隷意識に囚われた無数の個人が

いよいよ自立の意識にめざめようとしていることで、

それまでエネルギーを吸い取りつづけるポジションの側が

慌てて必死になって、

そのエネルギー供給源を手放すまい…としているという図式が

みえてくるのです。


ここで注意してほしいのは

Aという人物がエネルギーを

被害者、弱者のポジションのBという人物にエネルギーを与えていたとしても、

まったく別の関係性では、

AさんはCさんからエネルギーを奪っているポジションも持ち合わせている…

つまり、だれもが、他者との関係によって、

どちらかのポジションを使い分けているともいえるのです。



ですから、もしあなたがある「被害者的ポジション」の人物から強力な執着や

心理的に罪悪感を抱かせるような言動を受けていても、

もう一方では、あなたが別の人物に対して、強力な執着や

心理的に罪悪感を抱かせるような言動を与えている可能性もあるということです。


このような状況をまずだれもがいま認識して、ハイアーセルフ的な意識ポジションから

自己内省する必要が高まっています。


とくにあなた自身が「被害者」を演じているかどうか、

よく俯瞰してみると、あなたがこれからどんな方向へ意識をシフトしていけばよいのか…

というテーマがはっきりと見えてくるでしょう。

そして、その各個人のテーマの根底にある基本的なベクトルのもつエネルギーは

やはり、意識の自由の獲得と自立の獲得でしょう。

世界中の個人の大多数が完全に、インナーセルフとハイアーセルフをつなぎ、

自己の意識のエネルギーがもつ「意図と方向性」を自由に動かせるようになったとき、

地球の集合意識は、次の意識段階へシフトできるのです。

収奪と寄生に毒された意識文明に完全に決別できるでしょう。

光の愛を意図し、選択することを一人でも多くの人にシェアしてください。愛と感謝をこめて

air_rank.gif
精神世界ランキング



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


9月の東京&福岡のセッションスケジュール、発表しました
自分自身…という意識宇宙なかのの未知の領域への探索と冒険

たんたん 東京 、福岡 9月 セッション
& クリスタル瞑想会 &「サロンド ナーガラーガ」ワークショップ スケジュール です。



◎東京サロン

9月3(水)17(水) 18(木)21(日)22(月)23(火)




クリスタル瞑想会 夜の部@東京・千駄木サロン 9月25(木)




◎福岡糸島サロン (ラ・プラージュ)

9月 8(月)9(火)10(水)11(木)


ご予約・お問い合わせは casalotus@dream.email.ne.jp
※詳細は http://www.casalotus.net/pi/Melody.html をご覧ください。



Salon de NAGA LAGA ~ トーニングワークショップ
10月19日(土)午後、横浜にて初開催決定☆


ソルフェジオ音階とチューナーを使ったトーニングワークを中心に、
母音やチャクラトーニングなどを、さまざまなトーニングワークを楽しみながら、
声を出して身体の圧と振動エネルギーを体感し、
人間の肉体が生命と宇宙エネルギーの器であること、そして声というエネルギーが
肉体、空間、意識を根本的に浄化、変化させるものである、
ということを体験していきます。

~Salon de NAGA LAGA in 横浜~

日時:10月15日(土)午後
主催:ヒーリングスペース☆フランキンセンスの泉 AKIKOさん
※詳細は後日Facebookやブログにてご案内します☆☆




たんたんとカーサロータスのツィッター、フェイスブックのリンクです。


◎たんたん (Casa Lotus) Twitter https://twitter.com/Casalotus1228

◎ たんたん FACEBOOK https://www.facebook.com/toshisuke.takahashi

◎Casa Lotus FACEBOOK https://www.facebook.com/Casalotus1228?ref=hl








Last updated  August 18, 2014 11:42:46 AM

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.