9947029 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ミカエルブレイズ

PR

Rakuten Profile


たんたん4531さん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

Calendar

Favorite Blog

528お知らせ🎵など。 すいれん913さん

本当の自分の声をか… casalotus☆Hitomiさん

今日のカードを終え… ハニーナッツ☆さん

ローズクオーツから… ☆こきあ☆さん

なにが見えてる? じぇいど♪さん
2016.12.04
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
FullSizeRender.jpg

FullSizeRender 2.jpg

☆たんたんのセッション、講座スケジュールは記事下部ご参照ください☆



☆、。・★
----------------------------------------------
----------------------------------------------

「ほんとうの自分の声、内なる魂のテーマに

逆らって生きることができなくなる世界」を生きるために


 たんたん 東京 11月12月 2017年1月 セッションスケジュール 

   12月 6(火) 10(土)12(月)14(水)15(木)20(火)
   
  2017年1月
  9日(月)10日(火)12日(木)14日(土)16日(月)18日(水)24日(火)25日(水)

  詳細 http://casalotus.net/tansched
--------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------- 


昨夜、目白庭園でインド舞踊の大家である

マチコ・ラクシュミー先生の舞踊を拝見してきました。


なぜ、インド舞踊なのか。



それは、わたしの妻が長年インド舞踊を学んでいて、

その師匠がラクシュミー先生だからです。


池袋のミネラルショーとタローデパリ講師更新のワークショップへ

参加するために昨夜上京した妻は

ちょうど良いタイミングで開催されたラクシュミー先生の公演に出かけることに。

先生の踊りを一度も拝見したことがなかったわたしも

一緒に目白までついていったわけです。


ラクシュミー先生は

世界最古の舞踊とも言われている

伝統的南インド舞踊の「バラタナティアム」の舞踊家であり、

インド国内でも何回も公演されています。


ご存知ない方のためにマチコ・ラクシュミー先生のプロフィールをご紹介しておきます。

武蔵野美術大学洋画科卒業。
 1987年より毎年インドに渡り、マドラスにてプラバー・ナガラジャン女史、
 およびヴァサンタクマリ女史より舞踊指導を受ける。
 
 1992年インドでアランゲットラム(初舞台)はじめ3回のソロコンサートでデビューし称賛される。
 
 1993年チダンバラムのナッティヤアンジェリに出演。
  以後インド、日本でソロ・コンサートを行い活躍の場を増やす。
 
 また、日本各地に招かれソロ・コンサートを行いインド舞踊の普及に努めている。
 1999年1月1日マドラスのダンスフェスティバルに生徒達と共に共演し好評を博す。
 20世紀最後の日を飾るダンサーの一人に選ばれ2000年12月31日にマドラスの寺院で奉納舞を行う。
 マドラスの舞踊学校ナッティヤマンジャリよりヌリッティヤヴァイラビを授与された。




では、その方の踊りとは、どのようなものなのか。

一度、目の前で観て、感じてみたいと思ったのです。

そして紅葉のピークとなっている目白庭園内の舞台で観たインド舞踊の世界は

とても深淵かつ崇高なエネルギーでした。


インドの伝統的音楽とともにガネーシャからヴィシュヌ、シバからサラスバティーまで

ヒンズーの神々が総出演する物語をたったひとりで踊るラクシュミー先生。

その姿からは男性性と女性性が完全に統合されたエネルギーを全身から放射されていたのです。


多くの一般女性は、

ひとつの道、ひとつの分野を極めることに対して無縁の人生を送っています。


道を極めること、その道の大家、プロになることは男性性、あるいは肉体的な男性が

追求する世界だと、ずっと信じられてきました。


ゆえにどんな分野においても、

プロフェッショナル、大家、達人、師匠、先達と呼ばれるひとびとは

いままでの社会ではほぼ男性に独占されていました。

女性はどんなに努力しても、

男性のような道を極める「師」「マスター」の水準に達することができない、と

思われてきました。


ゆえに女性はつねに社会的なポジションにおいて、軽んじられ、

つねに教えを受ける側、受け身である存在として位置付けられてきました。


そういった背景により、いままでの世界は

つねに男性性中心の競争社会、

つねに勝者と敗者が立場を変えて、

復讐をくりかえる世の中を生み出してきたとも言えるでしょう。


逆に言えば、たくさんの女性たちが内なる男性性と女性性を調和統合させ、

男性とは異なる意識の方向性を持ちながら、

「道を極める」「その道のプロ」として

誰もが認めるほどのパワーを手にすることができたならば、

世界はいままでとはまったく異なる世界、異なる文明を生み出すことになるだろうと

わたしはずっと感じてきたのです。



ゆえにわたしはわたしのクリスタルや誘導瞑想ワークの生徒さんたちが

一人でも多く、その道のプロとして、

世の中にでて自立して生きていけるようになることを

応援してきたのです。


しかし、まだまだクリスタルワーカーや誘導瞑想ワーカーとして、完全に自立して

社会で活躍している方はごくわずかです。


そんな思いをつねに感じているわたしが

昨夜、ラクシュミー先生の踊りをはじめて目の当たりにしたときに

大きな衝撃を受けたのは

先生の意識と身体のエネルギーの男性性と女性性が

完全に調和統合されていると感じたからです。


つまり、インド舞踊を踊っている先生の全身から放射されているのは


性差はもちろん、民族も、年齢も超越したひとりの地球人としてのパワーだったからです。


通常、インドの古典舞踊である踊りを日本人が踊るということだけで

民族文化的なギャップを感じるのが当たり前でしょう。



日本舞踊をインドの女性が踊っているところをイメージしていただければ、

その民族的、あるいは歴史的ギャップの大きさがわかっていただけるとおもいます。

しかし、ラクシュミー先生が踊るインド舞踊には、

そのギャップ、違和感がまったくないのです。

つまり、先生の意識は完全にインド舞踊のバイブレーションと一体化しているわけです。

さらに性差さえも超え、

ひとりの人間、ひとりの地球人として

インドの古典舞踊を踊ることが

今生の役割、テーマであると完全に悟っていらっしゃるのです。


これこそ、自己のライフパーパスを見つけ、

天命、宿命に対して完全に意識と肉体を捧げた状態なのだと理解したのです。


ひとりの人間が肉体をまとい、この地球に生きるということは、

つまり、そういうことなのです。

男性であることの制限、女性であることの制限をすべて手放したところに

あるいは日本人であることさえ手放したところに

見えてくるのが、宿命、天命であり

ライフパーパスなのでしょう。


自分自身が背負った、無数のカルマ、カルマパターン、カルマパーソンとの

つながりに飲み込まれ、翻弄されることのない強靭な意志と情熱を

もちつづけ、ほんとうの自分の「仕事」「役割」だと信じことに対して

全エネルギーを傾注しつづけることだけが

地球人として自由に生きるよろこび、ライフパーパスを生きる楽しさを

生み出してくれるのです。

失敗を怖れる気持ちを克服することなど、あたりまえのことで

ライフパーパスだと感じたことに対して、

すべてのエネルギー、クリエイティビティ、そして生命時間を

注ぎ込む勇気と自己信頼を保ちつづけることだけが

今生の生命を輝かせてくれるのです。


2016年からはじまる、あたらしい地球を楽しむために必要なのは、

「ほんとうのじぶんの声にしたがい生きるパワー」、

「内なる自己のエネルギーとつながる意識」です。

いままでの概念や価値観に縛られたままでは

完全に地球の振動数から分離してしまうでしょう。


もう女なんだからとか、主婦なんだからとか、

あるいは会社員、パートだからとか、

そんな表面的な世界での役割などまったく無意味なものになってしまいます。

つまり、男だろうが、女だろうが、

組織に属していようが、国家に属していようがそんなことはもう何のパワーにも

ならないのです。

ほんとうに地球人であることを楽しみ、よろこびを表現して生きるためには

直観による自己信頼とほんとうの自分を日々生きる楽しさ、豊かさが

受け入れることから始める以外方法がありません。

そしてその意識の萌芽はすでに

誰の意識の中にも芽生え始めています。


これから誰もがラクシュミー先生のような輝きを放つ生き方へと変容していくのだ…

昨夜、目白の舞台で踊る先生の姿を見ながら、

わたしはとてもつよい確信と希望を受けとりました。


☆、。・★

いま、誰もがあたらしい地球のエネルギー、バイブレーションに向き合いながら

混乱し、迷っています。

いままで信じてきた道筋、

いままで確かだと思っていた行き先が

まったくのペテンだった、ということがはっきりとしてしまったために

たくさんのひとたちが

迷い、混乱しています。

とくに先進国と言われた国ほど

その衝撃が今後激しさを増していくでしょう。

同時に

「真実」のエネルギーが地球全体に急速に広がっています。

この「真実」のエネルギーは

すべてのひとびとを縛ってきた

根深い制限の信念を解除していきます。


しかし、一方で「真実」のエネルギーは

制限の信念を外すことを怖れるひとびとを

増加させているのです。

男性は古い男性性の文化から解き放たれてしまうことを

極端に怖れています。


女性も古い女性性の文化から自由になることに

恐怖を感じています。


つまり、すでに古くなってしまった男性性意識、女性性意識に

しがみついているひとびとがいま、

どんどん増えつづけているのです。


その怖れは、逃げれば逃げるほど

具体的にあなたのエネルギーを奪いつづけていきます。


なぜならば、本来、セクシャリティとは、

「ほんとうの自分」を自由に表現するための本質的なエネルギーであるからです。

誰もが自己の内側に創造力という男性性、

能動性のパワーと、親和性,受容性という女性性のパワーの

両極を持っています。

そして、その両極を自分自身のライフパーパスのために自由に使いこなすことが

地球に肉体を持って生まれたほんとうの理由なのです。


ところが、いままでのあなたがたは

あまりにもその両極性のセクシャリティを

社会の抑圧により歪めてきてしまいました。


歪められすぎて、

両極を持っていることさえ忘れているような状態でした。

しかし、とうとう地球はその抑圧のサイクルから解き放たれたのです。

肉体を持ち生きることの意味、理由が

本質的なレベルで具体化し始めるのです。


もうあなたは自分の女性性と男性性を

自由に解放し、肉体を通して、表現するステージに入っているのです。


怖れを手放してください。

女性だから

男性だから。

日本人だから。

そんな狭い理由で、ほんとうのじぶんの人生を狭い箱のなかに

閉じ込めていないでください。


わかりますね。

閉じ込められた生命エネルギーが、どうなるか、理解してください。


光の愛を意図し、選択することを一人でも多くの人にシェアしてください。愛と感謝をこめて
air_rank.gif
精神世界ランキング


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

たんたんのセッション・講座スケジュール



「地球人」であるあなたをみつけるために。
たんたん東京 福岡 11月 12月セッション&クリスタル瞑想会スケジュール  ☆☆☆ 来週2日(金)東京クリスタル瞑想会のテーマは
「隕石の情報とハートをつなぐワーク」です。

◎東京サロン
  たんたん 東京 11月12月 2017年1月 セッションスケジュール 

  12月4(日) 6(火) 10(土)12(月)14(水)15(木)20(火)
   
  2017年1月9日(月)10日(火)12日(木)14日(土)16日(月)18日(水)
       24日(火)25日(水)

  詳細 http://casalotus.net/tansched 

◎糸島サロン 
  1月29(木)
詳細 http://casalotus.net/tansched 


"今週金曜開催の都内でのクリスタル瞑想会のテーマは「隕石の情報とハートをつなぐワーク」です。
みなさまのご参加をお待ちして居ります。
☆☆☆クリスタル瞑想会 12月以降のスケジュール ☆☆☆


☆東京サロン 12月2(金)19時~22時、1月13(金)19時~22時
☆糸島サロン 12月28(水)13時30分~16時30分
詳細 http://casalotus.net/meditation
☆申込問合 casalotus@dream.email.ne.jp



ほんとうの自分、いま、ここにいる「わたし」の魂の情報をすべて受け取り、
今生の人生のほんとうの目的・役割を理解するためのワークショップです

ライフパーパス デザイン ワークショップ
ほんとうのじぶんの人生の目的、魂の役割とは? そしてほんとうりパートナーシップとは…
だれもが気づかないできた「魂の役割」「ほんとうのじぶんの人生の目的」を理解するワークショップ

【東京開催】
◎12月7日(水)8日(木)全2日間

~ライフパーパス デザイン ワークショップとは~
あなたの真の人生の目的(天命)を明確にし、
的確なヴィジョンを意図し、現実化してくために構築されたワーク。
それが「ライフパーパスデザイン・ワークショップ」です。
いま、私たちの生きている地球は、いよいよ「水瓶座の時代」に本格的に突入し、
魚座の時代の、ひとりの英雄や権威者の示す理想や価値観に
多数の人たちが従い、その絶対的な価値に依存して生きることが
「幸福」であると信じられてきた期間が終わりました。
一人ひとりが「ほんとうの自分」の声とつながり、
自立と自律の意識のもとに、自由に生きていくことが
「幸福」のエネルギーを生み出す時代になったのです。
私たちは、自分自身の天命を知りたいと感じはじめ、
コンシャスレベル(顕在意識)の願望よりも、
インナーセルフレベル(潜在意識)の願望で生きたいと願い、
さらにはハイアーセルフ(高次の意識)からの意識で
地球の愛と統合する生き方を現実化したい、
と願うようになってきていると感じます。
このような背景から、必然的に生まれたのが、
《 ライフパーパスデザイン・ ワークショップ 》なのです。

☆詳細 http://casalotus.net/lifepps
☆申込問合 casalotus@dream.email.ne.jp



 2016最後の東京サロンでの鉱物術教室 開催です‼︎ 鉱物の魔術を学んで2017を
クリスタルのエネルギーで豊かに広げていきましょう

◎NAGALAGA魔法学校鉱物術教室 

日程:12月11日(日) 鉱物術1  12月18日(日) 鉱物術2  2017年1月8日(日) 鉱物術3

『鉱物術教室』はたんたんがメロディ・クリスタルヒーリングのプラクティショナー、
ティーチャーとして経験したなかで学んださまざまな知識と技術を
独自の視点でまとめたオリジナルのクリスタルワーク講座です。

[鉱物術教室 1]は、クリスタリストですべてのお客様に対して行っていた
「クリスタルとつながり、対話する術」。

[鉱物術教室 2] は基本的なクリスタルヒーリングについてのメソッドを伝授。
このメソッドを習得することで、さまざまなクリスタルを自由にヒーリング術として
使いこなすことができます。

[鉱物術教室 3]はクリスタルを使った瞑想術の伝授です。
長年続けているわたしのクリスタル瞑想の基本的なレイアウト術と瞑想方法を伝授いたします。

詳細 http://casalotus.net/nagalagamineral
☆申込問合 casalotus@dream.email.ne.jp



母音と言霊のエネルギーを体験し、あなたの意識を変容させていく トーニングワークショップ
12月16日(金) 東京サロン 開催!
母音と言霊のエネルギーを使い方を学ぶたんたん トーニングワークショップ
声とノドのゲートを開くと、あなたの霊性が目を覚ます


日時と場所:2016年12月16日(金)東京サロン

ソルフェジオ音階とチューナーを使ったトーニングワークを中心に、
母音やチャクラトーニングなどを、さまざまなトーニングワークを楽しみながら、
声を出して身体の圧と振動エネルギーを体感し、
人間の肉体が生命と宇宙エネルギーの器であること、そして声というエネルギーが
肉体、空間、意識を根本的に浄化、変化させるものである、
ということを体験していきます。
意識の扉を開き、感情の奥底から発生するさまざまなトーニングにより、
地球の集合意識から銀河意識にまで、
人がもつ“声”が内包するパワーと振動をつなげていきます。

☆詳細http://casalotus.net/toning
☆申込問合 casalotus@dream.email.ne.jp



☆たんたんとカーサロータスのツィッター、フェイスブックのリンクです。
◎たんたん (Casa Lotus) Twitter https://twitter.com/Casalotus1228
◎たんたん FACEBOOK https://www.facebook.com/toshisuke.takahashi
◎Casa Lotus FACEBOOK https://www.facebook.com/Casalotus1228






Last updated  2016.12.04 09:32:29
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.