12238874 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミカエルブレイズ

PR

Profile


たんたん4531

Calendar

Favorite Blog

2021.01.16.mineral … MKFY♪SHUAさん

なにが見えてる? umisora1897さん
ぷち・すぴ ぴ子さん
レムリアの空から casalotus☆Hitomiさん
フェリージアの星 St.Germainさん
August 27, 2020
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​​ZOOM 瞑想会 「インナーチャイルドに繋がる ♯2」​

9月8日(火) 開催します。

参加費無料。

ドアオープン 20時50分
ワークスタート 21時
当日の入室IDは LINE グループ 「鉱物術士の穴」において、告知します。
LINE グループ 「鉱物術士の穴」に参加希望の方は、私のメッセンジャーにご連絡ください。

LINEを使っていない方で、瞑想会参加希望の方は、
個別にメッセンジャーでIDをお知らせしますので、ご連絡ください。


☆、。・★ ☆、。・★


【たんたん ワークショップ、セッション、瞑想会のスケジュール】

​​​​​​​​​◇◇◇  たんたん 東京ワークス 10月下旬・準備中 ◇◇◇


◎NAGALAGA魔法学校鉱物術教室
http://casalotus.net/nagalagamineral


​【糸島】​鉱物術教室1・・・8月29日  受付中!


​【東京】鉱物術教室、各講座、個人セッション、瞑想会などを予定 準備中
たんたんのスケジュール
http://casalotus.net/tansched
​​


​​◎オンライン個人セッション
LINE、スカイプ、zoom、または電話にて音声通話も可能
随時受付中、お問い合わせください


問い合わせ・予約
casalotus@dream.email.ne.jp




☆、。・★






8月のお盆期間に京都へ旅行へ行き、

貴船の川床料理を食べることで

先祖、過去の幾つもの他生におけるご縁のある感情体に

食べることで供養を行う、

仏教における陰膳のような儀式をやってきたことは


前回と前々回のブログに書きました。


今回はその後、わたしに起こったことを書きます。


貴船での食供養では

三年前に亡くなった父親はもちろん、先祖累々の霊魂が私の肉体を通して

美食を楽しみました。


それはとても良い反応でした。


同時にわたしの転生してきた歴史の中で

たくさんの食に対する満たされない思い、

不幸であること、憎しみを抱えてきた思い、

悲しみや絶望から自由になれなかった思いなどの

意識から解放されていないわたしとご縁のあった感情体だけの人々も

京都の美食を堪能し、よろこんでいたようです。


そこまではわたしもとてもよかった、と感じていました。

しかし、京都から帰ってきてしばらくすると

わたしの意識の表層に徐々に

重苦しい感情がどんどん湧き上がってきました。

そのとても重苦しい感情の正体がなんなのか、

すぐにはわかりませんでした。

しかし数日かけて内観していくと

どうもわたしの感情の奥底にずっと溜め込まれてきた

罪悪感であることがわかりました。


人間にとって、とても苦しい感情といえば

嫉妬、憎しみ、怒り、悲しみ、恐怖、疑念、不信といったところが

代表的なエネルギーですが、

実は罪悪感はそれら全ての感情の根っこにあるものなのです。


わたしが20年近くつづけてきたこの仕事で

自分自身のテーマとして常に対峙してきたのが

罪悪感でした。



三年前に仕事の流れが突然変化し、

自宅のある糸島に篭り始めてからは

あまり意識しなくなっていたのですが、

ここにきて、京都の盂蘭盆会の食供養によって

急浮上してきたというわけです。


そんなわけで京都行きから帰ってきて、

ずっとこの罪悪感と向き合って、

内観しつづけているのです。

やっと言語化できるまで、内観で理解したことが形をみせはじめてきたので

これからわたしの罪悪感を生み出したさまざまな歴史を書いてこうと思います。

まず、罪悪感の構造をすこし説明します。


罪悪感を生み出す背景には、とても単純な構造があります。

奪ってしまった、という錯覚と

奪われてしまった、という錯覚。

そのふたつのエネルギーのベクトルが生み出す幻想のドラマ。

それが罪悪感の根っこにある時間の流れです。


ということは、奪ってしまったという錯覚に陥っているひとが

加害者としての罪悪感と虚無という愛の欠乏感に寄生され、

奪われてしまったという錯覚に陥っているひとが

被害者としての罪悪感と憎悪という愛の欠乏感に寄生されます。

両者は真逆のポジションでありながら

根っこは同じ罪悪感です。

つまり、奪う方と奪われる方も

愛の欠乏感がその核にあります。


ひとたび、この欠乏感のエネルギーが寄生されると

転生するたびに

両者は、関係をつなぎ、

新たなる愛の欠乏感をめぐるドラマを再生産することになります。


世界の歴史を振り返ってみても、

ほとんどの破壊と再生のドラマの根底には

この愛の欠乏感が生み出す関係性が

横たわっています。


たとえば、アフリカから強制的に

北米に連れてこられた奴隷となってしまったひとたちと

奴隷として利用したひとたちの関係のドラマ。

あるいは、

開発途上の国に、暴力的に入り込んで支配し、

搾取するという宗主国と植民地のドラマ。


ミニマムだと

貴族階級の男性と、貧困層の家庭から遊郭に売られた女性の恋愛、、、、


などなど、世の中の全ての愛憎のドラマの根底に

この加害者の役を演じる者と被害者の役を演じる者の

愛の欠乏から生じるエネルギーの奪い合いがあるわけです。


わたしの場合、日本での数少ない転生体験のうち、

現在の京都の中心エリアでの古い時代に

そういったドラマを何回か体験していたことを

じぶん自身で思い出しているので

この感情エネルギーのドラマについて

講座の席で話はじめると止まらなくなることが多々あるほど

よく知っている体験であったわけです。


しかし、まさか貴船の川床料理を食べて、

その過去生の問題が急浮上するとは

まかさ、思ってもいなかったので

当初はかなり疲れました。

しかし、わたしの五感を通して、

おいしい料理を堪能した

他生でご縁のあったひとたちの多くは

いまだに「奪われてしまった」という感情のトラップに囚われているからこそ

いまだにわたしの肉体につながり、

おいしい料理を貪っていたわけですから

冷静に考えてみれば、

わたしの罪悪感が浮上してくるのは当たり前のことだったのです。


彼ら彼女たちは

わたしによって、いまだに奪われたという憎しみを抱えていて、

わたしも潜在意識の奥底では

未だに彼ら、彼女たちから奪ってしまった、と信じているということだったのです。


ではなにを奪ったのか?

何が奪われたのか?

単純に考えれば、

時間や可能性や愛というパワーでしょう。

しかし、問題の核はそこではないのです。


奪った者と奪われた者は

じつはその本質は、反転しているのです。

つまり、

じぶんは無力だと信じているひとは、

愛は、力のある者から奪うしかない、という現実を生きているということ。


そして、パワーを生み出せる力があると信じているひとは、

力のない者たちに与えつづなければ自分が愛を受け取ることは許されない、

という現実を生きている、ということ。

まさにサディストとマゾヒストの間の愛の欠乏によるエネルギー、

パワーの奪い合いの不条理ドラマそのままなのです。

世界のあらゆる場所と関係性の間で

愛の欠乏が編み出す反転するエネルギーの奪い合いのドラマが

繰り広げられるているのです。


 つづく




―――――――――――――――――――――――――――


わたしの個人セッションに


あたらしいセッション枠ができました。

短時間で、お悩みや迷いについて、

タロットワークで、お答えする

「ショート・タロット・セッション」。

セッションの時間は40分。

料金は9,900円(税込)です。

  
◎糸島/オンライン:ご希望をお知らせください



となっています。

従来のカウンセリング60分、90分、フルセッション150分ももちろん、行なっています。

みなさまのお越しをお待ち申し上げております。
  
※新たにたんたんの対面によるショート・タロット・セッション(40分 9,900円)
http://casalotus.net/shorttarot
  
  
▽詳細はこちら
http://casalotus.net/aboutsession
  
▽お申込み・お問い合わせはこちら
http://casalotus.net/contact
または casalotus@dream.email.ne.jp まで。

​​​​
​​


​​




​​☆、。・★

わたしの個人サイト『シャングリランズ shangrilans 』。

URLは http://shangrilans.com です。

クリスタルアートのいくつかの作品と
わたしの鉱物術に関係する情報やコラムを掲載するあたらしいブログ
『シャンバラの鉱物術師』 は、情報をリリースしています。

http://shangrilans.com/blog

ぜひ、ご覧になってください。​​





☆、。・★

どんな生き方も

どんな人生も

そのドラマのシナリオを書き、

演じるのは

あなた自身です。


勝者を演じるのも、

敗者を演じるのも、

奪われる側にいつづけるのも、

奪う側にいつづけるのも、

本質は

あなたの意識の方向性が決定するものなのです。

しかし、

あなたは、

その意識の構造を俯瞰する視点を見失っているがゆえに

何回生まれ変わっても、

シナリオの書き手が自分であることに気づいていませんし、

演じていることすら忘れています。


さて、あなたは

いつになったら

そのポジションに気づくのでしょう?



​​光の愛を意図し、選択することを一人でも多くの人にシェアしてください。

愛と感謝をこめて​​​​


air_rank.gif
精神世界ランキング


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


​​​
​​​

たんたんのセッション・講座スケジュール


〜たんたんのプライベートセッションとは〜

15年間、延べ10,000人以上に及ぶセッション、ヒーリングの経験値と霊的な洞察力を通して、
クライアントさまの状況に応じたセッションをおこないます。
・じぶんの人生、生き方において「何をしたいのか分からない」
・さまざまなかたちの恋愛問題、恋人、夫婦におけるパートナーシップの悩み
・過去生の記憶の再生、過去生からの魂のテーマの理解​
・親子、兄弟・・・家族関係の悩み
・進路、仕事に関する悩み、迷い
・何かを変えたいけれど何からはじめていいか分からない
・自立したいのに、できない
・ビジネス、経営上の問題の解決への道筋の提案
・ジェンダーに関する悩み
・霊的カルマの解消
・チャクラを活性化して、霊的な感受性を活性化したい
・守護してくれている存在を知りたい、つながりたい
・インナーセルフ、ハイアーセルフ、スピリットガイドとつながり対話したい
・クリスタルとつながり、クリスタルのエネルギーを感じたい

など。



詳細はこちら http://casalotus.net
問い合わせ・お申し込み casalotus@dream.email.ne.jp

​​​​​​

​​​​​​たんたん セッション&クリスタル瞑想会スケジュール

◎クリスタル瞑想会 ◆◇ 内なる独り言を聴く ◇◆ 
〜 インナーセルフ瞑想場〜

【東京】10月開催
【福岡・糸島】調整中

◎個人セッション(対面)・満枠(キャンセル待ち)
【東京】10月開催
【福岡・糸島】随時受付中

 ※ 150分・90分・60分に加えて「40分のショート・タロットリーディング」も新たに追加しました。

​【タロット・リーディング ショートセッション】​

たんたん による、ライトメニュー(40分/9,900円)

通常のセッションよりも低料金、短時間で、気になる問題、お悩みなど
さまざまなテーマに対して、
タロットリーディングでサクッとお答えします。
スミス・ウエイト版タロットデッキ、あるいはメロディ・クリスタルタロットデッキによる40分のタロット・リーディング・ショートセッション。糸島サロン、蓮の実アパートメントでの対面セッション、スカイプ、ZOOMでのオンラインセッションも受け付けます。

◎オンライン個人セッション

スカイプ、電話にて音声またはビデオ通話)
随時受付、お問い合わせください

たんたん ワークス

​http://casalotus.net/nagalagamineral


◎NAGALAGA魔法学校鉱物術教室(東京)

【糸島】​「鉱物術教室1」対話術 8月29日 ​受付中​

【東京】10月下旬開催決定
http://casalotus.net/nagalagamineral


◎鉱物術アート教室 2DAYS
【糸島教室】ご希望ありましたらお問い合わせください



​☆たんたんとカーサロータスのツィッター、フェイスブック、インスタグラムのリンクです。 ​

◎たんたん (Casa Lotus) Twitter https://twitter.com/Casalotus1228
◎たんたん FACEBOOK https://www.facebook.com/toshisuke.takahashi
◎Casa Lotus FACEBOOK https://www.facebook.com/Casalotus1228/
◎たんたん instagram https://www.instagram.com/toshisuketakahashi/

​​


​​​​​​​​​​​






Last updated  August 27, 2020 12:00:08 PM



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.