000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

豊中の緑の診療所だより

PR

October 1, 2010
XML
カテゴリ:病気のこと
    パンジー

逆流性食道炎について 

逆流性食道炎とは…
  
 強い酸性の胃液や、胃で消化される途中の食物が食道に逆流してそこにとどまるために、食道が炎症を起こし、びらんや潰瘍を生じる病気です。このため胸やけや胸の痛みなど、さまざまな症状が生じます。


メカニズム
 
 胃液は、強い酸性の胃酸や消化酵素を含んでいます。粘膜で保護されている胃と違い、食道は、胃液に対する抵抗力が弱いため、健康な状態では胃液が食道に逆流しない仕組みが働いています。食道と胃のつなぎ目にある筋肉が食べた物を飲み込む時にはゆるんで食べ物が胃に落ちるようにし、それ以外の時は、食道をしめて、胃の内容物が逆流しないようにしています。

 これに加えて、食道のぜん動運動は、胃の内容物が逆流してしまってもすばやく胃へもどしたり、唾液を飲み込むことによって食道に入った胃液をうすめて流すことで食道が傷つかないようにしています。

 逆流性食道炎は、食道を逆流から守る仕組みが弱まるのか、胃酸が増えすぎることで胃液や胃の内容物が逆流し、それが食道の中にしばらくとどまるために起こります。


原因

食生活の変化…脂肪の多いものをたくさん食べると胃酸が多くでて
        食道に胃液が上がりやすくなります。
 
生活習慣病…タバコや飲酒、コーヒーは、逆流性食道炎の発生を促します。
       前かがみの姿勢や肥満は福圧を増加させ、胃液が食道に
       あがりやすくなります。

ストレスの増加…ストレスは食道の働きを弱めます。


生活の中で気をつけること

油っぽいもの、甘いもの、刺激の強いものなど胃酸の分泌を促進するものは控えましょう

一度に食べすぎないように

アルコール、コーヒー、緑茶を減らしましょう
 アルコールは胃酸の分泌を増やすと同時に、食道下部の筋肉をゆるめることが
 分かっています。またコーヒーや緑茶に含まれるカフェインも胃酸の分泌を増やします。

肥満を解消しましょう

姿勢に注意しましょう
 姿勢と逆流性食道炎は深く関係しています。日中は前かがみの姿勢を避けましょう。
 寝るときは少し上半身を高くして寝ると逆流が起こりにくくなります。
 食後3時間くらいは胃の内容物の逆流が起こりやすいといわれています。
 食後すぐ横になったり寝る前に食事をとることはやめましょう。

おなかを締めつけないようにしましょう 
 ベルト、コルセット、ガードル、着物の帯などおなかを締めつけるものは
 身につけないようにしましょう。

禁煙しましょう 
 タバコは逆流性食道炎を悪くします。禁煙にとりくみましょう。
 
    逆流性食道炎






Last updated  February 11, 2011 12:10:59 PM
[病気のこと] カテゴリの最新記事

Calendar

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.