192790 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

豊中の緑の診療所だより

PR

October 9, 2019
XML
カテゴリ:スタッフ日記
(医)緑和会 加地内科クリニック

​秋の食べ物​

大森一慧 著 「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当」より

天高く馬肥ゆる秋です。
 さわやかな青空のもと、稲穂が実り、豆のさやがふくらみ
木の実や、果物がたわわに揺れて…。土のなかでは
根菜類がまるまると充実し、近海には脂ののった魚も
回遊してきます。
 保存がきく食べものがたくさんとれるので、秋は冬に
向けての蓄えの季節といってもいいでしょう。
 秋の作物はまた米や豆など私たちの血となり肉と
なるものだ多いのが特徴です。からだをつくる材料としては
最高なのですが、おいしすぎてつい食べすぎてしまうのが難点。
どんなにからだにいいものでも不消化をおこすと腸内で
腐敗発酵し、体じゅうに毒素をまわす原因になってしまいます。
 ですから、秋は食べたぶんどんどん動いてください。
代謝能力が高まり、カロリーの高い秋の食べものの
消化を助けることができます。
 秋のうちに基礎代謝を高めておくことで
代謝機能が弱まる冬のからだの補強にもなります。
果物はヘルシーというイメージが定着していますが
果糖が多く中性脂肪をためこみやすいことは
ご存知でしょうか?からだを冷やす作用も
ありますのでたくさん食べるのはおすすめしません。
昔からあるみかんやりんご柿などを少量
楽しむ程度にしたいものです。
 それから肉を食べるときにはきのこ類を
さんまなどの魚には大根おろしをたっぷりつけてうまく
毒消しをしてください。






Last updated  October 9, 2019 02:06:53 PM
[スタッフ日記] カテゴリの最新記事


Calendar

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

・August , 2020
July , 2020
June , 2020
May , 2020
・April , 2020

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.