712526 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

a horse with no name byへなちょこまふゆ

PR

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

むろやくん@ ありがとうございます 元々主張が正反対ですから、 真面目な話を…
midwinter@ >むろやくんさん 謹んで新年のお慶びを申し上げます ちうて…
むろやくん@ ごあいさつ 明けましておめでとうございます。 数年の…
midwinter@ >通りすがりの桃太郎さん あ、初めまして~ そして、あけましておめ…
通りすがりの桃太郎@ Re:01月09日(木)予想:サラ系C級5組&サラ系C1級一組 4歳以上特別(01/09) 桃太郎2世といいます。 はじめまして あ…
midwinter@ >アオちゃんさん うわ、うわ、うわー!!! 掌の小説家・純ち…

サイド自由欄

プロフィール


midwinter

ニューストピックス

日記/記事の投稿

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2006年11月24日
XML
11月24日スポニチ電子版より
ばんえい競馬廃止の可能性高まる

 北海道のばんえい競馬存廃問題で、岩見沢市は24日、市議会議員協議会を開き帯広市のまとめた両市による共催案を協議したが、出席者からは「不安定な収支見通しでは市民の理解が得られない」などの厳しい意見が相次いだ。

 一方、各団体代表で構成する岩見沢市の有識者会議も同日、存続に否定的な答申を報告した。この結果、岩見沢市では共催案受け入れは困難との認識が広がっており、ばんえい競馬は廃止となる可能性が高まった。

 岩見沢市の渡辺孝一市長は、市民や議員らの意見を聞いて共催案受け入れの是非を判断するとし、27日に最終判断を明らかにする予定だが、協議会終了後「市民、議員から厳しい意見が出たと思っている。(共催による新たな負担は)岩見沢市民が認めないだろう」と述べた。

 ばんえい競馬は、巨額の負債を抱えたため現在の4市開催の廃止をすでに決定。帯広市は存続に積極的な姿勢だが、単独での開催は行わない考えで、帯広と岩見沢両市の共催で存続するか廃止するかとなっている。

11月22日付け当日記ブログ記事「岩見沢有識者会議 ばんえい存続に否定的。。。」から着実に一歩「前進」、、、廃止方向へ(泣)

それでも、一方では

11月24日STV「ニュースD」(11:40~12:00)より
ばんえい競馬セールス団派遣?

ばんえい競馬の存続を望んでいる帯広市では国内だけでなく海外からも観客を呼び込もうと、中国と韓国の旅行代理店にセールス団を派遣することになりました。

(北海道ばんえい競馬調騎会・服部義幸会長)「これからのばんえい競馬は国外にもお客様を求めなければならない時」
ばんえい競馬の関係者からなるセールス団は、けさ帯広市役所を訪れ砂川市長に抱負を述べました。このセールス団は、最近北海道観光の人気が高まっているアジア諸国からばんえい競馬の来場者を呼び込もうと企画されたものです。
来月上旬に香港と韓国の旅行代理店を訪れ、北海道への観光ツアーに競馬観戦を組み込むよう魅力をアピールする予定です。

来月4日から営業行脚に出るとのこと
やる気あるぢゃん、情熱見えるぢゃん♪
ばんえい競馬を観光資源として活用できれば
たとえ収支は均衡でも地域にもたらす「黒字」は発生するはず
そうだその意気だ!
競馬場が外国人だらけ(?)になっても別にかまわないわけで
とにかく赤字体質から脱却する見通しさえ立てられれば……
STVが見出しに打った「?」はかなり気になるけど


渡辺孝一岩見沢市長による「最終宣告」が11月27日(月)
そして帯広からのアジアセールス団派遣が12月4日(月)
はたして。。。






最終更新日  2006年11月24日 22時53分35秒
コメント(0) | コメントを書く
[地方公営競馬存廃問題] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.