18587958 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

見栄子の熊谷らいふ♪

PR

Profile


見栄子♪

Category

Archives

Calendar

Favorite Blog

会いたかったカトち… まじょ ちゃんさん

こみぷ(@゜∇゜@)ブログ COMIC-POOLさん
見栄子日記 from 熊谷 山戸 見栄子さん
子供にやさしい家作… 義深會親分さん
良く笑い、良く歌え! こじか85さん

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

QLOOKアクセス解析
2019.07.23
XML
カテゴリ:熊谷市イベント


うお~目の前キタ! 決して、潜り込んではいませんよスマイル
熊谷うちわ祭は無事に3日間を終えましたが、ブログはまだ初日の朝です(^^;
今年はブログ更新が完全に後追いですが、それは
現地滞在時間を例年よりも長くした、という事情もあります。
急いで順次、昨年まで見ていない場面も含めて掲載していきます(^^)
初日早朝の神輿渡御は、「その1」は出発直後で終わっちゃってましたので
まずはその続きから。




愛宕神社(八坂神社)を出て、鎌倉町の踏切を渡るとすぐ
荒川区山車が迎え太鼓を鳴らしながら待ち受けきらきら
ちょっと進んだところで一度止まって、途上祭。





西へ進んで荒川区・伊勢町区で普通の住宅街をひたすら担ぎ、
2地区の山車のお迎えも受け…




大きく東へ折り返して、熊谷駅南口ロータリーに入ると
駅の階段下で、筑波区の居囃子がお迎え。



踏切を北へ渡り、混沌とした弥生町の商店街を進んでいると…



あっ、地区の御神輿だ!弥生町のだね。
こっちの御神輿も、こんな早い時間(8時半前後)から回っているのか。
神社から出る整然とした一団と、地区の御神輿とでは
まったく雰囲気もノリも違います。
地区ごとのやつは、よくある普通の小さな神輿祭りみたいな感じ(^^)
商売繁盛を祈って~♪




鎌倉町から星川通りをずっと東へ進み、熊谷駅前に…と、ここで変化が。
いつも駅に突き当たったら、右折して熊谷直実公の像の前を通って、
その先の駅西通りで筑波区の山車が待っている、というのが例年の動きなんだけど
駅前で東へ行っちゃったよ!
いつも渡御で一緒になる見物人仲間さんと「えっ何で?」
びっくり


あらま。今年は筑波区さん、駅東口前でお待ちだったのね。
そういえば朝一番、ここに山車が置かれていたので
「あれ?」と思ったんだよね。
これから移動するのかな?と思ってたら、そのまま迎え太鼓でしたか。



そんなわけで、筑波通り商店街を通らなくなったのは惜しいけど
初めて見る、この一角を西から歩いてくる光景も新鮮でよろしい(^^)






ニットーモール前と、銀座区の山車が待つ北大通りセブンイレブン前で、途上祭。
畳屋さんのところから市役所通りを横切ってずっと西へ…するとまた変化が。


仲町の迎え太鼓の場所が、微妙に移動している!
私が全行程がっつり拝見するようになった10年くらい前からずっと
仲町さんはいつも、八木橋裏というか熊谷寺門前にいたけど
今回は、そこから50mほど東の空き地にいたよ。
で、写真省略しまずが、途上祭の4か所目は
いつものように県道341号に出たところで。


一気に東へ戻りまして~。
お祭りのときに、こうして通り道のお宅の方が家の前に出て
山車や御神輿を待っている姿を見ると、うらやましいな。
と、祭りのない地域の人間は思います(^^)



では最後の直線・市役所通りを南下して、お祭り広場へ!



お祭り広場に到着して、行宮前で上げたり下げたりの盛り上がり!
昨年は確か暑すぎて?早めに切り上げた気がするけど
今年はたっぷり揉んでくれたよスマイル


北のほうの会長はやっぱり、見守りポジションが似合うな(^^)
皆さんお揃いの白丁で統一していますが、実は
地区外の助っ人さんも混ざってま~す。


御神輿を行宮に安置しての、着輿祭。
今回は敢えて最後まで見届けず、ちょい休憩に入って午後出動への準備。
普段の年は、ここでいったん帰宅するところだけど
今年はパターンを変えて、まだ市街地にます!
午後、一部の地区の山車・屋台の動きを少しだけ追ったよ。続くダッシュ

●当サイトのお祭り・イベント写真は、お顔にモザイクを施しています。→説明コチラ
●当サイトの内容はブログ・facebook等 「ご自身で責任を持つサイト」以外には
一切の例外なく転載 (抜粋・要約含め) 及びリンクを厳禁いたします。






Last updated  2019.07.24 12:34:27
コメント(8) | コメントを書く
[熊谷市イベント] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.