18362988 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

見栄子の熊谷らいふ♪

PR

Profile


見栄子♪

Category

Archives

Calendar

Favorite Blog

こみぷ(@゜∇゜@)ブログ COMIC-POOLさん
見栄子日記 from 熊谷 山戸 見栄子さん
まじょのみくす♪ まじょ ちゃんさん
子供にやさしい家作… 義深會親分さん
良く笑い、良く歌え! こじか85さん

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

QLOOKアクセス解析
2019.08.16
XML
カテゴリ:熊谷市イベント


お盆の最終日、慰霊の行事にはとても多くの人が集まったよ。
8月16日は「星川とうろう流し」。あと13~15日は妻沼聖天山の「盆まつり」もありました。
熊谷中心地と妻沼で場所は離れていますが、無理矢理1記事にします。
もともと別の市町村で、それぞれの地域に根ざした行事なので
両方とも行く人は少ないだろうね…私は近年、どちらも外せません。




まずは、熊谷空襲犠牲者の慰霊行事「星川とうろう流し」。
本日・8月16日に行われたよ。

星川沿いの円照寺から仏教会の方々が行列して、練り供養。
星川に沿って近くをぐるりと1周して


お寺前の広場で、慰霊式典。
ここは今回、最初の黙祷だけご一緒させていただき…
市街地に来たついでの野暮用を色々と済ませに、いったん離脱。


18時半過ぎに戻ってきたら、既にとうろうを流し始めていたよ。
19時からの筈だったけど、人がたくさん集まったから、早めたのかもね?







今回は、最近見た中でいちばん人出が多かったような気がする。
一時はいろんな意味で規模縮小した感があって、今後どうなるのかな?と思ったけど
意識が高まってきたのか、だいぶ盛り返して…
まだ当分の間、しっかり後世に伝えて行けそうですな(^^)
小さいお子さんがいらっしゃる方は、今後もぜひ連れ立ってお出かけを。


最後にお線香をあげ、慰霊の女神様にお参りして…


鳥金さん前では、恒例の盆踊り。ちょうど直実節だ!
この勇ましい唄を聴くと、なんだか血が騒ぐ熊谷市民(^^;
坂東武者の心根は、我らが胸に生きているのだよ。


では熊谷次郎直実公から、斎藤別当実盛公の地へ飛びます。
ここからは、おもいっきり北へ移動しまして妻沼聖天山!

13~15日と、3日間に渡っておこなわれる盆祭り。
石舞台上に櫓が建てられ…





近年は、キャンドルナイトも同時開催。
参道に沿って、こどもたちの絵を貼り付けたバケツキャンドルが並ぶよ。
夜の盆踊りタイムは、私は1日目と2日目のみお邪魔したけど
台風の影響で、2日目はキャンドル無かったね。



19時半ごろ、盆踊りが始まる。
音楽に合わせて、本物の太鼓も叩かれるよ。


合間にスキを見て、特別に夜営業されている騎崎屋さんに入店して
ぶどうの雪くま! これ食べるの3度目だったかな?

すっきりしたぶどうシロップで美味しいのだよね(^^)
混んでいる時間は悪いので遠慮…ということにしているんだけど
私が注文後、一気にお客さんが来て満席状態に!
あわわ…お忙しい時にすみませんね(^^;



食べ終わって少し見物しているうちに、お楽しみの「サザエさん音頭」。
いつも、これを見届けてから帰るのさスマイル
だいたい、いちばん人が集まる20時前後のことが多いかな?


2日目は少し早めに…踊りが始まる前の、慰霊の法会の時間から伺う。




2日目がいちばん盛り上がるんだよね。
この日も、20時頃までを見届けてきたよ。
それにしても、熊谷中心地と妻沼では、曲目が見事に全く違うから面白い!
たぶん熊谷の人は、聖天囃子~♪とか、妻沼音頭でひと踊り~♪とか全く知らないだろうし
保育園から始まったサザエさん踊りも知るまい(^◇^)

(私も妻沼に通い詰めるようになるまで、聞いたこともなかった)



3日目は夜の盆踊りは行かずに、昼の戦没者供養行事に。
正式名称は「戦争殉難精霊廻向法会」。
目まぐるしく天候の変わった日、ちょうどこの時間帯は雨脚が強まることもあった中
年に一度だけ扉が開かれる「平和の塔」で、祈りが捧げられる。
(この平和の塔じたい、戦没者供養と世界恒久平和を祈って建てられたものです)
例年11時頃からで、お昼頃までご祈祷が続いています。
階段を上り、そっとお焼香をしまして…

まあ、こんな感じで北へ南へのお盆でした。

●当サイトのお祭り・イベント写真は、お顔にモザイクを施しています。→説明コチラ
●当サイトの内容はブログ・facebook等 「ご自身で責任を持つサイト」以外には
一切の例外なく転載 (抜粋・要約含め) 及びリンクを厳禁いたします。






Last updated  2019.08.17 00:29:34
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.