088262 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行雲流水 南福島整体院

変形性股関節症 <南福島整体院>

変形性股関節症  

☆変形性股関節症の痛みについて
 
変形性股関節症の痛みは強い痛みだけではなく、多くの生活上の制限と将来に対する不安、
気持の落ち込みなど痛み以外にも「こころ」の方に負担をかけてしまうものです。

変形性股関節症と診断されると病院では「手術しかありません」と言われてしまいます。
果たしてそうでしょうか?

臼蓋形成不全、先天性股関節脱臼、ペルテス病など関節が悪さをしていると思われている痛みも
実は筋肉が痛みを出していることが多いのです。
激痛ですから「神経が圧迫を起こしている」「軟骨がすり減っているから痛い」と思われがちですが
「筋肉の痛み」のことが多いのです。

この考え方を筋筋膜性疼痛症候群(myofascial pain syndrome以下MPS)といいます。
股関節専門院 ル・サロン・ギンザの松本先生の言葉をお借りすれば「筋肉が病気になっている状態」ということになります。

正しい股関節の位置はわかりますか?
股関節に炎症がある場合は痛みがでます。その時に股関節の上を押すと痛みが走ります。炎症というのは股関節を包んでいる膜、関節包の炎症です。しかし、炎症での痛みはまれです。

変形性股関節症は手術以外にも痛みをとる選択肢はあります。
痛みの原因は、関節の構造から起こるものではないことが多いからです。




☆変形性股関節症をめぐる常識のウソ
 
 ・痛みは関節の変形が原因である。
 ・痛みは軟骨がすり減っているからである。
 ・痛みをとるには手術しか方法はありません。
 ・手術をすれば完全に痛みはとれます。
 ・筋肉がないから筋肉をつけるように筋トレをしましょう。
 ・安静にしてなるべく脚に体重をかけないでください。

など常識と思われていることが、間違いであることがたくさんあります。

 

以下作成中です。





Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.