113753 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニョロ ニョラ 徒然日記

PR

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

レストラン

2010.04.29
XML
カテゴリ:レストラン

 先日、お友達たちが一足早いお誕生日パーティーを開いてくれました。

 発端は、親友が行ったレストランで、なにやら火のついた肉のかたまりがサービスされるのをみたけど、あれはみんなで食べないと・・・

ということで、メインは『火のついた肉』と決まっておりました。

  レストランは、半蔵門の『エリオ ロカンダ イタリアーナ』。半蔵門という渋い街で、長年変わらず、見事なイタリアンを続けている定評のあるレストランです。

  前菜盛り合わせ 

  数え切れないパスタ・・・ラビオリ、キタッラ、タリオリーニとどれも自家製のパスタでおいしかったです。特に、ンドゥィヤ という、カラブリアのパテのような辛い生ソーセージが本当においしかったです。(自家製なんですって。)

 確実にいつもは食べない量をぺろりと食べててしまい、いよいよメインが・・・

 ファイヤー.jpg

 

 燃えてました。すごい勢いで。

 炎の正体は、お肉の岩塩包み焼き。仕上げに塩にお酒をふりかけ火をつけてサービスされるんですが、これがサービスされるときは必ず、お店の照明が消され、拍手が起こっちゃう盛り上がりです。

 この日はおいしい鹿児島産の赤身の柔らかな牛肉でしたが、お魚でもできるそうですよ。

 お皿に盛り付けていただけるとこんな感じです。インカのめざめと思われるジャガイモもとってもおいしかったです。

肉.jpg

 

この後は、もちろんお誕生日のメッセージ付きデザート盛り合わせに、皆さんで歌まで歌ってもらっちゃいました。

こんなにぎやかなお誕生日もいいものです!!素敵な誕生日パーティーを開催してくれた友達に心から感謝します!

 きれいなお花もありがとう!!

 なんだか今年もすてきな1年になる気がします。

 







Last updated  2010.04.30 11:19:46
コメント(0) | コメントを書く


2008.01.15
カテゴリ:レストラン

久しぶりにレストランのご紹介です。

しかも、千葉のお店。

でもっていうのも変ですけど、本当にこちらのお店には、軽く興奮させられるほどおいしかったです。

La tavernetta alla civitellina

ラ・タベルネッタ  アッラ チヴィテッリーナ さん。

千葉パルコの近くにあるお店なのですが、中は1階がカウンター席 2階がテーブル席になっています。女性一人でもカウンターで気兼ねなくおいしいイタリアンを堪能できますよ。

シェフはもちろんイタリアで修行なさった方なのですが、実はイタリアの料理学院で同期生だったYさん。

そんな知り合いというところを差し引いても本当においしい!!

写真は”銚子産コヤリイカと菜の花のリングイネッティ”です。

他にもいっぱい食べたのですが、どれもおいしく、何より本当に手をかけてきちんとつくってあり、うれしくなってしまいました。

こんなにきちんと手を抜かずきちんとつくってくれるレストランってなかなかないですよ。

しかも、スタッフの方も皆さんプロで本当に気持ちが良かったです。

都内でもなかなか見つけられないお店だと思います。

これなーに?食べてみたいなぁ!!っていうような、本格イタリアンなメニューがたくさんありますので、是非是非行って、たくさん質問して選んでください。

 

ラ・タベルネッタ アッラ チヴィテッリーナ

千葉市中央区中央2-8-14

TEL&FAX 043-225-1106

ランチ 11:45~15:00(L.O 14:00)

ディナー 17:30~23:00(L.O 21:00)

定休日  毎週月曜日 第3日曜日







Last updated  2008.02.22 22:33:53
コメント(2) | コメントを書く
2007.02.01
カテゴリ:レストラン

ピスタチオ

皆さんは、”トンマジーノ”というイタリアレストランをご存知でしょうか?

神宮前にあった伝説?のレストラン。シチリア料理を専門に出していた、活気のある、いつも満席のレストランでした。

ところがある日、そのレストランがいきなり閉めてしまったのです・・・・そしてそのレストランが、去年10月に 青山大学のすぐ近くに新たにオープン。スタッフも、もちろんシェフも皆さん同じ顔ぶれで、名前は”ドン チッチョ”となりました。

お料理は今までと同じようにシンプルでいながら、うまい!と思わず言ってしまうものばかり。(しかも、盛りもいいんですよ!!) そして私がとても気に入っているのは、ドルチェがおいしいこと!

写真のデザートは、昨年末に出ていたピスタチオのクレームブリュレ。これが本当に感激のおいしさ。でも、残念ながら、ピスタチオの価格高騰で、現在はメニューに入っていないそうです。心から残念に思っています・・・。

その他も、シチリアのお約束ドルチェ、カンノーリも、中のリコッタチーズは羊のものを使うなど、きっと”イタリアで食べておいしいと思ってたのに・・・”と思った方にも、満足いただけるはずです!

私もまた早く行きたいなぁ!!

トラットリア チシリアーナ ドン・チッチョ

〒150-0002 東京都渋谷区2-3-6

03-3498-1828

 

小さなお料理教室 ミンニョロ ミンニョラ

 







Last updated  2007.02.01 23:24:20
コメント(4) | コメントを書く
2007.01.31
カテゴリ:レストラン

イチゴのメリンガ

先日 今年初めての 高田馬場 リストランテ文流の フェスタにいって来ました。

今回のフェスタは、トスカーナ州リヴォルノ近郊でレストランのシェフをつとめるかたわら、リヴォルノ地方の食の歴史・文化についての著書も多いという、ウンベルト・クレアティーニ氏を迎えてのものでした。

感想はというと・・・とにかくおいしかった。

リヴォルノというと、海もあり、魚介を贅沢に使ったお料理がたくさん。有名どころといえば、干しだらをつかった”バッカラ リヴォルネーゼ”や”カチュッコ リヴォルネーゼ”なのですが、そこはシェフ。その2品はあえて出さずに、シェフのお料理で楽しませていただきました。

私が特に気に入ったのは、中世のラザニア というもの。 ラザニアは普通ちょっとヘヴィーなメニューという感じですが、シェフのものはパスタ生地をおいしくそして、ラグーもおいしく食べられる、しかも軽い。あれならぺろりと食べても次のメインが楽しめちゃう。そんなラザニアでした。

写真は、デザートにいただいた イチゴのメリンガ。 お教室でも似たようなものをクリスマスにレッスンしましたね!!

サクサクメレンゲと生クリーム、イチゴとくればおいしいに決まってますよね。

こちらのデザートは現在も文流で出しているそうですので、是非召し上がってみてください。

風貌もなかなかダンディーで、素敵なイタリアの香りがする ウンベルト・クレアティーニ氏これからも、日本に来てくれるそうですので、次回が楽しみです。

リストランテ高田馬場文流

 新宿区高田馬場1-26-5 FIビルB1     

 TEL 03-3208-5447

 

イタリア家庭料理を習うなら・・・・

  小さなお料理教室 ミンニョロ ミンニョラ







Last updated  2007.02.01 12:31:27
コメント(0) | コメントを書く
2006.12.27
カテゴリ:レストラン

antipasto

 先日 久しぶりに家族でランチに行きました。

 場所は白金のカッシーナ カナミッラ 雑誌などでもよく紹介されているので、ご存知の方も多いかもしれませんが、日本のイタリア料理のパイオニアでもあり、現在も若手の育成や、イタリア文化を広めるために勢力的に活動をなさっている、長本さんのレストラン。

 このレストランの2階にはカルチャースクールのようなものがあって、そこでは日々、ワインから語学から、地方料理からイタリアに関することのセミナーが行われています。

 さて、お料理ですが、お写真は前菜の盛り合わせ。ランチなのにこんなに手の込んだ盛り合わせで感激・・・ウンブリアのレンズ豆、おいしかったですぺろり

 さらにこの後は手打ちパスタ、(私はシャラテッリという牛乳を使って作ったパスタをトマトソースで仕上げたもの、他のみんなも、パッパルデッレや栗のストラッチなど、それぞれ手打ちのパスタを注文しました)

 そして、甘茶豚のローストをいただきました。最近 豚と鶏にはまってるんです。

 お料理は見た目も上品で、おいしく、何よりランチなのに本当にサービスが行き届いていて優雅な時間をすごせました。

 ”あー、おなかいっぱい”というところで、近所のおじいちゃんのお墓までお散歩?がてらにおまいり。なんだか、申し訳ない気分でしたが、カッシーナ・カナミッラのランチつきのお墓参りだったら毎月行っちゃうなぁ。

 







Last updated  2006.12.30 02:31:10
コメント(0) | コメントを書く
2006.11.10
カテゴリ:レストラン

aux ami

今回のレストランはイタリアンではなくて、フレンチ。いろんな提携のお店などもあるし、なんと言っても、丸ビルの中にもレストランが入っているのできっとご存知の方も多いでしょうが・・・

”Brasserie aux amis”  東京フォーラムの真後ろという、丸の内のいい雰囲気の中に、これまたいい雰囲気のブラッスリー。フランスは専門ではないけれども、”あぁ、きっとパリのブラッスリーってこんな感じ?”と思わせてくれます。

メニューの内容は、日替わりで、仕入れってどうなっちゃってるんだろう?と不思議になるほど、世界各国から珍しい食材が集まってきています。(上の写真もブルターニュ産のオマール海老) この日はこのほかに、ボルドー産のセップ茸のオーブン焼きもいただきました。(セップ茸はポルチーニほどは香りが強くはないのですが、これがまた上品な香りで、パルメザンと一緒にとてもおいしくいただきました。)

もちろん、デザートも満足できるものでしたよ。(これってかなり重要ですよね)

私が今回このお店に行ったのには理由がありまして・・・飯田橋にかなりお気に入りの某ビストロがあるのですが、そこの、とても優秀なギャルソン?の方が、このお店に移ったとのことで、後を追っかけて行ってみました。

ここでも、もちろん、お料理のことからワインのことからきちんと事細かに説明してもらいました。

お料理のことやワインのことをしっかりお勉強している、ギャルソン、カメリエーレ・・・ひっくるめてサービスマンって本当に気持ちがいいですよね。私は、お食事に行って、お食事がおいしいことはもちろん重要な問題なのですが、サービスしてくれる方が、そのお仕事に誇りを持っているプロであることが、結構お気に入りのレストランになるポイントの一つだったりします。皆さんのレストランを選ぶときのポイントは何ですか?

  ブラッスリー オザミ  東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル1F 

     tel 03-6212-1566

イタリア家庭料理を習うなら・・・

  小さなお料理教室 ミンニョロ ミンニョラ







Last updated  2006.11.10 21:38:50
コメント(2) | コメントを書く
2006.11.04
カテゴリ:レストラン

クスクス

 11月2日~6日まで 高田馬場 リストランテ文流にて行われている、ジュゼッペ・パッパラルドシェフの シチリア料理フェアにいってきました!

 シェフはシチリアはシラクーザの司厨士協会の会長であり、プロの料理人を育成する学校の校長でもある人なので、お料理に対する、考え方、哲学、文化、歴史等々、お話は本当に楽しかったです。

 上の写真はクスクスを作っているところ。クスクスはアフリカやアラブ諸国のイメージがありますが、シチリアって海を越えたらすぐそこはチュニジアになってしまうんですよね。また、歴史的にも、シチリア料理はアラブの影響を色濃く受けているため、料理もどこかアラブの香りがするものがたくさんあります。

 ”シチリア料理っていったらクスクス食べないと!”と思い、もちろんこの日もクスクスを注文したのですが、後でシェフがいらしたときに、”クスクスを作るところが見たかった!”と、いってみたところ、”ここで今見せてあげるよ!”と快く、デモンストレーションをしていただきました。

 そのときには、アラブやアフリカではクスクスは肉料理と共に食べられるけれども、シチリアでは、海を渡って伝わった料理、”船乗りの料理”なので、魚の煮込みと共に食べるのが一般的であることや、シチリアの中でも、クスクスで有名なトラパニでは今でも行事があると手作りのクスクスを作る人が多く、毎年”世界のクスクス祭り”が行われていること、そのほか、哲学にいたるまで丁寧にお話をしていただきました。(クスクスだけで4時間でも5時間でも話せるよ!とシェフ。そのサービス精神に感謝!)

 毎年何回か、さまざまな視点でフェスタを行っている リストランテ 文流。イタリア料理を食べながら、その文化や歴史にまで触れられ、さらにイタリアが好きになっていきますよ!

  リストランテ 文流  TEL 03-3208-5447

イタリア料理を習うなら・・・

 小さなお料理教室 ミンニョロ ミンニョラ







Last updated  2006.11.05 00:10:26
コメント(0) | コメントを書く
2006.10.30
カテゴリ:レストラン

イカ墨

今日はレストラン!もちろんイタリアンです。

 ”リストランテ ダ ニーノ”は乃木坂にある、シチリア料理のお店です。シェフの名前はニーノさん。もちろんシチリアはトラパニ出身の前ローマ法王にもお料理を供したこともあるという凄腕のシェフです。

 ここのお店はそんなに大きくもなく、常にシェフの顔が見える心地よい大きさなのですが、まぁ、ニーノさんのお料理のファンが多くて、なかなか予約が取れないのがたまに傷・・・

 店内は同じくシチリアの作家”デジモーネ”のお皿が所狭しと飾ってあり、中には初代のデジモーネの作品もあるそうで、一見の価値ありです。

 お料理はこれはもう文句なし。シチリア料理だけあって、新鮮なお魚料理がたくさん!上の写真はニーノさんのお得意料理でもある、イカ墨のリゾットです。アサリの出汁が効いていて、イカ墨の甘さがたまらない!

 是非いってみてください。ご予約必須ですよ!

 リストランテ ダ ニーノ 

 東京都港区南青山1-15-19 グランドメゾン乃木坂

 TEL&FAX 03-3401-9466

 日曜定休

小さなお料理教室 ミンニョロ ミンニョラ







Last updated  2006.10.30 22:22:55
コメント(0) | コメントを書く
2006.10.22
カテゴリ:レストラン

da ivo

 先日、久しぶりに恵比寿にある、”ristorante e Pizzeria da IVO” にいってきました。

 ここのシェフは生粋のナポリ人。その名もイーヴォさん。食について語らせたら、もうとまらない。

 いつも満席の店内は週末は予約必須です。メニューは、本当にいつも豊富で、飽きることがありませんが、さすがナポリ人。ピッツァもおいしいのでメニューの構成に悩んでしまいます。

 ホールの方も皆さんイタリア料理のことを良くご存知で、(特にいつも明るいT氏はワインから何からほんとに博識で、イタリア語も英語ももちろん日本語もいける、まさしくカメリエーレのために生まれてきたような方です!) いつも行くたびにお勉強になってしまいます。

 すっかり、お料理の写真を撮り忘れたのが残念なのですが、是非是非いってみてください。

  悩まず、ぴっツァだけを楽しみたい方は、ランチに行くのがおすすめですよ!

リストランテ エ ピッツェリア ダ イーヴォ

 東京都渋谷区 広尾1-6-10   TEL 03-5793-3121

 

小さなお料理教室 ミンニョロ ミンニョラ







Last updated  2006.10.22 15:15:21
コメント(2) | コメントを書く
2006.10.15
カテゴリ:レストラン

cavolo e bottaruga

先日、九段下 イタリア文化会館のお隣を階段で下ったところにある、”トルッキオ”のランチに行きました。

 ”トルッキオ”は、さまざまな生パスタで有名なお店ですが、ランチをいただくのは初めて。

 私は上の写真の ”キャベツとお魚とからすみのトレネッテ” をチョイス!この前に、生シラスをパン生地であげた”ゼッポリーネ” 、そして デザートには チョコのムースとカシスのソルべ、 カフェ で 1800円。

 きちんと作りこんだパスタをいただけて、前菜、デザートもついてこの値段とは!!味はもちろんおいしくいただきました。

 夜は、ここのお店の一番のおすすめ”ビゴリ”を使ったパスタを頼むと、目の前で トルキオという機械を使って、麺を絞り出してくれます。(もちろん頼めば自分でやらせてくれますよ。)

 他のパスタも食べに行ってみたいな!

 トルッキオ  東京都千代田区九段南2-1-32

        03-3556-0525

お教室のHPを更新しました!2007年3月までのメニューが発表になりました!

 小さなお料理教室 ミンニョロ ミンニョラ







Last updated  2006.10.15 23:03:10
コメント(0) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.