323385 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

神楽 バッハ0501さん

Comments

mihri@ Re:国境の旅~おまけ(04/30) ありがとー。ネタはたくさんあるからボチ…
olive@ Re:国境の旅~おまけ(04/30) 次も楽しみにしてるよー!
mihri-kilim@ Re:お疲れ様でした(02/09) komomoさん >そんな忙しい中、3日も付き…

Freepage List

Headline News

全631件 (631件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 64 >

2017.10.18
XML
カテゴリ:トルコの手工芸
トカットのバスク修行を終え、ブルサ経由、イスタンブルからアンタルヤへ戻ってきました。
最近、みなさまの期待を裏切って、放置プレイはいっさいなしですので、ほぼ24時間の専属コーディネーター、通訳、カメラマン、解説員、記録係、広報まで務めているようなものです。





同行のお友達のプライベート写真集が作れるぐらい写真を撮ってきましたが、バスクの師匠たちの撮影も私にしたらかなり頑張ってきました。
現役のバスク師匠、その後継者となった弟子たちと会い、いろいろお話してこれたこともとてもよかったです。






ただ無理し過ぎたせいか、さすがの私も今回ばかりは睡眠不足と疲労で途中で風邪をひきました。
鬼のかく乱、数年に1度の割合ですけど。

今回は女性の2人旅。
現地では同じような取材をしていたトルコ人の院生と共同作業することもありました。
自分ひとりでの取材の場合、それほど興味のない内容なら途中で面倒になってやめてしまうこともあるかもしれませんが、人と一緒ですと、その人の興味へのお付き合いや要望に応えるために、興味対象外のことも調べたり、見る機会ができたりします。そこから思いもよらない発見があったりもします。





今回、アンタルヤに戻ってきても休む間もなく、たまりにたまった仕事の処理に追われている上に、日本へ行く予定もあり、バスク修行2017の詳細は思いっきり省かせていただきますが、来年の2月に「バスク」をテーマにした展示会が予定されています。
また確定ではありませんが、再来年にも何か素敵なことがあるかもしれません。





私の中では骨董イーネオヤのおまけで付いてきたバスクですが、おまけではないトカット650年の歴史を持つ伝統手工芸としての魅力を、いずれ何かの形で伝えていけたらうれしいです。

※ バスクとはトルコ語でプリントの意味ですが、ここでいうバスクはトカットが16-17世紀にかけてオスマン帝国により木版の手押しバスクの地として指定され、木版と技術、職人さんの持ち出しが禁止になったことからこの地で独自に発達したプリント技術を指します。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2017.10.18 15:27:35
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.10
カテゴリ:トルコの手工芸
トカットにバスク(伝統的木版ハンドプリント)の勉強のために、2週間ほど滞在中です。
技術自体は既に知っていることなので、今回は現地でどんな風にバスク文化の伝承が展開されているのか、師匠による得意分野、また師匠たちに昔の話、今の話などをインタビューして、トカットのバスクがなんであるのか・・・をさらに追及したいと思っています。(単に自分が知りたいからという理由です)

ちょうどコンヤの大学院生が同じような研究テーマで滞在中で、内容的には私も十分論文かけそうな勢いなのですが、そんな面倒なことをするわけないのが私流。
いずれどこかで発表の機会でもあればお披露目したいと思います。
(メモちゃんと取っていないからその前に忘れてしまうけど・・・・)

今回事前の根回しの際に条件が出されました。
県の機関で2年前からスタートしているバスク・ヤズマ研究のプロジェクトで、資料として私のバスク・ヤズマコレクションの撮影許可です。
全部持っていくわけにはいかないので、選ばず適当に40点ほどなんとか詰めていきました。
見た人、見た人から感嘆の声が上がりました。
バスクの聖地で、ですよ。
正直、かなりうれしかったです。
自分の中ではオリジナルの古いものをこんなに持っている人は他にはいない・・・といくら自負したところで、トルコの関係者たちからしたら「外国人が集めているものなんてしれているだろう」とか、「機械プリントを勘違いしているんじゃないの」とか「トルコ人のコレクターの○○さんほどは持っているわけないだろう」とか思われるのが関の山。
「これらを今集めるのは絶対不可能なこと!!」と、長年にわたりバスク・ヤズマの資料を集めている先生が周囲に言ってくれたのが最高の誉め言葉でした。

そしてどこへ行っても話題はこれらをこの先どうするの・・・・です。
適当に持ってきた40枚でこれなので、全部見たら何言われるのでしょう。
これ以上は出さずに隠しておくしかありませんね。

とあまりにもうれしかったので、自慢話をしてみました。





さて、そういうわけでいろいろとスムーズにことが運んでいます。
カラカレムから筆で色塗り、色版を重ねて押していくエルバンテクニック、そして今までなぞだった黒地に白(ソクトゥルメ)以外の白抜きの方法などもわかり、トカットで知りたいことはほぼ知ることができた状態です。





こうなると私の個人的な興味はトカット後のバスクの広がりを追っていく旅になるってことですね。もちろんオヤを集めながら密かに聞き取り調査はしていますけど。
でも残念ながら各地の昔の工房の多くは閉鎖してしまっています。
子孫や関係者を探して歩く旅になります。
ちょうどイーネオヤが消滅しかけていた時期に探して歩いた日々が、再度脳裏をよぎります。
これも終わらない旅になるってことです・・・・・。
これから根を詰めてもまた10年はかかる旅・・・・・5年半後に年金退職の身ですから、間に合いませんし、やめておきましょうかね(笑)。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2017.10.10 14:27:13
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.03
ブルガリアにケネ(イーネオヤのこと)を調べに行ってきました。
事前にコレクターさんや、イーネオヤの作り手の女性たちとコンタクトを取り、準備をしてもらっていたので短期間でしたが、それなりに効率良く、いろんなことを知ることができました。
テクニックや基本事項の知識はありますので、あとは細部なのですが、ブルガリア語ートルコ語の通訳がいてくれたことはとてもプラスになりました。

今後も何かの形でブルガリアの手芸を通した文化交流ができたらいいなと思っています。

そのひとつとしてブルガリアの「ガイタン」という手芸をご紹介したいと思います。
実際はトルコにもあり、私たちは「カイタン」と呼んでいますが、古い民族衣装などの縁などの装飾に使われていることがあります。





コード刺繍って言えばいいのでしょうかね?

これだけだと地味だし、現代の手芸にどう紹介、応用していいのか迷うところなのですが、プロブディフでガイタンの壁飾りを見て、かなり気になりました。
テクニック的には他の国にも当然あるだろう手芸だし、もしかしたらご存知の方も多いことかと思いますが、私にとってはガイタン(カイタン)って骨董衣装の上にあるもの・・・って認識だったので新鮮でした。





こんな風にできるのなら、きっと興味を持たれる方もいるんじゃないか・・・って思います。

ただ若い人たちは作らなくなっているので、あくまである程度の年齢の女性たちの中にやり方を知っている人がいる・・・て程度なのだそうです。
でもケネや刺繍など手芸をやってきた年配の女性たちは作った経験があり、「こうやってやるのよ」とすぐに説明してくれます。





「縫い針に慣れている人ならテクニック自体はすぐに覚えられるわよ。あとは綺麗に作る方法と途中で投げ出さない根気が必要ね」

ガイタンに使われるのは細いウール糸を12本使って組んだコード。





このコードも大昔は手作業で作られたようですが、たぶん19世紀後半ぐらいからはガイタン専用の機械で製造されています。
その機械自体も博物館に展示されているぐらいですから、すでに一般的には必要とされない過去のものというのも理解できます。





別の都市のアトリエでガイタンでアクセサリーを作っていた女性。
「これをやる人はこの辺では他には見つからないわ。私は難しいものは作れないけど、ブルガリア中を探せば大作を作れる女性もいるはず」





たしかにテクニック自体は想像できるけど、きれいに作るコツはありそう。
ただ私には説明されてもコードの裏表すらわからない・・・・・。
それに数年前からウールアレルギーなのであんまり触れないの。
綺麗なアトリエもガイタン職人さんも見つけたことだし。
これなら私にもできそうだと一瞬思ったのだけどなあ・・・・残念。

というわけでトルコ経由ブルガリアへガイタン習得の旅・・・なんていかがでしょう?

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2017.10.03 19:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.01
そして11月に開催されるオヤマニアの会のイベントのお知らせです。
今回のテーマは「タウシャンル2」。
春に行われたタウシャンルの続編でありチティオヤに特化した新編です。
ブログをご覧になってタウシャンルのチティオヤに少しでも興味を持たれた方がいましたら、ぜひお待ちしております。
タウシャンルの村でのチティ修行の報告もありますので、来年以降に行きたいなあ~と思っている方がいらっしゃいましたら参考にされるといいかもです。

■11月11日(土)「タウシャンルのオヤ2」。
シルクのこと、ワイヤー使いのチティオヤのこと・・・・。
知っているようで知らないことを勉強できます。
平尾直美先生のワークショップ、あきこんさんのシルク撚り、くっく師匠のペップ作りもあります。トルコまで行かずして都内で体験できるタウシャンルです。

詳しくは こちら → 

■11月19日(日)「タウシャンルのチティオヤ菩提樹モチーフワークショップ」





菩提樹のモチーフを1日で最初から最後まで通して作ります。
これでチティの作り方のイメージがわかると他のモチーフも作れそう・・・!?

詳しくは こちら → 

※菩提樹用などに使うタウシャンル仕様の撚っていないシルク糸は両日とも販売しますので、会場で購入できます。菩提樹用4色キットは売り切れですが、他の色は当サイトでも現在発売中!!

以上、オヤマニアの会のイベントのお知らせでした~

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2017.10.02 15:54:21
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.30
11月2日(木)~4日(土)、9日(木)~12日(日)、16日(木)~18日(土)の
日程で、清澄白河のバハールさんでイーネオヤのイベントがあります。

期間中には平尾直美先生の経験者向け2作品、よしだながこ先生、細川亜紀子先生、なおこ先生の初めての方でも受講できる基本だけど使える5作品のワークショップもあります。
ワークショップは本日より募集が始まっていますので、どうぞお見逃しなく!!

日時などはバハールさんのブログなどをご覧ください。
そしてお申込みお忘れなく。

バハールさんの募集に関するブログはこちら → 


また期間中には弊社ミフリの展示・販売もあります。
こちらは13:00~18:00です。
可能な限り在廊するつもりではおりますが、ご要望があれば即席ギャラリートークでもいたします。トルコのイーネオヤなどに関して(実技編以外なら)なんでもご質問くださいね。

11月2日から始まるバハールさんでの企画展「受け継がれる伝統の手工芸 トルコのイーネオヤ」とワークショップのお申込みのご案内でした~!!

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2017.09.30 16:26:08
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.29
カテゴリ:オヤ旅
まだまだタウシャンルの村でのチティオヤ修行については書きたいことがありますが、そろそろ終わりにしたいと思います。
関連したイベントが11月11日(土)と19日(日)にオヤマニアの会主催で都内で開催されますので、そちらでも様々な角度からさらに詳しくご紹介ができればと思います。

今回も2週間分の予約投稿でした。
その間、ブルガリアへKEHE(KENE=ケネ)こと、イーネオヤを訪ねる旅に出ていました。

イーネオヤを知ってからいろいろ興味を持つうちに、すっかり深みにはまっています。
そして知れば知るほど底なし沼だということもわかりました。
キリがないので意識して自分にブレーキをかけています・・・・が。
(まあ、かかっていませんけどね)
これ以上地域もジャンルも広げないこと、トルコ国外のイーネオヤには一切手を出さないこと・・・と誓ったのですけどねえ・・・どうなっているのでしょう。





と言っても私の場合、何かのためにとか、誰かのためにやっていることではありませんので、自分で知りたいことが知れたらそこがゴール。
興味がなくなったり、面倒になったらやめればいいだけです。

タウシャンルのチティオヤも縁あって、ここまで見れたので、もう少し知りたいこと、見てみたいことがあります。そしてそれらが叶うのも、受け入れてくれるトルコのお友達がいるからのこと。
彼女たちがいつまでオヤを作るのか、受け入れてくれる環境がいつまで続くのか、私自身がいつまで仕事をするつもりがあるのか・・・・先のことは全くわかりません。できることはできるうちに・・・・です。

トルコで年金もらう年齢まであと5年半!
私の活動もこの先長くてそれぐらいかな・・・・と考えています。
あといったい何ができるのかな?
人生、意外と短い・・・・って今更ながら思うこのごろです。

引き続き、今度はトルコの北東部の地方都市に2週間ほど修行に出かけます。
修行滞在中に余力があればブルガリアのケネの話でも書けたらいいな・・・・。

そして先日から細切れに出かけているトラキア、マルマラ海、中央アナトリアへの旅の報告は来年の某誌面でお披露目です。
-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2017.09.29 19:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.27
カテゴリ:オヤ旅
チティを習っている女性のお家には親戚、お友達、ご近所さんたちが出入りしています。
田舎のことですから家のドアも鍵がかかっていませんし、勝手に入ってこれます。
いいですよね・・・こういうの。
そういえば私が幼稚園のころの都内でも、家に鍵なんてかかかっていませんでした。

話がそれましたが、女性のお友達の一人が私たちがチティのために村に来ているのを知って、自分のチティオヤを持ってきてくれました。





売ってくれるものなら欲しいものばかりなんですけど、最初に「売るつもりはないからね」と言われました。
自分がお嫁入のときに持ってきたもので、自分で作ったもの、母親が作ったもの、旦那さんのお母さんからプレゼントされたもの、だそうです。
力作揃いで作った人の気持ちが感じられます。





オヤの旅に出ていつも思うのは、私が探し求めているのは商品としてのオヤじゃなくて、コレなんですよね・・・・。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2017.09.27 19:00:04
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.25
カテゴリ:オヤ旅
チティオヤ制作に必要な材料と言えば、

まずワイヤー・・・・これは電話線のビニールを剥いて使います。





そしてワイヤーに巻くためのシルク糸。
それを手撚りしてイーネオヤも作ります。





大きなチティの花びらを支えるためのテグス。
トルコ語ではミシネと言いますが、最近は手芸用のテグスとしても売っていますが、たいていは釣り用として売っているものを使っています。





パッケージが可愛いなあ・・・とよく見たら、西ドイツ製。
まだ東西に分かれていた時代の製品でした。
女性も大昔に買ったというので地元の手芸屋さんに行って、倉庫を探してもらいましたが、残念ながら出てきませんでした。
代わりにワニ柄がありましたが、虎柄じゃないと嫌なので買いませんでした。
あとで考えてみたらワニ柄でも十分面白かったんですけどね。





そしてそれら材料などを入れておくお道具箱。
トルコの市販の白チーズのプラスチックケースを使っていました。
これも可愛い。

日本と違って簡単になんでも手に入る環境がないのと、それがたとえ僅かな金額であっても女性たちの自由になるお金がないこともあります。
身の回りのものを工夫して楽しんでいます。

ちなみに過去の例を挙げると、トルコの女性たちが、日本の人のお道具箱を見て一番興味を持つのは糸切りハサミです。
鳥の形やらなんだか素敵なモチーフのおしゃれなハサミ。
高価なものではないのですけどね、手に入りませんから・・・・そしてお道具に興味を持つのはどの国でも共通ですね。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2017.09.25 19:00:10
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.23
カテゴリ:オヤ旅
さて4つのチティを習いました。
今回は1つずつ作りましたが、実際のタウシャンルのチティオヤ作りは、同じモチーフのチティを40個作って、スカーフに取り付けます。

その際にチティをスカーフに直接付けるのではなく、縁にかがる土台を作り、それにチティを縫い付けていきます。
土台はチティの茎の色と同じにするのが基本。





2段の土台が一般的ですが、豪華にするためには3段にすることもあります。

芯を入れて作っていきます。
スカーフの周囲と同じ長さだけ作らなければなりませんので、約4m。2段なら8m、3段なら約12mですね。
一度習ってしまえば難しいテクニックではありませんが、慣れと根気のいる作業です。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2017.09.23 19:00:08
コメント(2) | コメントを書く
2017.09.21
カテゴリ:オヤ旅
カンディルというのはトルコ語で「ランプ」のことである。
ランタンとうとわかりやすいかな?
タウシャンルのチティにもカンディルモチーフというのがある。





細長い袋状の筒と花びらが合計5本の変わった形のチティである。
カンディルというモチーフ名は、もともとこういう花があってのことだと思っていたが、実際の花を模したのではなく、こういう形に作ったものが吊り下げるランプに似ていることから「カンディル」と呼んだらしい。

変な形だからこそ、作ってみたくなる・・・というモチーフだと思う。
これもある程度は想像して形にすることはできる。
ただ1つ目では成功しない可能性が高い。
というのも作り方の順番に秘密がある。
だからそれを理解するまではサイズの合わせ方がわからないかもしれない・・・・というもの。





これも比較的新しいモチーフであるが、最近は流行りらしく、女性たちが競って作っているものの一つである。
そしてそれはそれぞれの個性が出るので面白い。
個性の理由には「編み図」がないからというのがあげられる。
目数も長さも太さも全体的な出来上がりも同じ人でも毎回異なるのである。
そしていかに細く細かく、上品に作れるか・・・。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2017.09.21 19:00:10
コメント(0) | コメントを書く

全631件 (631件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 64 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.