944813 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Profile


mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

April 23, 2013
XML
カテゴリ:絨毯・キリムの話

キリム用のキルキット。

キリム用のキルキットは、絨毯用の手持ち部分が上になるのに対して、フォークを逆に持ったような感じで使う。
絨毯用が一列に並んだところを打つのに対して、キリムは色ごとに凸凹になるので、細かい範囲を打てるようになっている。それに絨毯ほど力を込める必要もないから、重量的にも軽くてもOK。



手始めに最近まで使われていたものを2点。

1つはコンヤからカイセリ地方で使われた、歯の短いもの。

配管用の金属管を使った手作り。
だからサイズも角度も規定のものがない。

DSCN7454 [1600x1200].JPG


DSCN7455 [1600x1200].JPG


作ったけど、使っていないものなので、歯がまだ鋭いまま。
慣れている人にはいいけど、普通に使うにはちょっと扱いにくいかも。




もう1つはウシャク地方の歯の幅が狭くて、長いもの。
今でもウシャクや、エシメの山間部の村ではこれを使っている。
でも作ってくれる職人さんが仕事をしなくなったので(需要がないからなんだけど)、オーダーするのにもある程度の量がまとまらないと手間がかかるので作ってくれない。
何年か前に大量オーダーしたときに1本だけ手元に見本で残ったものがコレ。
金物屋さんと大工さんのコラボ作品である。
もう作ってもらえることはないのだろう・・・と思う。


DSCN7451 [1600x1200].JPG


DSCN7453 [1600x1200].JPG



軽いので、手に持ちっぱなしで使うのだけど、柄が長いので、機の真ん中にかけてある棒に頭部が「コンッ」とあたる。
その音がまたいいのである。

同じ地方の昔のもので、金属を使っていない完全木製のものもある。
形は全く同じで、歯の部分まで手彫りである。

これをはじめ、私が持っているコレクション用キルキットは全て木製。
こんなので打てるの? って思うような形もある。
でも旦那さんや息子さんの手作りなんだよね、って思うと愛らしいものである。


キリム用キルキットは現在のところ、1つめの金属製はお分けできます。



次回は実用できる古い手作りの木製キリマン。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


手芸(その他・全般) ブログランキングへ







Last updated  April 23, 2013 05:45:39 PM
[絨毯・キリムの話] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.