000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

X

Profile


mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

March 25, 2015
XML
先日、村の友達の娘さんのクナ・ゲジェシがあるというので、行ってきた。

クナ・ゲジェシとは結婚式の前夜祭で、花嫁側のお家で女性たちが集まり、クナ(ヘンナ)をぬる儀式とお別れのパーティーをすること。

翌日、花嫁になる娘さんは、花婿サイドで行われる結婚式と披露宴へ向かうために家を出て、生まれ育った「家」とお別れするわけである。
クナ・ゲジェシの夜は花嫁さん、お母さん、姉妹、親戚、親友たちが同じ部屋で寝泊まりし、朝まで涙なみだになるのである。

クナ・ゲジェシも現代では省略する家庭、普通に披露宴会場で行う家族が増え、伝統的な形で行う人は減ったが、村では昔ながらのやり方で行われた。
その様子はまたいずれ。



今回はオヤスカーフの色の話。

オヤスカーフのモチーフにより、いろんな意味があることは今までもお話してきたけれど、スカーフの色そのものにも実は意味がある。

もちろん若い娘さん向け、年配の人向けという色の傾向や好みはある。




それ以外に例えば下の写真のような「赤」のスカーフ。


r-DSCN0014.jpg


「花嫁のスカーフ」と言われる。
結婚した女性が、40日間、手持ちのスカーフから赤い色のものを選んで日々被るのである。
周囲に「今度結婚してこの村に来たものです」というPRになるわけである。

周囲もそれを見て新参者の花嫁にいろいろアドバイスをしたり、手助けしたりする。


もうひとつ。
エンジ色のスカーフ。

r-P1150334.jpg


これを被ると、出産したばかりです。という意味になる。
「出産した女性」の意味である。
すると産後でいろいろ不便があるだろう、身体的に無理させないように・・・と、周囲が気遣いする。
出産後40日間被る。


赤いスカーフも、エンジのスカーフも40日間被るらしいが、この40日間という単位。
トルコ語ではよく使われる数値であるが、「たくさん」という意味でもある。



これらを説明したアイシェは49歳。
「自分が若い頃はそう言われてきたけど、いまどき、そんなことを言う人もいないけどね」と。


スカーフの色の話は各地でも聞く。
地域や村単位で異なることを言うと思う。

広域で言われるのは白のガーゼタイプのスカーフ。
主にボンジュクがついているやつ。
あれは旦那さんに先立たれた未亡人がつける・・・・っていう話はいろんなところでよく聞く。
年配の人が被っているからね・・・とも思うけど。

こういう話は、昔の話を知っている人から聞いて記録していくしかない。
今じゃ、知る人もいないわけだし。
村での女性たちの言い伝えが、どこかに記録されて残っているわけでもないし。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


手芸(その他・全般) ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  April 4, 2015 07:34:16 AM
[イ―ネオヤ、その他のオヤ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.