751226 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Profile


mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

April 29, 2019
XML
伝統手工芸の難しいところは、伝統的な技法を守りつつ、その時代に合った製品(売り物)を作り出していかなくてはならないことだと思う。

芸術に理解のあるスポンサーがついていて、利益を考えない作家活動ができる環境なら話は別だけど、職人さんが仕事を続けていくためには、商売として成り立つことが前提にあるわけで、当然だけどいくら伝統手工芸でも、何百年、何十年前の需要と、今日の需要が一致しないと考えるのが普通だから、作るものも変わってきて当たり前である。

イーネオヤだって、スカーフを作っても、レースセットを作っても、それらを必要とする人が少なくなったから、一般の人でも買いやすいブローチやネックレスなどのアクセサリーを作るのだし、敷物としてのキリムは買わない人たちにでも、使ってもらえるように加工品であるキリムとレザーのバックを考えたりするのであって、バスクも例にもれずスカーフのヤズマとして需要がないのであれば、バックを作ったり、テーブルクロス、バンダナ、パレオをデザインしてみたり、消費者に「使ってみたい」と思ってもらうためにいろいろ考えるわけです。




写真はトルコでバティックと呼ばれる製品の製作過程で、いわゆる私たちが言うバティック(ろうけつ染め)の意味ではなく、技法はろうけつ染めではありますが、基礎になる布の上に色を塗り、それを薄い緑色に染まる薬品につけて、その上に石膏で型を押し、熱で乾かすと、型を押した部分以外が黒になり、型が押された部分の地の色が残ります。このように、布に事前に様々な色を付ける技法を指してバティックと呼んでいるようです。

これは主にビーチで水着の上に纏うパレオになったり、サマードレスの生地になったりします。

こういうのも明るくてきれいでいいのですが、日本だと身に着けてお出かけできるようなものが人気です。で、試しに色を渋めにして木版のイメージも伝えて作ってもらったのが、通年使えそうな薄手のコットンストール。




実は若手の女性の作。
3年間、先生や職人さんの元で修行して、今年の秋に展示会でデビューするそうです。
男性の職人さんとはまた別の、若い女性ならではの感覚が気に入っています。

特定の手工芸に興味を持ってもらうには、まず手に取ってもらえるモノを作ること。
そのうちの何人かでも、トルコのバスクってなんだろう、どうやって作るんだろう、なんて少しでも思ってくれるように頑張ります。

今回はお試しに秋っぽい色で作ってもらいましたが、追加で春、夏向けのパステル系でも製作中、出来上がりが楽しみです。
バスクのストールは7月の日本でのイベントでご覧いただけます。
-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  April 29, 2019 10:57:08 PM
[バスク~木版ハンドプリント] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.