610741 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Profile


mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

October 1, 2019
XML
アンタルヤ郊外の村に暮らすアイシェと伝統織物であるドシェメアルトゥ絨毯のお話会を、バハールさん主催で以下の日程で開催します。

日時:2019年10月12日(土)19:00-21:00
場所:清澄白河 fukadasou cafe (バハールさんの下です)
詳細とお申込みはこちらから → 

パワーポイントでスライドを作っていて、古い写真を探して見ると、村の様子もアイシェの家も、そしてアイシェも私も変わっているのがわかる。
わずか15-20年のことなのだけど、何もなかった原っぱにコンクリートの家屋が建ち、土の道が舗装路になり、平屋だったアイシェの家は少しずつの増築で3倍の大きさになっていた。
市バスが1時間に1本乗り入れ、バス停留所も設置された。


(古い絨毯から。ボーダーはカギ穴のモチーフ。下は最近作られた総草木染めの絨毯)

人口約1200人のこの村で世帯数は200-300ぐらいだろうか。
かつてはそのほとんどに木製の織り機が置かれていた。
2000年を境に絨毯の需要と織り手の減少が理由でそれらが徐々に片づけられ始めて、2011年には日常的に機に絨毯がかかっている世帯はわずか2世帯になった。
自分の家の機は使われなくなったけれど、お手伝いする女性はいたので常時の織り手として名前があがるのは3、4人。
いずれの女性も50代以上である。

後継者はいない。


(古い絨毯から。中央の丸いお花のようなモチーフは羊の薬)

今年20歳になる私の息子がまだオムツをしていた頃に村で偶然出会ったアイシェ。
トルコに来てから今日まで続いている最も古い友人の一人である。

いままでこんな近くにいながら、ドシェメアルトゥ絨毯についてちゃんと調査しようと思っているうちに、村ではすでに織り手も絨毯も消えつつある現実。

ドシェメアルトゥ絨毯と言う名前で知られているが、実は本来、アイシェの暮らすコワンルック村で織られたものが周辺の村に広まったものである。
だから古い人たちはコワンルック絨毯と呼ぶ。


(古い絨毯から。天秤のマダリオンモデル。フリンジ部分は壊れないように布を縫い付けてある)

ドシェメアルトゥ絨毯を最初に織ったのはもちろんコワンルックに暮らす遊牧民たちだが、彼らはいつどこから来たのか・・・。
そしてドシェメアルトゥ絨毯の定義とは。
伝統的なドシェメアルトゥ絨毯にはそれほど多くのモデルはない。
基本型の7種。
近年はそれを自分でデザインした変形版も見られるが、モデル名もモチーフ名もはっきりしている。
そして使われてきた色にも理由がある。

そんなドシェメアルトゥ絨毯にまつわるお話をしながら、実際に村ではどんな手順で絨毯が織られてきたのか、そして、もし村で生活体験をしつつ絨毯を織ることになったら、どんな一日になるのか、具体的にお話をしたいと思います。


トルコワインとトルコの美味しいドライフルーツや、アンタルヤ老舗名店のバクラワ、ロクムなどのスイーツを用意してお待ちしております。
アイシェの村への絨毯織りツアーをご検討の方はもちろん、トルコの織物に興味ある方、トルコの田舎に行ってみたいなあ・・・と思っている方、トルコの絨毯織り現場の現状を知りたい方、その他面白そうだから・・・などなど、たくさんの方にアイシェとアイシェの村の絨毯のことを知っていただけたらうれしいです。
みなさまのご参加をお待ち申し上げております。

---------------------------------------------------------------
【お知らせ1】

バハールさんでのアイシェとドシェメアルトゥ絨毯をテーマにしたトークイベントのお申込みが始まっています。


(お料理上手なアイシェと一緒に食事を作るチャンスも)


「トルコ・ドシェメアルトゥに伝わる手織りの絨毯のお話会 」
日時:2019年10月12日(土)19:00〜21:00
参加費:2000円+税
定員:30名さま
会場:fukadaso cafe (Baharのあるfukadao1Fのカフェです)
   東京都江東区平野1-9-7 fukadaso 1F

詳細とお申込みはこちらから → 

--------------------------------------------------------------------------------------
【お知らせ2】

10月12日(土)~15日(火)に清澄白河で開催予定のオヤマニアの会のイベントのご案内です。
タイトル「花咲くアナトリアの大地より~トルコ伝統の手工芸~」



10月14日(月)14;00-15:00に私のお話会があります。
今回のテーマは「マルディン報告・イーネダンテルとシャフメラン探し(仮)」です。
シリア国境トルコ南東部の町の話、マルディンのぬい針によるレース編みの伝統文化、蛇の身体を持つ女王シャフメラン伝説に興味ある方はぜひお待ちしております。

詳細とお申込みはこちらから。

スザニ、イーネダンテル、キリム・絨毯、お話会はオヤマニアの会のブログ →

オスマンル刺繍とイーネオヤは平尾直美先生のブログ →

--------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ3】

オヤマニアの会 スザニをめぐる井戸端会議

日時 :2019年10月22日(火 祝) 13:30-16:30
場所:入谷地区センター 2階 第1集会室
(台東区入谷1-15-6 東京メトロ日比谷線 入谷駅出口2から徒歩5分)

ソビエト崩壊以前のスザニを大小、いろいろお持ちします。
お話を聞きながら手に取ってゆっくりご覧ください。

皆様のご参加を心よりお待ちしておりま~す!

----------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキン

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  October 1, 2019 06:49:10 PM
[ツアー、展示会・講演会・ワークショップのお知らせ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.